サンダーバード メール 移行。 Thunderbirdのデータをまるごと移行する方法

Thunderbirdのデータを別PCに移行する簡単手順(Windows10)

サンダーバード メール 移行

現在、会社でのメールをThunderbirdのPOP方式で利用している。 パソコンがWindwos7からWindows10に入れ替わることになり、メールをOffice365のOutlookで利用することになった。 【流れ】• Thunderbirdのプロファイル ファイルの場所 を確認する• 隠しファイル フォルダ を表示する• MailStoreHomeをインストールする• MailStoreHomeでThunderbirdを取り込む• MailStoreHomeでOutlook用にファイルを変換・出力する• Outlookでpstデータファイルを読み込む• メール整理・移動 【方法】 1. 隠しファイル フォルダ を表示する Windwos10で隠しファイル フォルダ を表示する場合は、Windows7とは勝手が異なり 簡単になりました 、エクスプローラーの表示メニューの「隠しファイル」にチェックを入れれば表示できます。 ちなみに表示メニューにある「オプション」をクリックすれば、従来のフォルダオプションウィンドウが表示されます。 MailStoreHomeをインストールする ダウンロード先はGoogleで検索して下さい。 ちなみに記述時点ではこちらです。 利用するにあたり、出力したpstファイルはOutlookのフォルダに移したほうが絶対いいです。 確認方法は下記の「データファイル」の画面で確認ができます。 Outlookでpstデータファイルを読み込む Windowsのpsrでキャプチャしたので、枠線が緑でクールではないですが…。 Outlookで. 正確にはアカウントフォルダというより、データファイルです いいところは、既存のものが破壊されずにMailStoreHomeで出力したファイルが自動的に「MailStoreExport」フォルダを作成して追加されているということです。 Thunderbird内のフォルダも作成されていてとても便利です。 今回はThunderbirdのアカウントが1つだけでしたが、アカウントが複数ある場合は同じ作業を繰り返します。 重複メールがあるけど、無くなるよりマシ! 今回、私はThunderbirdもOutlookもPOP設定です。 「メールをダウンロードしたら7日後にサーバーからメールを削除」するという設定をおこなっています。 Thunderbirdで最後にメールを受信したときと、初めてOutlookでメールを受信したときで数日分のメールが重複してしまうことになります。 しかし、全然気になりません。 メールが無くなるほうが不安なので重複が気になりません。 あとで消すこともできますしね。 最後に 「MailStoreHome」というフリーソフトを利用して、Thunderbirdのメールデータをpstというファイルに変換し、Outlookでpstファイルを開く方法をまとめました。 記述時点では無料。 ずっと無料?そうであってほしい。 私たちは依存するしかないので悲。 一度MailStoreHomeというソフトを通すということがポイントですな! Windows7のサポート期限切れでパソコンの入れ替えが必至!? パソコンの入れ替えが発生し、元のパソコンの処理速度が遅い場合は、まず「元パソコンから新パソコン」へThunderbird同士の移行がおすすめです。 一度Thunderbird同士でメールデータを移行し、その後Outlookに移行するという順番になりますな! 今回はPOPを前提としていいますが、IMAPで使っている方でも会社で保存できるストレージの容量が決められていて一部のメールをローカルに保存している場合は、この方法が使えるかと思います。

次の

Thunderbirdでデータを移行する方法

サンダーバード メール 移行

Contents• 【Thunderbird】サンダーバードのメールデータ保存場所はここです!バックアップ方法も解説。 それではさっそくバックアップする手順をご紹介。 1.以下のフォルダへ移動します。 ユーザー名のところは、あなたがWindowsにログインしているユーザー名です。 移動先のプロファイルフォルダの中に下記のようなデータがあると思います。 2.「xxxx. defaut」というプロファイルフォルダを丸ごとコピーすればバックアップは完了です。 表示されているフォルダが、Thunderbirdの設定情報(プロファイル)や全てのメールデータが入ったフォルダですので、これを丸ごとコピーします。 保存先を同じディレクトリにする場合にはファイル名を変えておきましょう。 3.これでバックアップは完了します。 バックアップデータから今度はインポート(データを入れる)場合の方法もご紹介 やり方はシンプルです。 バックアップしておいた「xxxx. もしダメなら以下の手順を実施してみてください。 ini)を書き換える必要があります。 設定情報(profiles. ini」というファイルが見つかります。 2.こちらのファイルをテキストエディタなどにて開きましょう。 開くとこんな感じです。 default」この赤い部分とメールデータのファイル名を統一させる必要があるので注意。 これで問題なくメールデータをバックアップから復旧できます。 あとがき 本日はThunderbirdのメールデータをバックアップする方法とどこにメールデータが保存されているのかについて解説しました。 無料で使えるメールソフトの中では圧倒的なシェアを誇るのがThunderbirdとなります。 ぜひぜひバックアップやバックアップからデータを戻すときにご活用くださいませ。 今回はブログ運営ではなく、パソコン上の便利なフリーソフトであるThunderbirdの紹介となりますが、最後まで読んで頂きありがとうございます!ブログでしっかりと稼ぎつつ、人生を限界突破させていきましょう! ブログ運営をゲーム感覚で楽しんでいます。 日々のコツコツとした記事を増やして(経験値稼ぎ)、ブログ更新(レベル上げ)が大事です。 これからもブログ運営にて役立つノウハウや実体験を交えて情報を配信していきますね。 記事が良かったらこれからもご参考にどうぞ!.

次の

Windows LiveメールからThunderbirdへの移行手順

サンダーバード メール 移行

現在、会社でのメールをThunderbirdのPOP方式で利用している。 パソコンがWindwos7からWindows10に入れ替わることになり、メールをOffice365のOutlookで利用することになった。 【流れ】• Thunderbirdのプロファイル ファイルの場所 を確認する• 隠しファイル フォルダ を表示する• MailStoreHomeをインストールする• MailStoreHomeでThunderbirdを取り込む• MailStoreHomeでOutlook用にファイルを変換・出力する• Outlookでpstデータファイルを読み込む• メール整理・移動 【方法】 1. 隠しファイル フォルダ を表示する Windwos10で隠しファイル フォルダ を表示する場合は、Windows7とは勝手が異なり 簡単になりました 、エクスプローラーの表示メニューの「隠しファイル」にチェックを入れれば表示できます。 ちなみに表示メニューにある「オプション」をクリックすれば、従来のフォルダオプションウィンドウが表示されます。 MailStoreHomeをインストールする ダウンロード先はGoogleで検索して下さい。 ちなみに記述時点ではこちらです。 利用するにあたり、出力したpstファイルはOutlookのフォルダに移したほうが絶対いいです。 確認方法は下記の「データファイル」の画面で確認ができます。 Outlookでpstデータファイルを読み込む Windowsのpsrでキャプチャしたので、枠線が緑でクールではないですが…。 Outlookで. 正確にはアカウントフォルダというより、データファイルです いいところは、既存のものが破壊されずにMailStoreHomeで出力したファイルが自動的に「MailStoreExport」フォルダを作成して追加されているということです。 Thunderbird内のフォルダも作成されていてとても便利です。 今回はThunderbirdのアカウントが1つだけでしたが、アカウントが複数ある場合は同じ作業を繰り返します。 重複メールがあるけど、無くなるよりマシ! 今回、私はThunderbirdもOutlookもPOP設定です。 「メールをダウンロードしたら7日後にサーバーからメールを削除」するという設定をおこなっています。 Thunderbirdで最後にメールを受信したときと、初めてOutlookでメールを受信したときで数日分のメールが重複してしまうことになります。 しかし、全然気になりません。 メールが無くなるほうが不安なので重複が気になりません。 あとで消すこともできますしね。 最後に 「MailStoreHome」というフリーソフトを利用して、Thunderbirdのメールデータをpstというファイルに変換し、Outlookでpstファイルを開く方法をまとめました。 記述時点では無料。 ずっと無料?そうであってほしい。 私たちは依存するしかないので悲。 一度MailStoreHomeというソフトを通すということがポイントですな! Windows7のサポート期限切れでパソコンの入れ替えが必至!? パソコンの入れ替えが発生し、元のパソコンの処理速度が遅い場合は、まず「元パソコンから新パソコン」へThunderbird同士の移行がおすすめです。 一度Thunderbird同士でメールデータを移行し、その後Outlookに移行するという順番になりますな! 今回はPOPを前提としていいますが、IMAPで使っている方でも会社で保存できるストレージの容量が決められていて一部のメールをローカルに保存している場合は、この方法が使えるかと思います。

次の