バイト 初日 辞める。 バイトを初日で辞めたい!初日で辞める方法&辞めるとどうなるの?

バイト初日の不安を解消!マナーや持ち物、緊張解消法|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

バイト 初日 辞める

バイトを辞めることを伝えるのに当日ではまずいのか? 今やっているバイトを急遽、辞めたくなった時、辞めざるを得ない時、辞めることを当日に言ってすぐに辞められるものなのでしょうか。 実はある条件であれば辞められるのです。 それは、雇用主との合意があることです。 合意があれば、即日退職することは可能なのです。 民法では「当事者が雇用期間を定めなかった場合、当事者はいつでも解約の申し入れをすることができる」と定められています。 また、雇用期間が決まっていたとしても、この期間にはバイトに対する法的拘束力はありません。 やむを得ない事情がある場合には即日辞めることができます。 ただその場合でも、仕事の忙しさなどを理由に合意が得られないこともあるでしょう。 もし合意が得られなかったとしても、 「退職の意思を申し出てから14日(2週間)で雇用契約が終了する」と定めてあり、辞める意思表示をしてから2週間で退職することができます。 ただし、民法上では2週間となっているものの、会社の就業規則で「1ヶ月前までに申し出ること」など、別に期間が定められている場合にはその規則に従うことになりますので、事前に確認しておきましょう。 そのような規則のもと、どうしてもすぐに辞めたい場合は、雇用主や上司に納得のいく理由を伝えて相談してみましょう。 バイトを突然辞める時に承知しておきたい当日分の給料のこと アルバイトには短期、長期にかかわらず雇用期間が決まっていることが多いものです。 しかし、アルバイトをしている中で自分に合っていなかったり、辞めざるを得なかったりすることもあるでしょう。 その時には、バイト先に辞めることを伝えることになります。 しかし、途中で辞める時に注意して欲しいのは給料です。 それまで働いてきた分の給料はもらえますが、辞める当日にそのことを伝え辞めた場合は、その日の分はもらえないことがほとんどでしょう。 当然といえば当然ですが。 自分の都合で辞めたのだから、辞めたその日の分の給料がもらえなかったとしても抗議しても通用しないでしょう。 バイトは正社員ほど雇用期間についての縛りがないため、辞めたければ辞めても構いません。 しかし、バイトといえども労働契約を結んで働いているので、辞める時はその旨をしっかりと伝えるようにしましょう。 そして、給料はそれ相応の分しか支払われないということを認識しておきましょう。 バイトを辞めることは当日ではなく早めに伝える バイトを突然辞めたくなった時には、きちんとバイト先にその旨を伝えることが大事です。 連絡も入れず辞めてしまうのは、絶対にやってはいけません。 そして、辞めることを伝える時には次のことに気をつけましょう。 責任者に面と向かって誠実に伝える バイトを辞めることを責任者に伝える時に気まずくなるのが嫌で、顔が見えないメールや電話で済ませてしまいたくもなるでしょう。 しかし、それは絶対にやめましょう。 責任者の方を怒らせてしまい、印象も悪くなってしまいます。 大事なアルバイト人員が辞めてしまうことは、バイト先に少なからず迷惑をかけてしまうことになります。 また、アルバイトといえども労働契約を結び給料をもらっているのです。 辞める側はそのことをしっかりと認識して、責任者に面と向かって、そのことをしっかりと伝える責任があります。 早めに辞めることを伝える もし誰かがバイトを辞めることになった場合、バイト先はその分の穴を埋めるために後任のバイト人員を探すことになります。 しかし、アルバイトの募集をかけてから採用するまでにはかなりの時間がかかってしまいます。 さらに後任のバイトが決まったとしても、仕事を覚えさせたり、職場に慣れてもらったりと辞められた分の穴を埋めるまでには相当の時間がかかるでしょう。 また、職場によっては別の人に引き継ぎが必要で、そのための時間がかかる場合もあります。 このように、誰かがバイトを辞めることは、別の人がその穴を埋められるようになるまでは、かなりの時間がかかってしまうのです。 そのため、バイトを辞めたい時には、できるだけ早く辞めることをバイト先に伝えましょう。 そうすると、バイト先には準備期間ができ、引き止められることもあまりないでしょう。 バイト初日に辞めるのは可能か?その時に必要なこと バイトを突然辞めるにしても、さすがに初日はまずいのでしょうか。 バイトを全くやっていない初日に辞めてしまうのも少し問題がありますが、やむを得ない理由などで辞めたくなることはあるでしょう。 その時には、辞める理由はなんであれ、とりあえずバイト先の人にそのことを伝えましょう。 初日に辞めてしまうことは、それまでに準備をしていたバイト先としても困ってしまうことになるので、引き止められることもあるでしょう。 でも、気持ちが変わらないのであれば、そのことを正直に伝えましょう。 とはいえ、バイト初日に辞めてしまうのは、バイト先にもかなりの迷惑をかけてしまいます。 雰囲気が合わない、人間関係が気になるなど職場環境に関わることであれば、しばらく働いてみて判断するのもいいかもしれません。 自分がやろうと決めたバイトです。 できるだけ初日には辞めないようにしましょう。 バイトを辞める時に受け入れてもらいやすい3つの理由 バイトを辞める時は、その理由をしっかりと伝えましょう。 そこで、最後にバイトを辞める時に受け入れてもらいやすい理由を紹介します。 一身上の都合 一番無難な理由としては「一身上の都合」でしょう。 さらにその内容を詳しく聞かれる可能性はありますが、ほとんどの場合聞かれることはないでしょう。 学業優先 学生であれば、他にやりたいことがある、学業に集中したい、資格の勉強をしたい、部活を始めたいといった理由も受け入れてもらいやすいでしょう。 バイト先の人も学生には学業を優先してもらいたいと思うものです。 このような理由であれば、バイト先の人にも納得してもらいやすいでしょう。 家庭の事情 家族の具合が悪くなったので代わりに家事をしなければいけなくなった、子供の面倒を見なくてはいけなくなったなどのような家庭の事情は、バイト先の人もさすがに受け入れざるを得ないでしょう。

次の

バイトを初日で辞める場合のリスクとマナーを知っておこう

バイト 初日 辞める

知っておきたい「バイト初日」のマナー 到着時間 バイト先へは、余裕をもってスタート10分前くらいに着くのが理想。 それ以上早く行き過ぎると、担当者が別の仕事をしている可能性があり、すぐ対応できない場合がある。 始業時間とは、準備を終えて働き始める時間だと考えて、入る時間を調整すれば間違いない。 服装 バイト初日の印象は良いに越したことはない。 面接と同様、清潔感が大切だ。 髪の毛は極力まとめ、香水やネイル、アクセサリーも控えめに。 面接時は黒髪だったのに、茶髪で初出勤など面接とのギャップの少ないように気を付けよう。 挨拶 バイト先に着いたら、最初に会った人にまず挨拶し、事前に訪ねるように言われていた人の名前を出して所在を聞こう。 ちなみに、接客中の人や忙しく働いている人には無理に挨拶はせず、相手の手が空いたときを見計らって声をかけるように。 よろしくお願いします。 今日から・・・」と話しかけてみよう。 持ち物 面接時や採用の連絡を受けたときに、持っていくものを確認しておこう。 それ以外でもメモ帳と筆記用具は必須。 バイト初日はいろいろ覚えることがあるので、メモで残しておけば、後日聞き直すこともなく、スムーズに仕事ができる。 バイト仲間への自己紹介 一通り手続きを終えたら、バイト仲間への挨拶をしよう。 店長や上司が紹介の頭出しをしてくれるケースもあるし、個別に初じめて会う方に順々に自分からすることもある。 いずれにしてもハキハキと笑顔で良い第一印象を持ってもらうことが大切だ。 <バイト仲間への挨拶・自己紹介例>.

次の

バイト初日が不安!何分前に行くべき?挨拶のタイミングは?持物は?辞めたい場合は?

バイト 初日 辞める

2018. 12 面接や書類選考で無事に合格し、やっと迎えられるバイトの初日。 しかし、いざ目前に迫ってくると不安や緊張を感じる人も多いのではないでしょうか。 初めてのバイト先に出勤するときは、誰もが緊張するもの。 だからこそ、不安や緊張を感じても焦る必要はありません。 その代わりに、どうしたら安心してバイト先に向かうことができるのか、事前にできる対策を考えてみましょう。 特に、バイトの初日は第一印象が決まる大切な日。 持ち物や身だしなみなどをあらかじめチェックして、準備万端で迎えられることが理想です。 そこで今回は、バイトの初日の不安を解消するためのノウハウをまとめてご紹介します。 ぜひ、ひとつずつチェックをしながら参考にしてみてくださいね。 バイト初日に押さえておきたいマナーは3つ まずは、バイト初日に押さえておきたいマナーからご紹介します。 この3つさえ押さえておけば、とりあえずは問題ないでしょう。 簡単に実践できることばかりなので、頭の片隅に留めておいてくださいね。 最低でも、勤務開始時間の10分前には到着するように家を出ましょう。 特に、通い慣れていない場所の場合は、道に迷ったりうまく電車の乗り継ぎができなかったりというハプニングも考えられます。 万が一の場合に備えて、 できるだけ余裕を持って行動しましょう。 また、車や自転車で向かう場合には、事前に駐車場の場所を聞いておくと安心。 バイト先から駐車場まで離れているケースもあるため、余分に時間をみておくと焦らなくて済みます。 万が一、交通渋滞や体調不良などで遅刻をしてしまう場合は、 遅刻することが分かった時点で速やかに連絡を入れるようにしましょう。 初日から遅刻をしてしまい大変申し訳ございません。 急いで向かっておりますので、よろしくお願いいたします」などと、遅刻する理由と謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。 どのような職場でも、丁寧に挨拶ができるスタッフには好印象を持ちますよね。 まずは、 最初に出会ったスタッフに挨拶をします。 このときに「お疲れ様です。 至らない点もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします」などと明るく挨拶ができるとよいでしょう。 他のスタッフにも挨拶をしたいところですが、勤務中の場合には無理に入りこもうとせず、 挨拶ができる状態であるスタッフから挨拶をするようにします。 できるだけ 清潔感のある髪型や服装で出かけるようにしましょう。 制服がないアルバイト先の場合は、事前にどのような服装で行けばよいか確認しておいたほうが安心です。 なかには、ワンピースやスカートがNGのバイト先や、服装の色合いを指定するバイト先もあります。 また、髪の毛が長い場合には、万が一のときに備えて束ねることができるように ヘアゴムを準備しておくとよいでしょう。 気になる!バイト初日に用意しておきたい持ち物は バイト初日に悩むことのひとつに、持ち物があります。 バイト先から持ち物の指定がある場合はよいのですが、ない場合にはどのようなものを持って行けばいいのか準備に戸惑う人も多いはず。 そこでここでは、バイト初日に持って行きたい持ち物をピックアップしてみました。 バイト初日は初めてのことばかりで、覚えなければならないことがたくさんあります。 そのため、上司から聞いた話はできる限りメモができるようにしておくと安心。 持ち歩いてメモを取らなければならないため、 ポケットに入る大きさがオススメです。 また、飲食店やコンビニなどの場合は異物混入を防ぐため、鉛筆やシャープペンが使えないケースも。 そのため、バイト初日は シャープペンとボールペンを両方準備しておくと安心ですよ。 そのため、 スケジュール帳など予定が確認できるものを持っていくようにしましょう。 バイト初日にスケジュールが分からないとなると、家に帰ってから確認して連絡をしなければならないため、二度手間となる場合も。 スケジュールを確認しながら上司とシフトを組めば、記入漏れや休み希望の伝え忘れを防ぐこともできます。 このときに今後まとまった休みが必要となる予定がある場合には、あらかじめ伝えておくとよいでしょう。 事前に提出書類を渡されている場合は、記入したあと折り曲がらないようにファイリングして持っていくようにしましょう。 また、書類をもらっていない場合は、初日にバイト先で記入することも考えられます。 印鑑が必要となる書類があることも考慮して、あらかじめ用意しておくとスムーズに記入が進みますよ。 このほかにも、車通勤の場合は 免許証のコピーが必要となる場合も。 事前に、バイト初日に必要な持ち物を聞いておくのもひとつの手段です。 こうやって乗り切る!初日のバイトあるある3選 初日のバイトは不安や緊張がつきもの。 一気に何もかも覚えようとしないで、少しずつ慣れていくことで、先輩たちと同じように働けるようになるはずです。 最後に、初日のバイトの乗り越え方をまとめてみました。 覚えないといけないことはメモをするようにして、次の勤務のときに思い出せるようにしておきましょう。 一度では理解できなかったことや聞き取れなかったことは、その場で確認しておくことが大切です。 時間が経てば経つほど、なかなか確認しづらくなるもの。 また、不安がある状態では自信を持って業務に臨めないですよね。 些細なことでもその場で確認して理解しておくことで、次の勤務のときの不安要素が少なくなります。 バイト初日はうまくできなくても、少しずつ慣れていけば問題ありません。 今ではテキパキと業務をこなせる先輩たちも、 初めは全員初心者でした。 緊張するとあたふたしてしまったり、思ったように話すことができなかったりしますが、慣れてくれば自信を持ってこなせるようになりますよ。 失敗してもその場で反省して、次に活かすことができれば問題なし! バイト初日だからこそ、エネルギッシュに明るく乗り越えましょう。 でも、思い返してみれば面接や書類選考をクリアして、入ることのできたバイトです。 採用担当者もあなたを選んでくれています。 業務の内容を掴む前に辞める決断をするのは少し早いかもしれません。 また、バイト初日は緊張していることもあり、周囲との人間関係をまだまだ築くことができていない状態です。 もう少し、環境に慣れるまで頑張ってみることもオススメ。 さいごに バイト初日の不安や緊張を改善するために知っておきたい、マナーや持ち物、バイト初日の乗り越え方などをまとめてご紹介しました。 バイト初日は誰でも緊張するもの。 でも、あらかじめマナーや持ち物を知っておけば、ある程度心構えをすることができ、不安を解消できますよ。 特に、初日のマナーは第一印象を左右します。 簡単なポイントばかりなので、ぜひ実践してみてくださいね。 初めは慣れないバイトでも何回か通うことでスタッフや上司との人間関係を築くことができ、業務にも慣れていきます。 いきなり業務ができるようになる人はいないはず。 楽しみながら少しずつ、自分のペースでバイトに慣れていきましょう。 CareergGooveでは、アルバイト経験者にバイト先の先輩と仲良くなる方法を聞いてみました! ぜひコチラの記事も参考にして、バイト初日を乗り切ってくださいね。

次の