破滅 小説。 悪役令嬢カタリナはなぜモテる?破滅フラグ・転生前・婚約破棄まとめ

人類が滅亡する小説を教えてください。人類破滅テーマのSF小説を教え...

破滅 小説

このままでは、破滅する未来しかない!と悟った彼女は、なんとか破滅エンドを回避するべくさまざまな努力を始めて……という内容の本作。 悪役令嬢という立ち位置のはずの主人公がさまざまな行動を経て、本来であればカタリナを追放する立場だったり追い詰めたりするキャラクターが、恋愛相手になったり親友になったりしていく様子に思わず笑ったり納得したりしながら楽しむことができます。 またエンドを回避したと思ったら、さらなるエンドが現れたりなど、予想外の展開もアップテンポで描かれるのでサクサクと読み進めることができるでしょう。 ノベルのみならずコミカライズ、さらにアニメ化も決まっており、これからますます目が離せない作品です。 8歳のカタリナは一人娘ということもあり、蝶よ花よと育てられ、結果わがまま放題の典型的なお嬢様に育っていました。 そんな彼女が前世の記憶を取り戻したところから、物語は始まります。 その記憶は、自分がかつて女子高生で事故で死んでしまったこと。 そして今の自分が、前世の自分がプレイしていた乙女ゲームの悪役令嬢であるという事実でした。 彼女は、後にバッドエンドしか存在しない悪役令嬢・カタリナに転生してしまっていたのです。 悪役令嬢である彼女のエンドには、 国外追放か死亡かの二択しかありません。 そのことを確認した彼女は、なんとかそのエンドを避けるため、どうにかしようといろいろなことに取り組み始めます。 それまでわがまま放題のお嬢様でしたが、国外追放されても生き残れるようにと農業を学び、剣や魔法にも真面目に取り組むようになるのです。 しかし、剣や魔法はからきしダメ。 それでもコツコツと努力する姿に、周りもしだいに心惹かれていくように……。 前世の記憶があるといっても特別なことはなく、むしろ努力を積み重ねていくタイプの主人公に、1巻を読み終わる頃には読者もすっかり惹かれてしまうこと間違いなしです。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』2巻の見所をネタバレ紹介! 1巻で前世の記憶を取り戻したカタリナでしたが、2巻ではいよいよ乙女ゲームの始まる15歳へとなります。 1巻では8歳で、主人公が前世でプレイしていた乙女ゲームが始まる前のことでした。 ゲームの世界は彼女が15歳になり、魔法学園へ入学したところから始まります。 2巻は、そんな魔法学園へ入学したところから、乙女ゲーム上でのエンディングまで一気に進むのです。 2巻でエンディングまで進むとは、読者にとっては少し予想外かもしれません。 破滅エンドを避けるためにいろいろな努力を重ねているカタリナですが、その努力が実を結んでいるのか、序盤からゲームとは違うことが少しずつ起こっています。 たとえば、本来なら自分のことを嫌っていたはずのライバルキャラの メアリ・ハントや ソフィア・アスカルトなどの美少女が親友になっていたり、いずれ自分を追い詰めることになる義弟の キースと仲良くなったりと、着実にゲームとは事実が異なっていくのです。 そして、それは本巻の見所の1つ、カタリナの断罪イベントでも起こります。 名前のとおり、ゲーム上では彼女が断罪されてしまうイベントですが、これがどのように変わっていくのか……それはぜひ本編を手に取って確認してみてください。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』3巻の見所をネタバレ紹介! 国外追放か死亡という破滅エンドを全力で回避するべく、努力していたカタリナ。 前巻ではその努力が実を結び、どうにか破滅エンドを回避することができました。 そして手に入れたのは、ゲームでの主人公である マリア・キャンベルを含め、全員が誰とも結ばれないという友情エンドと、マリアや婚約者の ジオルド・スティアート、義弟のキースなどの多くの友人達でした。 いずれにしても、これで破滅エンドはもうないはずと、すっかり気も緩みはしゃいでいたカタリナですが、本巻ではなんと誘拐事件に巻き込まれてしまいます。 しかし、記憶を取り戻してからはすっかり誰からも愛されるキャラクターになっている彼女は、誘拐犯の心もきっちりと掴んでしまいました。 ジオルドやマリアをはじめとした友人達が必死で誘拐されたカタリナを探している一方、彼女は学園以上の快適な生活を保障されて、悠々と暮らしているあたりは思わず笑ってしまうでしょう。 3巻は、誘拐事件がメインで、他のエピソードはありません。 この事件がこれからの物語にどう関わってくるのかも気になるところです。 破滅エンドを回避し、代わりに友情エンドを手に入れたカタリナは、ゲームであればマリアと結ばれるはずのジオルドとはまだ婚約者のままの関係です。 そのジオルドも、彼女への恋心をいよいよ強めてきて、けっこうなアタックを仕掛けていきます。 しかし、そんな時に、義弟キースが行方不明になってしまうという事態が発生。 ジオルドのアタックもさらりとスルーしてしまうカタリナに、思わずツッコミを入れてしまう読者も多いのではないでしょうか。 そして4巻は、キース攻略の巻です。 最初は、カタリナが彼に迷惑ばかりかけているから家出してしまったのだと思っていたのですが、実は攫われてしまっていたのです。 それを救うというのが、メインイベント。 カタリナを巡る恋愛イベントがいろいろと盛り上がってきている雰囲気も高まってきて、彼女もすっかり悪役令嬢というよりも、乙女ゲームの主人公になりつつあります。 また、4巻には書き下ろし短編も収録されているので、そちらも忘れずにチェックしてみてください。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』5巻の見所をネタバレ紹介! 破滅エンドどころか、さまざまなキャラクターと恋愛イベントが起こっているカタリナ。 ジオルドとの婚約も継続されていることを気にしている彼女ですが、今回はそんな彼女の前に、ジオルドの婚約者ポジションを狙う令嬢が現れます。 5巻は、そんな彼を巡るドタバタを始め、キースやカタリナの母親などをメインキャラにした話を複数収録した短編集になります。 時系列も主人公もバラバラで、子供の頃の話だったり魔法学園1年生の時の話だったり、卒業間近の頃だったり、キャラクターも、これまでモブキャラだったカタリナの母親などにもスポットが当てられ、物語の奥行をさらに感じることができるでしょう。 なかには同じシーンを違うキャラの視点から描くというものもあり、さまざまな角度から物語を楽しむことができます。 これまでとはまた少し違う楽しみ方のできる、第5巻です。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』6巻の見所をネタバレ紹介! いろいろあった学園生活が終わりを告げる6巻。 シリーズ当初の目的である破滅エンドの回避も、卒業と同時に完璧になるはずでした。 が、ひょんなことから、乙女ゲームには続編が存在しており、そこでのカタリナは国外追放や死亡の破滅エンドよりも、さらにひどいエンドがあるらしいとわかるのです。 それが発覚するのは、謎のメモをカタリナが見つけたからでした。 乙女ゲームの続編の存在、さらにその設定としてカタリナに用意されたエンドなどが書かれたメモ。 しかも、それはなぜか日本語で書かれており、彼女以外にも前世の記憶を持ち、さらに日本人であった者がいることを示唆していました。 誰がそんなメモを残したのかが気になるところですが、一方でカタリナは魔法省に就職することになります。 新しい物語の舞台となる魔法省では、同僚の デューイ・パーシーという存在がキーパーソンとなるのです。 地道な努力を積み重ねてきたデューイと、公爵家の一人娘として恵まれた環境に生まれたカタリナとが衝突し合いながらも、ともに仕事をしていくエピソードは、お仕事成長ものとしても面白く読むことができるでしょう。 そして、これらの仕事をとおし、カタリナは自分のなかでジオルドについても考えるようになるのです。 新たな舞台に身を置くようになった彼女が、これからどのような道を選ぶのかがとても気になる第6巻です。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』7巻の見所をネタバレ紹介! 魔法省に入省し、魔法道具研究室へと配属になったカタリナでしたが、一方で破滅エンドへ続く道をどうにか回避するようにと再び動き出しました。 しかし、これまでは彼女が前世でプレイしたことのあるゲームだったために、キャラクターがこれからどう動くのかがわかり、だったらそれを避けるために自分はこうしよう、という流れである程度対抗策を練りながら動くことができましたが、今回からは、違います。 プレイしたことのないゲームであるために、それができません。 ますます難易度の上がる回避作戦に、ハラハラ度も増してきていくでしょう。 一方、7巻からは マリア・キャンベルがストーリーのメインとして、大きく関わってくることになります。 彼女はもともとゲームでの主人公なので、彼女とのストーリーがカタリナにどういう影響を与えていくのかも気になるところです。 新しくなった舞台はもちろんのこと、前世の記憶すらもあまり破滅エンド回避のためには頼りにならなくなってきて、まさに新しい章の始まりといった物語にワクワク感も高まります。 小説『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった』8巻の見所をネタバレ紹介! 8巻でも存分にカタリナの人たらしっぷりが発揮されます。 ここ数巻で出番の少なかったメアリやソフィアなどが登場し、平和で可愛らしい時間が流れます。 特にメアリがついにカタリナと一緒のお風呂に入れるかも!? ともくろむ展開は面白いもの。 メアリは嬉しいと思いつつ刺激が強すぎたようで、鼻血を出してしまい、結局その姿を拝むことはできず……。 さて、そんな楽しいお泊まり会が前半で描かれた後、後半ではセザールという新しい王子キャラが登場します。 ここでもカタリナが人たらしっぷりを発揮。 もちろん彼もカタリナに惚れこんでしまうのです。 しかし彼はここで終わりのキャラではなく、今後も登場してきそうな伏線が張られているところが気になります。 その詳しい内容はぜひ作品でご覧ください! 『はめふら』TVアニメ化決定!2020年4月からスタート! 本作はアニメ化が決定しています。 2020年4月よりMBS、TOKYO MX、BS11などで放送開始予定となっています。 カタリナに声を吹き込むのは人気声優の内田真礼。 『ご注文はうさぎですか?』のシャロ役や『約束のネバーランド』のノーマン役でおなじみです。 本人によると、カタリナのコロコロ変わる表情に注目してほしいとのこと。 幼少期のジオルドを演じるのは瀬戸麻沙美。 成長後を演じる蒼井翔太は、エンディング主題歌も担当しています。 では、原作者・原口悟とキャラクター原案とコミック担当・ひだかなみによるTVアニメ化記念イラスト&コメントも公開されています。 登場人物たちの微妙な関係性もわかるPVも見ることができるので、いち早くアニメの世界観をチェックしてみてください。 いかがでしたか?行く先は破滅エンドしかない悪役キャラが、なんとかしようと頑張って、それによって周りのキャラクターが変化していく本作。 もとは悪役であることをつい忘れてしまうくらい主人公の可愛さが際立っているので、楽しくて笑えて可愛い話を読みたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

次の

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 小説3巻

破滅 小説

自慢じゃないが、前世の私は少しばかりやんちゃな子供だった。 ………………… 「 理不尽だ! スタッフ許すまじ! 制作会社に行って文句言ってやりたい! あんたたちも一度カタリナに生まれ変わってみりゃいいのよおおぉぉぉぉぉぉ!!!! 」 概要 山口悟によって、小説投稿サイト「」で連載された小説作品。 一迅社文庫アイリスからされている。 書籍版のイラストは。 既刊は8巻。 作題にもあるように、いわゆる 新世代 ものと呼ばれるジャンルに含まれる作品で、このジャンルにおける代表作のひとつでもある。 略称は『』だが、これは当初からのものではなく、アニメの正式な時期などが決まり発表されてからのものである。 なお「小説家になろう」連載分は文庫2巻までの内容で、当初に前提とされた物語( 実質上の第1部)は、そこで完結している。 3巻以降は規定された破滅エンド脱却後(ただし破滅の運命へ至る可能性は未だ顕在するためにそれを回避する必要がある)の主人公の姿を描く 実質上の第2部で、新規書き下ろし作品となっている。 (ただし5巻はコミック多めな第1部の番外短編集) アニメ化記念でなろうの方も不定期に更新されている。 「」にて、2017年10月号より文庫版挿絵担当者ひだかなみ本人による版が連載されており、・でも約1月遅れで配信されている。 単行本は現在既刊4巻。 2019年11月からは、として 『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…絶体絶命!破滅寸前編』がゼロサムオンラインに連載開始された。 作画担当は。 シリーズは 累計250万部を突破している。 のした主人公が、いずれ破滅するとして生きている自分に気づき、破滅から逃れようとを物語。 乙女ゲームの世界観をベースとしながらも、まったくもってのことなど眼中にない主人公と、彼女に振り回されながらも惹きつけられてゆく登場人物達との、認識のズレにまみれたといった風合い。 ストーリー とあるの国。 クラエス家の一人娘・カタリナは、父に甘やかされて高慢ちきなわがまま少女に育ちつつあった。 しかし8歳のある日、父に連れられてへと出向いたカタリナは、自分の案内役をつとめるにをしてべったりとつきまとった挙句、転んでに頭をぶつけたことで彼女の運命が変わる。 額を打った衝撃で脳内に流れ込んできたのは、迂闊な事故で命を落とした、とあるオタク女子の17年ぶんの記憶。 そしてそれが蘇った自身ののであり、それを辿るうちに思い出したのは、事故の日の明け方まで攻略を重ねていた乙女ゲーム 『』に登場する、の最大のキャラである性悪女「カタリナ・クラエス公爵令嬢」がやがて行き着く 自業自得ではあるが 悲惨な末路だった。 本作の登場人物たち メインキャラクター : 本作の主人公。 かつてはクラエス公爵家のワガママな令嬢だったが、8歳の時に上記の事故で前世(日本人の女子高校生)の記憶が目覚め、自分が前世でプレーしていた乙女ゲームの悪役令嬢カタリナ・クラエスに転生したことに気付く。 スティアート王家の第三王子(4兄弟の三男)で、カタリナの婚約者。 アランの双子の兄。 クラエス公爵家の次期当主で、カタリナの義理の弟。 スティアート王家の第四王子(4兄弟の四男)で、ジオルドの双子の弟。 若くして国の宰相を務めるアスカルト伯爵の息子。 クラエス公爵家の親族にあたるハント侯爵家の四女で、アランの婚約者。 アスカルト伯爵家の令嬢で、ニコルの妹。 CV: 文庫版・漫画版共に第2巻から登場。 乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』シリーズの本来の主人公(ヒロイン)でありプレイングキャラクター。 魔法学園では唯一、平民出身でありながら強い光の魔力を発現させた、現在の国で最も特別な少女。 CV: 文庫版・漫画版共に第2巻から登場。 ディーク侯爵家の嫡男で、ニコルの幼馴染。 魔法学園の生徒会長を務める。 一見すると人当たりの良い柔らかな好青年だが…。 その他 CV: カタリナの父親で、クラエス公爵家の現当主。 CV: カタリナの母親。 CV: カタリナの専属メイド。 カタリナが8歳の時からクラエス公爵家に仕えている。 カタリナより8歳年上。 クラエス公爵家に専属の庭師として仕える老人。 クラエス公爵家には先代当主(カタリナの父方の祖父)の代から仕えており、その先代当主とは身分を超えた友情で結ばれていた。 親友の孫娘であるカタリナとも親しい。 ジョアナ CV: クラエス公爵家にメイド頭として仕える女性。 WEB版・文庫版・コミカライズ版では単に「メイド頭」としか呼ばれていないが、アニメ版では呼称が「メイド長」に変更された他、第6話でのアンの台詞で正式に名前が判明した。 商家の三姉妹の三女として生まれる。 2人の姉は器量が良く愛らしい性格で結婚の申し出も沢山あったのに対して、彼女は器量が悪く人付き合いの苦手な人物だった。 元々きつい顔立ちで、もの言いもきつく聞こえてしまうことも災いし、恋人はおろか友達すら満足に作れなかった彼女は、早々に結婚を諦めて16歳の時にクラエス公爵家にメイドとして仕え始める。 そうして仕事に熱中し続けてから約10年後、当時のメイド頭が引退するにあたって後任のメイド頭へと異例の出世を遂げる。 だが、若年だと舐められないようそれまで以上に厳しく仕事に熱中するようになったことで、気が付けば同僚からも遠巻きにされる存在になっていた。 お菓子作りが得意で、その素朴な味はカタリナの好物でもある。 カタリナは彼女のお菓子を自分で食べるだけでなく他人にも勧めており、それが結果的に彼女と庭師の男性の縁を取り持ち幸せな結婚へと導くことになった。 (ささき あつこ) CV:??? カタリナの前世における親友(オタ友)だった少女。 劇中では、主にカタリナの前世回想に登場するが、実は…? カタリナ達より1歳年下の後輩で、生徒会メンバーの1人。 タッカー男爵家の庶子。 12歳の時に発動した風の魔力こそ相当弱いものの、ここ数十年でトップクラスの学力を修めた秀才であり、ジオルドによれば様々な組織が卒業後に迎え入れる人材として注目するほどの逸材。 カタリナ達より1歳年下の後輩で、生徒会メンバーの1人。 後述のスザンナと同じランドール侯爵家出身(WEB版ではファーストネームのみ判明)。 なんでもはっきり言いがちで敵を作りやすいジンジャーが唯一気軽に話せる相手で、よく2人で行動している。 普段はジンジャーのフォローに回ることが多い。 第2部から登場するキャラクター 本節にて解説するキャラクターは「なろう」連載分には 登場していない。 実は文庫版第2巻から登場しているが、本格的に登場するのは第3巻以降である。 文庫版第3巻から登場。 スティアート王家の第一王子(4兄弟の長男)で第1位王位継承者。 ジオルドとアランにとっては一番上の兄。 文庫版第3巻から登場。 スティアート王家の第二王子(4兄弟の二男)で第2位王位継承者。 ジオルドとアランの直兄。 文庫版第3巻から登場。 ランドール侯爵家の次女で、ジェフリーの婚約者。 文庫版第3巻から登場。 バーグ公爵家の長女で、イアンの婚約者。 文庫版第3巻に登場。 バーグ公爵家の使用人で、セリーナ付きの執事。 文庫版第4巻に登場。 コールマン子爵家の息子で、キース・クラエスの異母兄。 文庫版第4巻から登場。 強い闇の魔力を持つ謎の少女。 文庫版第4巻終盤から登場する黒犬。 カタリナに懐き、彼女の飼い犬となる。 国内の魔法使用を管理する、魔法省の上級職員かつ魔法研究者。 攻略対象だと判明するのは文庫版第6巻であるが、本人はそれ以前から登場している。 文庫版第6巻から登場。 ランチェスター伯爵家の次男で、魔法省の魔力・魔法研究室の部署長。 文庫版第6巻から登場。 マリアと同じ街出身の平民で、彼女の魔法省における同僚。 作中用語 ソルシエ王国 本編(およびゲーム『FORTUNE・LOVER』シリーズ)の主な舞台となる王国。 上から見ると円形となっており、中央に王宮がある。 ゲームでは「剣と魔法の国」と紹介されている。 スティアート王家が統治する王国で、アスカルト伯爵家の当主ダン・アスカルトが宰相を務めている。 この国の成人年齢は15歳以上とみなされており、貴族出身者は15歳で社交界デビューを果たすことになる。 TVアニメ 2018年10月19日にて、 アニメ化決定の特報が発表された。 2019年7月18日の続報にて、大まかな放送時期が2020年と決定。 同年10月に正式な放送時期がであることとカタリナ役の声優が発表された。 同時に公式サイトと公式Twitterも始動している。 12月末にオープニングテーマ、2020年1月末にエンディングテーマが決定。 同時に男性メインキャラクター4名の声優が発表された。 2月に女性陣4名のキャストが発表。 3月にはアン、シリウスのCVや新たなキービジュアル、正式な放送日や放映局が決定。 ・・・・J:テレ他にて放送の他、・・・などを含む24の動画サイトでも配信予定である。 また、TVアニメの放送を記念して、アニメの原画や場面写の展示、グッズの販売を予定している記念展が2020年4月11日~4月19日ににて開催される。 原作と異なりアニメ版はほぼ主人公であるカタリナの一人称視点で物語が進行するため、彼女以外のキャラクターの視点を描いたボイスドラマが本編を補完する形で公開されている。 なお、一部放送局では放送前に『テレビを見るときは、部屋を明るくして離れて見てください』 意訳 の警告画面が表示される。 など 最終話直後、第2期の制作決定が告知された。 2021年放送予定。

次の

悪役王子~破滅を回避するため誠実に生きようと思います。

破滅 小説

アメリカとソ連の核戦争を描いた1952年のアメリカのコミックブック、「Atomic War! 」第1号 一般的にはのサブジャンルとされるが、SF、、などを包含する「」(speculative fiction、思弁小説、思索小説)というより大きなカテゴリを設け、終末ものをその一部とする論者もいる。 破滅もののフィクションは災害の最中あるいは直後を舞台とし、災害や戦争で都市や社会が破壊される様を描き、生存者の苦闘や心理に焦点をあてる。 また災厄から遠い将来、現代の文明社会が完全に忘れられたか神話と化している時代を舞台とし、文明の後の社会や自然環境を構想しその世界に生きる人々を描くもの、あるいは地球の終末()や宇宙自体の終末を描くものもある。 こうしたフィクションにはに属するものもあるが、どちらかといえばファンタジーやある種のものなどにあたる作品もある。 終末もののジャンルは後、人類がを手にして地球規模の殺戮が現実味を帯び、社会がに関心を持つようになって、一気に人気を博するようになった。 しかし文明の終末を描いた小説は少なくとも初頭、が『』(1826年)を著した時期には存在しており、19世紀の科学的知見の発達や産業革命などによるイギリス社会の激変を背景に、破滅・災害を描くフィクションや破滅後・終末の風景を描くフィクションが次々登場している。 加えて、終末ものは数千年も前から存在してきたさまざまなや終末を描いたなどからも想像力を得ている。 こうしたフィクションには、それらが書かれた時代を覆う恐怖、社会の破滅への期待など様々な関心事が反映している。 終末・破滅のテーマの起源 [ ] 現代の終末ものフィクションの起源は、古代の的文学にその起源を見ることができる。 世界各地のやには世界や人間社会の終わりを描写したもの、予言したものが多く存在する。 例えばでは、後に災厄や終末への志向があらわれ、たちによる黙示文学にも終末に関するが登場した(特に)。 が生まれる前後ののにおいても、ローマ人に抑圧されるユダヤ人の間では終末に関する教えは関心が高く、キリスト教の勃興や教えにも影響を与えており、の中では自身も終末について述べている。 キリスト教がローマ帝国に広がった後も、の間では、世の終わりの時にイエスがするという思想が信仰の中枢にとどまり続けた。 ローマ帝国後期の信仰やは、キリスト教の終末論の形成に大きな影響を与えている。 ローマ帝国後期にはさまざまな黙示的文学が登場するが、その中でもはに採り入れられたため今日でもよく知られており、西洋文明のなかの終末テーマの作品のほぼすべてに何らかの影響を与えている。 当時書かれた黙示文学にはほかにも、をはじめとする新約聖書に納められなかったの黙示録や、の黙示録などがあり、ペトロの黙示録がの『』に影響を与えたように、聖書から除かれてもなお西洋社会に影響を与え続けた。 中世以降も、の『』(Apocalypse of Pseudo-Methodius)などのような黙示録的文学が書かれ、ユダヤ教やキリスト教の終末論をもとにも新たな終末論を構築した。 終末までのすべての教皇について書かれているとされる『』のようなものも登場しているが、これは中世ではなくの偽書とみなされている。 には医者・科学者であり哲学者でもあった(Ibn al-Nafis)がで小説『Theologus Autodidactus』を著しているが、経験主義的科学を用いてイスラム終末論を説明したこの書が近代科学以前の最初のサイエンス・フィクションであり最初の破滅テーマのフィクションとも考えられている。 またのとの物語は、古代世界に広く見られる「 」神話の一つであり、腐敗した文明が大洪水で破滅する様や、新しい文明が破滅後に再建されるという希望を描いている。 近代の終末もの [ ] 近代以降の破滅ものフィクションの先鞭をつけたのは、イギリスの作家にして『』の著者のであった。 に出版した『』では、疫病で人類が死に絶えた世界に生きる最後の1人が描かれている。 この小説は終末ものというSFのサブジャンル最初の小説で、最初のサイエンス・フィクションとも評されるが、当時は酷評を浴びて忘却され、1960年代になってから再評価された。 ()のの小説『After London』が、しばしば「最初の終末後フィクション」と評される。 この小説でのイングランドは未知の災厄に突然襲われて無人化しており、わずかな生存者が中世のような生活を送っている。 第一章は、未来の歴史家が文明の死とその後を解説したという設定の文章であり、自然がイングランドを元に復活していく様子が描写される。 農地は森に覆われて家畜は野生に帰り、道路や町には草が茂り、忌まわしいは湖や有毒の沼地と化している。 第二章以降は、原始に戻った大地と社会を舞台にした単純な冒険となるが、破滅後のイングランドの説得力を持った描写には後のサイエンス・フィクションに共通するものがある。 ()のの短編小説『 ()』では、同様に謎の災厄で廃墟となったを舞台に、若者が成人になるための冒険が描かれている。 心地よい破滅 [ ] 後ののSF小説家の間では、破滅後を描いたフィクションが大流行した。 これらの多くに共通する特徴は「 心地よい破滅」(cosy catastrophe)と呼ばれる。 「心地よい破滅」という語は、もともとイギリスのSF小説家・評論家のが、SF史を概説した書籍『十億年の宴』の中で、当時の破滅ものSFの典型を揶揄して用いた言葉である。 彼の批判した典型的な破滅ものの筋書きとは、我々の文明が崩壊し、一握りの生存者を除いてばたばたと人が死ぬ絶望的な状況にもかかわらず、主人公ら生存者たちは遠く離れた安全地帯にいて災厄を傍観していたり、無人の都市で残されたぜいたく品をあさるなどある面で楽しい冒険をしたりし、最終的には自分たちの文明観をもとにささやかなコミュニティを再建して、破滅の起こった原因や文明が滅んだ原因に対して達観した立場から考察を加える、というものだった。 イギリスの小説家の著作『』は、流星雨のあとで世界の人口のほとんどが目が見えなくなり、主人公をはじめ流星雨を見なかった人たちが社会の崩壊や疫病、食人植物と戦いながら地方へ逃れる話であるが、オールディスがこれらの破滅ものを批判する際に代表として挙げている。 「心地よい破滅」は戦後イギリスの終末ものSFの典型として語られるが、その初期の形態は、にアメリカの政治家・小説家イグネイシャス・ロヨラ・ドネリー(Ignatius L. Donnelly)が「Edmund Boisgilbert」の変名で発行した小説『Caesar's Column』にすでに見られる。 この小説では20世紀末を舞台にし、世界を覆ったに対して労働者が起こした暴動により文明が崩壊する様を描くが、主人公はの高地に建設されたヨーロッパ人の入植地にいて難を逃れている。 また頃に書かれ流行した災害小説の一種で、より限定した範囲での破滅を描いたもの(たとえば噴火がロンドンとテムズ川流域を破壊する『テムズ・ヴァレイの大災害』〈グラント・アレン〉、大火災の煙と霧が合わさって人間を窒息させる黒いを起こす『The Four Day's Night』〈フレッド・M・ホワイト〉など)も「心地よい破滅」と呼ばれる。 その「心地よさ」は破滅の範囲が非常に限られていること、主人公はどこか安全な場所で難を逃れて破滅を見ていることから来ている。 その他の終末もの [ ] で無人となった近郊の町。 人間が住まなくなった市街地は緩やかに荒廃し雑草や植物に埋もれつつある。 地球から人類が根こそぎいなくなれば、長く残存するプラスチックや放射性物質などを残しつつ、無人の大都市はほぼ自然に埋もれて消えていくと考えられる。 時代には、が絶対的な力の象徴として描かれ、特にによって世界が終末を迎えるというタイプの終末ものが強く支持された。 の小説で映画化もされた『』()などのように、近未来の核戦争による絶滅や破滅を描いたものが多く書かれた。 一方で、破滅後の世界で、、、最終兵器などと戦う、冒険小説的なものも書かれた。 の『Star Man's Son』(別名 Daybreak 2250、)は、に汚染された大地で、青年がテレパシーを持つ猫の助けを借りながらミュータントたちと戦い、かつての文明の失われた知識を求めてアーサー王の聖杯探しのような旅に出る様を描く。 この小説は後の破滅ものに大きな影響を与え、ほとんど語り直しのような小説が無数に出版される原型となった。 終末もののフィクションでは、未知のや人工の疫病、彗星や隕石の衝突、気候変動や環境破壊、経済破綻や暴動、宇宙人の侵略や超自然的な存在による破壊、機械やの反乱、の膨張、人類の種族としての絶滅など、様々な原因による終末や破滅が描かれる。 破滅後を舞台にしたものでは、生存者の苦闘を描くもの、や組織が抑圧的な社会を築いているもの、西洋の程度に文明が後退した世界で破滅前の文明の遺物を巡って戦うものなどがある。 また、破滅そのものよりも、迫る破滅直前の人心荒廃にテーマを置くものもある。 日本でも末からにかけ、とがもたらしたや急激な社会不安などから、終末ものフィクション(SF小説やSF漫画)、終末予言(の『』など)が大流行した。 から初期にかけては、冷戦の再激化や核事故(特にや)などを受けて、『』『』『』『』といった、核戦争や核事故などで死に絶えた世紀末前後の世界が舞台として描かれるフィクション作品が増え、『』など世界の終末を示唆する歌曲も登場した。 この外にも、異星人による侵略と冷戦の地球外への拡大が融合した『』や、人類文明の撲滅を企図する人外の呪術組織を描いた『』なども登場した。 また、『』のように文明崩壊寸前に難を逃れたごく一部の人々が荒廃した地球とは別に、高度文明を継承している場合もある。 この場合主人公と敵対することが多い。 後半になると、『』で見られる「世界の終末」と「主人公とヒロインの狭い関係性」を直接的に結び付けるローカル事情が世界の趨勢を左右する「」と呼ばれる作品が多数出現している。 ただし、これらセカイ系作品では、世界の終末そのものより、自己への承認を求める自意識の問題が前面に押し出されている部分があり、純粋な意味での終末ものは、日本では1990年代後半以降はそれほど流行していない。 脚注 [ ] 地球への小惑星の衝突。 原始地球では大きな小惑星との衝突がたびたび起こったと推測されるが、終末ものでは近い将来の人類社会を巨大隕石や小惑星が襲う様を描くことがある• 外部リンク [ ]• - A website dedicated to apocalyptic fiction• - A website detailing all mediums involving post-apocalyptic fiction• - A website dedicated to post apocalyptic media• - エンカルタ百科事典.

次の