子供 用 自転車 サイズ。 子供用自転車のサイズは何インチがベストなの? | イクメン男子による子育てブログ

お子さんへのプレゼントに最適!子供用ロードバイクの人気おすすめ10選!

子供 用 自転車 サイズ

我が子に初めて自転車を買い与えたのが4歳ででした。 それから時は経ち、こどもは小学校へ入学。 周りのお友達は小学校に入学と同時に新しい自転車を買ってもらったようで一回り大きめの自転車を乗るようになっていました。 我が子も身長が120cmくらいになり、 BMXタイプの自転車と言えど流石に14インチの自転車では小さくなってしまったので新しい自転車を購入することになりました。 そこで悩んだのが 子供用自転車のタイヤのサイズです。 調べてみた結果、一応基準のようなものがあるようなので下記に掲載しておきますが、数値はメーカーや自転車のタイプによってマチマチですし、手足の長さなどの体格の違いもあるので、あくまで 参考程度の数値のようです。 なので、実際にはタイヤサイズを参考にして自転車に跨ってみて調整をしてもらうのが良いと思います。 Contents• ただし、下記のようにいくつかの注意すべきポイントがあるのであくまでサイズ選びの参考程度の数値と考えたほうが良いでしょう。 親としては出来るだけ長く乗って欲しいと思い大きめの自転車を購入したいと思いますが、 子供は自分が乗りやすいサイズにならないとなかなか上手に乗ることが出来ませんし、自ら進んで乗ろうともしないと思います。 つまり、小さめだけど適正サイズを買えば、子供も積極的に自転車に乗るようになり 早く上達するでしょうし、大きめを選んで「長く乗れる自転車を」と考えても、乗れない期間が伸びるだけで、乗れる時間は結局同じです。 むしろ怖がって乗らない時間の方が長くなるかもしれません。 子供用自転車の買い換え期間は2年か3年 我が家の場合、最初に自転車を買い与えたのが4歳の誕生日でした。 しかし実際に乗れるようになったのは6歳の誕生日を迎えた後でした。 個人的には「7歳まで乗られるようになれば」と思い購入した自転車でしたが、自転車に自由に乗れるようになった6歳の頃には既にサイズが小さくなってしまっていました。 子供の身長は5歳〜7歳までの間には毎年10cmくらい伸びますし、どのような自転車を選んだとしても同じサイズの自転車に長い期間乗るというのは難しく、 買い換え期間は2年〜3年と考えるのが良いと思います。 しかも最初の自転車に関しては、ほとんど練習のための自転車ですし、子供だけでどこかに出かけるなんてこともないので、自転車の走行距離もかなり少ないので綺麗なままその役割を終えることになります。 なので、 最初の自転車などは安物で使い捨てるくらいのレベルのもので十分かもしれません。 きっと乗れなくなる頃になってもほとんど新品に近い状態のはずです。 逆に、小学校に入ってからは子供だけで行動する時間も増えて体力もついてきますから、自転車に乗る機会も走行距離も増えてくるので、それなりにしっかりした自転車を選ぶのが良いんじゃないかと思います。 我が家の場合は最初の自転車から「しっかりとしたものが良いだろう」と考えて4万円を超えるような自転車を選びましたが、結局、きちんと乗れたのは実質一年くらいしかなく、しかも週末くらいしか乗らなかったため、ほぼほぼ新品という状態でサイズが合わなくなってしまいました。 幸い我が家には弟がいるので引き続き使用出来るので無駄にはなりませんが、一人っ子だった場合は「勿体無いなぁ」と思うレベルの綺麗さで処分してしまうことになったと思います。 なので最初は安くても良いので乗りやすいサイズの自転車で沢山の練習してもらって、 乗れるようになってからちゃんとした自転車を買えば良いんじゃないかと思います。 ちゃんとした自転車の基準 では「ちゃんとした自転車」ってどの程度の自転車なんだ?ってことになりますが、 判断基準はやはり価格だと思います。 僕の知り合いの自転車屋さんのオーナーが言っていましたが、パーツなどしっかりと耐朽性のあるもの、それなりの品質のものを使用すると 3万円〜というのがちゃんとした自転車の基準ラインになるんじゃないかということです。 その点は大人用の自転車にしても同じで、いわゆるルック車と呼ばれる安物の自転車とスポーツサイクルと呼べるレベルの自転車とでは耐久性も走行性能も違います。 ホームセンターで売っているような1万円程度の自転車はすぐにボロくなってしまうのと同じで、安いには安いなりの理由があるというわけです。 特に子供が乗るものですから、安全面も考えてちゃんと乗れるようになった後はしっかりとした自転車を選ぶのが良いんじゃないかと思います。

次の

子供用自転車のサイズの選び方!年齢別におすすめのインチを紹介!

子供 用 自転車 サイズ

インチはタイヤサイズを表す単位で身長により適応するサイズが異なります。 大人であれば150㎝以上なら26インチ、170㎝以上の背の高い人なら28インチの自転車に乗る人が多いでしょう。 子供の場合は12インチから24インチのサイズで自分の身長に合ったサイズを選ぶことになります。 自転車サイズの目安 子供の自転車サイズの選び方について身長と年齢の目安をご紹介します。 12インチ…身長80~105㎝(2歳~3歳頃)• 14インチ…身長91~108㎝(3歳~5歳頃)• 16インチ…身長98~119㎝(3歳~6歳頃)• 18インチ…身長103~125㎝(4歳~8歳)• 20インチ…身長111~135㎝(5歳~9歳)• 22インチ…身長116~146㎝(6歳~11歳)• 24インチ…身長122~154㎝(7歳以上) 市販されている自転車で一番小さい12インチですと身長80センチぐらいから乗ることができます。 年齢でいうと2歳から3歳頃になりますね。 自転車の後ろにかじとり棒がついている商品ならハンドル操作が未熟な子供でも三輪車感覚で自転車に乗ることができます。 4歳以上になれば補助輪付きの自転車を上手に乗りこなせるようになりますし、6歳から8歳頃には自転車で遊びに出かける子も増えてきます。 子供の成長に伴い自転車も小さくなるので大人になるまでには何度か買い替えることになるでしょう。 つま先が地面に付くかどうか サドルにまたがったときつま先が地面に付くかどうかを確認します。 バランスを崩して転びそうになった時のために足をついて体制を整えられるかが重要です。 ただし 初めて自転車に乗るならしっかり足がつくサイズの方が安定しますし子供も安心して乗れるようです。 ハンドルを握った時の姿勢 足がつくかどうかの他にハンドルを握った時の姿勢もチェックしましょう。 サドルからハンドルまでの長さが合わないと、腕が伸ばしっぱなしになったり窮屈になったりと操作しにくくなってしまいます。 また ハンドルが高いか低いかも重要で、低いと前のめりになってしまいますし高いと腕が疲れやすくなります。 子供向けの自転車なら操作性も考えたデザインになっているとは思いますが、子供にハンドルが握りやすいか聞いたり大人の目で見て姿勢に無理はないかを確認したりするのがベターです。 ブレーキレバーの握りやすさ 意外と忘れやすいのがブレーキレバーの握りやすさです。 試乗した時にはブレーキレバーも握らせて、ちゃんと掴めるかも確認してください。 乗り始めはスピードも出ないのでブレーキの出番も少ないですが、子供はすぐに慣れてどんどんスピードを出したがります。 車や建物に突っ込んだり、無理なスピードを出して転んだりしないようブレーキ操作の練習も大事になってくるのです。 ペダルのこぎやすさ 実際にこぐことができるなら、ペダルのこぎやすさもぜひチェックしてください。 ペダルが踏みやすい形かどうか、踏んだ時に足が窮屈になっていないか、子供の力でもこぎやすいかどうかなどを確認しておくといいですね。 一人で乗り降りできるかどうか 自転車に乗ったとき、一人で乗り降りできるかどうかも試してみましょう。 ちょうど良いサイズであればバランスを崩しませんが、体に合わない自転車では乗り降りする時に不安定になりやすく怪我の原因となります。 低床フレームの商品だと身長の小さい子供でもまたぎやすく、一人で乗り降りしやすいのでおすすめです。 ヘルメットやひざあても忘れずに 子供にぴったり合ったサイズの自転車が見つかったら、 ヘルメットやひざあてといった安全グッズも忘れずに購入しましょう。 自転車に乗ったとき転んでしまうことも多く頭やひざを守るアイテムは必須です。 自転車店でも売っていますので試着してサイズを合わせてから購入してください。 安全のために定期点検も忘れずに行いましょう 子供に合ったサイズの自転車を買った後はメンテナンスも重要です。 空気圧やサドルの緩みなどを定期的にチェックし、年に一度は自転車店で点検を受けることをおすすめします。

次の

初めての子供用自転車!3.4.5歳に人気おすすめの1台

子供 用 自転車 サイズ

Contents• 子供用自転車は買い替えが必要 子供は成長し大きくなりますから、自転車もそれに追従して、買い替えが必要となります。 迷うのは、 買い替えるサイズ、時期・年齢、何回買い替えるかですよね。 自転車も決して安くはないですから、悩ましいところです。 買い替えのタイミング こんな状態になったら、買い替えを検討しましょう。 小さくなったとき 好みはありますが、足のつま先が付くくらいがサドルの適正な高さです。 この調整ができなくなったら、買い替えの検討時期です。 足がハンドルにぶつかる状態は、完全アウトです。 買い替えましょう。 なお、ほとんどのメーカーでは、各自転車の適応身長を公表しています。 そちらも参考にしてください。 注)サイズの合わない自転車は危険です。 ペダルと足の回転数が合わずに足が外れて転んでしまったり、視野が狭くなり車や歩行者にぶつかったりなど、事故を起こす危険性が増します。 自転車は適正サイズに乗るようにしましょう。 好みが変わったとき 成長に伴って、好みも変わります。 幼い頃は、キャラクター柄が大好きでも、大きくなると恥ずかしさを感じるようになったりするものです。 あまりにも年齢にそぐわなくなったら、買い替えを検討してあげましょう。 ベストな買い替え計画 子供用自転車のサイズ展開は、12、14、16、18、20、22、24、26インチの8つです。 後になって後悔してしまわないよう、 事前に買い替えの方針、計画を決めておくことが大切です。 本サイトの結論 結論から言いますと、• 24インチ(小学3年生~) の 3台とするのが、一番のおすすめです。 理由 1台目に16インチを選ぶ理由 初めての自転車は16インチが最適だと考えています。 身長の高い子は、16インチでなく18インチを選ぶのもありです。 詳細は、こちらをご覧ください。

次の