フォト ショップ 3d。 フォトショップ各プランを比較する! 3つのプランから最適なプランを見つける │ シーカーベース / Seeker Base

Photoshop (フォトショップ)の使い方、 無料ダウンロード

フォト ショップ 3d

こんにちは。 Webデザイン見習いになったみゃむです。 今回はPhotoshopとDimensionで3D素材を使ったグラフィックを作ります。 こちらは2018年7月12日にAdobe本社で行われた Dimensionのユーザーグループのミーティングで ご紹介させていただいたこちらの作品のレシピになります。 ミーティングの模様はこちらからご覧いただけます。 最初にDimensionグループの発起人である樋口デザインの樋口泰行さん higuchidesign のセッション。 まだDimensionを使ったことがない方にも分かりやすく機能を紹介されていました。 次にDimensionをデザインの現場でもよく使っていらっしゃるという の兼重 遥さんのセッション。 実際の業務での使用例を解説していらっしゃいました。 ボトルの蓋だけ使うというアイディアは目から鱗でした! そして最後に私の方から投稿した作品の紹介を手短にさせていただきました。 制作の意図 ミーティング内でも触れているのですが、 Dimensionは用意された3D素材に テクスチャを貼ったり、 背景といい感じに合成するためのアプリです。 3D素材が無ければ始まらないアプリなのです。 では欲しい3Dモデルのデータがなかったらどうするのか。 答えは簡単、 作ってしまえばいいのです。 でも3Dソフトなんて持ってないし難しそう。。 と思いますよね。 実は我らが Photoshopで3Dデータを作れてしまうのです! しかも今回の素材は 丸1個描ければできちゃいます! ただしペンツールが無理なく使える方はもっと違うやり方もあります。 そのやり方はまた次回。 Photoshopで3Dデータを作るのは過去記事でも触れていますので、 併せてお読みいただけると幸いです。 パーツの内訳け 今回制作するのは瓶のフタ、瓶本体、瓶の足の3つのパーツです。 このうちフタと足をPhotoshopでモデリングします。 瓶本体は外部サイトから素材を借りてDimensionで合成します。 瓶の足を作ろう 1. まずは瓶の足を作っていきましょう。 解像度は300で。 できましたら楕円形ツールで正円を描いてください。 Shiftを押しながらドラッグすると正円になりますよ。 色は何でもいいです。 「3D レイヤーを作成しようとしています。 3D ワークスペースに切り替えますか?」 というダイアログが出るので「はい」を押してください。 すると3Dデータを作成するための画面に切り替わります。 左上のウィンドウはオブジェクトを真上から見た状態です。 横からだけでなく、このウィンドウも見ながらの作業となります。 この画面に切り替えると、先ほどの丸が自動的に円柱のように押し出されています。 この押し出し方を切り替えることで、様々な形を作ることができるのです。 では 3Dパネルのシーンを選択した状態で、 属性パネルのシェイププリセットの下向き矢印をクリックします。 その中から 「ベベルフレーム」を選びます。 各プリセットにカーソルを当てると名称が出ますので、 そちらを見ながら選ぶと良いです。 すると丸のフチにが段々になりました。 そのまま属性パネルの上部にある小さなボタンを 「キャップ」に切り替えます。 辺数のプルダウンをフロントにしているのを確認して 輪郭のパネルを 「くぼみー深く」にします。 すると段々だったふちが滑らかな曲線に変わりました。 俯瞰で見てみるとよく分かりますね。 ではこれをもう少し整えていきましょう。 すると手前側に細い部分が伸びてきます。 次に属性パネルのボタンを「メッシュ」に切り替えて、 「押し出しの深さ」を50px程に減らしてください。 上から見た状態を見ながらだとよく分かります。 この画像くらいになりましたらあと一息です。 移動ツールに切り替えてオブジェクトの真下あたりにカーソルを持っていきます。 ではこちらを3D書き出ししていきましょう。 メニューバーの3Dから3Dレイヤーを書き出しを選び、 3Dファイル形式を 「wavefrontOBJ」にして保存してください。 このOBJファイルがDimensionで扱える3Dデータの形式です。 これで1つ目のパーツが完成しました。 フタの部分を作る 1. 蓋の部分も基本的には足の作り方と同じです。 足の3の工程まで同じように進めてください。 属性パネルのボタンを「キャップ」に切り替え、辺数はフロントのまま。 輪郭のパネルを 「角丸ステップ」にします。 このままですとトップの部分が凹んでしまいますので輪郭をカスタマイズします。 輪郭の真下にある山のシルエットのようなところをクリックすると、 形を変更することができます。 一番右側のアンカーを山なりになるように上に上げてください。 分かりにくいので動画でどうぞ。 こうすることでトップの部分の凹みが取れました。 次は背面にせり出ている部分を修正します。 足の時と同じように、属性パネルのボタンを「メッシュ」に切り替えて、 「 押し出しの深さ」を50px程に減らしてください。 あとはOBJ書き出しをしてフタのモデリングも終了になります。 お疲れ様でした。 長くなってしまいましたので続きは後半で! おまけ めちゃめちゃ早回しのフタのモデリングからDimensionで合成するGIF動画です。 早いですが流れとしてはこんな感じで進めます。

次の

photoshopの3Dでテキストや押し出し部分にテクスチャーを適用するためのマテリアル作成方法。【CS6】

フォト ショップ 3d

2018-05-15 21:42 Photoshopってすごい!どうやって作った?を解決するチュートリアルつくり方まとめ 筆ブラシでペイントしたようなフォントに、鮮やかな配色を利用し、ぼかしエフェクトを活用することでぼんやりと輝くライティングを再現します。 Photoshopのフィルタ機能やレイヤースタイルを組み合わせることで、本物そっくりなホログラムデザインを作成できるデザインテクニック。 ドット柄が特長のフリーフォントを使い、レイヤースタイルを適用するだけで完成するデザインエフェクトで、覚えておくと便利なテクニックと言えるでしょう。 選択カラーやスポットカラー、スプラッシュカラーなどさまざまな名前で呼ばれているクラシックな写真エフェクトのひとつで、ここでは赤い車と国旗の部分だけ限定的にカラーとしています。 カーブ調整レイヤーを利用することで、写真を切り貼りしたようなチグハグな色味を手軽に統一でき、よりリアルな合成写真に仕上げます。 輝度、彩度、配色からなる3つのテクニックをしっかり押さえることで、どんな写真にも応用利用できます。 一眼レフでの撮影はもちろ、最近ではiPhoneのポートレイトモードで再現もできるテクニックで、Photoshopを使うことでより柔軟でリアルな仕上がりが可能となります。 赤、青、緑色を反転させることで、花や木などを緑色から鮮やかなピンク色に変換し、どこか他の惑星のような雰囲気に仕上げるテクニックです。 プレビューでは中心に映る男性をごっそり消し去る、まるで魔法のようなPhotoshopテクニックが紹介されています。 上記チュートリアル同様、写真に写り込んだ不要なモノを自由に消し去ることができる、まさに夢のようなテクニック。 人物のみを切り抜くことで実現するテクニックで、髪の毛などがポイントです。 ISOを高く設定して撮影したときにありがちなノイズ感を、写真に追加する加工テクニック。 Photoshopのブラシと調整レイヤーを活用した手軽な写真加工エフェクト。 廃棄された飛行機の上で女の子が泳ぐ魚を眺める様子を描いた写真合成チュートリアル。 水彩絵の具でペイントしたような風合いを再現できるテクニックで、アクションとして保存する方法も一緒に紹介されています。 Photoshopだけで作成することもできますが、最初にIllustratorでベクター製のパスを引くことで、デザインサイズに関係なくエフェクトを表現できます。 音楽イベントを中心に活動するデザイナーが、音楽カルチャーを織り交ぜたポップな配色を使ったテクニックを紹介しています。 3Dツールを利用することで、どんなロゴデザインも立体的に仕上げることができるチュートリアル。 シンプルなドット柄パターンを利用し、ポップなカラードット風の写真に仕上げるお手軽チュートリアル。 80年代のVHSビデオテープで見かけた映像の乱れ具合を、Photoshopで再現するデザインテクニック。 「オイルペイント」、「スマートシャープ」フィルタを組み合わせることで、まるで手書きしたような風合いに手軽に仕上げることができます。 近くで見ると何を描いているかわからず、少し下がって遠くから見ると写真が見えてくる、19世紀の終わりに開発されたテクニックをPhotoshopで再現します。 フォイルを削った部分のみ金箔が輝くフォイル彫刻(英: Foil Engraving)を再現したチュートリアル 水面がジグザグに揺れる様子を表現したいときに使えるテクニック。 ファンタジーな雰囲気抜群なポートレイト写真を作成したいひとにオススメで、うまくライティングを操ることでよりリアルで魔法の世界を描きます。 細かいブラシの設定などを解説したチュートリアルで、作り方をアクションとして保存することで、ボタンひとつで表現できます。 フランス代表の優勝で幕を閉じた2018 FIFAワールドカップ。 写真とテクスチャ、ライティング技法をミックスしたテクニックが紹介されています。 美しいグラデーションカラーと遠近法を使ったモザイクパターンが目を引くデザインで、フィルタ機能を組み合わせることで実現できる手軽なテクニックのひとつ。 2018年注目のグラフィックトレンドで、VHSビデオのノスタルジックな雰囲気を演出できるテクニック。 Photoshopのレイヤースタイル機能を順番どおり設定していくだけで完成する、初心者にもやさしいビギナー向けチュートリアル。 レイヤースタイルを使って作成した立体的なブラシを、混合ブラシツールで利用することで3Dテキストエフェクトに仕上げます。 レイヤースタイルやフィルタ機能、調整レイヤーなどPhotoshopの基本ツールを利用して作成する文字テキスト用チュートリアル。 シンプルなフラットスタイルで描かれた文字テキストに、徐々に消えていくようなエフェクトを加えたデザインテクニック。 Photoshopの3Dツールの基本的な使い方、設定を知ることで、立体的で黄金に輝くデザインに仕上げます。 あるアートワークを参考にした写真テクニックで、チャンネルをベースとしたマスキングから、レイヤーマスクの使い方などあまり知られていない技法を紹介したビデオチュートリアル。 何気ない風景に、キラキラと輝く空と幻想的なライティングエフェクトを追加するテクニックが披露されています。 まるで映画のようなライティングエフェクトが披露された、夢のようなエモーショナルな写真に仕上げるチュートリアル。 異なる複数の写真を見事に合成する実践向けチュートリアルで、より本格的なエフェクトを学ぶことができます。 宇宙や惑星など異なる複数の写真に、影や光を追加、配色を鮮やかに仕上げ合成するチュートリアル。 複数のイメージ写真を合成して完成させるチュートリアルで、デザイン全体の色味を統一する方法など応用の効く技が披露されています。 ドクロの刺さった真っ赤に燃える剣を振りかざす、まるでホラー、スリラー映画のようなワンシーンを実現できます。 あらかじめ用意した複数の写真を合成し、SF映画のようなモノクロ調のワンシーンを作成します。 写真とテクスチャを組み合わせ、Photoshopのアニメーション機能を活用することで、中心から展開するユニークな動きが演出できます。 サムネイル :.

次の

写真、画像、デザイン編集ソフトウェア

フォト ショップ 3d

jpg 2017年10月12日 2017年10月12日 INDEX• チュートリアル素材 素材は以下からダウンロードしてください。 カラフルな柄と ボタンの目が特徴的です。 背景の作成 簡単なので、先に 背景を作成していきます。 素材をダウンロードしていない場合は、先に ダウンロードしておきましょう。 部屋と植物とソファを配置する 「room. jpg」「plant. png」「sofa. png」をそれぞれ取り込み、下記のように 配置していきます。 キャンバスの大きさに合うように、各画像を 調整してください。 レイヤー名を「 背景」に変更し、ぼかし(ガウス)を「4. 0 pixel」だけ適用します。 グループフォルダ名は「 背景」としておきます。 後の作業がしやすいように、このグループフォルダは 非表示にしておきます。 3Dのキャラクタを作成する このステップでは、 3D機能を利用した キャラクタを作成していきます。 必要な 素材はあらかじめ ダウンロードしておいてください。 3D機能に慣れていない人は戸惑うかもしれませんが、少しずつ ステップを進めていきましょう。 怪獣のコピーを作る 「dinosaur. jpg」をキャンバスに挿入します。 新規レイヤーに怪獣の 黒い形が出来上がるはずです。 下記の画像を参照してください。 dinosaurのレイヤーは使わないので 、非表示にしておきましょう。 新規3D押し出しの作成 黒い怪獣のレイヤーを選択し、「右クリック > 選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成」を選択して 3Dオブジェクトを生成します。 カメラを操作する 「 3Dパネル」に切り替え、カメラのマークの「 現在のビュー」を選択します。 この現在のビューは カメラの動きだけを変えることができる項目です。 キャラクタ(3Dオブジェクト)そのものを回転させる訳ではありません。 画面上部にある「3Dモード」に 5つのアイコンが並んでいます。 その1つめの「3Dカメラの回り込み」を選択して、3Dオブジェクト上で クリックしながら回転させてみてください。 3Dオブジェクトのカメラが ぐるんと回転し、オブジェクトの 側面が見えるようになります。 【カメラを初期のビューに戻す場合】 ぐるぐる回しすぎて3Dオブジェクトが 変な方向になってしまった場合は、 初期カメラビューに戻します。 下記の場所に 座標を示した矢印の塊があります。 その場所の上で 右クリックを押して メニューを表示させてください。 項目から「 初期設定のカメラ」を選択します。 これで、 自動的にカメラが正面(デフォルト ビュー)を向きます。 シェイプの変更と奥行きを縮める 「 3Dパネル」の項目にある「 レイヤー1」を選択します。 続けて「 属性パネル」を選択し、シェイプセットを「 ピロー膨張」に変更します。 その後、「 押し出しの深さ」を「50 px」に変更します。 下記のように表面が 膨張し、奥行きが 縮まったような感じになります。 【属性パネルが出ていない場合】 「 属性パネル」が表示されていない場合は、下記の場所から属性パネルを表示させてください。 キャップ(縁取りの角度)の変更 キャップとは「 縁取り(べベル)」や「 表面」の調整を設定する機能です。 べベルの項目を「幅: 2%、角度: 45%」に設定し、 輪郭を「 半円」にしてください。 続いて、膨張の設定を「角度: 5%、深さ: 15%」にしてください。 フロント膨張マテリアルの編集 このステップでは「 レイヤー1 フロント膨張マテリアル」の編集を行います。 フロントの表面に 花柄のテクスチャを貼り付け、 デニム調の凹凸を付け加えます。 ちょっと操作が複雑なので、ステップ by ステップで進めていきましょう。 拡散のテクスチャを置き換える 「 3Dパネル」から「レイヤー1 フロント膨張マテリアル」を選択し、「属性パネル」の 拡散から「 テクスチャを置き換え」を選択したのち、ダウンロード素材の「flower-material. jpg」を選択します。 下記の画像のように、3Dオブジェクトの 表面が花柄の模様に置き換わります。 しかし、このままでは花柄が大きすぎるので、次のステップでこの花柄の「 密度」を調整していきます。 拡散のUVプロパティを編集する 同様に、拡散の UVプロパティを編集していきます。 テクスチャのプロパティの「 並べて表示」、「 オフセット」の項目を下記のように設定します。 スケールは「並べて表示」を設定すれば、 自動的に値が100%になります。 これで、3Dオブジェクトの表面の花柄が 継ぎ目のない綺麗な模様になりました。 バンプの適用と編集 バンプというのは表面の凹凸( おうとつ)を表現するためのテクスチャです。 現在は3Dオブジェクトの表面が「 つるっ」とした感じですが、デニム調の バンプテクスチャを適用させることによって、 布のような表現にしていきます。 あらかじめダウンロードしておいてください。 バンプから新規テクスチャを選択 3Dパネルから「レイヤー1 フロント膨張マテリアル」を選択し、属性パネルの バンプから「 新規テクスチャ」を選択します。 バンプの新規キャンバスを作成する 新規バンプマテリアルの キャンバスを作成します。 幅と高さはそのままでも構いません。 OKをクリックします。 パターンを適用する 新規塗りつぶしレイヤーを作成します。 カラーは白色でOKです。 追加された塗りつぶしレイヤーに対して、レイヤースタイルの パターンを適用していきます。 パターンは「 デニム調」を選択し、比率は「 50%」にしておきます。 下記のように、キャンバス全体に デニム調が適用されます。 あとは、このファイルを 保存し元のファイルに戻ります。 パターン素材の取り込みが分からない場合は、このすぐ下にある「 パターン素材の取り込み方」を参照してください。 【パターン素材の取り込み方】 レイヤーを ダブルクリックし、「 レイヤースタイルパネル」を呼び出します。 項目から「 パターンオーバーレイ」を選択し、下記の手順でパターン素材を 読み込んでください。 UVを編集する 今までと同様に、バンプの UVプロパティを下記の値で編集していきます。 べベル と 押し出しマテリアルの編集 このステップでは、 ベベル(縁取り)と 押し出しマテリアルの両方を編集していきます。 やる作業は「 レイヤー1 膨張マテリアル」の時と同様です。 テクスチャの置き換え 3Dパネルから「レイヤー1 フロントベベルマテリアル」と「レイヤー1 押し出しマテリアル」の 両方を選択し、属性パネルの「 拡散」から「 テクスチャを置き換え」を選択します。 前回と同様に、花柄を選択して適用させます。 拡散のUVプロパティの編集 同様に、 UVプロパティを下記の値で設定していきます。 バンプの適用と編集 同様に「レイヤー1 押し出しマテリアル」の バンプの適用と編集を行います。 UVプロパティの値はそのままでOKです。 バンプ > 新規テクスチャ• キャンバスの作成(サイズは任意)• 塗りつぶしレイヤーを作成• ファイルを保存して、閉じる 【ここまで完成図】 ここまでの完成図です。 恐竜の「 フロント」「 ベベル(縁取り)」「 押し出し(側面)」の部分に花柄のテクスチャが適用され、 バンプで凹凸が付けられている状態です。 下記のような感じになっていればOKです。 3Dのボタン(目の部分)を作る このステップでは 3Dのボタンを作ります。 ボタンはキャラクタの 目の部分になります。 3Dのキャラクタが出来たのであれば、さして苦労することなく作れるはずです。 3Dのキャラクタレイヤーを非表示にする 作業するにあたり、作成した3Dキャラクタレイヤーを 非表示にしておきます。 これは作業をしやすくするためです。 ガイドレイアウトの作成 上部メニュー「表示 > 新規ガイドレイアウト」を下記の値で作成します。 キャンバス上で ガイドラインが表示されます。 中心にサークルを作成する 左側メニューから 楕円形シェイプツールを選択肢、ガイドラインの 中心をクリックします。 下記のような 黒い正円が出来上がります。 ガイドの中心から やや離した位置に移動させてください。 ちょうどボタンの 穴が4つあるような感じにします。 穴抜きする 楕円形1レイヤー(黒い円形)を ラスタライズしておきます。 画面上部のWとHを ピクセルの単位に直して(数値を右クリックで単位を変換)縮小させると作業しやすいです。 3Dオブジェクトにする レイヤーを「右クリック > 選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成」を選択し、 3Dオブジェクトに変更させます。 次に、3Dパネルから「 楕円形1」を選択し、属性パネルの押し出しの深さを「7px」に変更しましょう。 下記のようにかなり薄いボタンになります。 オブジェクトの回転は3Dパネルの「 現在のビュー」を選択後、上部にあるカメラの 回転アイコンを利用して回転させましょう。 シェイプを変更する 同様に、 シェイプセットも変更します。 シェイプ一覧から「 ピロー膨張」を選択してください。 分からない場合は、下記を参照してください。 これでボタンの作成は完成です。 レイヤーの結合と調整 このステップでは 3Dレイヤーの結合と 全体の調整を行います。 特に難しいのはボタンの位置を適切な場所に配置する作業です。 カメラを切り替えながら 調整するため、 慣れが必要になります。 3Dレイヤーの結合 「恐竜の3Dオブジェクトレイヤー」と「ボタンの3Dオブジェクトレイヤー」を 両方選択し、上部メニュー「3D > 3Dレイヤーを結合」を選びます。 3Dボタンレイヤーを移動させる 3Dパネルを見ると恐竜(レイヤー1)とボタン(楕円形1)のレイヤーが 1つに統合されているのが分かると思います。 しかし、楕円形1がレイヤー1の下側にあると、ボタンが隠れてしまうので 上に移動させます。 移動は楕円形1レイヤーを ドラッグして移動させるだけです。 下記のように、「 楕円形1」の 下に「レイヤー1」がくるようにしてください。 目の位置を調整する ボタンの目の位置を 顔付近に移動させます。 3Dパネルの「 楕円形1」を選択し、3Dモードの回転や移動を使って下記の画像のように、ボタンをくっつけてください。 これは、初めての場合なかなか難しいかもしれません。 慣れていないと、なかなか思い通りの位置に調整することは難しいと思いますが、 トレーニングだと思って頑張ってみてください。 光の調整 3Dパネルの「 無限遠ライト1」を選択し、 光の当たり方を調整します。 レバーが出現するので、 上方向に移動させます。 怪獣の頭から光が当たるようにすれば、お腹や足元に影が出来るようになります。 地面にある シャドウもそのまま利用できるためこれでOKです。 レンダリング 怪獣の向きを カメラで調整した後、 レンダリングを行います。 レンダリングボタンは下記の場所です。 レンダリングはだいたい 10分前後かかるので、何もせず終了まで 放置しておきましょう。 背景との合成 このステップでは「 背景」と「 3Dキャラクター」を合成していきます。 ぬいぐるみをソファに 設置し、よりリアリティを出すために 影を追加します。 単純な作業ですが、 大切な工程と言えます。 完成は間近です。 3Dオブジェクトレイヤーのコピー レイヤーパネルに切り替え、「 レイヤー1」の3Dオブジェクトレイヤー コピーしておきます。 コピーしたら、 非表示にしておきましょう。 スマートオブジェクトにする レイヤーを スマートオブジェクトに変更しておきます。 右クリックから メニューを呼び出して変更しましょう。 背景との合成 以前作成した「 背景」を表示させ、3Dのキャラクターの 位置を調整します。 ソファの上に立っているように調整しましょう。 シャドウの追加 怪獣レイヤーの 下に新規レイヤーを作成します。 このレイヤーは「 影」としておきます。 恐竜のぬいぐるみが、ソファに持たれかかっているように 影を追加していきます。 これで 全ての作業は完了です。 最終的な完成図 最終的な完成図です。 違和感なく、3Dのぬいぐるみが背景と マッチしていると思います。 欲を言えば、もうちょっと足元に シャドウを追加するのと、 彩度を若干下げると良いかもしれません。 下記の画像ではソファの上半分の明るさを若干上げています。 ぬいぐるみの明るさと合わせることでより馴染むようになるでしょう。 手順まとめ• キャンバスの作成• 背景の作成• 部屋と植物とソファを配置する• 部屋と植物を結合する• グループ化する• 3Dのキャラクタを作成する• 怪獣のコピーを作る• 新規3D押し出しの作成• カメラを操作する• シェイプの変更と奥行きを縮める• キャップ(縁取りの角度)の変更• フロント膨張マテリアルの編集• 拡散のテクスチャを置き換える• 拡散のUVプロパティを編集する• バンプの適用と編集• バンプから新規テクスチャを選択• バンプの新規キャンバスを作成する• パターンを適用する• UVを編集する• べベル と 押し出しマテリアルの編集• テクスチャの置き換え• 拡散のUVプロパティの編集• バンプの適用と編集• 3Dのボタン(目の部分)を作る• 3Dのキャラクタレイヤーを非表示にする• ガイドレイアウトの作成• 中心にサークルを作成する• ボタンの穴を作る• 小さな穴を4つ作る• 穴抜きする• 縮小させる• 3Dオブジェクトにする• シェイプを変更する• レイヤーの結合と調整• 3Dレイヤーの結合• 3Dボタンレイヤーを移動させる• 目の位置を調整する• 光の調整• レンダリング• 背景との合成• 3Dオブジェクトレイヤーのコピー• スマートオブジェクトにする• 背景との合成• シャドウの追加• 最終的な完成図 さて、どうだったでしょうか?ステップ数は 40以上とやや多くなっているので、 少しずつ進めるほうが良いでしょう。 特に3Dのぬいぐるみを作成するステップは「 テクスチャの編集」や「 UVプロパティの編集」など難しい 専門用語が出てきます。 この編集が何を意味しているのかをある程度 理解しておかないと、作業の意味が分かりづらくなります。 専門用語の 意味を理解しておくことが大切です。 また、カメラの操作も 3Dモデリングに慣れていない人も難しく感じるでしょう。 こればっかりは慣れが必要で、ちょっとずつ色々な3D機能の チュートリアルを練習することによって分かってくるようになります。 「 千里の道も一歩から」 テクニックを磨くためにも、色々なチュートリアルに挑戦してみましょう! テクニックが学べるチュートリアル記事•

次の