親知らず 抜か なきゃ よかった。 親知らずは、早く抜いた方が良い?放置するリスクは?

親知らずって抜かなきゃいけないの?

親知らず 抜か なきゃ よかった

どうも、にょむ吉です。 以前から、たくさんの歯医者に これは抜かなきゃいけないよ! と言われ続けてきた親知らずを抜く事になったので、 体験談をレポします。 というか、抜いた後の症状がかなり不安だったので、 今後、同じ症状になった誰かの参考になれば。 なぜ、親知らずを抜くハメになったのか? 私は親知らずが4本丸々残っていました。 今まで抜歯した経験は一度もなく、 歯を抜くなんてとんでもない!!! 歯医者なんて大嫌い!!! と思いつつも、銀歯が取れたりなんだりしたりして 歯医者さんには行かざる得なく・・・。 その時、かかった歯医者さんは皆さん口々に、 私の親知らずを抜いたほうがいい、 と言うので、いつか抜かなきゃいけないなぁと感じていました。 問題の親知らずは、 半分頭が出ている、埋没型。 根が太い。 横向きに生えているので、前の良い歯を押している。 したがって、前の活躍する奥歯に悪影響だし、 その境目が虫歯になりやすい。 しかも中途半端に頭が出ているので、 歯茎と親知らずの間が炎症を起こしやすく、 しょっちゅう痛くなっていました。 メリットはなく、デメリットがばかりです。 通っていた歯医者さんは設備が整っており、 先生も信頼できる方だったので、お任せする事にしました。 親知らずを抜くと開運するのか? 抜歯すると決めてから、 気持ちが明るくなるようなネタを探しまくりましたよ。 その一つがこの親知らずで開運です。 歯を抜いて開運するのだったら、ちょっとはブルーな気持ちが和らぐじゃないですか。 これは今後確かめたい所ですが、 風水では、歯は金なりと言われているそうです。 親知らずに関しては、歯がぎっちり生えているために、 受け入れるスペースがない。 だから、親知らずを抜くと、受け取るスペースができるので、 開運すると言う理屈のようです。 ってどっかで聞いた話だなぁと思ったら、 「断捨離」かい! ただ、親知らずが云々というよりは、 歯並びや歯の白さの方が重要だったりするようです。 ついに親知らずを抜く〜当日〜 当日はご飯がしばらく食べられないだろうなぁと思ったので、午後からにしました。 これは本当に正解。 皆さん、抜歯をするなら、絶対に午後がオススメです。 抜歯が上手な先生と知っていましたが、 やはり怖いものは怖い。 麻酔のための麻酔など、丁寧に麻酔をしてくれたので、 麻酔は全く痛くなかったです。 さて抜歯。 ここからが問題です。 タオルをかけてくれたので、周囲が見えることはありません。 感覚がないので、何をされているのか全くわからないのが、せめてもの救いです。 先生、スポーンと抜こうとしておりましたが、根が少し動くだけで私の親知らずは頑固に抜けません。 「半分に切りますねー」 どうやら半分に切って、分割して抜く作戦に変更されたらしい。 これがですね・・・。 ガガガ!!!キュイーン!!!ガガガガガ!!! 痛くはないのですが・・・。 口の中で壮絶な工事が行われて、やばいこれ本当に抜けるのかな?大丈夫なのかな??と段々不安になってきます。 時々先生がスポーンと根っこを抜こうとするけど、 抜けないのが怖い。 どうやら根の一部がカギ状になっている模様。 しかし、更に大工事が続き、 これ結構深いところまでいっちゃってるでしょ!? なんか、やばい。 麻酔してるはずなのに、やばい感じがする。 痛みじゃないというか、痛みに近い痺れ。 ひたすらやばい感覚がピークに達した時。 電撃のような堪え難い衝撃が顎に走りました。 「@#$%&です!!!」 これには流石に右手上げるというか、もうギブです。 ギブギブ助けて!!!ロープロープ!! と同時に「終わりました!」という先生の声。 あ、終わったの? よかった・・・。 かなり大きな穴が空いただろうと思い、 コラーゲンでできたスポンジを詰めてもらい、 傷口を縫ってもらい終了。 このコラーゲンスポンジ、自費ですが 下の親知らずで大きめの歯を抜歯する際にはお勧めです。 (10000円ちょっとくらいだったと思います) というのも、ご飯粒とかつまらなくなるし、 ドライソケットという、かさぶたが取れちゃって 骨が露出して痛いという症状にもなり辛く、 抗生剤を含んでいるおかげで、傷の治りにも影響があるかもしれません。 先生から圧迫による神経症状が出る可能性がある事を説明され、 痛み止め、うがい薬、抗生剤など処方されました。 この時点では麻酔が効いていたので、 痛みはほとんどなく、思ったより大した事なかったなー と思いながら電車に乗りました。 親知らず抜歯後〜2時間後 止血のガーゼを噛んだまま帰宅したのですが、 歩いていると思ったより血がにじむというか、 血がドバドバ出てきます。 電車のホームなので(道端でも)血を吐くわけにもいかず、 必死に飲み込んだのですが、これが気持ち悪い。 めちゃめちゃ気持ち悪いです。 歯医者さんで十分休まずに出てきてしまったのが原因だと思います。 電車で通っている人は、少し長めに休んで行きましょう。 あと、痛み止めは麻酔が切れる前に飲んだほうが良いです。 ちょっとでもタイミングを間違えいると、かなり痛い目見ます。 私の場合、家に着く頃には痛み出したので、2時間以内の服用がベストかと。 ただ、その時下唇から顎にかけての感覚がほとんどない状態だったので、まだ麻酔が効いてるからこの程度の痛みなんだ、ラッキー。 と思っていました。 麻酔なんてとっくに切れていた事など知らず・・・。 この日は血の味で気持ちが悪く、 食欲もなかったので、セブンのカフェオレを飲んで寝ました。 続きます。

次の

抜歯がとても怖いです…

親知らず 抜か なきゃ よかった

親知らずは抜いたほうがいいの? 親知らずを抜こうかどうか迷っている人、いませんか? 親知らずを抜くのは、なんとなく大がかりに感じるので、仕事に影響が出たらと思って先延ばしにしてしまう人も多いはずです。 実は、親知らずを抜きたい患者さんが来たときに、私たち歯科医師がついチェックしてしまう数字があります。 それは「年齢」です。 今回は、親知らずを抜くべき年齢について解説していきましょう。 残していい親知らず、抜いた方がいい親知らず 残していい親知らずは、きちんとはえていて磨くことができ、かみ合っています。 逆に、口の中に一部しか出てこれないならば、若いうちに抜くことを私はお勧めしています。 医学の世界では、出てこない もしくは出てこれない 歯を「埋伏歯 まいふくし 」と言います。 なぜ親知らずの埋伏歯を抜いたほうがいいかというと、むし歯になったり、感染して腫れたりするからです。 まれですが、下あごをぶつけたときに埋伏した親知らずの近くで骨折する危険性もあります。 私の患者で、居酒屋で殴られて親知らずの部分で下あごが折れてしまった方がいました。 診断名は「下顎骨 かがくこつ 骨折」で、全身麻酔の手術になりました。 下顎骨骨折のうち、力が直接加わって折れやすいのは、親知らずの近く 下顎角部 が最も多く24. この部分に多い理由は、下あごをぶつけたときに、埋伏した親知らずがくさびとなり、力が集中しやすいからです。 薄い部分や力が集中する部分の骨が折れやすいようです。 ただし、次のうち2つ以上あてはまる場合は、急いで埋伏した親知らずを抜歯する必要はありません。 ・歯を抜くと神経を傷つける危険性がかなり高い。 ・骨の中に完全に埋伏していて、レントゲン写真で歯の周りに感染がない。 ・今までに違和感や腫れなどの症状が全く出たことがない。 根が神経と接しているならば、無理に抜歯すると、神経麻痺が出るリスクがあります。 埋伏した親知らずを抜歯したときに出る下唇の一時的な感覚麻痺は0. 6~1. 親知らずの根が神経を包んでいる場合、根は抜かずに頭の部分だけ取るという歯冠分割術 コロネクトミー という手術もあります。 親知らずの周りがレントゲン写真で黒くなっている場合や、症状が出たことがある場合は、むし歯や感染があるということです。 繰り返し感染すると、周りの組織が硬くなって抜きにくくなってしまいます。 親知らずの周りが腫れるのは、感染による症状です 歯冠周囲炎。 親知らずのそばにある内側翼突筋 ないそくよくとつきん や咬筋 こうきん に炎症が及ぶと、口が開かなくなる危険性もあります。 抜くなら「25歳まで」がイイ理由 親知らずの状態には個人差があるので一概には言えませんが、20歳頃までに親知らずが並ぶスペースがあるかどうかは判断できます。 ですので、埋伏した親知らずは、25歳までに抜歯することを私はお勧めしています。 20代後半以降になると、次の3つのデメリットが出てきます。 あごの骨が硬くなって抜きにくくなる あごの骨は20代後半から徐々に硬くなります。 徐々に骨が緻密になり、さらに炎症があると、埋伏歯と骨との境界がわかりにくくなります。 骨が硬くなると、抜歯のときに骨を削る量が増え、合併症が増えたり抜くのが大変になったりします。 一方、20代前半までの骨は柔らかく、たわむことが多いです。 抜いた後の傷の治りが遅くなる 抜くのが大変なだけではありません。 年齢を重ねると、若い人に比べて治りが遅くなります。 複数の病気を抱え危険が増える 年齢を重ねると、病気が増えることがわかっています。 心臓や脳の病気、糖尿病、高血圧などが重なってくると、全身管理が大切になります。 体力や飲んでいる薬、病気の状態によっては抜歯ができないこともあります。 こんな風に書くと、25歳より上の年齢の方は焦ってしまいますよね。 前述のとおり、25歳までは手術のリスクが少ないことが多いのですが、身体への負担が大きすぎなければ、何歳でも手術は可能です。 不安が強い方のためや病気の状態に応じて、リラックスする鎮静麻酔や、全身麻酔で手術を行っている病院もありますよ。 親知らずの状態は、歯磨きのたびにチェックすることが大切です。 親知らずをきちんとブラッシングできていれば、むし歯や感染の危険性は低いでしょう。 しかし、部分的に歯肉に覆われていて、ブラッシングできない親知らずは感染するかもしれません。 特に、忙しいビジネスパーソンは注意しましょう。 睡眠不足や栄養不足、疲れて抵抗力が落ちると、細菌に負けて腫れたり痛んだりするからです。 症状のある方は自己判断で放置せず、お近くの歯科医院でご相談くださいね。 J Oral Maxillofac Surg. 40 1 :23-28, 1982 より。 著者: 古舘健 フルダテ・ケン 健「口」長生き習慣の研究家。 口腔外科医 歯科医師。 1985年青森県十和田市出身。 北海道大学卒業後、日本一短命の青森県に戻り、弘前大学医学部附属病院、脳卒中センター、腎研究所など地域医療に従事。 バルセロナ・メルボルン・香港など国際学会でも研究成果を発表。 口と身体を健康に保つ方法を体系化、啓蒙に尽力している。 「マイナビニュース」の悩みを解決する「最強ドクター」コラムニスト。 つがる総合病院歯科口腔外科医長。 医学博士。 趣味は読書 Amazon100万位中のトップ100レビュアー と筋トレ とくに大腿四頭筋。 予めご了承ください。 連載一覧 第6回 第5回 第4回 第3回 第2回.

次の

ドブ臭い親知らずを抜いた後の穴にに詰まるカスを取る方法

親知らず 抜か なきゃ よかった

最強の親知らず まずはこちらの画像をご覧ください。 これは、ぼくの下顎(左)をレントゲンで撮影したものです。 パーフェクトな横向きに生えた親知らずが、正常な歯を圧迫し始めています。 放置したら不都合が出まくる 「絶対に抜くべき親知らず」 です。 ひとくちに「親知らずを抜く」と言っても、歯の位置や経過状態によってその難易度・必要時間は大きく異なります。 簡単な親知らずなら30分程度(抜くだけなら5分)。 今回、ぼくの抜歯にあたり先生が用意してくださった時間は 2時間。 かなり厄介な親知らずのようでした。 というのも、 ・歯自体が歯茎で完全に覆われている ・ほとんど骨に埋まっている ・手前の歯と密着している ・親知らず自体がかなり大きい それらに加えて、——CTスキャンの図をご覧ください—— ・歯が途中で二つに分かれ、最終的にひとつに合流するような形で骨を抱きかかえている ・(CTスキャンでは分からないが)歯の末端が逆向きの鉤爪状であり、真の最終段階においても抜かれまいと頑強に抵抗する という、難攻不落のあらゆる要素を兼ね備えた 「ぼくが考えた最凶の親知らず」が出現していました。 特に最後の2つの要素を突破するのは極めて難解だったようです。 この要塞を生涯エリミネートするための手順は 1. 麻酔の注射をし 2. 歯茎を切開し 3. 骨を削り 4. 歯を切削し 5. 砕き 6. 抜く という字面だけ見たら 中世の残虐な拷問フルコースみたいなラインナップをお届けしなければなりませんでした。 それでは当日の様子を振り返っていきましょう。 すごく助かりました」 先生「いや、そんな。 ジョーさんのお力ですよ」 ぼく「いやもう先生方のおかげですよ難しいところ本当にどうもありがとうございました」 助手さん「えへへ」 ぼく「(全員で何かを達成した時のような爽快感と達成感に満ちあふれている)」 ぼく「(まぁぼくは寝てただけなんだけどな!)」 18:40くらい 先生「じゃあちょっと消毒して縫いますねー」 ぼく「はいー」 助手さん「わー」 19:00 先生「おしまいです!」 助手さん「抗生物質と痛み止めェ!」 ぼく「うぇーい!」 当日のまとめ そんな感じで、(小休止をはさんで)最終的に 約3時間かかりました。 最後の1時間は 「もう永久に口開けたままの人生なんじゃないか」ってくらい長く感じましたが、先生方のおかげで無事に終了しました。 先生が珍しくテンション高かったので色々うかがったところ、やはり 相当に難易度の高い親知らずだったようです。 先生「でも20代で抜いておいてよかったです」 ぼく「そうなんですか?」 先生「ええ、これが40〜50代になると骨が固くなっちゃうので。 もっと面倒なことになります」 ぼく「(ハリウッドぽく口笛を吹こうとする)(失敗する)」 そのあとは普通に帰って寝ました。 ちなみに費用は5,000円くらいでした。 翌日以降 抜歯の翌日、朝10時頃にふたたび歯科へうかがいました。 「面相が変わるくらい術後の腫れが最も強い」とされる「下顎の骨を削る」ことを行ったにも関わらず、 腫れは少なく、痛みもかなり小さいものでした。 先生「いやーそうですか!よかった。 ジョーさん強いですねー」 ぼく「いえいえ先生のおかげですよ。 ありがとうございます」 先生「いやいやそんな」 ぼく「あっそうだ、このレントゲンの写真撮っても大丈夫ですか?(ブログ用に)」 先生「あっじゃあCTスキャンのも出しますよ」 ぼく「あざす」 先生「この辺りが本当にこうなってまして」 ぼく「(聞けば聞くほど無痛で終わったのが不思議なくらいの親知らずだ……)」 そんな感じで無事に終わりました。 ちなみに行ったのは総合病院や大学病院の歯科ではなくて、 普通の歯科クリニックです。 先生、助手さん、ありがとうございました。 親知らずを抜くときにやるべきこと・注意すること 今回の件でぼくが学んだのは2つ。 痛かったら躊躇なく麻酔を打て• シャワーは事前に浴びよう 麻酔は、人によって効果の出る箇所や強弱が異なります。 また、時間経過によってもその効果は薄れたりしてきます。 基本的に今の「親知らず抜歯」は ほぼ完璧な無痛で終わります。 歯茎を切り、骨を削り、歯を砕くような進行が3時間続いても。 なので、「思わず手を握るくらいの痛み」を感じた時点で即座に挙手して追加の麻酔を打ってもらいましょう。 あとシャワーは行く前に浴びておくといいです。 抜いた日はお風呂に入れませんので。 まとめ 親知らずの抜歯は、 痛くないです。 加齢とともに歯根が癒着して抜歯が困難になるので、とりあえず何か違和感を感じたら今すぐに歯医者に行って調べてもらいましょう。 今すぐに! この体験談を、全国の歯医者さんに感謝を込めておくります。 いつもありがとうございます!.

次の