ココナッツオイル作り方。 ココナッツオイル顔クレンジングやり方 メイク落とし

ココナッツオイルを使ったリップクリームの作り方!プルプル唇を手に入れませんか?

ココナッツオイル作り方

ミランダ・カーの美しさの秘密にココナッツオイルあり! 世界のトップモデル ミランダ・カーさんが愛してやまないことで流行中のココナッツオイルですが、あの独特の香りが苦手で、食べてみたくても躊躇してしまう……そんな方も少なくありません。 実は、ココナッツオイルの摂取方法は食べるだけではありません!香りや味が苦手な方は、アロマテラピーで取り入れてみてはいかがでしょうか? アロマテラピーのオイルトリートメントは、ホホバ油などの植物油にアロマオイルを垂らし、皮膚に擦りこんでトリートメントすることで「皮膚から植物油とアロマオイルを体に摂りいれること」を目的としており、ココナッツオイルに関しても同じ事が言えます。 そしてココナッツオイルの独特の香りと相性の良いアロマオイル(精油)をピックアップすれば、香りの調整もしながら摂りいれることが出来ますよ! またココナッツオイルは、ヘアからネイルまで塗布することで全身の美容ケアに活用可能!そこで今回は、ココナッツオイルをアロマテラピー流に活用する方法を紹介していきます。 ココナッツオイルの効能について ココナッツオイルは精製されていないエキストラヴァージンオイルを使いましょう ココナッツオイルは「万能オイル」とも言われていますが、ここではアロマテラピー流の観点に絞った効果効能について触れたいと思います。 通常、飽和脂肪酸は室温で固体である油脂が多いのですが、ココナッツオイルは融点が低いので夏場の外気温が25度を超える季節は液体になります。 アロマテラピーでは、精製されていないエキストラヴァージンココナッツオイルを使用するのが好ましいです。 エキストラヴァージンココナッツオイルはココナッツ独特の甘い香りがします。 不飽和脂肪酸ではなく、飽和脂肪酸なので液体になっても通常液体のオイルより酸化に強く、安定性があるのが特徴です。 アロマテラピーとして、皮膚に塗布することで肌を柔らかくする効果があると言われていることから、マッサージクリームの材料としても用いられています。 中鎖脂肪酸のラウリン酸の含有が50%であり、これは母乳にも多く含まれている脂肪酸であることから、体にも美容にも良いと言われている根拠の1つ。 中鎖脂肪酸は摂取しても体脂肪にならず、脂肪を燃焼するための燃料にもなるといわれていることからも、ダイエットにも役立つと言われています。 また、昔から髪に役立つといわれ、ヘアケア製品の材料としても重宝されています。 熱帯地方の民族は、幼少時から髪にココナッツオイルを擦りこんでいるため、白髪や脱毛が少ないと言われているそうです。 また、天然の日焼け止め効果ものぞめ、SPF5程度の効果があります。 植物油など「脂」は科学的に脂溶性の物質なので、これら脂は脂(油)に溶ける性質があります。 よって、植物の「脂」であるココナッツオイルは、人間の「脂」に溶けて体に吸収されます。 そういう「脂」の化学的性質を活用しているのが「アロマテラピートリートメント」です。 アロマオイル(精油)も脂溶性の物質なので、植物油に溶けて希釈されて、皮膚に擦りこむことで植物油と一緒に皮膚から吸収されるというメカニズムです。 植物油は食べられるものもありますが、アロマオイル(精油)は口から摂取できません。 しかし、皮膚からは摂取できるので植物油に混ぜてセラピーを行うのがアロマテラピートリートメントの理論の1つとなっています。 ココナッツオイルのアロマテラピー流に活用1. 塗るだけ スプーンで適量をすくって、まずは体に塗ってみよう! 一般的に、ココナッツオイルは1日大さじ2杯分を摂取するのが好ましいと言われています。 毎日2杯を食べるのはハードルが高いけれど、1杯は食べて、もう1杯は「アロマテラピー流に皮膚から摂取して美容に役立てる」というアレンジ方法もガイドは有りだと思います。 ココナッツオイルは、外気温が24度以下の季節は固形であることから、暑い季節を除けば、そのままクリームのように手に取って手軽に使えるところが便利。 まずはそのまま手に取って、気になるところに塗ってみましょう! ココナッツオイルは様々な効果が期待できることから、「塗布するだけ」でも色々な使い方があります。 保湿効果や肌のキメを整える効果にも役立つことから、気になる部分に先ずは塗って自分の肌にどう馴染むのか試してみましょう。 食べてもOKのココナッツオイルは、リップクリーム代わりに唇に塗る使い方もおすすめです。 約大さじ1杯目安のココナッツオイルにヘアケアに役立つ精油をブレンドすればOK! (1)容器に大さじ1杯のココナッツオイルを入れて、好みの精油を3滴垂らしてスプーンなどで馴染ませれば出来上がり! (2)シャンプー前に、手に取って頭皮をマッサージしながら髪と頭皮に揉み込む。 十分に揉み込んだら、いつも通りにシャンプー&コンディショナーをすればOK。 時間があるときは、蒸しタオルやラップで頭部を包んで、湯船に浸かって湯気で蒸してからシャンプー&コンディショナーをするのもよいでしょう。 ココナッツオイルのアロマテラピー流に活用4. 一度溶かして液体にすると固まりづらいのがココナッツオイルの特徴。 シアバターだけでは固まるのに時間がかかるので、蜜蝋を入れて硬さを調整することをおすすめします。 レシピを作成した日は、室温が17度程度。 「シアバター4g、蜜蝋1g」のレシピでは真ん中が軟らかいクリームが出来上がりました。 蜜蝋は、ほんのちょっとのさじ加減で、硬めに固まるので、1g~2gの分量を上手に調整して、好きな固さを見つけてアレンジを楽しんでください。 クリームとしての活用でおすすめなのは、活用法1の「塗るだけケア」。 シアバターも蜜蝋も昔から紫外線の刺激から肌を守るために使われてきた植物油です。 同じ効果を持つ植物油をブレンドしたので、天然の紫外線ケアとしてクリームとしてもおすすめです。 (どれも紫外線予防 SPF4程度です。 日焼け止めとしての効果は低いですが、紫外線は通しづらいと言われています。 ) リップクリームやネイルクリーム、ヘア&頭皮クリームとして、気になるところに塗って楽しんでください。 ココナッツオイル&シアバターで作るアロマクリーム ハーブや柑橘系の精油はブレンドしやすいです ココナッツオイルの甘い香りは、精油の香りを穏やかにしてしまいます。 ローズマリーのように「ツンとした香り」でも、穏やかになります。 アロマクリームにおいては、1%濃度の滴数(2滴)だと精油の香りが感じられないと思う方もいると思いますので、3%(6滴)濃度の範囲で香りを調整してください。 リップクリームや顔に使用する場合は、1%濃度(2滴)が好ましいです。 ココナッツオイルは、甘くておいしい香りがします。 ハーブティーとして飲用されるハーブの精油や柑橘系の精油との香りの相性が良いと感じます。 南国を思わせる香りという観点から、イランイランやフランキンセンス、サンダルウッドなどのオリエンタルな香りの精油とブレンドすると、外国のスパのような香りが楽しめます。 ココナッツオイルは香りがあるからと、精油とは相性が良くないと思い込まずに、ココナッツの甘い香りありきで、精油との香りの調和を是非楽しんでみてください。 おわりに 手作りアロマクラフトは、料理と同じく自己責任で楽しむものです。 安全にアロマクラフト作りを楽しんでいただくために、の記事を最初に読んでいただくことをおすすめします。 手作りアロマクラフトの材料はナチュラルな素材であり、基本的に肌に優しいクラフトに仕上がりますが、全ての方の肌に合うとは限りません。 アレルギーのある方、敏感肌の方、トラブルが心配な方は、必ずパッチテストをしてから使用していただくことをお願いします。 精油の効果効能に関しては、アロマテラピーを学ぶ上で必要な学術上の知識を参考に紹介しています。 それぞれの効果効能は治療を目的としたものではありません。 精油の知識に関してご不明な点は、必ず身近で確認できるアロマセラピストや、ショップの店員、専門家に確認し安全にアロマクラフト作りを楽しんでください。 精油1滴を、ティースプーン1杯くらいのお水で薄めて皮膚に塗布します。 他の材料は、そのまま直接塗布してください。 【関連記事】•

次の

ココナッツオイルで美顔GET!手作りパックの作り方は?

ココナッツオイル作り方

ご存知と思いますが、念の為 では、そもそもココナッツオイルとは?なんですが、ココナッツの種子内部の胚乳から抽出されるヤシ油(やしゆ)のことでなんですね。 そしてココナッツオイルには大きく分けて 「ココナッツオイル」と「ヴァージンココナッツオイル」の2種類があります。 ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの違い ココナッツオイルは温精製、漂白工程、脱臭工程等の生成過程において大切な良い成分が壊されてしまいます。 それに対してヴァージンココナッツオイルは無精製、無添加、非加熱抽出をしているので体にとても良い成分が壊されず残っているんですね。 つまり私たちの体に良いココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルであり、以下のご説明は ココナッツオイル=ヴァージンココナッツオイルとしてご説明致します。 また、ココナッツオイルには「エクストラヴァージンココナッツオイル」というものがありヴァージンココナッツオイルよりもグレードが高い物とされていますが、これは日本の表記規制の問題であり、エキストラかどうかは問題ではありません。 ココナッツオイルを選ぶときは、 ヴァージンココナッツオイルを選べば問題ありません。 スポンサーリンク ココナッツリップクリームの作り方 【材料】 ・ヴァージンココナッツオイル・・・50mg ・蜜蝋・・・5g POINT 蜜蝋(みつろう)ってあまり聞きなれない方も多いのではと思いますので少しだけご説明たします。 蜜蝋とは、ミツバチの巣を構成するもので、働きバチの腹部の腺から分泌されます。 主成分はパルミチン酸ミリシル。 巣を加熱圧搾したり、湯で煮溶かしたりして採取します。 精製したものは白色。 つや出し剤、化粧品、お菓子などにも利用されます。 精製していないものは黄色になります。 オススメは精製していない黄色いものです。 安心安全なだけでなく、優れた乳化剤としての効果があり、更に、肌や唇をしっとりとやわらかくする効果もあって、保湿成分としても凄く優秀なものなんです。 【用意するもの】 ・耐熱容器orボール ・リップ容器or保存容器 【作り方】 1. 耐熱容器にココナッツオイルと蜜蝋を入れます。 湯煎してかき混ぜます。 電子レンジで温めることも可能ですが30秒ごとに確認して下さい。 完全に混ざったら容器に流し込みます。 冷えてきたら出来上がり。 今回の材料配分ではサラッとした乳液状のクリームが出来上がりますがもう少し硬さが欲しい時は蜜蝋の量を少し増やしてお好みの硬さに調節してみて下さい。 食べれるものばかりですから舐めると少し甘い味がするのも手作りの魅力ですよね。 POINT ご紹介した作り方は一般的な作り方ですが、ココナッツリップクリームは、 組み合わせ次第でいろんなアレンジが楽しめます。 はちみつを入れてみたり、口紅なんかを入れると色付け出来たりもします。 混ざりにくい場合もありますが湯煎する時によくかき混ぜてください。 手作りコスメ 手作り化粧品などを作る際には、専門書等を読んで正しい知識のもと、安全に楽しく手作りをお楽しみください。 また、手作りした化粧品は、ご自身の責任においてご使用くださいね。 市販もされていますので「作るのめんどくさい!」なんて方はこちらなんてどうですが? 是非、プルプル唇を味わって見てください。 あなたのライフスタイルが綺麗で健康的なものでありますように。

次の

節約はアメリカでもできる!: ココナッツオイルで作る万能保湿クリーム

ココナッツオイル作り方

1、代謝が高まる効果 ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸。 中鎖脂肪酸は、体内の代謝機能を高める働きによって体内の脂肪を燃えやすくする効果が期待できます。 2、アンチエイジング効果 ココナッツオイルにも含まれるビタミンEは、「若返りのビタミン」といわれるほど抗酸化力の強い栄養素!そのため、油は酸化しにくく、老化予防に高い効果を発揮してくれるといわれています。 3、便秘解消効果 ココナッツオイルは腸内にたまった老廃物を排泄し、便通を良くする効果が期待できます。 余分なものが排出され、腸内環境が整うことで、代謝機能を高める効果が期待できますよ。 4、風邪予防効果 ココナッツオイルに含まれる栄養素として有名なもののひとつが、母乳にも含まれている成分であるラウリン酸。 様々な微生物に対して抗菌作用があるため、風邪を予防する効果が期待できます。 5、アルツハイマー認知症予防の効果に期待 アルツハイマー型認知症の原因として、「ブドウ糖」をうまく使えなくなることが要因のひとつという考えがあります。 最近の研究では「ブドウ糖」の代替物として、肝臓で作られる「ケトン体」が利用されることがわかってきました。 この「ケトン体」を作る成分として役立つのが、ココナッツオイルにも豊富に含まれている中鎖脂肪酸です。 長鎖脂肪酸に比べて、約10倍多くケトン体作ると言われています! 以上のことからアルツハイマー型認知症の症状を改善するには、中鎖脂肪酸の摂取が効果的という考えが成立しつつあり、中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルを摂ることで、症状改善に繋がる効果があると言われています。 予防については未だ研究段階ではあるものの、その効果に注目が集まっているのです。 そんな健康・美容効果の高いココナッツオイルを使用した、簡単に作れて様々な料理に合うドレッシングの作り方をご紹介します。 ココナッツオイルには、おおよそ2種類あることをご存知でしょうか。 まずは未精製、無添加の「エキストラヴァージンココナッツオイル」。 もう一つは、精製済みの「ココナッツオイル」です。 「エキストラヴァージンココナッツオイル」は、熱を加えずにオイルを抽出するため、栄養素が多く残っているのが特長です! 価格は精製済みのものより少し上がりますが、ココナッツオイルの効果を高めたいならば、できるだけ「エキストラヴァージンココナッツオイル」を使うのがオススメです。 いかがでしたでしょうか。 体に良いと注目されているココナッツオイルは、料理への使用法に悩む方も多いようですが、万能ココナッツオイルドレッシングを作れば様々な料理に応用が可能です。 日々の食卓に上手に取り入れて、健康・美容の維持にぜひお役立てください。

次の