エクセル ばらつき。 ヒストグラムとは?エクセルによるヒストグラムの作り方(書き方)

エクセルを用いた統計処理のやり方って?分析ツール…|Udemy メディア

エクセル ばらつき

縦軸に総生産、横軸に人口 後で例として作るこのグラフは、各都道府県ごとの県内総生産額を、人口の値によって散りばめています。 「だいたい人口と生産額は比例しているな」 「人口が400万人以上になると、結構バラつきがあるな」 「一つだけ、特異な値があるな」 ということが、目に見えて分かりますよね。 他のグラフとの違い グラフは、目的にあった使い方をすることが大事です。 散布図の特徴を、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフと比較してみました。 目的 第1軸 第2軸 散布図 ・複数の値の相関関係を知る ・データのバラつきを見る 数値 数値 棒グラフ ・項目ごとの量の大きさを比較する 項目 数値 折れ線グラフ ・時系列での値の推移を比較する 日付 時間 数値 円グラフ 全体の中での割合を表す 比率 散布図の使用例 散布図は、いろんな数値に相関関係があるかを探る、またはデータの分布を見るために使います。 たとえばこんな形で使用されています。 店舗ごとの売場面積と売上高の関係 売場面積と売上高は、お互いに関係がある数値ですよね。 お店ごとの売場面積と、売上高を散布していくと、大体の傾向がつかめます。 その中で、傾向から離れているお店があれば、特別に何か上手くいっていることがある、とか、何か問題が発生している、ということが分かってきます。 数学の点数と、理科・社会の点数の関係 理系・文系という分類があるように、数学が得意な人は理科も得意な傾向があります。 反対に、数学が不得意な人は社会が得意な傾向があります。 (私のような私立文系タイプ) これも散布図にしてみると大体の傾向がつかめます。 ちなみに私は私立文系で、高校の数学は全くダメですが、事務職で使うエクセルに関してはほぼマスターしています。 エクセルと数学の成績は関係ない、というか仕事の大半は数学じゃなくて算数なので、数学が苦手な人も安心してくださいね。 その他 いろいろ散布図にしてみると面白いデータはあると思います。 ・店舗への来店頻度と、購入金額の関係 ・ルート営業マンの訪問回数と、販売金額の関係(気の合う訪問先ばっかりに行ってないか^^) ・有給休暇の取得率と、営業成績に相関関係があるか ・年収と幸福感に相関関係があるか (以前読んだ本では、年収700万ぐらいまでは相関関係があるようです) 等々。 興味がある方は、統計の本を読んで見ると、また一歩進んだ世界がありますよ。 散布図の作り方 では、実際に散布図を作っていきましょう。 今回使うデータは、日本の各都道府県の人口と県内総生産です。 (データ元:) まずはグラフの挿入 まずは、データ範囲を選択した状態で、「挿入」タブの「グラフ」グループから、散布図を選択します。 散布図から読み取れる傾向 右上にポツンとある一つの点は、東京都です。 やっぱり東京は他の都道府県と全然違うんだな、ということが良く分かりますよね。 その次の3つの点は、神奈川、大阪、愛知です。 この3県(大阪は府ですが)も、他の県とは違うレベルにあることが分かります。 次の集団は、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡です。 埼玉と愛知は、人口はそんなに変わらないのに、生産額に大きな差があることが分かります。 人口が増えても、県内生産額はあまり増えていないことから、埼玉、千葉、兵庫は特に、住んでいる場所と生産の場所が違うということが分かります。 それ以下の集団は、人口と県内総生産が、ほぼ比例していますね。 元データを知っていて、個人で使う分には十分ですが、このままだと会議資料やプレゼン資料などにはできません。 何のデータかも、これではちょっと良く分かりませんよね。 見やすい表にするために、いろいろと調整をしていきましょう。 タイトルを変更する そのままのグラフだと、タイトルが系列名(県内総生産)になっています。 これでも間違いではないですが、もう少し分かりやすいタイトルにしていきましょう。 タイトル欄をクリックすると、タイトル名を変更できます。

次の

ヒストグラムとは?エクセルによるヒストグラムの作り方(書き方)

エクセル ばらつき

この記事の目次• 逆に言えば、中心部に集まっていても、全体にばらついていても、平均が同じことはありうるわけです。 例えば10人にテストをした場合、• 標準偏差の考え方 こんな場合に、散らばり具合(ばらつき)を表すのが標準偏差です。 標準偏差 ばらつき 平均値から 大きい 大きい 離れている 小さい 小さい 離れていない 標準偏差には2種類ある 標準偏差は偏差を計算する対象の値の選び方で、「標本(サンプル)の標準偏差」と「母集団の標準偏差」の2種類があります。 それぞれについて、以下で説明します。 【知識】標本(サンプル)の標準偏差 標本(サンプル)の標準偏差とは? 標本(サンプル)の標準偏差とは 「母集団から抜き取った標本(サンプル)の値が、平均値の周辺にどのくらい散らばっているか」を表す値です。 簡単に言えば、抜き取ったサンプルから母集団全体のばらつき具合を表すのが標本の標準偏差で記号「s」で表されます。 エクセルでは「STDEV関数(スタンダード・ディビエーション カンスウ)」又は「STDEV. S関数(スタンダード・ディビエーション・エス カンスウ)(Excel2010以降のみ)」で求められます。 標本の標準偏差が使われる場面 例えば、製造業などでコストを考慮し行われる「抜取検査」で入手した値の標準偏差を求める場合です。 抜き取ったサンプルの値なので、サンプル数が少ないと精度が低くなってしまいますが、測定時間が短くて済みます。 【知識】母集団の標準偏差 母集団の標準偏差とは? 母集団の標準偏差とは 「母集団の値が、平均値の周辺にどのくらい散らばっているか」を表す値です。 エクセルでは「STDEVP関数(スタンダード・ディビエーション・ピー カンスウ)」又は「STDEV. P関数(Excel2010以降のみ)(スタンダード・ディビエーション・ピー カンスウ)」で求められます。 母集団の標準偏差が使われる場面 例えば、製造業などで品質リスクを考慮し行われる「全数検査」で入手した値の標準偏差を求める場合です。 母集団全体の値なので、サンプル数が多く精度が高いですが、測定時間が長くかかってしまいます。 エクセルの関数はSTDEVP関数又はSTDEV. P関数を使います。 母集団の分布が 正規分布(平均を中心とした左右対称の分布)であるとわかっている場合、以下の事が言えます。 例えば不良が発生する確率に関して言えば、• 3%(3個に1つ不良品が混じる)• 4%(20個に1つ不良品が混じる)• 7%(1千個に3つ不良品が混じる)• 93%(1万個に7つ不良品が混じる) この様になります。 【基礎】標準偏差の求め方 STDEV関数の使い方 STDEV関数の基本的な使い方は、標準偏差を表示したいセルに、関数の基本構文を入力すれば、指定したセルに標準偏差が表示されます。 対応バージョン• 365• 2019• 2016• 2013• 2010• 2007 基本構文 STDEV関数の基本構文は以下の様に指定します。 【基礎】標準偏差の求め方 STDEV. S関数の使い方 STDEV. S関数の基本的な使い方は、標準偏差を表示したいセルに、関数の基本構文を入力すれば、指定したセルに標準偏差が表示されます。 対応バージョン• 365• 2019• 2016• 2013• 2010 基本構文 STDEV. S関数の基本構文は以下の様に指定します。 S 数値 引数 STDEV. S関数の引数(数値)には、標本(サンプル)から得られた値を指定します。 【基礎】標準偏差の求め方 STDEVP関数の使い方 STDEVP関数の基本的な使い方は、標準偏差を表示したいセルに、関数の基本構文を入力すれば、指定したセルに標準偏差が表示されます。 対応バージョン• 365• 2019• 2016• 2013• 2010• 2007 基本構文 STDEVP関数の基本構文は以下の様に指定します。 【基礎】標準偏差の求め方 STDEV. P関数の使い方 STDEV. P関数の基本的な使い方は、標準偏差を表示したいセルに、関数の基本構文を入力すれば、指定したセルに標準偏差が表示されます。 対応バージョン• 365• 2019• 2016• 2013• 2010 基本構文 STDEV. P関数の基本構文は以下の様に指定します。 P 数値 引数 STDEV. P関数の引数(数値)には、母集団全体から得られた値を指定します。 【参考】エクセルで偏差値の出し方 標準偏差を使って偏差値を求めたいと思います。 まず基本として100点満点のテストにおける偏差値は、次式で求めることが出来ます。 この偏差値をエクセルを使って求めるには、以下の手順です。 平均点はを使うと、簡単に求めることが出来ます。 ここでは母集団の標準偏差を求めるのでSTDEVP関数又はSTDEV. P関数を使います(ここでは昔のバージョンのExcelでも使えるように「STDEVP関数」を使います)。 上記の公式に、自分の特点(B5)、平均点(B1)、標準偏差(B2)を指定します。 (ここで示している計算式には、エラー処理と絶対参照を設定してあります。 ) まとめ このページでは、エクセルの「標準偏差の求め方 関数を使った出し方」について、以下を解説してきました。 ・標準偏差とは散らばり具合(ばらつき)を表すし「標本の標準偏差」と「母集団の標準偏差」がある• ・標本の標準偏差とは「母集団から抜き取った標本(サンプル)の値が、平均値の周辺にどのくらい散らばっているか」を表す値• ・母集団の標準偏差とは「母集団の値が、平均値の周辺にどのくらい散らばっているか」を表す値• 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の

【Excel】変動係数(CV)とは?エクセルで計算してみよう【相対標準偏差:RSD】

エクセル ばらつき

縦棒グラフに誤差範囲 エラーバー を追加する• 縦棒グラフの作成方法は をご覧ください。 下図のようなデータを使って縦棒グラフを作成しました。。 グラフエリアを選択します。 グラフツールの[デザイン]タブを選択します。 標準誤差や標準偏差を選択することもできます。 グラフの誤差範囲をダブルクリックして書式設定を表示します。 誤差範囲が小さくて選択しずらいときは、グラフを選択して、グラフツールの[書式]タブを選択します。 ここの例では2つの系列のグラフですので、「系列"測定値1" Y誤差範囲」と「系列"測定値2" Y誤差範囲」の2つから選択します。 [選択対象の書式設定]ボタンをクリックします。 誤差範囲の書式設定ウィンドウが表示されます。 誤差範囲の方向は「両方向」、終点のスタイルは「キャップあり」、誤差範囲は「パーセンテージ」で「5. 誤差範囲の線の色と幅を変更してみます。 下図のように系列の誤差範囲 エラーバー の色を変えてみました。 終点や始点を矢印にすることもできます。 ここでは終点矢印の種類を選択して、矢印にしました。 なお、終点スタイルを「キャップなし」に設定します。 下図のようになります。 誤差範囲 エラーバー をクリックして選択します。 [Delete]キーを押して削除します。 選択していた誤差範囲が削除されます。 [グラフ要素]ボタンをクリックして、[誤差範囲]のチェックボックスをオフにします。 誤差範囲を任意に設定することもできます。 下図のように誤差範囲のデータを作成しました。 ここの例では系列が複数あるので、どちらの系列の設定を行うかを選択します。 誤差範囲で「ユーザー設定」にチェックを入れて、[値の指定]ボタンをクリックします。 「正の誤差の値」と「負の誤差の値」に使用する値のセルを指定します。 ここでは、両方とも同じセル範囲を指定しました。 指定した値の誤差範囲が表示されました。 スポンサードリンク |||縦棒グラフに誤差範囲 エラーバー を追加する.

次の