シャンデラ レイド。 シャンデラの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ソードシールド】隠れ特性(夢特性)が出現するレイドの巣穴一覧【ポケモン剣盾】

シャンデラ レイド

防御や特防の種族値は低くないため、HPに努力値を振ることでサブウェポンとして使われる弱点技や等倍ダメージであれば耐えられることが多く、返しで高い特攻で相手を倒しに行くことができます。 相手に応じて技を打ち分けられるようにしたい場合は「たつじんのおび」を、技が固定されたとしても火力を出せるようにしたい場合は「こだわりメガネ」を持たせるといいでしょう。 命中は不安定になるものの、タイプ一致の高火力技としては十分。 威力と命中のどちらも取れる炎技。 ただし特攻が2段階下がるため、その後の全体的な火力が落ちるのが難点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 こだわりメガネを持たせた場合の候補。 相手の行動を制限させられるため、こだわり系のアイテムとの相性は良好。 たつじんのおびを持たせる場合の候補。 物理アタッカーの動きを止めたり、交換を読んで出てきた相手に打てる。 性格をおくびょうにすると最速の「ドラパルト」も抜くことが出来るため、同じようにスカーフを持っている相手ではない限り、先に高火力を放ち圧倒することができます。 ダイマックス時のダイサイコで先制技を封じられるようになるのも利点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 命中重視の炎技。 だいもんじの命中率に不安を覚える場合の選択肢。 受けポケモンとして使われる「ヌオー」や「トリトドン」を確実に落としつつ、後から出てくるポケモンに対しても高火力で圧力をかけていきます。 上記にある特殊アタッカー型やスカーフ型は、アタッカーのエースとして運用できるのに対し、この型のシャンデラはエースが苦手としやすい受けポケモンの対応が目的となっています。 残りの努力値は、物理アタッカーが多い環境であることから防御に多めに割り振りつつ、努力値が無駄にならないようにしています。 物理環境のため使える場面は多い。 受けポケモンを倒した後の、物理アタッカーの能力低下に。 威力重視の炎技。 命中は不安定なものの、いのちのたまと組み合わせた高火力は受けポケモンを倒した後も戦いやすい。 シャンデラの役割と立ち回り トップクラスの特攻を持つアタッカー 全ポケモンの中でもトップクラスの特攻種族値を持つアタッカー向きのポケモンです。 覚えられる技のタイプは多いわけではないものの、等倍以上でダメージを与えられ、種族値と合わせて大ダメージを与えやすいという特徴があります。 受けポケモンが多い今作の環境に強い 現環境に多い受けポケモンに強く、「エナジーボール」を覚えていれば「ヌオー」や「トリトドン」と、「サイコキネシス」を覚えさせると「ドヒドイデ」と戦えるようになります。 サイコキネシスについては、「ダイサイコ」にすればサイコフィールドによって「シャンデラ」が苦手としている「かげうち」や「ふいうち」を封じることが出来るため、効果の恩恵を受けやすいのも利点です。 シャンデラの対策 弱点のタイプで攻める 攻撃能力は高い「シャンデラ」ですが、耐久能力は高いわけではないため弱点のタイプで攻めることが対策として有効です。 しかしサブウェポンで弱点を攻撃すると威力が足りない場合もあるため、注意が必要です。 シャンデラの攻撃を半減で受けられると、より安定して倒す事ができます。

次の

【ポケモン剣盾】すりぬけ!夢特性シャンデラの捕まえ方紹介!

シャンデラ レイド

先日投稿した記事『』で、特性 てんねん・ このゆびとまれ ピクシーを紹介させていただきました。 記事の投稿後も、 より安定して、 かつ育成しやすいポケモンでレイドに勝てることを目標に、ミュウツーレイドを試行錯誤していました。 昨日の今日で本記事を投稿しているかと思いますが、より安定してミュウツーレイドに勝つことが出来るポケモンを新たに見つけたので、ご紹介したいと思います。 残りの期間は短いですが、今からでも育成が間に合うポケモンだと思います! そのポケモンは、、、 ゜乙(0卅0)S゜<『 シャンデラ 』 デース!!! ということで、さっそく今回の内容です。 1.シャンデラの対ミュウツー性能• 2.突撃!チョッキシャンデラ• 3.レイドのチーム編成と立ち回り• 4.あとがき 1.シャンデラの対ミュウツー性能 さっそく、シャンデラのどこがおすすめポイントか、というところを見ていきましょう。 シャンデラは 炎・ゴースト タイプで、さらに特性「 もらいび」を持っています。 このタイプと特性によって、 シャンデラは格闘・炎タイプの技を無効化することが出来ます。 ミュウツーが使用してくる主な攻撃技のタイプは、 「 エスパー・ 炎・ 氷・ 格闘」 の4つのタイプかと思います。 シャンデラはこのうち2つのタイプ「 炎 ・ 格闘」の技についてはダメージを受けません。 それについては後述します。 ) 耐久面の種族値も決して低くはないので、努力値を全て耐久に回し、Lv. 100にすることによって、ダメージが通る技も耐えることが出来ます。 参考までに シャンデラの種族値をご紹介します。 HP 60 攻撃 55 防御 90 特攻 145 特防 90 素早さ 80 そして2つ目に注目すべきは、「 クリアスモッグ」という技を覚えることです。 この技は、威力50・毒タイプで、その技の効果に意味があります。 技の効果は、 相手の能力変化の状態をゼロに戻す、というものです。 この技の効果はなんと、 レイドバトルで敵が張ってくるバリアを貫通して発動します。 レイドでの ミュウツーは攻撃の特徴が3パターンあり、それぞれのパターンで3種類の積み技「 めいそう・わるだくみ・ビルドアップ」のうちどれか1つを使用してきます。 そして、 1ターンに最大4回の行動をしてきます。 積み技を使用されればされるほど、強力な ミュウツーの技を受けきれなくなってしまいます。 そこで、 シャンデラが覚える クリアスモッグの効果を思い出してみましょう。 クリアスモッグは攻撃技なので、バリアが張られている場合は バリアを1段階壊しつつ、能力アップ状態をゼロに戻すことが出来ます。 これにより、 ミュウツーの技を受けきれなくなる、ということを無くすことが出来るのです。 上記の点から、 シャンデラはミュウツーレイドにおいて相性が良いのでは?と思いました。 試してみたところ実際に相性が良く、ボイスチャット無しの野良レイド(ぼくがルームホスト状態)で4回中3回ミュウツーを倒すことが出来ました。 (時間と助っ人がいなかった都合上、試行回数は非常少ないです。 ) 2.突撃!チョッキシャンデラ では、実際にレイドで使用する シャンデラのステータス調整についてご紹介します。 ぼくが使用している シャンデラは以下のようなステータス調整をしています。 特性 : もらいび 努力値 : HP 252 攻撃 0 防御 180 特攻 4 特防 68 素早さ 4 特攻と素早さについては、Lv. 50の対戦用に調整する癖で 4ずつ振っていますが、耐久に回して大丈夫だと思います。 ダイマックスレベル :10 技構成: クリアスモッグ (必須:相手の能力変化をゼロにする。 ) シャドーボール (必須:タイプ一致かつミュウツーの弱点技、ダイホロウで防御ダウンが狙える。 ) あくのはどう (あると良い:ダイアークで特防ダウンが狙える。 ダイホロウと打ち分ける。 ) マジカルフレイム (自由枠:特攻ダウンを狙えるので入れてみた。 ) 持ち物:とつげきチョッキ このアイテムにより、特防が1. 5倍になります。 5= 349(少数点以下切り捨て)になります。 ここで、前の項目で注意点としていた内容について説明します。 前の項目で、 シャンデラの特性 もらいびにより、 炎タイプの技を無効化できる、と言いました。 この部分について基本的には間違いではないのですが、敵が技以外で使用してくる「 能力変化と特性の打ち消し」によって、 1ターンの間特性が無効化されることがあるのです。 その場合、 もらいびの効果による炎タイプ技の無効化が働かなくなり、炎技によるダメージを受けてしまいます。 能力変化で攻撃系の能力が上昇している場合は危険ですが、そうでなければシャンデラに対しては「こうかはいまひとつ」のタイプであるため、そこまで気にしなくてもいいかなと思っています。 この効果によって被害を受けるのは、 てんねん ピクシーの方ですね。 特性 てんねんの効果が無効化されるということは、能力変化している状態が適応されてダメージ計算が行われる、ということです。 てんねんが発動していれば本来HP最大状態では1撃で倒されることがない技なのに、相手のこの効果によって1撃で倒されたことがあり、非常に焦りました。 (ぼくはそれで初めてこの効果に気づきました。 気づくのおそっっっっっそ・・・) と、いうわけで、 シャンデラのステータスについては以上です。 次の項目で、実際の立ち回りについて説明していきたいと思います。 3.レイドのチーム編成と立ち回り ぼくが想定する理想のチーム編成について説明していきます。 理想とする編成は、以下のような感じです。 ・パターン1:シャンデラ・ピクシー・オーロンゲ 1番手(ルームホスト):シャンデラ(確定枠) 2番手 :アタッカー自由枠(推奨は、つよいやつ) 3番手 :ピクシー(順不同) 4番手 :オーロンゲ(順不同) ・パターン2:シャンデラ・オーロンゲ・オーロンゲ 1番手(ルームホスト):シャンデラ(確定枠) 2番手 :アタッカー自由枠(推奨は、つよいやつ) 3番手 :オーロンゲ 4番手 :オーロンゲ ・パターン3:シャンデラ野良ホスト 1番手(ルームホスト):シャンデラ(確定枠) 2番手 :マーシャドー(順不同) 3番手 :オーロンゲ(順不同) 4番手 :ピクシー(順不同) 身内で4人集まるということが難しい場合もあると思い、野良も想定してパターンを分けてみました。 共通の動きとしては、1番手( シャンデラ)は1ターン目からダイマックスをするということです。 項目1で説明した、 ミュウツーの主な攻撃の特徴のパターンを思い出してください。 パターン3の 1番厄介な奴と書いたものがあったかと思います。 この厄介者 パターン3は、先行でバリアを張ってきます。 相手がバリア状態では、 オーロンゲの ちょうはつ・でんじはが弾かれるので注意してください。 また、 ミュウツーが ダイサイコを撃ってきて サイコフィールドが展開された場合、例えバリアを破壊したとしても、 いたずら心による先行変化技が効かなくなるので、ここにも注意してください。 さて、 シャンデラが1ターン目からダイマックスする意図は、 バリアを早く破壊することです。 シャンデラは素早さほぼ無振りのため、行動が味方の中で遅いほうになります。 ミュウツーが厄介者だった場合は、序盤はバリアを破壊することを優先すれば良いです。 また、相手が先制でバリアを張らなかった場合でも、 素早さが早い味方のアタッカーが相手のバリア発動までHPを削るはずなので、同じく序盤はバリアを破壊することを優先して良いです。 もし、 チーム編成が、 シャンデラ・オーロンゲ・オーロンゲ・ ピクシーだった場合、この中で一番早く攻撃技を撃つポケモンは シャンデラになります。 シャンデラが一番早く攻撃技を撃つ場合は、味方の物理アタッカー or 特殊アタッカーを判別して、使用するダイマックス技を ダイホロウか ダイアークか(相手の防御ダウンを狙うか、特防ダウンを狙うか)で打ち分けるという選択ができますので、ぜひ 味方のステータス確認も怠らないように意識してみてください。 シャンデラのダイマックス状態は3ターンで終わるので、ダイマックスが終わった後はひたすら クリアスモッグで ミュウツーの能力変化をゼロにしてあげてください。 例え、 ミュウツーの防御や特防の能力が下がっていたとしても、 攻撃や特攻が上がっていた場合はそれを打ち消すことを優先してください。 また、必要に応じて まんたんのくすりや かいふくのくすりを使用するのは、前回の記事の内容と変わらずなので、 「ヤバそうだな」と思ったら無理せず回復を優先してください。 と、いった感じで、新メンバー・ チョッキ シャンデラを含めた編成と立ち回りの説明については、終わりにしたいと思います。 ミュウツーレイドの期間も残りわずかですが、うまうま報酬のために一緒に頑張っていきましょう! 4.あとがき 番外編の続編を次の日に作成するという暴挙に出てみましたが、今回の内容はいかがだったでしょうか? 剣盾からポケモンを始めたよ、という方や、第7世代をプレイしていなかったー、という方でも、すぐに育てられるかつ比較的安定して ミュウツーレイドを楽しんでいただきたく、前回や今回のような記事を書いてみました。 ここがわからない、ここ間違ってるよ、といったことがあればコメントをしていただけると嬉しいです。 それでは、また次回!.

次の

【ポケモンGO】シャンデラのおすすめ技と評価|ゲームエイト

シャンデラ レイド

スペシャルアタック 「オーバーヒート」が1ゲージ技で使い勝手イマイチ• 耐久力が高くない(防御・HP種族値が少し低め)• ほのおタイプでは 「ブラストバーン」を覚えた他のポケモンが強い おすすめできない一番大きな理由は、スペシャルアタック「オーバーヒート」が1ゲージ技であり、かつ「シャンデラ」の耐久力が高くないため バトルでスペシャルアタックを撃つ前に相手ポケモンに倒される場面が多くなるためです。 そのため、「オーバーヒート」を活かすのであれば耐久力のある他のポケモンを、耐久力が低めであれば優秀な「ほのおタイプ」2ゲージ技である「ブラストバーン」を覚えるポケモンを強化・育成したほうが「ほのお」タイプポケモンとしてはバトルで活躍できます。 ゴーストタイプとしての強さ 「シャンデラ」が ゴーストタイプの技「 たたりめ/シャドーボール」を覚えたときの強さです。 「ゴーストタイプ」としてのシャンデラは現状実装済のポケモンの中でトップクラスの攻撃性能を誇ります。 覚えるスペシャルアタック「シャドーボール」が非常に優秀です。 一つ残念なのは、 覚えるノーマルアタックの「たたりめ」は威力が高いものの硬直時間が長いため、相手の技を避けながらのバトルには向いていないことです。 そのため、相手の技を避けて生存時間を伸ばすにはテクニックが必要です。 以下は「ゴーストタイプ」ポケモンの攻撃種族値と覚える技を考慮した攻撃性能(コンボDPS)ランキングトップ5です。 1 は「ギラティナ・オリジンフォルム」です。 攻撃面は「シャンデラ」が1・2段階上ですが、「ギラティナオリジン」の耐久力は群を抜いており、 特にレイドバトルでの生存時間は圧倒的に上です。 ただし、耐久はそこそこに相手を素早く倒すことが要求されるジムバトルでは「ギラティナオリジン」より活躍できる可能性はあります。 「ゲンガー」より優れているかどうかは、相手の技を避けることができるかどうかによります。 攻撃性能は「ゲンガー」が高いですが、耐久力は「シャンデラ」が優れています。

次の