ポイントサイト 個人情報 危険。 個人情報漏洩の危険性と情報を守るための3つの対策

噂のポイントサイト「げん玉」の危険性

ポイントサイト 個人情報 危険

「ポイントサイトのおすすめと書いてあるけれど本当に危険じゃないの?」 「ポイントサイトは無料でお小遣いが稼げるって、怪しい悪質なサイトなどで勧誘されたり、何か危険じゃない?」 ポイントサイトを始めて知った方は新しいことでやはり不安になると思います。 ポイントサイトで「おすすめ」と書いてあるけれど本当に危険はないのか実際に経験するのは勇気がいりますよね。 ポイントサイトは本当に無料で利用できるのか年会費など後で請求されないのか• ポイントサイトは稼ぐことができるのか• ポイントサイトで危険な勧誘や怪しい出会い系サイトに誘導されないか• ポイントサイトで個人情報の危険性は大丈夫? 色々なことが気になりませんか?さっそく ポイントサイトの危険性と悪質サイトチェックをしていきましょう!• ポイントサイトの危険!悪質サイトはある ポイントサイトはスマホやパソコンを利用して広告サービスの無料会員登録やネット通販サイト・旅行関連の申し込み・アプリのダウンロードなどを利用したり、ゲームやアンケートなどでお小遣いを稼ぐことができるポイントサービスです。 安全で優良なポイントサイトでは貯めたポイントを100円から500円程度で現金や電子マネーなどに換金できます。 広告で得られた収入の一部を私たち利用した方へ還元して、ポイントサイト側も私達もお互いに便利に利益があるサービスです。 仕組みはTVコマーシャルと同じです。 ポイントサイトは誰でも手軽に始められるサービスなのでとても便利ですが、簡単にできるポイントサイトの中には 換金ができない・個人情報が流出させる危険な悪質ポイントサイトがあるのも事実。 【1万円かならずもらえる!】【新規登録で10000ポイント!】【魔法石820コ必ずもらえる】など過剰な登録や広告の利用を勧めてくる詐欺・悪質ポイントサイト。 悪質なポイントサイトに遭わないために安全なポイントサイトを選ばないといけません。 ポイントサイトで危険!悪質サイトのまとめ ポイントサイトで稼ぐ避けた方がいい悪質サイトとして• マネキン• キラキラウォーカー• モバイル貯金箱• へそくりナビ• ポイントGO• ポイントモール• POM(ポム)• weboow• アボカド NEW キラキラウォーカーなどはニュースになり、その後サイトを閉鎖。 へそくりナビやweboowはいきなり予告なくポイントサイトを閉鎖し、貯まっていたポイントは消滅。 利用していた方は泣き寝入りするしかなかったんです。 牛角を装った偽キャンペーン「ポイントサイト」キラキラウォーカー。 Twitterで偽キャンペーンが広まり、登録すると悪質な広告メールが届くという内容でした。 ゲームで20000円分の食べ放題が当たったかの様な表示がされ、登録を促してきます。 実際は20000円の食べ放題に当選したのではなく、様々なサイトに会員登録する必要があり、その後に20000円分は抽選で当たると小さく表示されている悪質詐欺。 この注意喚起で一時は危険な悪質ポイントサイトは姿を消しましたが、POM(ポム)はこの方法を継続してます。 最近はポイントサイト『アボカド』が悪質サイトとして広まって被害に遭っている方も多数います。 アボカドは以前のキラキラウォーカーでの騒動から学んでなのか抽選式のプレゼントではなく数字を装ってます。 登録で10,000ポイントもらえると表記されていて、換金ができるのは20,000円からとなってます。 でも、2万ポイントは2万円分ではなく1万円分なのでポイント交換ができないんですよ!ヤバイですよね!! また他の会員登録をしてもポイントが貯まりづらくポイント交換ができない悪質ポイントサイトなので気をつけてください。 危険なポイントサイトの特徴 ・偽の過大広告で会員登録を進めてくる ・換金までのポイントが高すぎて貯まらない ・換金に応じてくれず、メールの送っても返信がない ・貯めたポイントが消されてしまう ・登録したメールアドレスに迷惑メールが大量に届く ・退会もできない ・稼いだポイントの有効期限が極端に短い ・サービス量が非常に少ない ・運営会社の明記がされていない 2ch風にあたかたも「これはヤバイ。。 ネ申だ」など実際にアイテムを貰っている様に偽装しているんです。 会員登録すると、じつは抽選でもらえる仕組みだったり、その他の会員登録を大量に催促してきてポイントを交換できない悪質なポイントサイト。 『登録するだけで1万円分のポイントプレゼント!』などのポイントサイトは悪質なポイントサイトと考えてください。 悪質ポイントサイトの中には退会する手順が書かれておらず、退会できないようになっています。 ポイントサイトの危険性は?安全か? 安全なポイントサイトの特徴としては ・ポイントを換金している実績や登録している人数が書かれている ・ポイントサイト運営歴が長く評判がしっかりしている ・ポイント交換までに貯めるポイントが500円以下など少なく設定されている ・無料で始めることができる ・過剰なプレゼントで登録を促さない 大手のポイントサイトに登録すれば、ポイントを稼ぐことができるゲームは充実しているし、ポイントサイトの資金もあるので色々なサービスや稼ぎ方を提供していて稼ぎやすくなっています。 ポイントサイトを運営している会社も東証一部上場企業が行っているので信頼性も高く危険性は極めて低いです。 安全なポイントサイトで「稼ぎやすさ」「貯まりやすさ」「便利さ」「交換先」を含めて考えると、使いやすいのは『モッピー』『ポイントタウン』がおすすめです。 ポイントサイトモッピーの危険性 モッピーはポイントサイトの中でも東証一部上場企業株式会社セレスが運営して13年、危険性は極めて低く、信頼でき安全性が高いポイントサイトです。 600万人が利用していて運営実績10年以上。 無料でポイントを効率的に稼ぐことができるコーナーも充実していて、スマホ利用でのメリットがとにかく多く使いやすくてお得になるものレベルが高いですよ。 モッピー運営会社 会社名 株式会社セレス Ceres inc. 設立 2005年1月28日 所在地 〒107-0062 東京都港区南青山三丁目11番13号 新青山東急ビル4F 資本金 1,382百万円(2017年6月末時点) 代表者 代表取締役社長 都木 聡 ポイントサイトポイントタウンの危険性 ポイントタウン運営会社 GMOインターネット株式会社 設立日 2000年10月13日 事業内容 メディア事業、その他メディア支援事業 資本金 7億6197万円 役員構成 取締役会長 熊谷 正寿(GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長) 代表取締役社長 森 輝幸 常務取締役 石橋 正剛 取締役 別府 将彦 取締役 夏目 康弘 取締役 冬野 和政 取締役 安田 昌史(GMOインターネット株式会社 取締役副社長) 取締役 村尾 治亮(弁護士・ニューヨーク州 弁護士・大阪大学知的財産センター 招へい教授・東啓綜合法律事務所 パートナー) 監査役 塚本 和之 監査役 橘 弘一(GMOインターネット株式会社 グループリスクマネジメント室 室長) 監査役 谷口 誠治(税理士・たにぐち総合会計事務所 所長) 従業員数 165名(2017年3月31日 現在) 証券コード 6180(マザーズ市場) 主要株主 GMOインターネット株式会社、森 輝幸ほか インタネット企業GMOインターネットが運営している信頼性が高い安全なポイントサイト。 JIPC(ポイント協会)にも参加していて安全性は保証済です。 ポイントサービスの他にも色々と手がけている会社で、docomoのdポイントサービスと連携している程の定評があります。 無料でポイントを稼ぎやすくゲームや楽しみながらポイントを稼ぐコーナーが充実。 レシートを撮影するだけでポイントが稼げるサービスも提供しており、スマホ独自のゲームなども豊富に用意されていて、ネット通販も利用先が豊富でポイント保証制度も充実してます。 ポイントサイトの危険性をチェック:稼げる?換金できる? おすすめのポイントサイトをまとめています。 無料で稼ぐことができるコンテンツを利用するだけで月に2000円は稼ぐことができます。 月に2000円だけと思うかもしれませんが年間にすると24,000円。 簡単なクリックやゲーム・アンケートだけの少しづつポイントを積み重ねても、しっかりと稼ぐ事ができます。 私も最初は数百円の換金が始まりでした。 まずはあなたもポイントを貯めて換金できる体験してみてください。

次の

ポイントサイトおすすめ10選と稼げる9つの方法【2020年最新版】

ポイントサイト 個人情報 危険

Contents• ポイントタウンとは? ポイントタウンとは、ネット版のポイントカードのようなものです。 公式サイト: 通常、ポイントカードは発行されたお店でしか使うことができませんが、ポイントタウンはいろいろなお店が入っていて、全てのポイントをまとめることができます。 こちらは、掲載されているサービスの一部です。 ポイントタウンの収入源は、企業からの広告費です。 私たちが掲載されているサービスを利用すると、その広告費の一部を私たちユーザーにに還元してくれるという仕組みです。 ポイントタウンの使い方 「ポイントタウンを使ってみたい」という方もいるのではないでしょうか?ここでは、ポイントタウンの使い方について紹介していきます。 無料会員登録 まずは、ポイントタウンに会員登録しましょう。 登録費や年会費などは一切かかりません。 【ポイントタウンの稼ぎ方】 ・ネットショッピング ・旅行予約 ・無料会員登録 ・資料請求 ・クレジットカード発行 ・銀行口座の開設 また、サービスを利用しなくても、アンケートやログイン、歩数計でもポイントがたまっていきます。 ポイントを交換する ポイントがたまったら、好きな交換先に交換してみましょう。 ポイントタウンは現金や電子マネーなど交換先が豊富で、 交換にかかる手数料はほぼ無料です。 ポイントタウンは危険?安全性は? ポイントタウンを長年利用していますが、安全性については一切問題ありません。 安全性について詳しく調べたので、まとめていきます。 個人情報のセキュリティ ポイントタウンは、個人情報のセキュリティがしっかりしているため安心して使えます。 その理由としてあげられるのが、 「ISMSの国際規格」です。 プライバシーマークは審査対象が個人情報ですが、ISMSは個人情報だけでなくセキュリティ強化も含まれています。 つまり、ポイントタウンは個人情報を守るだけでなく、セキュリティもしっかりしていることが分かります。 また、 JIPC(日本インターネットポイント協議会)にも加入。 閉鎖や倒産した場合でも獲得したポイントは保障されるということなので、ポイントタウンは優良サイトということが分かりますね。 ポイントタウンの運営会社 ポイントタウンの運営会社は、GMOメディア株式会社です。 GMOメディアは、GMOインターネット株式会社のグループ会社で、格安チケット販売のくまポンなども運営しています。 大手GMOインターネット株式会社のグループ会社ということで、資金力や安定感は問題ないと判断できます。 参考: ポイントタウンの口コミ評判は?メリット・デメリット ポイントタウンの口コミ評価を徹底的に調べました。 私自身もポイントタウンを数年利用しているので、メリットとデメリットについて感じたことをまとめます。 ポイントタウンのメリット ポイントタウンのメリットは以下の通りです。 ・ポイント還元が高い ・ランクボーナスが最大+15%付く ・実質無料の案件がお小遣い付きになる ・お買い物保証制度でポイントが付かないことがない ポイントタウンは、ランクボーナス制度があり、会員ランクによって報酬の +15%のボーナスがもらえます。 ここまで増加率が高いのは、他のポイントサイトと比べてポイントタウンだけ。 それだけポイントがたまりやすく、続けやすいというメリットがあります。 ランクを上げるのが難しいと思われるかもしれませんが、とても簡単です。 ポイントタウンのデメリット ポイントタウンの悪い口コミは、「20ptが1円換算というポイントレートが分かりにくい」というもの。 案件に参加する前や、貰えるポイントを計算するとき、20分の1にしないといけないのが少し分かりにくいという意見が多いです。 しかし、これは使っていくうちに慣れていくので、まずは使ってみることをおすすめします。 まとめ ポイントタウンは、やれば確実に必ず貯まります。 まずは、ポイントが貯まるのを体感してみてくださいね。

次の

LINEポイントは危険?個人情報抜き取られる可能性

ポイントサイト 個人情報 危険

インターネットの普及が拡大した事により、個人情報が漏洩してしまう危険性も格段に増しました。 最近は、ネット通販の便利性も高まり、多くの人が利用しています。 一昔前はインターネットからの個人情報漏洩は、少なく、個人情報を他人が手に入れることは難しかったはずです。 そこで今回は、個人情報が他人に知られてしまった時の危険性について、解説していきます! 個人情報とは 個人情報とは、個人を特定できる情報のことです。 氏名や生年月日をはじめ、メールアドレスや写真、ポイントカードの情報も個人情報といえます。 では、この個人情報が洩れる事によって、どのような危険性があるのかをご紹介します! 個人情報が漏洩することによる悪用被害とは 個人情報が漏洩してしまった場合、どのような被害があるのか、どのような悪用をされてしまうのかを見ていきましょう。 以下でご紹介するもの以外にも、迷惑メールが大量に送られてきたり、誹謗中傷をされたり、いたずら電話などの被害も考えられます。 アカウントの乗っ取り被害 アカウントの乗っ取りとは、SNSやスマートフォンのゲームアプリなどで、他人にアカウントが乗っ取られるという被害のことです。 LINEなどのメッセージアプリでは、本人になりすまして他の人へギフト券などを要求し購入させるというトラブルが発生しています。 スマートフォンのゲームアプリの場合もゲーム内で使えるアイテムの購入が、犯人によって勝手に決済される被害が問題になっており、注意が必要です。 クレジットカード情報とパスワードの漏洩被害 クレジットカードの情報とパスワードを狙う犯罪が、もっとも怖いです。 インターネットでの買い物をする際に、クレジットカード情報とパスワードさえ知っていれば、簡単に決済できてしまいます。 便利な機能ですが、悪用されると厄介です。 身に覚えのない請求がきたり、頼んでもいない商品が大量に届いたりするトラブルに、巻き込まれる恐れがあります。 個人情報が漏洩する2つの原因とは 個人情報は、悪用しようと思えば、いくらでも悪用できてしまいます。 個人情報は、個人情報を悪用しようとする組織の間で取引されることもあり、高値で売買されることもあります。 この章では、個人情報がどのように外部の人に漏れてしまうのかをまとめました。 個人で流出させてしまう インターネットの普及により、個人でSNSを利用する方が増えました。 本名をプロフィールで公開している人が増えたこともあり、個人を特定しやすくいなっています。 IDやパスワードを使い回すのも危険です。 便利だからといって、覚えやすい生年月日などで登録していたり、複数のサイトなどで同じものにしていたりすると、パスワードを特定しやすくなります。 使い回しはせずに、その都度新しいIDとパスワードを設定することをおすすめします。 企業側から流出してしまう ネット通販で買い物をする時は、必ず個人情報が必要です。 外部からのハッキングなどによって個人情報が盗まれ、流出するケースもあります。 企業がセキュリティを強化して対応していても、書類から流出する可能性もあり、必ずしも安全とは言い切れません。 個人情報を守るために注意するべき3つのポイント 個人情報を守るには何をするべきなのか、3つのポイントを解説していきます。 ・パソコンやスマートフォンをきちんと更新する ・怪しいメールは、安易に開封しない ・ID・パスワードは推測されやすい文字を避ける パソコンやスマートフォンをきちんと更新する パソコンやスマートフォンの更新は、きちんとおこなうようにしましょう。 時間がかかることや、手間を考えて、なかなか更新をしない方もいるかもしれません。 しかし、OSを更新することで、個人情報漏洩の対策をすることができます。 怪しいメールは、安易に開封しない 個人情報の漏洩のきっかけになりえるのが、迷惑メールからのウイルス感染です。 知らない差出人からのメールや、怪しい見出しのメールは、はじめから開かないようにしましょう。 個人情報が漏洩しないよう、自分で意識しておくことが大切です。 ID・パスワードは推測されやすい文字を避ける 前章でもお話しした通り、推測されやすいIDとパスワードは避けましょう。 特にネットショッピングやメッセージアプリでは、同じID等を使うことでトラブルも起こっています。 少しの対策で防衛できるので、同じものを使っている人はすぐに変更してみてくださいね。 まとめ 今回は、個人情報が漏れるとどのような被害があるのかをご紹介しました。 インターネットが急速に普及し、簡単に個人情報が知られてしまったり、悪用されたりする時代です。 意識して対策をすることで、自分の個人情報を守ることができます。 できるだけ身を守る対策をしておきましょう。 サブコンテンツ.

次の