マイナビ薬剤師派遣。 薬剤師の派遣会社を12社徹底比較!2020年版おすすめランキング

マイナビスタッフの評判!派遣スタッフに聞いた登録の流れや福利厚生

マイナビ薬剤師派遣

投稿 2019-06-06 更新 2020-04-24 こんな薬剤師は派遣を選ぶな!時給相場メリット・デメリット総まとめ 「時短勤務したいけど派遣薬剤師ってよくわからないし不安…」 「時給が高いって聞くけど相場はいくら?」 派遣は魅力的な働き方ですが、人によって向き不向きがあります。 まず派遣薬剤師は「 同じ職場で働きたい人」「 キャリアアップを目指している人」「 マネジメントを経験したい人」には向いていません。 逆に下記のような人は 派遣薬剤師で働くメリットがあると言えるでしょう。 働く時間に制限がある• プライベートを充実させたい• 時短で お金を稼ぎたい 派遣薬剤師の 時給相場は2,200~3,300円(都心)とパートよりも高く、時間の都合も融通がきくことが大きなメリットです。 この記事では派遣薬剤師の給料やよく誤解されるポイント、利用すべき派遣会社についてご紹介します。 派遣会社を決める時は 「高時給の求人」がどれだけあるか、も大事なポイントです。 派遣薬剤師の一番の魅力は「驚きの高時給」 「派遣薬剤師は高時給」というイメージはあるものの、具体的な時給や年収などはなかなか見えにくいものです。 そこで、 派遣薬剤師として働くと実際にどれくらいの収入を得ることができるのか、具体的な数字をみていきましょう。 薬剤師の平均年収は? 平成28年の賃金構造基本統計調査によると、薬剤師の平均年収は533万円となっています。 ただ、これはあくまで全体の平均年収で、当然男女や年齢によって年収は変わってきます。 また 薬剤師の給与は地域差が大きいという特徴があります。 薬剤師は東京より地方のほうが稼げる? 実は薬剤師の収入は住んでいる地域によっても大きな差が出ることをご存知でしょうか。 一般的な職業では東京や大阪など都市部の給料が高くなりますが、薬剤師の場合は逆です。 地方は薬剤師不足に苦しんでおり、高給を提示して人材を確保しています。 それは正社員のみならず派遣も同様で、時給相場は以下の通りです。 地域別にみた薬剤師の時給相場 都市部 2,200~3,300円 地方都市 2,300~3,600円 地方の都市部以外 3,000~4,500円 都市部でも十分に高い時給ですが、地方で働くとさらに高い時給で働くことができるんですね。 できるだけ高い時給で働きたい場合は 「高時給の求人」がどれだけあるか、をポイントにみましょう。 当サイトで各派遣会社の求人数を調べてみました。 豊富な派遣求人を保有し、時給4000円以上の高時給求人も多数。 しかし、パートは派遣に比べ収入が激減してしまいます。 具体的には、同地域で派遣に比べて約500円時給が下がると考えておきましょう。 年収シミュレーションは以下の通りです。 パートの年収は442万円となり、派遣より100万円近く下がってしまいます。 派遣薬剤師の収入まとめ• 派遣薬剤師は働き方次第で正社員よりも稼げる!• パートも良いが派遣に比べて収入が大幅にダウンする 2. 派遣薬剤師なら柔軟な働き方ができて残業もゼロ! 派遣薬剤師のメリットは時給が高いことだけではありません。 「 残業なしで、自分が決めた時間だけ仕事する」という誰もがうらやむ働き方ができるのです。 「決まった時間だけ働く」ことがもたらすメリット 派遣は自分の好きな時間だけ働けます。 それにより、以下のような働き方も実現できるでしょう。 保育園に預けている子供のお迎えのため、残業なしで働きたい• プライベートの時間を確保したいので、残業なしにしてほしい• 両親の介護があるため、週4日以下で働きたい• 自身の学校、習い事があるため、午後だけ働きたい 残業をお願いされることもある? 退勤時間になっても患者が長蛇の列を作っている、といった時には経営者や上司から「残業をしてほしい」と依頼されることもあるかもしれません。 受けるか受けないかは自由ですが、もし残業をしたのなら残業代がしっかり支給されます。 現実的には派遣薬剤師は時給が高く、経営側としてはあまり残業をさせたがりません。 万が一残業が多く、それに不満を感じるなら、派遣会社に相談しましょう。 派遣先を変えてもらえるはずです。 とにかく派遣は女性薬剤師におすすめ! 派遣はあらゆるライフスタイルにも柔軟に対応でき、プライベートを圧迫することがありません。 特に家族の都合に合わせて働く女性薬剤師にとっては、 曜日や時間が選択でき、残業なしで働けるのは大きなメリットですよね。 特に「」はママ薬剤師に向けたサポートが手厚いので女性に人気です。 派遣薬剤師のデメリットに対する3つの誤解と裏話! ここまで派遣薬剤師のメリットを紹介しました。 派遣に興味がわいたという薬剤師もいるのでは? その一方で「 派遣は福利厚生がないんでしょ?」「 契約が切れたら次が決まらないこともあり不安定なのでは?」といったマイナスイメージがつきまとうことも事実です。 ここでは、そんな誤解を一つずつ紹介し、実態を探っていきます。 誤解1:派遣薬剤師には福利厚生がない 結論からいうと、これは誤解です。 派遣薬剤師は派遣先の会社ではなく派遣会社と雇用契約を結んで働きます。 つまり、 福利厚生に関しても派遣会社の制度が適用されるのです。 しかも最近の派遣会社は福利厚生面が充実しており、質の高い福利厚生を受けられます。 とうぜん社会保険も整備され、有休はもちろん、育休・産休も取れます。 心配せずに派遣に登録しましょう。 たとえば「」であれば継続して6ヶ月以上就業した場合、法定どおり有給休暇が付与されます。 せっかく高時給の職場で働いたとしても、契約が切れて次の職場をなかなか紹介してもらえなければ意味がありません。 派遣で一番不安に思うのは、こういった「将来への不安」のはず。 しかし、 次の勤務先が見つからないということは、ほとんど起こっていません。 薬剤師業界は人手不足が続いており、派遣薬剤師の需要は依然高い状況です。 企業側もノドから手が出るほど薬剤師を欲しがっており、派遣会社も派遣求人を多数保有しています。 大手の派遣会社に登録しておけば、派遣期間の終了にあわせて、次の就業先を紹介してもらえます。 心配はいりません。 安心して派遣で働いてください。 誤解3:職場で派遣への風当たりが強い いわば職場の人間関係に対する不安ですね。 これは職場によって千差万別です。 人間関係の良い職場で働きたいなら 「派遣に冷たい職場」を前もって回避するしかありません。 そこで頼りになるのが派遣会社のエージェントです。 派遣会社のエージェントは、必ずクライアントである調剤薬局やドラッグストアに足を運んで打ち合わせをしています。 その際に「人間関係が悪そうだな」「ママ薬剤師へのフォロー体制が整っているな」など、 プロの目で職場の雰囲気を見ています。 それを前もって教えてもらい、可能な限り人間関係が良い職場を紹介してもらえばいいのです。 特に大手派遣会社ならエージェントの能力が高いので、より正確な情報を入手できるでしょう。 こんな薬剤師は派遣を選んではいけません ここまで紹介したように、派遣はメリットが多い魅力的な働き方です。 しかし仕事へのスタンスや考え方によっては向いていない薬剤師もいます。 もし、あなたが以下で紹介する「派遣を選んではいけない人」に該当するなら、正社員やパートなど他の働き方をおすすめします。 派遣薬剤師を選んではいけない人• 企業内でのキャリアアップを希望している• マネジメントをやりたい• ずっと同じ職場で働きたい 企業内でのキャリアアップを希望している 派遣は様々な職場を体験できるのでスキルアップはできますが、出世やキャリアアップはできません。 もし今のうちから「 将来は管理職になりたい」「 管理薬剤師になりたい」といったキャリアビジョンがあるのなら、はじめから正社員として働きましょう。 マネジメントをしたい 派遣薬剤師がまかされる仕事は、簡単なピッキングや服薬指導がほとんどです。 店舗運営や人材育成などは正社員が担当し、派遣薬剤師にまかされることはほぼありません。 管理職やマネジメントに関心がある方は、派遣を断念して正社員で働くべきです。 ずっと同じ職場で働きたい方 派遣は、契約期間が切れるごとに新しい職場で働くことになります。 扱う薬も変わりますし、職場独自のルールも変わるでしょう。 それらにストレスを感じるなら、正社員もしくはパートで働くべきです。 派遣薬剤師を選んだ方がいい人 逆に、以下に当てはまるなら派遣薬剤師を選ぶべきです。 ママ薬剤師なので働ける日時などに制限がある• プライベートを充実させたい• とにかくお金を稼ぎたい• 多くの職場を経験して、独立開業などを考えている ママ薬剤師なので働ける日時などに制限がある これは派遣のメリットを最大に享受できるシーンです。 子育てだけでなく、家庭を重視したい、親の介護をしたい、という薬剤師にとって時間に融通のきく働き方は魅力的ですよね。 しかも薬剤師なら一般職とは比較にならないほどの高給を約束されているのです。 プライベートを充実させたい 派遣は「仕事よりも趣味を充実させたい」という薬剤師にも向いています。 しっかり働きしっかり遊ぶ、というぜいたくな働き方ができるのです。 これも薬剤師が売り手市場で、時給が高いからできる働き方です。 とにかくお金を稼ぎたい 派遣は高時給で働けるので「とにかくお金を稼ぎたい!」という薬剤師に向いています。 上の項目では週5日8時間勤務で計算しましたが、どうしてもお金がほしいのなら勤務時間を増やしたり、残業を積極的にこなすことも視野に入れましょう。 多くの職場を経験して、独立開業などを考えている 派遣は契約が終了すれば次の職場に移ることになります。 これはデメリットとして紹介しましたが、 「様々な職場を見ておきたい」と考える薬剤師にとってはむしろメリットといえます。 独立開業を目指している場合なども有意義な勉強ができるはずです。 どの働き方が自分にもっとも向いているのか、派遣だけでなく、正社員やパートも含めてもう一度良く考えてみましょう。 派遣会社選びに失敗すると好条件の求人は見つからない! ここまでの説明を読んで、「派遣の魅力は理解したけど、派遣会社をどう選んでいいかわからない…」という方もいるでしょう。 だからと言って「なんとなく」とか「これでいいや!」で派遣会社を選んではいけません。 派遣会社を選ぶ際は 3つのポイントを必ず押さえてください。 派遣求人数• 高時給求人数• 求人紹介までのスピード 3つ目の「求人紹介までのスピード」はピンと来ない方も多いかもしれませんが、これは絶対に注目すべきポイントです。 なぜなら、派遣薬剤師の最大のリスクは 「契約満了時に次の派遣先が見つからない」というケースです。 それを避けるためには次の求人をスピーディーに紹介してくれる派遣会社を選ぶ必要があるのです。 3つのポイントを踏まえ、おすすめの派遣会社をピックアップしました。 豊富な派遣求人を保有し、時給4000円以上の高時給求人も多数。 「」 【2019年9月掲載】実際に募集されている派遣求人を紹介 10月に掲載されている派遣求人をいくつかご紹介します。 どのような条件で募集をされているのか見てみましょう。 もしご興味のある求人を見つけた場合は派遣会社にお問い合わせください。 兵庫県神戸市 時給3,000円 駅チカ 鹿児島県鹿児島市 時給4,200円 住居・転居費用も相談可能 東京都江戸川区 時給3,150円 茨城県水戸市 時給3,900円 日祝休み 6. 扶養の範囲内で働くことは可能ですか? はい可能です。 実際に扶養の壁といわれる103万円に抑えるために、どれくらい働けばいいのか考えてみましょう。 と同様、都市部で時給2,800円で働いた場合で計算をしてみると、週7~8時間の勤務だけで年間103万円の収入になります。 パートで時給2,300円で働いた場合では、週9~10時間の勤務が必要になります。 派遣なら、同じ額を稼ぐのに短い勤務時間で済みます。 家庭やプライベートを大切にする薬剤師には、やはり派遣がおすすめです。 人気の薬剤師単発派遣って何? 単発派遣とは指定された職場で短期間働くことです。 ただ単発派遣ができる人は法律で制限されているため、興味のある方はの記事で詳しく見ていきましょう。 なぜ派遣は時間に融通がきくの? 派遣薬剤師は、実際に働く職場ではなく、派遣会社と雇用契約を結んでいます。 派遣薬剤師はあくまで「 派遣会社に雇われている」ということになり、職場はあくまでサービスを提供する「場所」という言い方もできます。 だからこそ、派遣会社と「10時〜16時までの勤務」「残業なし」「週に4日」という契約を結んだのなら、それさえ守れば契約は100%守っている形になります。 職場もそれをよく理解しているので「実際働いてみたら他の時間で働くよう強要された」「残業を強制された」ということもありません。 派遣を始めるまでの流れは? 派遣が初めての方は「何から始めていいかわからない」という方がほとんどでしょう。 そこで、派遣薬剤師として働き始めるための一連の流れをまとめました。 働き始めるまでのイメージをつかんでください。 派遣会社の選定 まずは派遣会社選びから始めましょう。 「どこに登録しても同じじゃないの」と思われるかもしれませんが決して甘く見てはいけません。 派遣会社によって紹介される求人の量、質も変わってきますし、働いてからの福利厚生制度や、フォロー体制もかなりの差があります。 しっかりと派遣会社について調べたうえで登録しましょう。 派遣会社の担当者と面談 派遣会社に登録すると担当のエージェントから連絡が入ります。 希望する勤務地や条件についてしっかりと伝えておきましょう。 また「保育園に通っている子供がいる」「5年間ブランクがある」といった点をあらかじめ伝えておけば、子育てに理解のある職場、未経験やブランクありでも歓迎の職場などを紹介してもらえます。 求人紹介 希望条件をもとに、早ければ即日で条件にマッチした求人を紹介してもらえます。 遠慮なくエージェントに自分の希望を伝えましょう。 職場選びは妥協してはいけません。 雇用契約 派遣先を決めたら、派遣会社と雇用契約を結びます。 派遣先の雇用条件や、福利厚生、各種制度など改めて説明を受けます。 大事なポイントなので疑問点があったらすぐに質問しましょう。 業務スタート 手続きが終われば、いよいよ仕事が始まります。 アフターケア 派遣会社との関係は、働き始めてからも続きます。 アフターケア体制が整っている会社なら、相談すればコンサルタントがサポートをしてくるでしょう。 また、研修などで就業中のスキルアップを支援してくれる会社もありますので、有効に活用しましょう。 派遣で働くママ薬剤師の一日ってどんな感じ? 派遣薬剤師はどのような一日を過ごしているのでしょうか。 ママ薬剤師を例に挙げ、一日のスケジュールを見てみましょう。 一日のスケジュールの中で、派遣ならではのメリットをピックアップしてみました。 16時 退勤 子どもを迎えに保育園へ 派遣なら閉局まで仕事をする必要はありません。 子ども優先で早めに退社できます。• 20時 夫が帰宅 夕食準備、後片付けなど 仕事から帰ってきた夫を温かい料理で迎えることができます。• 21時 子どもとお風呂、一緒に遊んだりする家族の時間 家事が終わったら家族の時間です。 子どもと一緒に遊ぶ癒やしの時間ですね。 子どもが寝たら読書など趣味にふけるのもいいでしょう。 派遣薬剤師なら家庭(育児)やプライベートが充実 いかがでしょうか。 正社員薬剤師が派遣薬剤師の一日のスケジュールを見たら「うらやましいな…」と思うはずです。 派遣薬剤師は残業の必要もなく、過剰に仕事をまかされることもありません。 自分が「こうしたい」と思う働き方が実現できるのです。 たとえば「趣味の時間をもっと増やしたいな」「帰宅する夫を温かい夕飯で迎えてあげたい」「子どもと過ごせる時間を増やしたいな」といった願いも、派遣薬剤師なら叶えられます。 特に 子どもと過ごす時間が増えるのは、ママにとって大きな意味のあることではないでしょうか。 一緒に遊べるのは子供が小さいうちだけです。 だからこそ「今」を大事にしたいですよね。 しかも、派遣薬剤師ならパートと違い、福利厚生も充実しています。 さらに一般職のアルバイトでは手の届かないような時給で正社員以上の収入も狙えます。 これは 国家資格である薬剤師試験をパスしたからこその特権と言えるのではないでしょうか。 この特権を使わない手はありません。 派遣薬剤師という働き方で、今しか得られない「豊かで幸せな時間」を手に入れてみませんか。

次の

マイナビ薬剤師の派遣薬剤師の求人も紹介可能?求人の質は?

マイナビ薬剤師派遣

マイナビ薬剤師は派遣でも利用できる? マイナビ薬剤師では派遣の求人は扱っていません。 マイナビ薬剤師で扱っている雇用形態は、正社員、契約社員、パート・アルバイトです。 求人件数は正社員が一番多く、次にパート・アルバイト、契約社員となっています。 正社員の求人がメインとなるので、派遣薬剤師として働きたい場合は、派遣を扱っている薬剤師転職サイトに登録しましょう。 転職が初めての人にはマイナビ薬剤師がおすすめ マイナビ薬剤師は正社員、パート・アルバイトの求人が多いので、これらの雇用形態を希望する人であれば希望条件に合った求人を見つけることができるでしょう。 また、面談に力を入れており、転職が初めての人でもしっかりと転職活動をサポートしてもらえます。 アドバイザーは職場の内部事情にも詳しいので、転職希望先の人間関係、働いている薬剤師の年代、福利厚生など聞くことができますよ。 転職が初めての人、電話でこまめに相談したい人、大手ドラッグストアや調剤薬局の求人をチェックしたい人はマイナビ薬剤師がおすすめです。 大手マイナビ運営で安心!満足度No. 1の転職エージェント 公開求人数 58,000件以上 対象年齢 20代~50代以上 対象エリア 全国 特徴 利用者満足度NO. 1 派遣薬剤師求人を探すならファルマスタッフ 派遣薬剤師として働きたいのであれば、薬剤師派遣の求人数が多い転職サイトに登録しましょう。 高時給の薬剤師派遣求人が多いと評判のファルマスタッフがおすすめです。 ファルマスタッフは大手調剤薬局の日本調剤グループが運営する薬剤師転職サイトで、薬剤師派遣求人だけでなく、調剤薬局の求人数も豊富です。 面接が不安な人には同行してくれるので、転職が初めの人や面接で自分をアピールするのが苦手な人にはうれしいサービスですね。 薬剤師派遣と正社員どちらで働くのがいい? 薬剤師は、派遣として働くスタイルと正社員として働くスタイルのどちらがいいのでしょうか? 派遣で働くメリットとデメリット、正社員で働くメリットとデメリットをご説明するので、「自分ならどちらで働く方がいいか?」を考える参考にしてくださいね。 薬剤師が派遣で働くメリット 薬剤師が派遣で働くメリットはどのようなものでしょうか? 派遣薬剤師として働くメリットをご紹介します。 働き方を選べる 派遣はライフスタイルに合わせて働き方を選べるのがメリットです。 「16時には帰りたい」、「土日は休みたい」、「保育園から近い職場がいい」など働き方を選べるので、プライベートも充実させることができます。 時給が高い 一般的な派遣社員は時給の上限が2,500円程といわれていますが、派遣薬剤師は時給3,000円が一般的で時給が4,000円を超える求人も多くあります。 年収で比較してみると、正社員の平均年収よりも100万円程年収が高くなることがおおいのです。 ドラッグストアや調剤薬局は薬剤師の人材不足に悩んでいるので、高い時給を出しても人員確保したいのが現状です。 サービス残業がない 派遣薬剤師はサービス残業がないことも大きなメリットです。 正社員やパート・アルバイトとして働いていると、薬品整理や発注、書類作成などでサービス残業をすることがあります。 ですが、派遣は勤務時間がタイムカードで管理され、働いた時間に応じて給料が支払われるので、決まった時間外に働いた分もしっかりと時給が支払われるのです。 もし、タイムカードの通りに申請を通さないような職場があったら、その職場はブラック企業かもしれないので派遣会社に相談しましょう。 いろいろな職場で働ける 「同じ職場でずっと働きたい」と思う人がいる一方、「いろいろな職場で、いろいろな体験をしたい」と考えている人もいます。 特に女性は「様々な職場を経験したい」ので派遣薬剤師として働くことを選ぶ人が多いようです。 ドラッグストアのOTC店、大手調剤薬局、総合病院の門前薬局、急性病院など一通りの薬剤師業種を経験することで、自分がその業種に一番向いているか分かるというメリットもあります。 飽きっぽいので同じ場所で長く働くのが苦痛な人、せっかく薬剤師になったのだからいろんな業種を経験してみたい人には派遣という働き方はぴったりでしょう。 人間関係がドライ 派遣は期間限定で働くことが前提なので、人間関係も「期間限定」と割り切ることができます。 正社員は異動や転勤がなければ、人間関係のトラブルがあっても我慢するしかありません。 派遣は派遣期間が終了して契約を更新しなければ、次は別の職場で働くことができます。 職場の人間関係でつらい思いをしたことがある人、狭い環境での人間関係につかれた人は、すぐに職場を変えることができる派遣という働き方がおすすめです。 福利厚生がしっかりしている 派遣は正社員並みの福利厚生を受けられます。 派遣会社にもよりますが、社会保険、有給休暇、産休・育休、健康診断など福利厚生が充実していることが多いです。 ボーナスや退職金はないですが、正社員の平均年収よりも派遣社員の方が年収は高い場合が多く、サービス残業もありません。 薬剤師としてのキャリアや役職よりも効率よく働きたいという人には派遣が向いているでしょう。 薬剤師が派遣で働くデメリット 薬剤師が派遣として働くデメリットはどんなものでしょうか? 薬剤師派遣を考えている人は、デメリットも確認しておきましょう。 同じ場所で働き続けられない 派遣は同じ職場での雇用期間が決められているため、同じ場所で長く働くことができません。 基本的には1年に3回ほどは職場を変わることになります。 短期間で職場が変わったり、また1から仕事を覚えたり、職場の人とコミュニケーションを取ることが求められるので、疲れてしまう人もいるかもしれません。 派遣先によって使っているパソコンが違ったり、機械が違っていると覚えるまでに時間がかかりますよね。 職場が変われば通勤方法や通勤時間も変わるので生活リズムも変わります。 長く同じ場所で働きたい人や頻繁に生活リズムを変えたくない人には向かない雇用形態です。 反対に、いろいろな職場で働きたい人や短期間で新しいことに挑戦することを楽しいと思える人であれば派遣は向いているでしょう。 仕事が忙しい 高時給の派遣薬剤師が派遣される職場は、人手が足りなくて忙しい職場だったり、1人薬剤師として働く職場であったりと、業務内容は正社員より忙しいことが多いです。 時給が高い仕事は薬剤師に限らず、忙しいものです。 忙しい職場程ピリピリしていることが多いので、そういった環境でも気にせず働くことができる精神力も必要です。 また、時給を高くしている職場は薬剤師の離職率が高く、職場環境が悪い可能性があります。 患者さんと関係を築けない 地域の患者さんとの関係性を築きたいのであれば、短期間でしか同じ職場で働けない派遣は向いていません。 患者さん1人1人と向き合って長期的に関係性を築きたいのであれば、正社員での働き方がいいでしょう。 ただ、患者さんの入れ替わりが激しい急性期病院や転勤や移動が頻繁にある大手ドラッグストアや調剤薬局では、ゆっくりと患者さんと関係性を築くことはできないので、転勤や異動がなく、忙しすぎない個人薬局の正社員がいいでしょう。 薬剤師が正社員とし働くメリット 一般的に派遣として働くよりは正社員で働く方が待遇はいいといわれていますが、薬剤師が正社員として働くメリットはどんなものでしょうか? 収入の安定 派遣だと勤務日数によって給料が変わりますが、正社員であれば基本的な月給は勤務日数によって変わることはありません。 また、派遣は正社員と違って継続的に仕事をすることが難しいので、収入の安定を求めるのであれば正社員として働くのがおすすめです。 ただ、派遣薬剤師は高時給なので、家庭の事情で短期間ずつしか働けない人がお金を得るにはぴったりの雇用形態です。 管理職になれる 派遣では管理職になることはできませんが、正社員であれば入社から3年目には管理薬剤師になることもあります。 責任のある立場につきたい人、店長など店舗を管理する役職につきたい人は正社員として働きましょう。 反対に、責任のある立場が精神的につらいと感じる人や人をまとめるのが苦手な人は派遣として働くのがいいかもしれませんね。 福利厚生の充実 派遣会社によっては正社員並みの福利厚生を提供しているところもありますが、やはり正社員の方が福利厚生は充実していることが多いでしょう。 住宅補助、時短勤務などの福利厚生を活用できるのが正社員として働くメリットですね。 薬剤師が正社員として働くデメリット 薬剤師が正社員として働くデメリットはどんなものでしょうか? こちらでは、正社員として働くデメリットをご紹介します。 派遣より時給は低い 正社員の給料は安定していますが、実は正社員の給料を時給換算すると派遣やパートよりも低いのです。 ボーナスがなければ派遣薬剤師の年収を上回ることができないという現職は薬剤師業界ならではのものでしょう。 サービス残業が多い 調剤薬局やドラッグストアなどは営業時間が過ぎていても患者さんが帰るまでは調剤業務が終わりません。 患者さんが帰っても薬品整理や発注、書類作成など行うため、サービス残業をすることが日常化している職場が多いようです。 正社員として働く場合は、残業手当がつくかどうかを確認したほうがいいでしょう。 派遣でライフスタイルに合った働き方を実現 育児中や介護中など家庭の事情でフルタイムの正社員として働くことが難しい場合は、働き方の自由度が高い派遣薬剤師として働くのがおすすめです。 薬剤師派遣は時給も高く年収は正社員より高くなることもあります。 薬剤師は売り手市場なので正社員でも、パートでも、派遣でも問題なく働き先を見つけることができますよ。 派遣で無理なく、ライフスタイルに合わせた働き方をしましょう。 薬剤師におすすめの派遣・転職サイト・エージェントは、こちらの記事で詳しく解説しています。

次の

薬剤師 求人・転職・派遣は【求人数業界最大級】ファルマスタッフ

マイナビ薬剤師派遣

薬剤師としての資格を持っている場合、さまざまな場所で働くことができます。 基本的には薬局や病院などでの勤務が中心になるのですが、そこで処方箋に書かれている内容に間違いは無いかなどをチェックしたり、患者さんにその薬の名称、効果、服用方法、使用上の注意などを説明することになります。 これら病院以外の勤務先としてあげられるのが製薬会社での勤務になります。 ここでは新薬の開発や実験を担当したり、検査、分析業務などを行うことになります。 そして比較的多くなっているのがドラッグストアなどで働くというケースです。 ドラッグストアなどではバイト求人などもありますが、その場合には時給2000円という場合も少なくなく、ほかのバイトと比べてかなり高給である点が注目されています。 さまざまな職場があり、それぞれ待遇や仕事内容が異なるというのが、この薬剤師の仕事の魅力でしょう。 薬剤師アルバイトの仕事内容 薬剤師としての仕事はそのアルバイト先によっても違いがありますが、よくあるものとしては薬歴管理というものがあります。 これは患者が服用している薬、体質、薬物アレルギーなどのデータにもとづき患者を指導するというものになっています。 場合によってはドラッグストアなどで売られている大衆薬との相性なども考えなければなりませんので、幅広い知識が必要になってくるといえます。 さらに薬剤師としての仕事としては、疑義照会というものもあります。 これは処方箋の記載もれなどを防ぐために照会をするという細かい作業も入ってきます。 患者さんともなるお客様の健康に関わる仕事でもありますので、知識を最大限に活かすことができ、人の役に立っていることを実感できる仕事だと言えます。 また、ほかの薬剤師やスタッフと注意しあったり、チームで協力しあうこともありますのでとてもやりがいがあります。

次の