マイナ ポータル ログイン できない。 10万円給付のオンライン申請に向け「マイナポータル」をチェック

「ねんきんネット」とマイナポータルがつながりました|日本年金機構

マイナ ポータル ログイン できない

メッセージ 【ご注意】ご使用の環境ではICカードリーダライタを使ってマイナポータルへのログインはできません。 詳細はをご確認ください。 対応するスマートフォンをお持ちの方はマイナポータルAPをインストールすることで、2次元バーコードを使ってログインができます。 詳細は本ページをご確認ください。 マイナポータルは二種類の方法でログインできます。 ICカードリーダライタまたは対応スマートフォンが必要です。 両方お持ちの方はお好きな方法をお選びください。 マイナポータルAPのバージョンアップの方は以下のリンクをクリックしてください。 ICカードリーダライタを使ってログイン• STEP1 必要なものの準備 マイナンバーカード マイナポータルにログインするために必要です。 ICカードリーダライタ ICカードリーダライタは、マイナンバーカードを読み取り、認証を行うためにICカードリーダライタが必要です。 パソコン等 パソコン等は、マイナンバーカードを認証し、マイナポータルを利用するために必要です。 マイナポータルで動作を確認している環境は、以下の動作環境を参照してください。 新しいウィンドウが開きます STEP2 インストール〜利用開始 ICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットし、「使ってみよう!」クリック 以下の「使ってみよう!」をクリックし、指示に従ってログインに必要なソフトウェアのインストールを行います。 インストール完了後マイナポータルにログインできます。 ログインにあたってはマイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)の入力が必要です。 「」に同意の上、マイナポータルが提供する各種サービスをご利用ください。 Google Chrome版マイナポータルAPのインストール 注意事項:インストール完了後、ブラウザを再起動する必要があります。 Chromium版Edge• まずは、設定から「拡張機能」を選択し、画面左下の「他のストアからの拡張機能を許可します。 」をオンに設定してください。 その後、「Google Chromeの拡張機能をインストール」をクリックし、「+CHROMEに追加」、「拡張機能を追加」の順にクリックしてください。 Firefox版マイナポータルAPのインストール 2次元バーコードを使ってログイン• STEP1 必要なものの準備 マイナンバーカード マイナポータルにログインするために必要です。 マイナポータルAP対応スマートフォン 対応機種一覧にあるスマートフォンで、2次元バーコードによるマイナポータルへのログインが利用可能です。 新しいウィンドウが開きます パソコン等 パソコン等は、マイナンバーカードを認証し、マイナポータルを利用するために必要です。 マイナポータルで動作を確認している環境は、以下の動作環境を参照してください。 新しいウィンドウが開きます STEP2 インストール 以下のアプリをスマートフォンにインストールしてください。 対応スマートフォンにGoogle Playまたは、App StoreからマイナポータルAPをインストール 2次元バーコードでマイナポータルを利用するためのマイナポータルAPをスマートフォンにインストールします。 以下のどちらかのインストール方法でGoogle Playまたは、App Storeからインストールしてください。 方法1:Google Playまたは、App Storeで「マイナポータルAP」でアプリケーションを検索してマイナポータルAPをインストール 方法2:次のリンクからインストール STEP3 利用開始 「使ってみよう!」をクリックし、表示される2次元バーコードをマイナポータルAPで読取 「使ってみよう!」をクリックし、表示される2次元バーコードをマイナポータルAPで読取り、アプリの画面の指示に従ってください。 マイナポータルにログインします。 ログインにあたってはマイナンバーカードの利用者証明用電子証明書パスワード(4桁の数字)の入力が必要です。 「」に同意の上、マイナポータルが提供する各種サービスをご利用ください。 使ってみよう! サービストップへ戻る スマートフォンのブラウザでログイン• STEP1 必要なものの準備 マイナンバーカード マイナポータルにログインするために必要です。 マイナポータルAP対応スマートフォン 対応機種一覧にあるスマートフォンで、マイナポータルへのログインが利用可能です。 新しいウィンドウが開きます STEP2 インストール〜利用開始 以下のアプリをスマートフォンにインストールしてください。 対応スマートフォンにGoogle Playまたは、App StoreからマイナポータルAPをインストール マイナポータルを利用するためのマイナポータルAPをスマートフォンにインストールします。 以下のどちらかのインストール方法でGoogle Playまたは、App Storeからインストールしてください。 方法1:Google Playまたは、App Storeで「マイナポータルAP」でアプリケーションを検索してマイナポータルAPをインストール 方法2:次のリンクからインストール インストールが完了したらホーム画面からマイナポータルAPをタップして起動し、ログインボタンをタップしてください。

次の

マイナポータルでエラー発生・ログイン出来ない不具合の対処法や10万円の給付受け取り手順について徹底解説

マイナ ポータル ログイン できない

Q6-1-1 マイナポータルって何ですか。 A6-1-1 は、 (1)情報提供ネットワークシステムを通じた住民の情報のやり取りの記録(情報提供等記録) (2)行政機関が中間サーバーに保有する住民に関する情報(自己情報) (3)行政機関等から住民宛のお知らせ(例:子どもの予防接種や健診のお知らせ) を、住民が自ら自宅のパソコン等から確認できるサービスを提供するものです。 また、ライフイベントで発生する行政機関や民間事業者への申請等がもれることがないようナビゲートし、オンライン申請、オンライン決済等のサービスを可能とします。 さらに、民間の電子送達サービスと連携し、確定申告等を行う際に必要となる生命保険料控除や寄付金控除の証明書の入手を可能とすることで各種サービスを実現します。 (2017年11月更新)• Q6-1-2 高齢者・障がい者や家にパソコンが無い人はマイナポータルをどのように利用すればいいですか。 A6-1-2 高齢者やパソコン等を利用することができない方でもマイナポータルへアクセスすることができるよう、各市区町村に対し、マイナポータル用端末(タブレットPC、ICカードリーダライタ、Wi-Fiルーター等)を配置しています。 配置場所については、各市区町村にお問い合わせください。 (2017年11月更新)• Q6-1-3 マイナンバーカード(個人番号カード)を持っていないと、マイナポータルを利用できないのですか。 A6-1-3 マイナポータルでは、なりすましにより特定個人情報を詐取されることのないように、利用の際は情報セキュリティ及びプライバシー保護に配慮した厳格な本人認証が必要であると考えています。 このため、マイナンバーカードのICチップに搭載されるを用いたログイン方法を採用しております。 ログインには、マイナンバーカードが必要です。 なお、マイナンバーカードを取得せず、マイナポータルを利用できなくても、自分の情報を確認できる方法として、別途、情報保有機関に「書面による開示請求」をする方法が考えられます。 (2017年11月更新)• Q6-1-4 マイナポータル利用の際にICカードリーダライタは必要ですか。 A6-1-4 自宅等のパソコンからマイナポータルへログインする際は、マイナンバーカードの読み取りに対応したICカードリーダライタ又はスマートフォンが必要です。 なお、マイナンバーカードの読み取りに対応したスマートフォン単体でマイナポータルにログインすることもできます。 (2017年11月更新) 6-2 LINEとの連携• Q6-2-1 マイナポータル(サービス検索機能)と「LINE」との連携とは何ですか。 A6-2-1 マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、以下のサービスを開始しています。 (1)情報表示機能(情報提供等記録表示・自己情報表示) (2)お知らせ機能 (3)サービス検索・電子申請機能(以下「ぴったりサービス」といいます。 ) LINE株式会社のコミュニケーションアプリ「LINE」と(3)の「ぴったりサービス」のうち「サービス検索機能」が連携するものです。 (2017年11月更新)• Q6-2-2 マイナポータルの「ぴったりサービス」と「LINE」との連携により、何が便利になるのですか。 A6-2-2 マイナポータルのLINE公式アカウントと「お友だち」登録すると、子育てに関する行政サービスが簡単に検索でき、マイナポータルの「ぴったりサービス」の電子申請ページに移動することができます。 ぴったりサービスで手続の比較ができる市区町村については、LINEのトークからサービス検索することができます。 なお、サービスの検索までは「LINE」で行いますが、電子申請は外部ブラウザを開き、「ぴったりサービス」のWebサイトに移動して行うので、電子申請時には「LINE」からは完全に離れており、「LINE」で個人情報は入力しません。 (2017年11月更新)• Q6-2-3 なぜ「LINE」と連携するのですか。 A6-2-3 利用者の多いSNS等の機能との連携など、利用者に身近な媒体を通じて、マイナポータルの便利な機能を知っていただき活用していただけるよう、利用者目線での使い勝手の向上を検討していく中で、国内で最も利用者数が多い「LINE」と連携することとしました。 今後、他のSNS等の機能との連携も実現に向けて検討していきます。 (2017年6月回答)• Q6-2-4 「LINE」との連携を利用するには、マイナンバーカードが必要なのですか。 A6-2-4 「LINE」上でサービスを検索する際にはマイナンバーカードは不要です。 「LINE」を離れ、マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動した後、「ぴったりサービス」上で電子申請をする際に、マイナンバーカードの公的個人認証(署名用電子証明書)機能を使う場合は、マイナンバーカードが必要です。 なお、スマートフォンでマイナンバーカードの公的個人認証機能を利用するためには、マイナンバーカードの読み取りに対応した機種をお使いいただく必要があります。 (2017年6月回答)• Q6-2-5 マイナポータルの「ぴったりサービス」の「サービス検索機能」は、「LINE」のアカウントを持っていないと利用できないのですか。 A6-2-5 「LINE」のアカウントは必須ではありません。 インターネット上で「マイナポータル」と検索し、マイナポータルの画面から「ぴったりサービス」で探したい行政サービスを検索することができます。 また、インターネット上で「ぴったりサービス」と検索して利用することもできます。 (2017年6月回答)• Q6-2-6 「LINE」でのサービス検索は、インターネット(検索エンジン)での検索とどう違うのですか。 A6-2-6 検索するという点では、インターネット(検索エンジン)での検索と同じです。 インターネットでの検索では、複数の検索結果から自分が欲しい情報を探す必要がありますが、「LINE」上で例えば市区町村を入力すると、マイナポータル公式アカウントが、その市区町村が行っているサービスをピンポイントで教えてくれて、検索したサービスの内容(詳細)が分かるページに移動することができます。 さらに、電子申請を実施している市区町村の場合は、検索したサービスの電子申請ページに移動することもできます。 (2017年11月更新)• Q6-2-7 「LINE」と連携すると、「LINE」のアカウントとマイナンバーや個人情報がつながったり、「LINE」のアカウント作成や利用にマイナンバーが必要になったりするのですか。 A6-2-7 「LINE」のアカウントとマイナンバーや個人情報はつながりません。 「LINE」のアカウント作成や利用にマイナンバーが必要になることもありません。 マイナンバーは、法令で規定している社会保障・税・災害対策の分野でのみ利用できるものです。 (2017年6月回答)• Q6-2-8 「LINE」と連携すると、LINE株式会社がマイナンバーと紐付く個人情報にアクセスできたり、マイナポータルの情報にアクセスできるようになるのですか。 A6-2-8 LINE株式会社が、マイナンバーと紐付く個人情報やマイナポータルの個人情報にアクセスできるようになることは、決してありません。 マイナンバーの利用は、マイナンバー法令で規定している社会保障・税・災害対策の分野で行政機関が実施する事務のみに限られています。 マイナポータルは、「LINE」のネットワークではなく、インターネット上でマイナンバーカードを持つ個人がアカウントを作成して、マイナンバーカードの公的個人認証(利用者証明用電子証明書)機能で本人確認をした上でログインをして個人情報に関係するサービスを利用することができるものであり、これは「LINE」と連携した後も変わりありません。 (2017年6月回答)• Q6-2-9 「LINE」上で、マイナポータル公式アカウントとやり取りすると、「LINE」側に個人情報が流れたりしないのですか。 )そのため、「LINE」上での検索では、マイナンバーも個人情報も入力しません。 そして、電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報は、マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(完全に「LINE」を離れます)した後に、マイナポータルの「ぴったりサービス」上で入力するので、「LINE」側で取得したり、「LINE」側で保有することはありません。 また、マイナポータルの「ぴったりサービス」で入力したマイナンバーや氏名等の個人情報が、「LINE」側に流れることもありません。 (2017年6月回答)• Q6-2-10 LINE株式会社のセキュリティ対策はどうなっているのですか。 A6-2-10 LINE株式会社は、電気通信事業法及び個人情報保護法等の関係法令等に基づき利用者の情報の保護を行っており、継続的にセキュリティ強化に力を入れていると承知しています。 (2017年6月回答)• Q6-2-11 仮に自分の「LINE」アカウントが乗っ取られた場合、個人情報が盗み取られませんか。 A6-2-11 仮に自分の「LINE」アカウントが乗っ取られたとしても、それは「LINE」上に留まるものであり、乗っ取った第三者が自分のマイナポータルにアクセスすることはできないので、マイナポータルの個人情報が盗み取られることはありません。 自分の「LINE」アカウントには、マイナポータル公式アカウントとの、「LINE」上での過去のやり取りで自分が行ったサービス検索用語は表示されていますが、マイナポータル公式アカウントとの間でマイナンバーや氏名等の個人情報のやり取りは行わないので、仮に自分の「LINE」アカウントを乗っ取った第三者であっても、自分のマイナンバー等を盗み見ることはできません。 なお、自分の「LINE」アカウントが乗っ取られないように、LINE株式会社が提供しているセキュリティ対策(「LINE」アプリを開く際のパスコードロックや、心当たりのない端末からのログインを許可しないなど)を行ってください。 (2017年6月回答)• Q6-2-12 マイナポータル公式アカウントのなりすましが発生した場合、個人情報が盗み取られませんか。 A6-2-12 「LINE」上のマイナポータル公式アカウントについては、個人の「LINE」利用者とは異なる専用のアカウントで維持管理するため、個人のアカウント乗っ取りのように第三者に乗っ取られることはありません。 マイナポータル公式アカウントと友達になるときは、公式アカウントを示すマーク があるか確認してください。 なお、「LINE」上のサービス検索では、マイナポータル公式アカウントからマイナンバーや氏名等の個人情報を聞かれることはありませんので、マイナンバーや氏名等の個人情報を聞かれた場合は、絶対に教えずに、なりすましを疑い、 を利用してください。 (2017年6月回答) 6-3 my daizとの連携• Q6-3-1 マイナポータル(サービス検索機能)と「my daiz」との連携とは何ですか。 A6-3-1 マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービスで、以下のサービスを開始しています。 (1)情報表示機能(情報提供等記録表示・自己情報表示) (2)お知らせ機能 (3)サービス検索・電子申請機能(以下「ぴったりサービス」といいます。 ) 株式会社NTTドコモが提供するアプリケーション「my daiz」と(3)の「ぴったりサービス」のうち「サービス検索機能」が連携するものです。 (2018年11月更新)• Q6-3-2 マイナポータルの「ぴったりサービス」と「my daiz」との連携により、何が便利になるのですか。 A6-3-2 「my daiz」上で、マイナポータルを「メンバー」登録すると、子育てに関する行政サービスが簡単に検索でき、マイナポータルの「ぴったりサービス」の電子申請ページに移動することができます。 ぴったりサービスで手続の比較ができる市区町村については、「my daiz」の対話からサービス検索することができます。 なお、サービスの検索までは「my daiz」で行いますが、電子申請は外部ブラウザを開き、「ぴったりサービス」のWebサイトに移動して行うので、電子申請時には「my daiz」からは完全に離れており、「my daiz」で個人情報は入力しません。 (2018年11月更新)• Q6-3-3 なぜ「my daiz」と連携するのですか。 A6-3-3 利用者の多いSNS等の機能との連携など、利用者に身近な媒体を通じて、マイナポータルの便利な機能を知っていただき活用していただけるよう、利用者目線での使い勝手の向上を検討していく中で、「my daiz」と連携することとしました。 (2018年11月回答)• Q6-3-4 「my daiz」との連携を利用するには、マイナンバーカードが必要なのですか。 A6-3-4 「my daiz」上でサービスを検索する際にはマイナンバーカードは不要です。 「my daiz」を離れ、マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動した後、「ぴったりサービス」上で電子申請をする際に、マイナンバーカードの公的個人認証(署名用電子証明書)機能を使う場合は、マイナンバーカードが必要です。 なお、スマートフォンでマイナンバーカードの公的個人認証機能を利用するためには、マイナンバーカードの読み取りに対応した機種をお使いいただく必要があります。 (2018年11月回答)• Q6-3-5 マイナポータルの「ぴったりサービス」の「サービス検索機能」は、「my daiz」のメンバー登録をしていないと利用できないのですか。 A6-3-5 「my daiz」のメンバー登録は必須ではありません。 インターネット上で「マイナポータル」と検索し、マイナポータルの画面から「ぴったりサービス」で探したい行政サービスを検索することができます。 また、インターネット上で「ぴったりサービス」と検索して利用することもできます。 (2018年11月回答)• Q6-3-6 「my daiz」でのサービス検索は、インターネット(検索エンジン)での検索とどう違うのですか。 A6-3-6 検索するという点では、インターネット(検索エンジン)での検索と同じです。 インターネットでの検索では、複数の検索結果から自分が欲しい情報を探す必要がありますが、「my daiz」上で例えば市区町村を入力すると、マイナポータル メンバーが、その市区町村が行っているサービスをピンポイントで教えてくれて、検索したサービスの内容(詳細)が分かるページに移動することができます。 さらに、電子申請を実施している市区町村の場合は、検索したサービスの電子申請ページに移動することもできます。 (2018年11月更新)• Q6-3-7 「my daiz」と連携すると、「my daiz」のメンバーとマイナンバーや個人情報がつながったり、「my daiz」のメンバー登録や利用にマイナンバーが必要になったりするのですか。 A6-3-7 「my daiz」のメンバーとマイナンバーや個人情報はつながりません。 「my daiz」のメンバー登録や利用にマイナンバーが必要になることもありません。 マイナンバーは、法令で規定している社会保障・税・災害対策の分野でのみ利用できるものです。 (2018年11月回答)• Q6-3-8 「my daiz」と連携すると、株式会社NTTドコモがマイナンバーと紐付く個人情報にアクセスできたり、マイナポータルの情報にアクセスできるようになるのですか。 A6-3-8 株式会社NTTドコモが、マイナンバーと紐付く個人情報やマイナポータルの個人情報にアクセスできるようになることは、決してありません。 マイナンバーの利用は、マイナンバー法令で規定している社会保障・税・災害対策の分野で行政機関が実施する事務のみに限られています。 マイナポータルは、「my daiz」のネットワークではなく、インターネット上でマイナンバーカードを持つ個人がアカウントを作成して、マイナンバーカードの公的個人認証(利用者証明用電子証明書)機能で本人確認をした上でログインをして個人情報に関係するサービスを利用することができるものであり、これは「my daiz」と連携した後も変わりありません。 (2018年11月回答)• Q6-3-9 「my daiz」上で、マイナポータルとやり取りすると、「my daiz」側に個人情報が流れたりしないのですか。 )そのため、「my daiz」上での検索では、マイナンバーも個人情報も入力しません。 そして、電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報は、マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(完全に「my daiz」を離れます)した後に、マイナポータルの「ぴったりサービス」上で入力するので、「my daiz」側で取得したり、「my daiz」側で保有することはありません。 また、マイナポータルの「ぴったりサービス」で入力したマイナンバーや氏名等の個人情報が、「my daiz」側に流れることもありません。 (2018年11月回答)• Q6-3-10 株式会社NTTドコモのセキュリティ対策はどうなっているのですか。 A6-3-10 株式会社NTTドコモは、電気通信事業法及び個人情報保護法等の関係法令等に基づき利用者の情報の保護を行っており、継続的にセキュリティ強化に力を入れていると承知しています。 (2018年11月回答).

次の

マイナポータルに対応スマートフォン以外の機種でログインできた件 | トモコソ

マイナ ポータル ログイン できない

マイナポータル、そもそもログインできないんですけど… iphone で読み取りもできないし、 入力でやってもパスワード当たってるのに、パスワードが違いますとかでるし、 なんでだろう…? しかもロックかかってて、市役所行かないといけないし。 — Ryouga evanbigbonus 考えられる理由としては• 最新バージョンじゃない• 使っているiPhoneが対応外• 何かしらの不具合が起きている この3つが考えられます。 解決法についてそれぞれご紹介していきます! 最新バージョンじゃない マイナポータルのアプリのアップデートをしていないと稀にログインできない時があるようです。 App Storeで確認してみてください! 使っているiPhoneが対応外 マイナポータルでは対応機種が限られています。 対応しているiPhoneは• iOS13. 1以上がインストールされたiPhone7以降の携帯 となっています。 iPhone6以前に発売されたものは対応外となっているようなので、残念ですがログインすることはできません。 利用できる端末がない場合はをご覧ください。 何かしらの不具合 この場合は特定が難しいので以下の方法で試してみてください!• 機内モードのオン・オフを繰り返してみる• Wi-fiの接続を切って4Gにする• 「設定」の中にある「ソフトウェアアップデート」をする• マイナポータルを一旦削除し、もう一度インストールする• ホームボタンを2回押し、バックグラウンド画面から開いている全てのアプリをスワイプして消す• 電源を一度切って再起動させる かなり多いですが、いずれかの方法で解決できる可能性があります。 スキャンできない時 特別定額給付金の申請を携帯で しました。 先ずはマイナポータルの アプリをダウンロード。 戸惑ったのはマイナンバーを携帯で スキャンする時です。 これがわからずにかざしていて スキャンエラーになりました。 — ほっちゃん(堀田ゆき) kutianyouji 考えられる原因は• 読み取り完了前に離してしまっている• スキャンの仕方を間違えている• マイナンバーカードを金属の上に置いてスキャンしている• 充電やイヤホン等ケーブルを接続している この4つです! それぞれご紹介していきます! 読み取り完了前に離している 読み取りには5秒程度かかるようです。 全て完了するまで待たずにすぐ離してしまうと読み取りに失敗するので、ご注意ください! スキャンの仕方を間違えている 読み取り方として間違えやすいのは、QRコードのように携帯とマイナンバーカードを離してかざしてしまうことです。 マイナポータルは かざすのではなく、携帯の上部をマイナンバーカードに直接乗せることで読み取ります! わかりにくい部分ですので、間違えている方も多いかもしれません! スキャンしやすくするには スキャンしやすくするための注意点は• カバーを外す• iPhoneとマイナンバーカードの間に何も挟まない この2つです。 カバーを外すと読み取りやすくなるそうなので、試してみてください! 【マイナポータル】iPhoneでログインもスキャンもできない時の解決法:まとめ いかがでしたでしょうか? 色々と進化してしまって難しいですが、お力になれれば幸いです! それでは最後までご覧いただきありがとうございました。 ・繋がりやすい時間と環境についてはから ・115エラーに関してはから ・ログインにロックがかかった場合はから.

次の