健気 対義語。 「私情」の意味と使い方・例文・類語・仕事での「私情」の例

小学生の自主学習用【はんたいことば】対義語一覧

健気 対義語

おぼこいの意味は?どこの方言なのかも おぼこは元来「産子(うぶこ)」またはボラの幼魚の意味 「おぼこい」という言葉が生まれたのには2つの通説があり、新生児を意味する「産子 うぶこ 」が訛って「おぼこ」になった説と、ボラの幼魚を指す「おぼこ」を意味する説とがあります。 いずれにせよ、おぼこを形容詞にした言葉が「おぼこい」です。 これには類語も多くみられます。 おぼこいの意味は「幼い」「初々しい」 「おぼこい」は「幼い」「初々しい」という意味です。 未成熟、未完成な様子を表現します。 「おぼこ」は「未通女」と書き、おぼこ娘はあどけない童女、またはダイレクトに処女を指しますが、形容詞化した「おぼこい」は、幼い純粋さや素直さ、可愛らしさを表現します。 日本は昔から、未完成なものを好む文化があります。 伸びしろのあるものや自分の好みで仕上げることのできる魅力です。 「おぼこい」には世間知らず、未熟、垢抜けないさまを指すこともありますが、その場合も可能性を秘めていたり、宝石の原石的なニュアンスを含んでいます。 手を加える余白が「おぼこい」人の魅力でしょう。 「おぼこい」はどこの方言かというと関西地方が有力 「おぼこい」はどこの方言かというと、関西地方ですね。 今では全国で意味が通りますから、方言とも言えないようですね。 京ことばの「おぼこい」は柔らかく上品な響きがあり、生きすれてない初心なイメージがあります。 大阪弁だとユーモラスな明るさがあり、天真爛漫な純真さ、正直さを感じます。 日本語は面白いですね。 「おぼこい」は、九州地方や秋田でも使われますが、まだ何の色もついていない、清らかなイメージは同じです。 幼さやあか抜けない感じは、総じて「おぼこい」と言われますが、そこに見る者の好意が入っています。 おぼこいの類語 おぼこいの類語「あどけない」は幼い純真さ おぼこいの類語には、「あどけない」「いとけない」「がんぜない」があります。 幼い、可愛いという意味では同じ意味ですが、「あどけない」は、生き擦れていない純粋さをあらわします。 「あどけない」は、子供の可愛いしぐさや無心な笑顔などに、微笑ましさを感じる心模様です。 清らかなものを見たという時に使う言葉です。 おぼこ娘といえば処女を連想する日本人は多く、それも清らかさを想像させます。 幼いの類語が清らかだというわけではありませんが、幼さに清らかさを感じる人は多いということです。 いとおしい、または痛々しいというニュアンスがあります。 ようやく歩き出した赤ちゃんや、まだ飛べないヒナのように危なっかしく、思わず手をさしのべたくなる心情で使います。 自分を守る力のない様子を、心配しながら見ているという意味を持っています。 類語の「いとけない」は幼さ、可愛さを表現したことは同じですが、弱いものをかばってやりたいという保護本能を掻き立てる意味があります。 おぼこ娘も、慣れていないがゆえに、自分を守る知恵がまだついていないと思われます。 稚い存在です。 おぼこいの類語「がんぜない」はヤンチャ おぼこいの類語「がんぜない」は「頑是ない」と書き、未成熟ゆえの奔放さや無分別も含まれます。 何もわからないから怖いもの知らずです。 幼い、可愛いという意味の中に、「しかたないなあ」と、思わず苦笑してしまう天真爛漫な言動、やんちゃなふるまいのにおいがします。 のびのびした子供らしい子供ということですね。 頑是ないとは「こうでなければならない!」と力む頑迷さとは無縁の素直さという意味もあります。 どんな色にも自在に染まるところは幼さゆえの素直さで、ヤンチャぶりも、いかようにも変わりうると信じていた節があります。 おぼこいの対義語 おぼこいの対義語「すれっからし」 おぼこいの対義語に「すれっからし」という言葉があります。 日本語の表現としては、あまりいい意味に使われませんが、現実に世の中にあっては、直線思考で視野狭窄な人よりも役に立つことが多いものです。 おぼこいの対義語「あばずれた」 おぼこいの対義語に「あばずれた」があります。 そういう人を俗に「あばずれ」と呼びます。 恋多き女、男性経験の多い遊び人を指すことが一般的な蔑称です。 やはり、おぼこいことが美徳とされている文化のなせるわざでしょうか。 方言の抜けきらないおぼこ娘なども、好感度は高いようです。 純情だね。 という意味です。 人を真っ正直に信じたり、疑うことを知らない心を知ったときに使う言葉です。 とくに恋愛においては、かたくななまでの一途さを発揮します。 本気の恋はいくつであっても、おぼこいのです。 だめんずウォーカーといわれる女性も、疑うことをしらないおぼこい女なのです。 幼い可愛らしさへの礼賛です。 穢れを知らない天使のような時期は誰にでもあります。 「おぼこい」は幼いの古語から方言に転じた言葉です。 そこには日本独特の幼児を神格化する文化があります。 子供を「不完全な人間」と思う欧米とは、思想的に違いますね。 いつまでも夫ラブな奥様は、心情的にロマンチックで、晩年になっても「私のこと、愛してる?」とたずねられて、ギョッとした経験を持つ方も少なくありません。 「参ったな~」と言っているほうも、悩んでいるようで実は惚気ていることが多いですね。 そういう意味です。 幼さの残る顔立ち、例えば女優の永作博美さんや、黒木瞳さんは童顔で、いつまでも可愛く見えます。 有村架純さんや高畑充希さんも童顔です。 可愛い、初々しいイメージがありますね。 日本ではセクシーより可愛い方が好まれますが、顔立ちに幼さがあるとおぼこいイメージですね。 成熟していないという意味の使い方です。 女性がお嬢さん育ちだったりすると、そのように言われることが多いですね。 人は苦労して大人になると言われます。 ただし、実際にどうかは外からはわからず、育ちのいい人は辛抱ができるし、苦労を見せない凛々しい童顔さんもいます。 他の方言でおぼこいの言い方は?英語も 静岡県の方言でおぼこいの言い方「みるい」 静岡県の方言でおぼこいの言い方「みるい」です。 まだみるいといわれたら、幼いという意味ですが、そこに可愛げや微笑ましさを感じての表現でもあります。 「みるい」は「未熟い」の訛った言葉だと伝えられています。 香川県の方言でおぼこいの言い方「あずない」 香川県の方言でおぼこいの言い方「あずない」です。 あどけないが訛ったものだといわれています。 幼い未成熟な様子をあらわす言葉ですが、「あどけない」同様、幼い、純真というニュアンスもあります。 「幼子のような」という意味です。 あずないと言われたら、あどけないと同字意味だと理解していいでしょう。 英語でおぼこいの言い方「naive」 英語でおぼこいの言い方は、これ!というものがありません。 幼い子供に対する可愛いという言葉は「cute」ですが、無垢をあらわす「innocent」もあり、一番近いのは初心をあらわす「naive」です。 ともすれば騙されそうなあやうさは、「おぼこい」といえます。 清純可憐な野菊のような乙女、民子は、2つ年下の政夫と幼い初恋をします。 年が多いことを理由に他家へ嫁がされますが、心の操は一筋で、死ぬ瞬間まで政夫の写真をひそかに所持しています。 融通がきかないほどの純情に泣けます。 おぼこいヒロインです。 容貌に自信のないミツは、心だけは誰よりも美しくあろうとします。 吉岡は、自分の欲望から、好きでもないミツを抱いてしまい、自己嫌悪に陥ります。 利用されたことを知らず、吉岡を思い続ける愚かしいまでの一途さに幼い清らかさを感じます。 中年になった源氏の正妻として嫁ぎますが、あまりの幼さ、無知ぶりに源氏にとっては魅力の薄い妻となります。 そんなある日、女三宮に想いを寄せる柏木と、心ならずも不倫してしまいます。 究極のお嬢様育ちゆえに、自分を守るすべを知らないおぼこ娘です。 そして捨てられてしまいます。 彼女の死を知ったとき、ザンパノは自分がジェルソミーナを愛していたことに気づいて号泣します。 無垢で無知なおぼこい女の純情に泣けます。 軍人のロバートは、ある日ゲリラに匿われていたマリアに恋をします。 初めてキスを経験する前の「キスの仕方を知らないの。 鼻はどこへやるの?」という名台詞を、多くの方がご存知でしょう。 勇敢な女性なのに、なんとおぼこいのでしょう。 おぼこい女性を好む日本文化 日本にはおぼこいものを好む文化があります。 「紫の上症候群」という言葉を、お聞きになったことがありますか。 紫式部の有名な長編小説『源氏物語』で、光源氏は、恋焦がれる藤壺女御の姪にあたるわずか10歳の女の子をさらい、理想の女性に育てました。 おぼこ娘の魅力は、真っ白い生地に好きな色を塗れるところです。 「おぼこい」という言葉には単に可愛い、幼いという意味だけではなく、自分が手作りできる余白があるという意味があります。 これからどのようにも成長する、伸びしろ、可能性の魅力といっていいかもしれません。 日本のロリコン文化と外国から揶揄されますが、日本男性のセンスは本来、もっと深く繊細で想像力に富みます。 成人した女性が、童女の幼さや可愛さをまねしても違和感があります。 大人の女性の愛らしさは、幼さとは別ものだからです。 けれども素直さや純情さ、成長する伸びしろは可能性はいくつになっても持つことができ、一生魅力的な女性でいることができます。 おぼこい童女でなくなっても、常に瑞々しい心でいたいものですね。

次の

「健気」の意味と語源・使い方・例文・類義語・は?現役記者がサクッと解説!

健気 対義語

では健気の正しい読み方は、「けなげ」「けんき」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 健気の正しい読み方は「けなげ」になります。 熟字に訓読みをあてた読み方だから、熟字訓(じゅくじくん)です。 訓読み(日本由来)はそれだけで意味が分かる読み方が多く、音読み(中国由来)はそれだけでは意味が分からないものが多いです。 そして熟字訓は熟字(2字以上)に読み方があてられているため、 漢字単体に読み方が振り分けられているわけではありません。 (連濁と言うのは、2語以上が結びつくときに、後ろの語の語頭が清音から濁音に変化する日本語の用法です) ですので漢字(1字)の訓読みのようにその熟字(2字以上)だけで、 意味が伝わるように読み方があてられているものが熟字訓というわけなんですね。 熟字訓と言われる読み方は特殊で、あらかじめその言葉の読み方を知っていなければ、読み方が分からないものがほとんどです。 次の章で健気の意味と類義語について解説していきます。 2.健気の意味と類義語について では健気の意味と類義語について見ていきましょう。 健気を用いた例文としては、「健気な若者」や、 「健気に働く子供たち」のような使い方で用いられています。 前者の例文は「心がけや態度がしっかりしていること」の意味で、後者の例文は「子供など弱い者が懸命に努めること」の意味で使用しています。 また 健気の類義語としては、「地道(じみち)・真面目(まじめ)・誠実(せいじつ)・殊勝(しゅしょう)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても健気と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

人間の鑑 (にんげんのかがみ)とは【ピクシブ百科事典】

健気 対義語

「甲斐性」の意味と読み方 「甲斐性」とは「やる気にあふれた性質」の意味 「甲斐性」とは 「やる気にあふれた性質」「健気な様子」という意味です。 これは「甲斐性」の意味を既にある程度認識している人にとっては、少し意外かもしれません。 「甲斐性」という言葉は「甲斐性がある」「甲斐性がない」などと使われることが多く、いずれの場合も「その人がやるべき役割を果たす力」というニュアンスで用いられます。 その人のお金や仕事、異性関係などへの接し方を表す、 根本的な性質を指す言葉です。 「甲斐性」は「かいしょう」と読む 「甲斐性」の読み方は2つあります。 「かいしょう」と「かいしょ」です。 主には「かいしょう」と読みます。 「かいしょ」という読み方は正式なものではないため、パソコンの漢字変換などでも「甲斐性」とすることはできません。 「かいしょう」という読み方の、最後の「う」が聞こえにくかったり、消えたりすることが多く「かいしょ」でも通じるようになったと言われています。 「甲斐性」の使い方と例文 「甲斐性なし」「甲斐性がない」はお金にだらしない様子 「甲斐性」という言葉を使った表現はさまざまありますが、中でも頻繁に耳にするのは 「甲斐性なし」「甲斐性がない」でしょう。 「甲斐性なし」「甲斐性がない」はいずれも、 主に「お金にだらしがない様子」を指しています。 「甲斐性」の意味である「やる気にあふれた性質」や「健気な様子」がないことによって、生活に必要なお金が足りなくなったり、生活のために一生懸命働かない人を「甲斐性なし」「甲斐性がない人」と言います。 「彼には家族を養うような甲斐性がないんだよ」• 「甲斐性なしと結婚したことが不運の始まりだった」• 「彼は仕事も異性関係も甲斐性がないから困る」 お金以外の「仕事」や「異性関係」などについても「甲斐性なし」「甲斐性がない」は使われ、いずれも 「だらしがない」という意味です。 「甲斐性のある男・甲斐性のある女」とは責任感がある人 「甲斐性」という言葉を使って、男性の責任感や器の大きさを表すこともあります。 「甲斐性のある男」と言えば、仕事や家庭に対して責任感が強い人、器の大きな人、という意味です。 「甲斐性のある女」という表現も、同じように責任感が強く、人としての器が大きな女性を表すこともできます。 「甲斐性」の由来・語源とは 「甲斐性」の由来は諸説ある 「甲斐性」に限らず、現代使われている言葉にはそれぞれの由来や語源があります。 しかし、古くから使われている言葉ほど、正確な由来や語源は諸説あり、これが由来と決定づけることが難しいものです。 「甲斐性」の由来・語源もその一つで、現代で「甲斐性の由来」と言われている説はいくつも存在しています。 どの説も「お金」にまつわっていることから、現代でも「甲斐性」は主に「お金に対しての姿勢」という意味で使われているようです。 「甲斐性」の類語と対義語とは 「甲斐性」の類語は「根性」「心根」 「甲斐性」と似た意味を持つ言葉はいくつかありますが、中でも言い換えに使いやすいのは 「根性」「心根(こころね)」などです。 「根性」は比較的身近な言葉で、意味の把握をしやすいでしょう。 「根性がある、根性がない」など、「甲斐性」と同じように「ある・ない」で程度を表すことができます。 「根性がある」と言えば、頼りがいがあり、頼もしい様子、「根性がない」はその逆です。 「心根」は、その人が持つ気持ちの根底の部分を指す言葉で、「心根が優しい」「心根が良くない」などと使います。 「心根」には「本当はこういう人」というニュアンスがあり、普段のその人の振る舞いからは、想像できない性質を表すときにも使われます。 「甲斐性」の対義語は「人任せ」「傲慢」 「甲斐性」という言葉は、後に続く言葉次第で良い意味にも、悪い意味にもなるため、反対語や対義語と言いきれるものは見当たりません。 しかし、「甲斐性」が持つ意味の対義語という意味であれば 「人任せ」「傲慢」などを挙げることができます。 「甲斐性」の「やる気にあふれた性質」という面の対義語は「人任せ」です。 本人にやる気が感じられず、何でも人に任せてしまう様子を表すことができます。 「健気な様子」という面の対義語は「傲慢」です。 自分がやろう、という気持ちがなく、人を見下して、誰かにやらせたり、押し付けたりする様子を表すことができます。 「甲斐性」の英語表現 「甲斐性」は英語で「resourcefulness」 「甲斐性」という言葉をそのまま英語にすることはできませんが、「甲斐性」の有無の要因となる「性質」「能力」ということであれば、英語にすることができます。 日本語の「甲斐性」にあたる 「性質」や「能力」のことを「resourcefulness」と言います。 「a man of great resourcefulness」とすれば「その人は能力に富んでいる」という意味となります。 他にも 「feckless」という言い方もあり、「うだつが上がらない」という意味で「甲斐性がない」に近づけることもできます。 「She is a feckless character」とすれば「彼女はうだつが上がらない性格」となります。 まとめ 「甲斐性」は、その人の性質を包括的に表現することができる言葉です。 特に「甲斐性がない」という言葉は、ネガティブな要素を一つひとつ挙げて行かなくても、その人の特徴をある程度の大枠で伝えられるので、知っておくととても便利です。 ぜひこの機会に「甲斐性」という言葉を覚えて、自分や誰かのことを「甲斐性」という言葉を使って表してみましょう。

次の