フケ 対処 法。 猫のフケの原因と対処法。病院へ行くべきフケ、平気なフケの特徴は?

猫のフケの原因と対処法。病院へ行くべきフケ、平気なフケの特徴は?

フケ 対処 法

関連記事 フケが大量に発生してしまうと、頭皮がかゆくなってしまったり、炎症を起こしたり、雑菌が大量に発生する温床になってしまうこともあります。 発生の原因によって、パラパラのフケになるかべたべたのフケになるかが分かれてきます。 フケの種類 フケというと、頭皮がはがれた白い粉状のものというイメージが強いかと思いますが、実はべたべたのフケとパラパラのフケ、2つの種類があるのです。 2つの種類のフケは、それぞれ原因や改善策が異なります。 全く正反対の性質を持っているので、逆の対処をしてしまうと、よりひどくなってしまうので注意してください。 1つは「 乾性フケ」と呼ばれ、サラサラとしたフケのことを指します。 もう1つは「 脂性フケ」と呼ばれ、湿った塊のフケとなっています。 乾性フケはパラパラした小さなフケとなり、脂性フケはベトベトした湿ったフケになるという特徴があります。 乾性フケと脂性フケの特徴を詳しくご紹介していきます。 乾性フケが発生する原因 乾性フケは、「 頭皮の乾燥」「 アレルギー」「 頭皮のダメージ」などが原因でなることが多いです。 「頭皮の乾燥」 頭皮の皮脂が足りなかったり、水分が不足している場合に発生しやすくなります。 体質的に 乾燥肌の方がなりやすかったり、 洗浄力の強すぎるシャンプーを使うことで、皮脂を取りすぎてしまうことが頭皮の乾燥の原因に挙げられます。 また、頭皮から分泌される皮脂の量が減る、ブラッシングで過度に頭皮を傷つけることも注意が必要です。 乾燥した部分は、正常に肌のターンオーバーが行われないので、 皮膚が剥がれ落ちてフケになります。 「アレルギー」 アトピー性皮膚炎や 花粉症の方などのアレルギーのある方は、季節により敏感肌になりやすい方が多いです。 食べ物や睡眠などの生活習慣に気をつけて、頭皮にも頭皮用化粧水や頭皮用オイルなどを使って潤いを与えてあげましょう。 「頭皮のダメージ」 洗浄力の強いシャンプーなどによって、頭皮の皮脂が奪われてしまい、乾燥して痒みが出てしまう場合も考えられます。 関連記事 また、 頭を洗う時に爪で傷をつける洗い方などをすると、頭皮のダメージになりそこから菌が入り炎症を起こして、フケを発生させます。 そして、外部刺激の紫外線なども頭皮ダメージになります。 紫外線から頭皮を守るようにしましょう。 頭皮の炎症やダメージは、薄毛の原因にもなってしまいます。 その他にも、体調の崩れやストレスでも発生してしまいます。 乾燥した頭皮は免疫力が低下し、フケを発生させるフケ原因菌の増加を招きます。 また、乾燥した頭皮は外からの刺激に敏感になり、ちょっとしたきっかけでトラブルを引き起こしてしまうこともあります。 さらに、乾燥した頭皮は乾性フケを招くだけでなく、 かゆみや抜け毛等のトラブルに発展することもあるので注意が必要です。 脂性フケが発生する原因 脂性フケに関しては、逆に 頭皮の皮脂が多すぎることによって引き起こされるものです。 分かりやすいポイントとしては、 頭皮を触った時に指や爪に皮脂が付いてくると、それは脂性フケということになります。 脂性フケは毛穴に詰まりやすく、 症状が悪化すると抜け毛を引き起こす可能性もあります。 脂性フケは、「 皮脂の分泌量増加」「 マラセチア菌」「 免疫力低下」などが原因と言われています。 「皮脂の分泌量増加」 皮脂が多く分泌されている原因として、一番多いのが「 食生活の乱れ」によるものです。 暴飲暴食、脂っこい食べ物を過剰に摂取するなど、栄養バランスの整っていない食生活を続ける事が原因と言われています。 食生活が不規則になっていたりバランス良く栄養を摂取していないと、皮脂が多く分泌されてしまい、脂性フケが発生してしまいます。 栄養バランスの良い食事をすることがオススメです。 その他にも、 洗髪するのが数日に1回という人は頭皮が不潔になり頭皮環境は悪化を招いてしまいます。 逆に1日に2回も3回も洗髪をするというような人は、頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうので、自己防衛機能が働き、脳は不足した皮脂を補おうとそれまで以上に皮脂を分泌するように指令を出してしまいます。 また、 シャンプーの種類などでも分泌量が変わります。 ラウレス硫酸系、ラウリル硫酸系などの石油系シャンプーは、洗浄力が強いシャンプーになります。 皮脂を取りすぎてしまうと、頭皮が過剰分泌を起こして余計に皮脂が多くなってしまいます。 ですので、 アミノ酸系シャンプーを使うことがオススメです。 なぜかというと、アミノ酸系シャンプーは頭皮の汚れを優しく落として、皮脂を取りすぎないからです。 このように 過剰な皮脂分泌が脂性フケを引き起こす原因になるので、髪の洗いすぎには気をつけましょう。 「マラセチア菌」 マラセチア菌は、常に肌にいる「常在菌」です。 マラセチア菌が出す遊離脂肪酸によって頭皮が炎症を起こしてしまい、頭皮細胞が塊で取れてしまうのです。 マラセチア菌は、頭皮から分泌される皮脂を栄養分として増えていきます。 頭皮の皮脂が大量に分泌されてしまうと、マラセチア菌が増えて炎症や痒みが出てしまいます。 また 菌が増えてしまうことで、皮脂の分泌も増え、それによってフケが出るという悪循環に陥ってしまいます。 「免疫力の低下」 現代社会で 免疫力の低下に挙げられる理由は、主に ストレスです。 ストレスによって免疫力が低下してしまいます。 免疫力が低下すると菌が入ったり、病気になったりします。 それは、頭皮も同じなのです。 免疫力を上げる為には、自律神経のバランスを保ちリラックスすることが大切です。 適度な運動や、気分転換をこまめにすることが改善につながります。 現代社会でストレスを無くすのは難しいので、上手く付き合う方法を見つけることをオススメします。 これらの頭皮のフケの特徴をしっかり理解することで、体の健康を保つことが出来て頭皮のフケも改善されるはずです。 頭皮が乾燥する5つの原因 そもそもなぜ頭皮の乾燥を招いてしまうのでしょうか。 頭皮はとても繊細で、身体の中で最も皮脂線が多くとても汚れやすいです。 お顔のTゾーンの二倍以上の皮脂線があるため、サイクルが乱れたり生活習慣やお手入れ方法を間違えると、水分バランスも崩れ特に女性は乾燥しやすくなります。 一度乾燥した頭皮は、刺激を受けてバリア機能が低下していますので、肌への負担をかけないようにお手入れすることが大切です。 普段の生活の中で頭皮の乾燥に繋がる行動をしている方はたくさんいらっしゃいます。 その中で 5つの原因をご紹介します。 洗浄力の強いシャンプー剤を使うとその時はすっきり爽快感がありますが、これでは 頭皮に必要な皮脂まで落とし、それを補おうとしてまたさらに皮脂が出ようとし、これにより水分バランスが乱れ結果的に乾燥に繋がってしまうのです。 皮膚に優しい湿度は60%~65%なので加湿器などをうまく利用して、エアコンの風は直接当たらないように気を付けましょう。 紫外線から頭皮を守るために髪の毛が存在しますが、それだけでは追いつかないので頭皮用の日焼け止めや、頭皮用の化粧水でしっかりと保湿を心がけましょう。 頭皮用のブラシも出ていますが、目的用途を明確にし過度にブラッシングしたりたたいたりせず優しく扱ってください。 フケによって起きる頭皮トラブル 痛みが無い分、放置してしまいがちなフケですが、フケがたくさん出てしまうと、それをエサとするカビや細菌が増えてしまい、頭皮の環境はドンドン悪くなってしまいます。 また、かゆみを伴う場合は必要以上に頭皮を掻いてしまうので、傷がつき炎症が起こりやすくなります。 たかがフケと思っている方も多いと思いますが、そのまま 放置しておくと頭皮トラブルに繋がります。 フケは薄毛とも関係している? フケには乾性タイプと脂性タイプの2種類がありますが、どちらも放置すると髪に悪影響を及ぼします。 直接的な影響はありませんが、頭皮の毛穴を詰まらせて髪の成長を妨げたり、炎症や痒みを引き起こしたりなどの 薄毛のきっかけを作ってしまいます。 ですので、 薄毛や抜け毛で悩んでいる方でフケもよく出るという方は意外と多いんですね。 乾性フケがもたらす頭皮への影響 乾性フケは頭皮の乾燥が主な原因で、痒みを伴うケースが多いです。 頭皮をかくと当然、頭皮にキズがつき、炎症を引き起こしやすくなります。 炎症を起こした頭皮は健康な髪をたくさん作ることはできません。 また、引っ掻いた刺激によって髪が抜ける事もありますし、当然その他のトラブルも起こしやすくなります。 脂性フケがもたらす頭皮への影響 脂性フケは過剰な皮脂分泌が主な原因で、 脂漏性皮膚炎という炎症が起こりやすくなります。 脂漏性皮膚炎になると髪の毛を生やす毛穴を皮脂で塞いでしまうので、そのまま「脂漏性脱毛」を引き起こしてしまう危険があります。 頭皮や髪に付きやすいという特徴もあるので、フケをエサとする細菌が増えることもあり、これが頭皮トラブルに繋がります。 パサパサのフケもベタベタなフケもそのまま放置しておくと、頭皮の環境が悪くなり、他の頭皮トラブルを起こす可能性は非常に高いです。 フケにおすすめのヘアケア フケの対処法はフケのタイプによって異なります。 乾性フケなのに皮脂対策をしても、脂性フケなのに乾燥対策をしてもほとんど意味がありません。 乾性フケの場合は「 乾燥を防ぐこと」が基本となります。 執拗なシャンプーや高級アルコール系シャンプーの使用は、頭皮の乾燥を招くので注意。 定期的にトリートメントするなど、頭皮の保湿を行うようにしましょう。 脂性フケの場合は「 頭皮の過剰な皮脂分泌を抑えること」が基本となります。 頭皮の皮脂が増える原因は、油っこい食事や偏った食生活が関係しています。 ちょっとした食事改善や生活環境の改善で、頭皮の皮脂分泌を抑える事は可能です。 最適な食生活 べたべたの脂性フケが出るタイプの方は、まず食生活を見直すことから始めてください。 動物性の脂肪を含んだ、下記のような食材を多くとっていたら控えましょう。 ご飯、パン、麺類• イモ類• スナック菓子 つまり、カロリーが高いものを多くとる生活を改める必要があります。 逆に、頭皮環境を整える為にビタミンやミネラルを積極的に摂っていきましょう。 ビタミンやミネラルを摂ると皮膚が強く健康になりますし、食事をきちんと取ることで 頭皮の血行も良くなります。 シャンプーを変える 頭皮が乾燥する原因として、使用しているシャンプーの成分も大きく影響します。 一般的なシャンプーは洗浄力がとても強く、汚れだけでなく皮脂まで洗い流してしまいます。 皮脂は多すぎてもいけませんが、頭皮の潤いにとって必要なものです。 過剰な洗浄能力を謳っているものを使っている場合、それが刺激となって、 フケの原因の一つとなっている可能性があります。 そういったシャンプーは、必要な皮脂まで頭皮から奪ってしまうので 皮脂の分泌が過剰になる恐れがあります。 洗浄力を売りにしているシャンプーを使っていてフケが止まらない場合、刺激の弱い、無添加で界面活性剤や香料などを使っていない物に替えましょう。 シャンプーの仕方を見直す 頭皮も皮膚の一部ですので、丁寧に優しく洗いましょう。 頭に汗をかいたりちょっと痒いところがあると、直ぐに洗髪をしたり、 ごしごしと強く洗ったりしていませんか? 頭皮はとてもデリケートに出来ていますので、そういった刺激は 頭皮を傷つけてしまい、フケの原因となります。 こういった行為が続くと、フケ、痒みは更に悪化してしまうので、直ぐに止めましょう。 頭皮を傷つけるだけでなく、 皮脂の取り過ぎで、皮脂の過剰分泌を誘発してしまい、かえって フケを増やします。 シャンプー液を直接頭皮につけると刺激が強い為、一度手のひらで軽く泡立ててから使ってください。 また、爪を立ててゴシゴシ洗わずに指の腹を使ってマッサージするように洗いましょう。 リンスやトリートメントの 洗い残しも地肌トラブルの原因になりますのでしっかりすすいでください。 清潔に保ちたいというあまり 何度もシャンプーをするのはNGです。 必要な皮脂まで落としてしまうので、一日に一回に抑えましょう。 関連記事 保湿を意識する シャンプー後やお出かけ前に、ローションやオイルなどで頭皮の潤いを補うことも重要です。 頭皮用のものがない場合は、肌のスキンケア用のものでかまいません。 乾燥しているからといって 水をつけるのは逆効果ですので気をつけてください。 強いドライヤーの熱や紫外線などが当たらないように日ごろから注意することも大切です。 また、頭皮ケアとして昔ながらの椿油などを利用するのも有効です。 さらに、頭皮が乾燥する人は、肌自体も乾燥しがちですので、コラーゲンを含む食品やサプリメントを積極的にとるようにしましょう。 生活習慣を改善する 頭皮もお肌の一部ですので、 偏った食生活や不規則な生活で頭皮の乾燥に繋がることが多くあります。 また、睡眠も細胞の入れ替わりにとって重要な要素です。 睡眠を毎日しっかりとって、からだの 新陳代謝を活発にすることが、頭皮の乾燥対策として大切です。 フケにおすすめのヘアオイル シャンプーの中には、洗浄感を強くするために、洗浄力が強く作られているものが多々あります。 そういった洗浄力の強いシャンプーにより頭皮が乾燥し、フケがの原因となるのですが、しっかり頭皮を潤わせてあげることにより、フケが少なくなります。 頭皮を潤わせるアイテムとしてローションは有効ですが、 ヘアオイルもとても有効です。 ヘアオイルの主成分であるオレイン酸は、頭皮に潤いを与え、フケの発生を抑えてくれます。 また、オレイン酸は頭皮と相性が良く、頭皮の状態を正常に近づけてくれる為、フケ、かゆみ以外にも、抜け毛の予防にも力を発揮してくれます。 へアオイルでフケを解消する方法 ヘアオイルを使って頭皮をケアする方法として、有効とされているのが 頭皮マッサージです。 オイルを使ったマッサージはフケだけでなく、健康な毛髪の育成のためにも、大変効果的です。 オイルマッサージの方法 1.乾いたままの髪に適量をたらし、オイルが頭皮全体に行き渡るように、頭皮を揉むようにやさしくマッサージしていきます。 2.マッサージが済んだら、暖かくしたタオルで頭を包み、蒸すようにして数十分待ち、頭皮に染み込ませます。 このマッサージだけでも、余分な皮脂は取れますので、洗髪は軽くでも構いません。 また、髪自体に潤いやツヤを与えたい場合には、洗髪後のドライヤー前に、お湯で薄めたヘアオイルを髪全体、特に毛先に重点的に塗布することにより、艶やかなでパサつきのない髪になります。 オイルマッサージを続けていれば、自然と頭皮環境が正常化されるため、生えてくる髪の質も高まります。 フケ以外にも、美容の効果もあるヘアオイル、ぜひ試してみて下さい。

次の

フケは取るな!確実に治すためにやって良いこと悪いこと

フケ 対処 法

犬のフケの対処法 ・病気が原因の場合 脂漏性皮膚炎を起こす原因は様々で、 ホルモンの異常 食餌の影響 アレルギー 寄生虫や真菌などの感染 などがあります。 原因に合った治療がフケの対策になります。 アトピー性皮膚炎は、完治は困難ですが薬の服用や療法食を与えることで症状の改善が期待出来ます。 皮膚糸状菌症では、抗真菌剤の内服薬や外用薬の使用や薬用シャンプーでの治療を行います。 ・シャンプーによる影響 正常な皮膚の犬に薬用シャンプーを使い続けたり、乾燥肌の犬に脱脂作用のあるシャンプーを使用するなど、シャンプー剤が合わないことで皮膚がダメージを受けフケが多く出ることがあります。 また、シャンプーのすすぎが不十分であったり、ドライヤーで乾燥させ過ぎてしまうなどシャンプーの方法が間違えていてフケが増える場合もあります。 フケが出るからと過度にシャンプーを行うことも更にフケを増やす原因となり得ます。 ・乾燥による影響 人と同様、空気が乾燥する季節はフケが出やすくなります。 室内飼育であれば加湿器を使用したり、保湿剤入りのシャンプーなどを使い肌の乾燥を防ぎます。 肌が乾燥した状態が続くと肌のバリア機能が低下し細菌感染などの肌トラブルを起こすこともあります。 犬のフケの取り方 被毛の上に出て来ている白いフケは目の細かいコーム ノミ取り櫛 などで取ることが出来ますが、多くの場合被毛の根元や皮膚の表面にもフケがあります。 そこへスリッカーブラシなどでブラッシングを行うと、フケはどんどん浮き上がります。 フケをきれいに除去するには、身体に合ったシャンプー剤での洗浄が効果的です。 ブラシである程度フケを落としてから、シャンプーでフケをふやかして落とします。 特に、脂漏性のベタベタしたフケはコームやブラシで除去することは困難で、時間をかけてふやかしながら洗い落とす必要があります。 犬のフケを予防する方法 フケが出る原因に病気があれば、まずは病気を治療します。 フケだけを落としても、元に病気があればまたフケは再発します。 栄養バランスの良い食餌を摂ることはフケを予防する上でとても大切です。 食餌を見直すだけでフケが改善することもあります。 シャンプーは身体に合った物を使用し、すすぎでは確実にシャンプー剤を洗い流します。 流し残しを無くすコツは、高いところ 頭 から始め低い所 足先 は最後に流すということです。 特に、耳周りや脇の下、指の間はすすぎ残しやすいので念入りにすすぎましょう。 ドライヤーを使用する際には乾燥させすぎないように注意します。 また、反対に濡れたまま乾かさずに放置することで雑菌が繁殖してしまい、炎症を起こしフケが出てしまうこともあります。 タオルドライや自然乾燥だけでなく、ドライヤーを使用して乾かしましょう。 おすすめの犬のフケ用ブラシとブラッシングの仕方 フケ用のブラシという物は特に無く、使用する犬の毛量や毛の長さ、アンダーコートの有無などによりその子に合ったブラシを使用します。 トリミングサロンなどで最も使用されているブラシはスリッカーブラシです。 被毛のもつれをほぐしたりアンダーコートの除去にも優れており、万能なブラシです。 スリッカーブラシは自然に手に取ると握るように持ってしまいますが、この持ち方でブラッシングをすると力が入りすぎて犬の皮膚を傷め、擦過傷を起こしてしまいます。 背中はブラシをかけやすいため、特に擦過傷を起こしやすい場所です。 鉛筆を握る持ち方でやさしく握り、試しに自分の腕に当ててみましょう。 痛いと感じれば、犬も痛みを感じているという事になります。 力加減が難しければ、ピン先に玉のついたスリッカーを使用しても良いでしょう。 毛先から少しずつ根元まで、もつれをほぐすようにブラシをかけていきましょう。

次の

「フケ」の予防・対処法を解説

フケ 対処 法

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 【フケ対策】子どものフケの原因と対策 子どもの頭のフケが気になったら、どう対応したら良いのでしょうか。 「子どものフケも、大人と同様で『脂性のフケ』と『乾性のフケ』と2種類がある」と毛髪診断士の北川愛子さんは言います。 c Shutterstock. com その原因は、 1. 強く洗いすぎる 2. シャンプーやコンディショナーをしっかり洗い落とせていない 3. シャンプーの洗浄力が強すぎる 4. 食生活が乱れている 5. 睡眠不足 などが考えられ、大人の場合と同様です。 子供の皮膚は大人よりも薄いため、 1や3が原因となる場合が多いようです。 さらに、新陳代謝が大人に比べて活発なので、寝不足や偏った食生活などで肌のターンオーバーが乱れると、フケが出やすい状況になるとも言われています。 頭がかゆいからってゴシゴシと洗えばかゆみが抑えられるというものでもありません。 洗い過ぎてしまうと、頭皮の皮脂が過剰にとれて乾燥を招き、さらにかゆくなることもあるんです。 【フケ対策】髪の正しい洗い方とは? フケが出てしまった時は、シャンプーでしっかりこすって洗いたくなりますがそれはNG。 爪を立てずに指の腹で地肌を優しく洗ってあげてください。 シャンプーをする前に、まずお湯だけで髪を洗い流してあげる「湯シャン」をすることも大切です。 c Shutterstock. com シャンプーをつけずにお湯で洗い流すだけでも、8割の頭皮の汚れが落ちると言われています。 ただ髪を濡らすだけではなく、指の腹で地肌を揉み洗いしながら濡らしてあげるのが良いでしょう。 そうすることでその後のシャンプーの泡立ちも良くなります。 【フケ対策】シャンプーの洗い流す際や乾かし方にも気をつけて! シャンプーやコンディショナー後の洗い流し方にもコツがあると言います。 「フケが出ている」という方の頭皮をよく見ると、 コンディショナーやトリートメントなどのカスが付着している場合があります。 それがかゆみやフケの原因にもなってしまうので、洗い流す時も洗う時と同じように指の腹で頭皮をもみながら、つけたシャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流しましょう。 c Shutterstock. com 次に、乾かし方ですが、 頭皮を乾かしてあげることが大切です。 乾かし方が不十分で濡れたままの頭皮には雑菌が繁殖し、炎症を起こしやすくなります。 炎症はフケの原因にもなります。 【フケ対策】頭皮の保湿のためにも、シャンプーは1日1回まで 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用していたり、1日に何度も髪を洗ったりすると、 皮脂を取り過ぎてしまいます。 その結果、頭皮が乾燥してパラパラとした細かくて白いフケが出ます。 これらのフケを「乾性のフケ」と言います。 c Shutterstock. com 「乾性のフケ」は、保湿効果のあるシャンプーやフケ対策用のシャンプー、洗浄力のやさしいアミノ酸系のシャンプーで洗ってあげることで防げます。 シャンプーの種類はいろいろありますが、「しっとり」タイプを選ぶのがオススメです。 【フケ対策】「乾性のフケ」には頭皮用ローションを加えてみて シャンプーを変えても、パラパラ細くて白いフケ「乾性のフケ」が改善されない場合は、洗髪後に使う 頭皮用の保湿ローションを加えてみるのもいいでしょう。 頭皮専用のもので潤いを与えてからドライヤーで乾かすのが効果的です。 初出:しごとなでしこ.

次の