桐生 市 事件。 桐生市鹵簿誤導事件を知っていますか?

桐生火葬場事件

桐生 市 事件

教育勅語や日の丸・君が代を駆使した国家的洗脳教育がどれほど狂った社会を作り出したか。 「桐生市鹵簿誤導事件」は、そのささいな始まりと帰結の重大さによって、それを学ぶための良い教材となっている。 鹵簿 ろぼ とは、天皇や皇族の行列のことを言う。 桐生市鹵簿誤導事件とは、昭和天皇が1934年に群馬県桐生市に行幸した際、鹵簿を先導していた警官が道を間違え、訪問先を予定とは違う順序で回ってしまったという「事件」である。 いや、本当にそれだけ。 事故を起こしたわけでも、死人や怪我人が出たわけでもない。 たかがそれだけのことがどんな騒ぎを引き起こしたか、江口圭一氏の著書[1]から引用する。 (略)34年11月、群馬・栃木・埼玉の三県下で陸軍特別大演習がおこなわれた機会に、天皇が桐生市などへ行幸することとなった。 桐生市は全市あげて準備を大わらわですすめた。 天皇に校内を巡覧されることとなった桐生高等工業学校では、早くも6月から準備にとりかかり、 行事のまだ二か月以上前の9月2日以降は寄宿寮での刺身などの生物料理を禁止し、チブス予防注射や赤痢予防ワクチンをはじめ、健康診断を再三おこない、校内の清掃・消毒に努め、奉迎の練習をくり返し、万全の準備を終えて行幸を迎えた。 11月16日朝、御召列車が桐生駅に着き、分きざみで決められている行事日程にしたがって、鹵簿はまず桐生西尋常小学校へ向かった。 桐生高工では、生徒は校門付近に一応整列していたものの、まだうろうろしているものもいた。 校長西田博太郎は本館の二階にいた。 そこへ思いもよらず鹵簿が出現したのである。 校門のただならぬ気配と、配属将校藤田徳治中佐の「最敬礼」という裂帛の声に、西田は異変をさとった。 西田は転がるように二階からかけおりたが、どのようにおりたか自分では記憶がない。 とにかく西田が玄関に立ったときには、すでに天皇の車は玄関前に着いていた。 しかし天皇はまだ車の中であった。 先駆車の間違いに気づいた運転手が気転をきかせてわざとスピードを落としたため、行幸先の玄関に責任者が出迎えていなかったという前代未聞の失態だけはかろうじて免れたのである。 西田は、桐生高工『行幸記念誌』に収められている2月19日の講演で、 私が玄関御出迎の間に合ったのは、誠に奇蹟的でありまして、私が一秒遅れれば、大変な事件が起って居ったのであります。 ……全く心臓が破裂しさうでした。 随分ふるへて倒れさうにも思はれ、非常なる胸騒ぎが致しましたが、ぐっと丹田に力を籠め、漸く冷静になり、重大任務を果す事が出来ました。 と述べている。 ともかく、桐生市の行幸は終わり、天皇は16日正午前の列車で次の行幸地足利市へ向かった。 しかし先駆車の運転手は精神錯乱状態となり、両警部は自宅で監視のもとに謹慎した。 本多は先駆の時の制服のまま端座し、御召列車が前橋を出る18日朝まで一睡もしなかった。 その18日の朝、本多は妻子を無理に奉送に向かわせ、監視の2名にも「自分に代って奉送してくれ」と再三懇願して家の表に出し、一人になると、御召列車の発車を知らせる花火と同時に、日本刀でのどを切り、自殺をはかった 一命はとりとめた。 桐生市長・市会議長・織物同業組合長から11月21日連名で市民に「謹告書」が発せられ、翌22日、御召列車が桐生駅に着いた時刻である午前9時41分に、全市民がお詫びの黙祷をささげることとした。 当日はサイレンを合図に、官庁・学校・会社。 家庭から通行人にいたるまで、全市民がいっせいに宮城の方角にむかって一分間の黙祷をし、市長・市会議長は宮内省へ出頭して、お詫びの言上執奏を願った。 また県知事以下の関係者は懲戒処分をうけた。 たかが道順を間違えただけで「死んでお詫びをするしかない」と思い詰めるほど、「現人神」天皇への畏怖と崇敬の念は、当時の「臣民」の肉体と精神に深く刻み込まれていたのだ。 しかし、「現人神」天皇は、どれほど崇敬してみたところで、臣民を救ってはくれない神だった。 この事件は、天皇がどれほど現人神であったかをまざまざと示している。 国民にとって天皇はひたすらに恐れ多く神々しい存在であり、恐耀し畏敬し崇拝する対象であった。 そこに支配しているのは超越的な絶対者にたいする畏服の念であり、人間的な敬愛、尊敬、親近といった感情がはいりこむような余地はなかった。 (略) しかし天皇をどのように崇めてみても、国民は天皇によって現世の救いをあたえられなかった。 興味深いのは、桐生高工の西田校長が、先に引用した講演で、 世の中に、神様の御護りのある事を疑ふ人もありますけれども、私の今回の事は、神護即ち神のお助けがあったものと、感謝致して居ります。 早速御還幸の後、天満宮に御礼に参りました。 と述べていることである。 西田を加護し救済するのは天満天神(菅原道真)なのであって、現人神ではなかったのである。 国体は重くはあったが、空疎であった。 (略) ただの人に過ぎない天皇を「現人神」に祭り上げるというフィクションから出発し、そのフィクションへの信仰を、幼少期から始まる徹底的な訓練(正しい日本語ではこれを「調教」と呼ぶ)によって肉体化するまでに叩き込む。 そんな虚構の上に虚構を重ねて作り上げた空疎な「国体」が、やがて狂気を孕んで暴走し、破滅に至るのは必然だったと言えるだろう。 [1] 江口圭一 『昭和の歴史 4 十五年戦争の開幕』 小学館 1988年 【関連記事】.

次の

群馬県桐生市ひき逃げ事件、現場特定!犯人は誰?引き飛ばし逃走の白い車!

桐生 市 事件

群馬県桐生市喜原啓祐さん死亡。 群馬・桐生市で男性が死亡し、警察は殺人事件として捜査している。 24日午後7時ごろ、桐生市天神町で「発砲音が聞こえて駐車場で人が倒れている」と通報があった。 警察が駆け付けたところ、職業不詳の喜原啓祐さん 51 が、血を流して倒れていて死亡した。 死亡したのはアパートに住む特定抗争指定暴力団山口組系の喜原啓祐組員(51)で、県警は殺人事件として、桐生署に捜査本部を設置した。 捜査本部によると、喜原組員は発見時、意識不明の状態でうつぶせに倒れていた。 頭と腹を拳銃で撃たれ、腹に受けた銃弾は貫通していたという。 捜査本部は拳銃が使われたことから、暴力団同士のトラブルが背景にあるとみて調べるとともに、目撃情報や周辺の防犯カメラ映像の確認を進める。 犯人たちはまだ捕まっていません。 こういう事件は一般人が巻き込まれることがたまにあるので怖いですよね。

次の

桐生市小学生いじめ自殺事件

桐生 市 事件

Contents• 事件の概要 このひき逃げ犯人は、人としてダメでしょう。 午前0時半ごろ、桐生市仲町の路上で、62歳の男性が頭から血を流して倒れているのを通り掛かった31歳の男性が見つけて警察に通報しました。 警察によりますと、その通報の最中に、片側1車線の直線道路を走ってきた白いワゴン車が2人に向かって突っ込んできたということです。 62歳の男性は車にひかれて左足の骨を折るなどの重傷、救助していた31歳の男性もはねられて腕にけがをしました。 白いワゴン車はそのまま逃げました。 現場はJR桐生駅から東に約800メートルの住宅街で、警察が逃げた車の行方を追っています。 という散々な事件です。 午前0時30分頃がいくら暗いからと、車のライトで2人の存在は確認できるはずです。 深夜だけに犯人は、飲酒運転でもしていて時間稼ぎのために逃走か! <ANNニュース> 出典:You Tube ネットではひき逃げ逃走の白い車の犯人が誰なのか話題になっています。 上記の画像から、「中文肉店」のある路上と推測されます。 この通りで被害者の2人は白いワゴン車にひき逃げされたのです。 ひき逃げは、殺人に等しい犯罪でしょう。 ひき逃げ犯人は? すでに警察は目撃情報などを収集するために、立て看板を立ち上げました。 しかし残念なことに、ひき逃げ犯人はまだ捕まっていません。 犯人は 白いワゴン車に乗っていたということだけわかっています。 警察が逃げた車を捜査中です。 報道で現場は、 JR桐生駅から東に約800メートルの住宅街ということなので、犯人はもしかしたらこの辺に住んでいたりして? また、ひき逃げ犯人にありがちですが、飲酒運転をしていたための時間稼ぎで逃げた可能性もあります。 詳しい犯人の情報が入り次第、追記していきます。 スポンサーリンク ネットの反応 ネット上では様々な意見がでています。 最近、ひき逃げのニュースが多いので、個人的には、そう思います。 証拠が乏しくても、すべて危険運転を適用すればいいのに。 犯人はどこを見取るんじゃ。 ひき逃げ犯人を許せない。 自動車の破片などが無いと検挙が難しそうだな。 防犯カメラに写っていることを願いたい。 飲酒運転やひき逃げの罰則を強化して欲しい。 ネットでは「ひき逃げは重罪にしろ!」という意見が多いです。 ネットではひき逃げ逃走の白い車の犯人が誰なのか話題になっています。 しかし、この犯人は何らかの事情でけがをしていた男性(62)を助けようとしていた男性(31)までひいて逃げたことが悪質きわまりない! 2人をひき逃げした犯人は、許せませんね。 そんな中でも幸いなことは、被害者が2人とも死に至るけがでなかったことです。 少しでも早くに犯人が逮捕されることを願います。 善意で人を救おうとしていて被害にあった31歳の男性の勇気と優しさに、拍手を送りたいです。 スポンサーリンク.

次の