レンコン 下 茹で。 レンコン

レンコンの使い方!美味しい食べ方・レシピ19個と下処理方法を紹介!

レンコン 下 茹で

レンコンの使い方!基本的な下処理方法 まずは下処理について知っていきましょう。 レンコンに必要な下ごしらえとしては、 洗ってから皮を剥いて、料理に合わせて切っていきます。 そうしたら 水に浸けてアク抜きすればOKです。 皮むきについてですが、レンコンは皮が固いので包丁ではなくピーラーを使ったほうが剥きやすくなります。 ピーラーで全体を皮むきしたら、残っている細かな皮は包丁を使って切り取っていきましょう。 皮むきが済めば料理に使うサイズに切っていくわけですが、レンコンの場合は輪切りや半月切りにすれば大体の料理で使えます。 (半月切りでは大きい時は、いちょう切りにしてもOKです。 他には乱切りにすることもあります) レンコンを切ることができたら、水に浸けてアク抜きをします。 水に入れておかないと変色してくるので、見た目を良くするためにも基本的にはやっておきましょう。 なおアク抜きは水でもいいですが、シャキシャキ感を出したり白く仕上げたい時は酢水に浸けるのがおすすめです。 水ですとホクホクの食感になるので、煮物に使うなら水でもいいでしょう。 レンコンの下処理については以下のページでより詳細にまとめていますので、ぜひ一緒にご覧ください。 スポンサーリンク レンコンの美味しい食べ方とレシピ!どんな料理に使えるの? では、下処理の仕方の次は レンコンで作れる料理をまとめていきたいと思います。 ごぼう以外でも作ってみるのはどうでしょうか~。 2:はさみ焼き・はさみ揚げ(肉詰め) はさみ焼きやはさみ揚げといった料理は、れんこんを輪切りにしたときの、面白い穴の空き方を楽しめる料理じゃないかな~と思います。 また レンコンの輪切りは、お肉をはさむのに丁度いいサイズというのもありますね。 3:茹でる調理法でサラダや酢の物、マリネなどに 下処理を済ませたレンコンをお湯で茹でれば、サラダなどの料理を作ることができます。 茹でることができれば、調味料や他の具材と混ぜるだけで作れてしまいますので、簡単に1品ほしいときにおすすめです。 レンコンの茹で方や茹で時間、加熱後の食べ方については以下のページで詳しく書いています。 スポンサーリンク 4:煮物 煮物はみんな思いつくので紹介しなくてもいいかな~と思ったのですが、せっかくまとめているので入れておきたいと思います。 ほっこりして美味しいですし、定番なので、 ぜひ一度は作って欲しいレシピですね。 5:すりおろして使う(もち、まんじゅう、団子、おやき) レンコンを 切るのではなくすりおろして調理するという方法があります。 香ばしく調理したいときにおすすめです。 7:汁物(味噌汁、スープ、ポタージュ) スープや味噌汁といった、汁物は1食にひとつは欲しいですよね。 とくに寒い季節は体を温めてくれます。 しっかりと味付けするレシピが多いので、 ご飯とよく合うのもいいですね。 ですが、 みじん切りで細かくすればハンバーグやつくねに混ぜ込む事ができます。 メインのおかずにもなるレシピです。 10:レンコンチップス チップスというとジャガイモやバナナなどがありますが、レンコンでも作れます。 スポンサーリンク 12:カレー カレーは野菜なら大体何を入れても合います。 よく作る方は、ときには カレーにレンコンを入れてみるのはどうでしょうか~。 13:ピクルス、漬物 さっぱりとしたものなら漬物やピクルスとか。 レンコンで漬物類ってあまり聞かないですが、意外なものを作りたいときに良いかも? 14:パスタ パスタはランチにも最適なメニューですよね。 レンコンを入れて、和風に仕上げてみましょう~。 15:豚肉巻き 肉巻きというとアスパラですが、案外色んな野菜で作ることができる料理です。 もちろん レンコンでも肉巻きは作れます。 お弁当にもどうぞ~。 16:ご飯系レシピ(そぼろ、炊き込みご飯、混ぜご飯) そぼろを作って丼ぶりにしたり、炊き込みごはんなどにする方法もあります。 美味しいご飯系料理は私は食べすぎてしまうのですが(汗)、お米をしっかり補給したいときに作りたいメニューですね。 早口言葉みたいですが、蓮根の食感が楽しいツナ味グラタンです。 ひき肉の中にみじん切りにしたレンコンを混ぜて、作ってみてください。 19:ガレット ガレットって名前がオシャレですよね。 (笑) 作り方はスライスしたレンコンを油をひいたフライパンに並べていき、チーズと一緒に焼きます。 レンコンの保存方法と冷凍の仕方、日持ち レンコンをすぐ使わない場合や余ってしまった時は、できるだけ長持ちさせたいですよね。 おすすめの保存の仕方は、 皮を剥き使いやすいサイズに切ったレンコンを、水を張ったタッパーに入れておく方法です。 この方法だと2週間は日持ちし、また下処理を終わらせているのですぐに使えるのが利点です。 水に浸けたほうがそのままの状態よりも長持ちするようになるのでおすすめですが、 丸ごとの状態で保存したい場合や、レンコンの冷凍の仕方を知りたい時はコチラをご覧くださいね。

次の

知っ得時短技!「レンコンの下処理」は電子レンジを使おう

レンコン 下 茹で

繊維の向きだけでなく、厚さや調理時間、あく抜きの仕方でも食感は変わります。 たとえば、同じ輪切りでも、厚く切って水にさらしたものを煮ればホクホクに、薄くスライスして酢水につけたものはサラダなどでシャキシャキとした食感を楽しむことができます。 代表的な切り方と、おすすめの調理法をご紹介します。 左が水にさらしたもの、右が水にさらさずにおいたもの。 買うときは、両端の節の部分がカットされずに残っているものを選ぶのが理想的。 節がカットされ、断面が見える状態で売られているものは褐変が進んでいるので、白い色味を生かした料理に使う場合は避けましょう。 あく抜き方法は料理に合わせて使い分け! あく抜きには、水につける方法と、酢水につける方法があります。 酢水につけると、でんぷん質の働きが止まり、よりシャキシャキとした食感に。 水につけると、ホックリとした食感を残せます。 用途に合わせて使い分けると良いでしょう。 サラダやちらし寿司のトッピングなど、白さと食感を生かすときには、酢水であく抜きするのがおすすめ。 煮ものに使うときは、調味料がしみ込んで色づくので、水につけるだけでOKです。 これまで、どんな料理に使うときにも、同じ下処理をしていませんでしたか?これらのコツを知っておけば、いつもの料理がひと味違った仕上がりになるかもしれません。 旬のれんこんをおいしく味わい尽くしましょう!.

次の

れんこんの下処理

レンコン 下 茹で

野菜の電子レンジでの加熱時間(目安) 加熱時間は野菜の分量・レンジの性能・水分量などによって異なりますので、あくまで目安としてください。 しかし上に挙げたように具材や分量によって加熱時間が大きく変わってきます。 加熱しすぎるとしなしなになってしまったり、反対に加熱不足だと固いままということもあります。 加熱が足りなかった場合には20秒~40秒ごとにようすを見ながら、ちょうどよい状態になるまで加熱してみましょう。 レンジで加熱する前に 電子レンジで野菜を加熱する前には 「水洗いをすること」が重要。 その後も完全に水を切るのではなく、軽く切る程度で野菜はぬれたまま、電子レンジで加熱すると、ほどよく水分が残り、野菜が美味しく出来上がります。 ラップ・キッチンペーパー・皿を活用 電子レンジで野菜を加熱する場合には下の方法があります。 (1)濡れたままラップ・キッチンペーパー (2)耐熱皿にラップをかける ひとつは濡れたままの野菜を丸ごとラップやキッチンペーパーで包む方法。 じゃがいもやとうもろこし、かぼちゃなどで用いられます。 ふたつめは耐熱容器に入れ、ふんわりラップをかける方法。 ホウレンソウやキャベツなど葉物野菜の多くは、耐熱容器に入れる方法がぴったりです。 葉物類は「茎」がポイント 葉物類(ホウレンソウや小松菜)などの野菜は特に 「茎」の加熱が大切です。 葉の部分がしんなりしていても茎の火の通りは中途半端ということもしばしば。 茎が柔らかくなっているかどうかをチェックしましょう。 加熱前・加熱後の処理など 野菜によっては電子レンジの加熱前・加熱後の処理をすることでより美味しく仕上げることができます。 塩を振る 多くの野菜で、電子レンジで加熱前、濡れた野菜に塩を振ることで軽く下味をつけることができます。 加熱前に水にさらす(アク抜き) 茄子などの野菜は加熱前に水にさらすことでアクが抜け、苦みを押さえられます。 れんこんやゴボウなどは、酢水であくぬきをした後に酢を振りかけて加熱することで、綺麗な色を保てます。 加熱後水にさらす(アク抜き・色止め) 一部の野菜は加熱後に水にさらすことでアク抜きや色止めをし、仕上がりを良くすることも。 具体的にはあさつきやアスパラガス、いんげん豆、小松菜、春菊、ブロッコリー、ホウレンソウなどなど。 電子レンジ加熱後は火傷に注意 野菜を電子レンジで加熱した後はとても高温になっていますので、慌てて触って火傷などしないよう注意して下さい。

次の