クロム キャスト。 Chromecast(クロームキャスト)の評判・評価とおすすめポイント

スマホの画面をテレビに映す(転送)方法!クロームキャストを使うのがおすすめ!

クロム キャスト

Contents• Chromecast(クロームキャスト)とは? Chromecast(クロームキャスト)とは、 Googleが提供する『YouTubeなどの映像配信サービスを大画面のテレビへ映すストリーミングデバイス』のことです。 無線LAN環境を使い、HDMI端子付きのテレビと接続することで、 パソコン・スマートフォン・タブレットなどに流れる動画・画像をテレビに映し出すことが可能となります。 大画面のテレビでスマホに流れる動画を楽しむことができますが、それ以外の機能として、 パソコンの画面をテレビに映し出すこと(ミラーリング)も可能です。 iOS端末(iPhone・iPad)では、ミラーリング機能は対応していません。 iOS端末でミラーリングするには、ミラーリング対応アプリやAppleTVを用いて、ミラーリングすることが可能です。 Chromecastでパソコン画面をテレビに映す(ミラーリング)方法 Chromecastを使えば、 パソコンで表示されている画面をテレビに映すこと(ミラーリング)が可能となります。 また、パソコンで表示している画面のみではなく、 音声もテレビ(または接続しているスピーカー)より出力が可能です。 はじめに パソコンの画面をテレビに映す(ミラーリング)には、 『GoogleChrome』をダウンロードする必要があります。 操作方法 まず、 パソコン画面をテレビに映す表示方法は3種類あります。 1.GoogleChromeを起動し、画面右上の 「︙」を開き、 「キャスト」を選択します。 2. 「ソース」から 「タブをキャスト」を選択します。 3.設置してある 「Chromecast(ここではオフィス)」を選択します。 4.「 Casting tab 表示するURL)」が表示されると、接続完了です。 1.GoogleChromeを起動し、画面右上の 「︙」を開き、 「キャスト」を選択します。 2. 「ソース」から 「デスクトップをキャスト」を選択します。 3.「画面を共有する」画面が表示されますので、 画面共有する部分を選択(ここではデスクトップ全体)し、「共有」を選択します。 4.テレビにデスクトップ画面全体が表示されると、接続完了です。 3.ファイルをキャスト パソコン内の ローカルファイル(PC上の動画や写真などのファイル)を表示可能です。 1.GoogleChromeを起動し、画面右上の 「︙」を開き、 「キャスト」を選択します。 2. 「ソース」から 「ファイルをキャスト」を選択します。 3.パソコン内に保存してある 「ローカルファイル」を開きます。 4.テレビに(選択した)ローカルファイルが表示されると、接続完了です。 実際どんな場面で活躍が期待できるのか、 ミラーリングを利用した際のメリットについて紹介をしていきます。 会議や講演会など発表の場で活躍 会議・講演会などの場で、発表資料を共有したい際に活躍が期待できます。 会議用の専用モニターを導入する必要もなく、通常テレビで流しているテレビを会議でも活用できます。 また、Chromecastは無線で通信する為、 面倒な配線工事やプロジェクターを設置する必要もなく、導入コスト削減にも繋がることもメリットの一つでしょう。 キャスト対応していないアプリでもブラウザ上で表示可能 Chromecastを使うと、 キャスト対応していないアプリでもブラウザ上、またはデスクトップ画面全体をテレビに出力することが可能となります。 年々キャスト対応アプリは増え続けていますが、全てのアプリをキャスト対応するのは、ほぼ不可能です。 Chromecastでは、パソコンの画面(またはブラウザ上)をそのままテレビに映すことができますので、キャスト対応しているアプリを確認しなくても安心し利用することができます。 *Chromecast対応アプリはより確認が可能です。 キャスト方法が数クリックのみ。 難しい操作が不要 Chromecastでキャストするには、難しい操作が一切不要で、 数クリックのみでミラーリングを行うことが可能です。 キャスト対応アプリであれば、ワンタップで完了。 GoogleChromeからミラーリングをする際は、(上記操作のように)数クリックで完了します。 パソコン内のローカルファイルをテレビに表示可能 パソコンに保存してある ローカルファイル(動画ファイルなど)をテレビに表示することが可能です。 現在のスマートフォンは4K動画撮影が可能など、高画質が当たり前となっています。 スマホで撮影した写真・動画などを、大画面のテレビで見るとスマホでは見違えるほど、綺麗に鮮明な写真・動画を楽しむことができます。 また、パソコンでドライブが内蔵(または外部ドライブ)している場合、パソコン上で流した映像をそのままテレビに映すことができるので、DVDなどのプレーヤーも不要です。 最後に 以上、Chromecastを用いてパソコン画面をテレビに映す方法についての紹介記事でした。 パソコン上の画面をテレビに映すには、発表などのプレゼンの場やキャスト対応していないアプリもミラーリングできるなど多々メリットが挙げられます。 Chromecast以外にも、AppleTVやミラーリング対応アプリなどのミラーリング製品は様々出ておりますが、 キャスト対応しているアプリが豊富( PrimeVideoもキャスト対応可能)であることがChromecastを利用するメリットの一つと言えるでしょう。 デメリットとして一点挙げるならば、 タイムラグについてです。 (無線通信ですのでこれは仕方ないですが)マウスを動かすと少し遅れてマウスカーソルが移動するなど、若干のタイムラグが発生します。 外部モニターとして常時利用するには、気になるタイムラグですのでオススメはしません。 ただし、会議などのプレゼンの場では気にならない程度でしょう。 Chromecastは、手軽に購入しやすい価格帯となっており、幅広い使いみちが期待できるデバイスです。 Chromecastを購入しようか迷っている方にも参考になればと思います。

次の

Chromecast(クロームキャスト)の評判・評価とおすすめポイント

クロム キャスト

Chromecastとは? Chromecast(クロームキャスト)はGoogleが提供しているストリーミング端末です(セットトップボックスともいいます)。 テレビのHDMI端子に接続するだけで、動画配信サービスで配信している映画、ドラマ、アニメなどを大画面で見ることができます。 PC、スマホ、タブレットからChromecastを操作することができて、対応アプリ・サイトからキャスト(接続)することで、写真、動画、音楽をテレビに出力することができます。 テレビに出力中にPCやスマホが他のアプリ・ソフトを使用したり、端末をスリープや電源を切っても問題ないのがポイントです。 価格 Chromecast(第1世代)は国内で2014年5月に発売して、価格は4,586円(税込)でした(現在は販売終了)。 その2年後の2016年2月に新型「Chromecast(第2世代)」が国内で販売されて、 価格は4,980円(税込)と旧型よりも少し高くなっています。 さらに、2016年10月に超高画質『4K』に対応した「Chromecast Ultra」が発表されて、国内でも近日発売になっています。 価格は9,720円(税込)とChromecastと比べて倍近く高くなっていますが、競合相手といえる「Amazon Fire TV」の価格は11,980円(税込)なので、それよりも少し安いです。 特徴 多くの動画配信サービスに対応 ストリーミング端末には他にもFire TVシリーズやApple TVがありますが、 その中でもChromecastがイチバン多くの動画配信サービスに対応しています。 Hulu(フールー)、Netflix(ネットフリックス)、dTV、GYAO! 、AbemaTV、DMMなどの数多くの動画配信サービスに対応しています(対応している動画配信サービスについては下の項目を参照)。 そのため、動画配信サービスを選択できる幅も広がり、Chromecastはテレビで映画、ドラマ、アニメを視聴するための最も最適な端末です。 安定・高速通信可能 Chromecast(第1世代)では通信が安定しなかったり、ストリーミングが遅いときがありました。 そのため、動画が途中で切れたり・止まったりしてイライラする場面がよくありました。 しかし、 新型「Chromecast(第2世代)」からは高速通信が可能な5GHz帯と802. 11 acに対応しています。 さらに、3本のアンテナが切り離されて配置されているので、安定した通信を可能にしています。 通信機能の強化により旧モデルより再生が始まるのが早くなり、動画が途中で切れることや止まることもなく、快適に視聴することができます。 超高画質「4K」対応 Chromecastの最大解像度は「フルHD画質」ですが、 上位機種にあたるChromecast Ultraの最大解像度は超高画質「4K」にも対応しています。 Chromecast Ultraなら動画配信サービスで配信している4Kコンテンツも画質を落とさずにテレビで綺麗な映像を楽しむことができます。 Chromecast Ultraに対応している「4K(2160p)」がどれだけ高画質かというと、Blu-ray(フルHD・1080p)の約4倍の画素数で、DVD(SD・480i)だと約24倍の画素数となっているので、どれだけ映像が綺麗なのか想像できると思います。 ミラーリングもできる Chromecastはキャスト(接続)した動画、画像、音楽をテレビに映すだけではなく、 PCやスマホの画面をそのままミラーリングすることもできます。 ミラーリングをするためにはAndroid端末には「Google Home(旧:Google Cast)」インストールして、PCには「Chromeブラウザ」をインストールしているだけで簡単にミラーリングできます(iOS端末のiPhoneやiPadは操作には使えますが、ミラーリングは残念ながらできません)。 ミラーリングを活用すれば、ゲームを大画面でプレイしたり、Amazonプライムビデオやフジテレビオンデマンドなどの対応していない動画配信サービスも大画面で視聴できます。 仕様(スペック) 製品名 Chromecast Ultra Chromecast(新型) Chromecast(旧型) 価格 9,720円(税込) 4,980円(税込) 4,586円(税込) 最大解像度 2160p(4K・UHD) 1080p(フルHD画質) 1080p(フルHD画質) プロセッサ 未公表 Marvell Armada 88DE3006 1500 Mini Plus Marvell DE3005-A1 SoC メモリ 未公表 4GB? 512MB ストレージ 未公表 2GB 2GB 通信機能 IEEE802. 4GHz、5GHz IEEE802. 4GHz、5GHz IEEE802. 4GHz インタフェース HDMI、microUSB、イーサネット端子(有線接続) HDMI、microUSB HDMI、microUSB サイズ 58. 7mm 51. 対応している動画配信サービス一覧• Hulu(フールー)• Netflix(ネットフリックス)• dTV(旧:dビデオ)• U-NEXT• GYAO! (プレミアムGYAO! AbemaTV• 楽天SHOWTIME• ゲオチャンネル• ビデオマーケット• dアニメストア• ビデオパス• UULA• アニメ放題• DMM• バンダイチャンネル• スポナビライブ(対応予定)• エムキャス• Viki おすすめポイント.

次の

【Chromecast】パソコン画面をテレビに映す方法(ミラーリング)を解説

クロム キャスト

スポンサーリンク クロームキャスト第1世代と第2世代の違いを比較 現在発売されているクロームキャストは第2世代です。 第1世代との違いは以下の通りです。 第1世代はネット上で既に販売が終了しています。 第1世代 第2世代 価格 4,200円 4,611円 Wi-Fi 2. 4GHz 2. 5GHzの方が通信速度が出やすいので便利です。 また、第2世代には、上位版のクロームキャスト ウルトラが用意されていることも特徴です。 クロームキャストでできること 「クロームキャストって何ができるの?」という方もいるでしょう。 クロームキャストは、テレビやモニターに挿すと以下のことができます。 ただし、クロームキャストを使うには、Wi-Fi環境とスマホが必要です。 Google クロームキャストでできること テレビやモニターで動画・音楽サービスをストリーミング再生 AndroidやPCの画面をテレビやモニターにミラーリング スマホをリモコンとして使える Google Homeと連携して音声操作を行える 動画や音楽のデータを他の端末に送ることをキャスト cast と言います。 クロームキャストの名前はこのキャストに由来しているわけです。 クロームキャストはAndroidだけでなく、iPhone・iPadやMac、Windowsにも対応しています。 画面をテレビやモニターの大画面に映せば、家族や友達と一緒に同じ映像を観られるので、盛り上がります。 クロームキャストは多くのNetflixやSpotifyなど数々の動画・音楽サービスに対応しています。 ただし、Amazon Fire Stickは、Google Chromecastで対応している「KKBOX」や「楽天TV」といったサービスに対応していません。 どちらが良いか気になる方は、購入前にとを見比べて自分の利用したいサービスが対応しているか確認しましょう。 クロームキャストとクロームキャスト ウルトラの違い 通常のクロームキャストとクロームキャスト ウルトラの違いは、以下の通りです。 どちらを買おうか迷っている方は参考にしてください。 クロームキャスト ウルトラの方が本体価格は高いですが、高性能です。 4Kのストリーミング再生に対応している上に、有線LANにも対応し、処理時間も超高速。 「高画質な動画をサクサク楽しみたい」という方にはオススメです。 画質にこだわらない方なら、価格が安い通常のクロームキャストで十分です。 本体カラーのバリエーションは通常のクロームキャストの方が豊富です。 クロームキャストの開封 まずは通常のクロームキャストから。 開ける前に、箱全体の様子をお伝えします。 きしめん状のケーブルが特徴です。 クロームキャスト ウルトラを開封 続いて、上位版のクロームキャスト ウルトラを開封します。 側面には通常のクロームキャストとの違いが書かれています。 こちらもきしめん状のケーブルが特徴です。 上が通常のクロームキャスト。 クロームキャスト ウルトラでも手順は同じです。 ここでは、通常のクロームキャストを使ってお伝えします。 やり方さえ知っていれば、3分で設定ができます。 テレビがなかったので、代わりに外付けモニターで設定しました。 クロームキャストを使うには、Google Homeのアプリが必要なので、最初にインストールしておきましょう。 また、Wi-Fi環境も必要です。 ストリーミング再生とミラーリングのやり方 続いて、ストリーミング再生とミラーリングのやり方をお伝えします。 ストリーミング再生のやり方 ストリーミング再生のやり方は以下の通りです。 ここでは、YouTubeのアプリを例に出して説明します。 上でもお伝えした通り、クロームキャストでは動画だけでなく、音楽もストリーミング再生ができます。 ここでは、Androidのスマホの画面をミラーリングします。 クロームキャストを電源に繋いだ状態で、本体のボタンを長押しすれば、端末を初期できます。 オペレーターさんがセットアップ設定が完了するまで、丁寧に説明をしてくれます。 Google クロームキャストサポートセンター 電話番号:0120-186-163 営業時間:9時〜18時 年中無休 まとめ:見た目は小さくもスケールは大きい Google クロームキャストはスマホよりも小さな製品です。 ですが、テレビやモニターに繋ぐだけで、世界中のコンテンツを大画面で映像が楽しめる便利な機器です。 通常のクロームキャストなら5,000円以下と電化製品としてはお求めやすい価格です。 映像を大画面でダイナミックに楽しみたい方にはオススメです。 なお、クロームキャストとスマートスピーカーのGoogle Homeとの連携方法は以下の記事で解説しています。 Google Homeをお持ちの方は参考にして下さい。

次の