お 屠蘇 作り方。 美味しいおにぎりの握り方(作り方)

お屠蘇の飾りの作り方!お正月準備はこれで大丈夫!

お 屠蘇 作り方

正月がとっくに過ぎているのに、ぼんやり浮かれ気分が抜けない人に対して「お屠蘇(とそ)気分が抜けないね」と言うことがあります。 今では作ることも少なくなったこの「お屠蘇」。 一体どういうものなのか?どうやって作られるのか?ひも解いてみましょう! お屠蘇(おとそ)とは? 日本では元旦の朝、家族そろってお屠蘇を飲むという習わしがあります。 この習わしは平安時代に唐より伝えられ、宮中だけで行われていましたが、江戸時代には庶民の間にも広まりました。 お屠蘇は邪気を払うといわれており、無病長寿の願いを込めていただくお酒です。 現代では日本酒を使う家庭が多いですが、もともとは酒やみりんに、数種類の生薬を漬け込んだ薬草酒でした。 お屠蘇の作り方 家庭で作る場合、「屠蘇散」という生薬が数種配合されたスーパーや薬局などで市販されている粉末を使用するのが一般的です。 「屠蘇散」を構成する生薬は時代や文献によって異なりますが、体を温めたり、風邪にの予防に効果的である生薬が配合されています。 しかし、元旦にほんのちょっと飲む程度ではそこまでの医療効果はないとされています。 【主な生薬とその効能】• 山椒(さんしょう)・・・健胃、鎮痛• 白朮(びゃくじゅつ)・・・健胃、利尿、鎮静• 桔梗(ききょう)・・・排膿、去痰• 肉桂(にっけい)・・・健胃、発汗• 防風(ぼうふう)・・・発汗、去痰、鎮痛 市販されているものにより分量や生薬種類の違いはありますが、作り方としては、• 大晦日の夜に屠蘇酸の入った袋を清酒に漬ける(6~7時間ほど) 2.元旦の早朝、袋を取り出す これで準備は完了です。 屠蘇酸は、それ自体に強い香りがあります。 まさに漢方薬!といった独特の香りがします。 「このままだとちょっと苦手」という方は、砂糖を加えるか、みりんを足してあげることで、甘みのあるまろやかな味わいになり飲みやすくなります。 この時、みりん風調味料(塩分等が加えられたもの)ではなく、そのまま飲んでも美味しいみりんを選ぶことが重要です。 濁りや沈殿の原因になるので、漬ける時間が長くなりすぎないよう注意しましょう。 お屠蘇の飲み方 正式には屠蘇器というお銚子と3段重ねの盃を使用しますが、なかなかご家庭にはあまりないと思いますので、伝統的な飲み方のみをご紹介します。 元旦の朝、若水(元旦の早朝に汲んだ水)で身を清めます。 太陽や神棚などを拝み、家族と新年の挨拶をします。 お雑煮やおせち料理を食べる前にお屠蘇を飲みます。 家族みんなで東の方角を向き、1つの盃を、年少者から年長者へと回し飲み進めます。 若者の精気を年長者に渡すという意味があるため、厄年の人は一番最後に飲むことになります。 「一人これ飲めば一家苦しみなく、一家これ飲めば一里病(やまい)なし」と唱え、3口で飲み干します。 子供やドライバーは、飲むふりだけで大丈夫です。 住んでいる地方や作る人の年代によって、飲み方や使用する日本酒が異なります。 お屠蘇を飲む習慣がない方も、今まで自分で作った経験がない方も、簡単にできるので、このお正月は気軽にトライしてみてはいかがですか?!.

次の

お屠蘇の作法や作り方は今や常識!意味を知らなきゃ恥をかく!

お 屠蘇 作り方

お正月と言えば、おせちやお年玉、初詣、年賀状など、人それぞれ思い浮かぶものがあると思います。 お屠蘇(おとそ)って何? 「屠蘇」という字には「悪鬼を屠(ほふ)り死者を蘇らせる」という意味があるため、年始に飲むことで1年の邪気を除き、健康でいられると言い伝えられています。 中国から伝わって平安時代の貴族が飲むようになり、その後庶民にも広がりました。 しかし、お屠蘇と聞いて、器が頭に浮かんでもどんな飲み物なのかわからなかったり、普通の日本酒が入っているのではないか?と思われる人もいるかもしれません。 酒やみりんといった発酵飲料や調味料で作るお屠蘇ですから、これもまた立派な発酵飲料ですね! 屠蘇散(とそさん)には何が入っているの? お屠蘇を作るための屠蘇散は薬局などで購入することができます。 1袋数百円とそんなに高いものではありません。 それでは、お屠蘇によく使われる生薬についてみてみましょう。 [桂皮](けいひ) シナモンとしても親しまれています。 体内のめぐりをよくするとされ、発汗、解熱、整腸作用などがあります。 [山椒](さんしょう) さんしょうの実の果皮は香辛料にもなりますが、生薬としても利用されています。 健胃作用があります。 [陳皮](ちんぴ) みかんの皮を乾燥させた生薬。 咳を鎮めたり、風邪や冷え性にも作用するとされています。 [桔梗](ききょう) 秋の七草の一つでもあります。 根の部分が痰を除いたり、化膿した時の排膿などに用いられます。 鎮静・沈痛作用もあります。 [大茴香](だいういきょう) 八角(スターアニス)とも呼ばれ、スパイスとしても知られています。 抗菌作用や健胃作用があります。 [丁子](ちょうじ) 体内を温めるとされ、健胃作用や消化促進、食欲増進などによいとされる生薬です。 [浜防風](はまぼうふう) 新芽は刺身のツマにも利用されます。 その根は生薬として用いられ、発汗・解熱作用、抗炎症作用があります。 正月というハレの場ではごちそうを食べすぎてしまいがち。 そんな正月に飲むお屠蘇に使われている生薬は健胃作用があるものが多いですね。 また、寒い季節なので体を温める生薬も用いられているようです。 お屠蘇(おとそ)の作り方 屠蘇散を手に入れたら、お屠蘇を作ってみましょう。 甘いお屠蘇に仕上げたい場合にはみりんに、さっぱり仕上げたい場合には日本酒に屠蘇散を5~8時間ほど漬けたら完成です。 みりんの場合は必ず本みりんを使ってくださいね。 お屠蘇(おとそ)の飲み方 お屠蘇をいただく場合には年少者から年長者へという順番で盃を進めるのがしきたりです。 一番最初は年長者が年少者に注いで飲み干し、飲んだ人が次の人に注ぐという流れになります。 アルコールなので年少者は飲む真似だけします。 お雑煮やおせち料理をいただく前にお屠蘇を飲むのが正しい順番です。 また、正月に来客があった時にもお屠蘇で挨拶を交わします。 いかがでしたか。 昨今、薄れつつある伝統的なものの一つであるお屠蘇ですが、立派な酒器がなくてもその心やそのしきたりを一人でも多くの人がやってみることが、未来に伝統を残すために大切なことだと思います。 あなたのおうちのお正月に取り入れていただけたらうれしいです。

次の

おとそ・お雑煮のいろは~意味・由来・お屠蘇の作り方、しきたりは? [暮らしの歳時記] All About

お 屠蘇 作り方

お屠蘇とは? お屠蘇=おとそ と読みます。 お屠蘇は薬酒の一種で、平安時代に 中国(唐)より伝えられました。 当初は宮廷の正月行事に使われて いましたが、江戸時代には一般市民に まで広まりました。 「屠蘇」という言葉には 「邪気を 屠(ほふ)り、魂を 蘇らせる」 という意味があり、元旦にお屠蘇を飲むと、 一年中の邪気を除き家内健康で幸福を迎えると 言い伝えられています。 お屠蘇は正式には、「屠蘇延命散」、または 「屠蘇散」といい、5~10種類ほどの生薬を 調合したものです。 【屠蘇散に使われる主な生薬】 白朮(ビャクジュツ) キク科オケラまたはオオバナオケラの根で、 効能は利尿作用、健胃作用、鎮静作用。 山椒(サンショウ) サンショウの実 健胃作用、抗菌作用があります。 桔梗(キキョウ) キキョウの根 効能は鎮咳去啖作用、鎮静・沈痛作用。 肉桂(ニッケイ) ニッケイの樹皮、ニッキ、シナモン 健胃作用、発汗・解熱作用、鎮静・鎮痙作用 があります。 防風(ボウフウ) セリ科ボウフウの根 発汗・解熱作用、抗炎症作用があります。 陳皮(チンピ) ミカンの皮 吐気防止などの健胃作用があります。 これらをまとめてみると、 血行を良くし、 胃腸の働きを活発にし、風邪を引きにくく する効能があることがわかります。 また、 持病がある方の大量摂取には注意が 必要です。 この屠蘇散を日本酒やみりんに浸して成分を 抽出したものが、世間一般では「お屠蘇」と 呼ばれています。 酒やみりんで抽出することにより、先ほどの 屠蘇散の効能に加えて、ブドウ糖やビタミン類、 必須アミノ酸も摂取できます。 お屠蘇の作り方 お屠蘇って作れるの? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、 お屠蘇は屠蘇散があれば簡単に作れます。 こんな姿で1包200円前後からあります。 (画像クリックで詳細をご覧いただけます) 自分でお屠蘇を作れば、甘口、辛口など 好みの味わいに仕上げることができます。 【用意する物】 ・屠蘇散 ・酒 ・本みりん 【作り方】 ・酒と本みりん合計300mlに、屠蘇散を浸します。 ・抽出時間は屠蘇散の説明書きを参考にして 下さい。 平均的には5~8時間です。 ・抽出が終わったら屠蘇散は取り出します。 【ポイント・注意点】 ・酒もみりんも上質な物を使うと味わいが違います。 ・みりんは料理用ではなく本みりんを使います。 (料理用のみりんには塩分が入っている場合があります) ・酒とみりんの量が多い時は抽出時間を長くします。 ・抽出時間が長すぎると、濁りや沈殿物が出ます。 様子を見ながら調整してください。 スポンサードリンク 【仕上がりの味わいについて】 ・みりんが多いと甘口でまろやかな口当たり になり、酒が多いとドライな味わいに仕上がり ます。 ・お酒が苦手な方にはみりんのみで作っても 良いでしょう。 ・甘みがほしい場合には、砂糖を足します。 【作るタイミング】 ・大晦日の夜に浸け始め、元旦に頂くので、 時間を逆算して作り始めます。 作るの面倒><という方は、もちろん 市販のお屠蘇もあるので、ご安心下さい^^ また、年末の時期には本みりんに屠蘇散が 付いてくることもあるようです。 みりんは日頃の料理には欠かせないもの なので、この時期に屠蘇散が付いている みりんを買うのもお得に屠蘇散を手に入れる ひとつの方法といえるのではないでしょうか^^ 飲み方と作法 【飲む前に】 元旦の朝に、若水(=元旦の朝に汲んだその年初めての水) で身を清め、初日の出や神棚、お仏壇などを 拝み、家族が揃ったらまずは新年の挨拶を 交わします。 お屠蘇はおせち料理やお雑煮を頂く前に 飲みます。 正式には、屠蘇器(とそき)という朱塗りか 白銀や錫(すず)などのお銚子と、三段重ねの 盃で頂きます。 お銚子にもお正月飾りや水引をつけると、 年神様が降りる目印になるとされています。 作法や飲み方は地域や家庭によって差があります。 年長者の英知を若い人に分け与えるために 年長者から飲むケースもあります。 また、3つ重ねの盃を、大を父親、中を母親 小を子どもが使うこともあるようです。 お屠蘇は元旦だけでなく、三が日の 来客時に初献にお屠蘇をすすめて新年の お祝いの挨拶を交すのが礼儀です。 【プラスの豆知識】 各家庭に井戸があった頃は、お屠蘇を作る 前に屠蘇散を三角形の紅い絹の袋に入れて 井戸に吊るし、お屠蘇を作ったあとの屠蘇散は 保管しておき、松の内が明けてから井戸に投げ 入れ、その水を飲めば一代の間は無病でいられると 言い伝えられていました。 いかがでしたか? 実は我が家ではお正月にお屠蘇を飲む習慣が ありませんでした。 今回お屠蘇について詳しく調べてみて、 今年はお屠蘇を手作りしてみようと思っています。 自分で作れば、お酒が苦手でも、漢方風味でも 飲めるかなぁ…と、淡い期待も寄せています^^.

次の