蜂蜜 血糖 値。 はちみつは糖尿病にいいのか悪いのか?気になる血糖値とカロリーの秘密

糖質制限で蜂蜜を食べても大丈夫?

蜂蜜 血糖 値

糖尿病の食事療法で気をつけること 食事療法のポイントは、糖尿病の予防でも同じくポイントになります。 それは、「血糖値の急上昇を防く」ことです。 血糖値と言えば甘いものに結びつき、おやつを控える人が多いでしょう。 でも、食事での注意も大切です。 甘いものを控えている人にとっては、はちみつだって甘いので、血糖値が急上昇させるような気がしますよね。 ところで、「GI値」という言葉を聞いたことがありますか? これは、血糖値の上昇のスピードを表す数字です。 たとえば、白米のGI値は88、健康にいいと言われる玄米は55なんです。 数値が低いほど、血糖値の上昇がゆっくりなことを意味します。 だから、食事の時の血糖値のコントロールを考えるなら、低いGI値は注目すべき数値なのです。 はちみつは糖尿病の原因になる?血糖値の問題について テレビでCMもしている、有名な養蜂場のひとつに「山田養蜂場」があります。 そこの実験の結果が、注目すべきものなんです。 健康な男女に7種類のはちみつを食べてもらい、その前と後での血糖値やインスリン値を測定しました。 そして、はちみつのGI値を計算したのです。 すると、日本産とルーマニア産の「アカシアはちみつ」は、血糖値の上昇が緩やかであることがわかりました。 そしてさらに、ブドウ糖と比較して、はちみつは血糖値が元に戻りやすいこともわかったのです。 山田養蜂場の実験では、はちみつの中でも、国産とルーマニア産の「アカシア」と国産の「レンゲ」だけが低GI値であるのがわかりました。 はちみつの中でも「アカシア」と「レンゲ」だけっていうのが、不思議ですね。 砂糖のかわりに、はちみつを使うメリットは他にも! 料理にはちみつを使う他のメリットは、「はちみつは栄養が豊富なこと」です。 ビタミンやミネラル、アミノ酸や有機酸、ポリフェノールやグルコン酸なども含まれています。 はちみつは、体内に吸収されやすく、すぐにエネルギーになってくれます。 胃腸への負担が少ないだけでなく、疲労回復にも効果的です。 グルコン酸やオリゴ糖は、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。 化粧品にも使われるはちみつのビタミンやミネラルが新陳代謝を活発にする働きがあります。 美肌効果の高いナイアシンも、ハチミツに含まれています。 ポリフェノールやビタミンは抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果もきたいできるんですよ。 まとめ いいことづくめのはちみつですが、糖尿病の人やその予防を気にする人は、摂取量には気をつけましょう。 まとめると…• はちみつは、アカシアとレンゲは血糖値の上昇が緩やかな低GI値食品なので、糖尿病の人も食べてもOK• ただし、カロリーは低くはないので、食べ過ぎには注意• 料理の砂糖との置き換えをする時は、砂糖大さじ1のかわりにはちみつ小さじ1で十分• はちみつは栄養素が豊富で、疲労回復・腸内環境改善・美肌効果・アンチエイジング効果も期待できる 料理で欠かせない甘みを砂糖からはちみるに替えるのは、糖尿病の人にOKなのは嬉しい。 これで食卓の悩みが、少し軽減されます。 This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

蜂蜜會影響血糖嗎?認識蜂蜜與糖尿病的關係

蜂蜜 血糖 値

結論から先に言うと糖質制限では蜂蜜は食べない方が良いです。 蜂蜜の100g当たりの糖質は79. 7gです。 蜂蜜の糖質量は小麦粉とほぼ同じ量ですが、これを人に言うと驚かれます。 100g換算では分かりにくいので、 大さじ1杯 18g の糖質量に直しますと蜂蜜の糖質は14. 3gほどあります。 たったこれだけで一番厳しい糖質制限の1食分の糖質許容量 糖質20g以下 にほぼ達してしまいます。 もちろん緩い糖質制限食でも蜂蜜だけで14gの糖質を摂るのはあまりにも多すぎます。 [糖質制限食の基準] 〇厳しい糖質制限の1日の糖質摂取量は60g以下 1食20g以下 〇緩い糖質制限の1日の糖質摂取量は70gから140g 1食23. 3gから46. 6g 蜂蜜のGI値は約50から約90と高いですので、一般の人、糖尿病の人問わず、血糖値が急激に上がりやすくなります GI値についてはを参考に。 蜂蜜に関するGI値は他のサイトで色々紹介されていますが、ほとんど怪しい数値です。 正確なGI値を知りたい人はシドニー大学のGI値データーベースを見てください。 ここで調べると蜂蜜のGI値を調べると 約50から約90と幅があることが分かります。 蜂蜜の糖質とは 蜂蜜の糖質はブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース 、スクロース ショ糖 、 マルトース、ガラクトースが数種類合わさったものです。 配分として多いのがブドウ糖と果糖で全体の7割から8割ほどを占めます。 ブドウ糖のGI値は約100、果糖は約15、スクロース ショ糖 は約60ですが、この配分がどの花から蜜を集めたかで変わってしまうのです。 アカシヤの蜜が一番GI値が低い 血糖値の上昇が緩やか と言われています。 蜂蜜製造会社のサイトには「アカシヤから取った蜂蜜のGI値は32で、他のレンゲなどから取った蜂蜜より低い」と書いてありました。 何かの文献を参考にしているようですが、これが事実だとすると他の種類の蜂蜜よりもマシでしょう。 しかし、GI値とは 健康の人が食べるときの参考にはなりますが、糖尿病の患者にはあまり意味がありません。 糖尿病の場合、GI値が多少低い蜂蜜であろうと血糖値が急激に上がります。 ですので、GI値が低い蜂蜜であれば食べても良いと勘違いしないでください。 結論としては糖質を摂るときにはGI値ではなく糖質の絶対量から判断してください。 食品100g当たりの糖質が5g以下であれば「低糖質」と判断しても大丈夫ですので、この基準に合っている食材を食べましょう。 [参考記事].

次の

血糖值高可以吃蜂蜜嗎

蜂蜜 血糖 値

しかしメタボリックシンドロームとは何か、具体的に説明するとなると、少しとまどってしまうのではないでしょうか。 メタボリックシンドロームとは、お腹がぽっこり出る内臓脂肪型の肥満(厚生労働省の基準で、腹囲:男性 85 cm以上、女性 90 cm以上)に加えて、高血糖・高血圧・高脂血症のうちの 2 つ以上の症状が現れている状態をいいます。 高血糖・高血圧・高脂血症はそれぞれ独立して存在しているのではなく、すべてが肥満を土台としてつながっており、さらに根本の、氷山で言えば水面下に当たる目に見えない部分に、生活習慣の乱れによる体のエネルギー消費の不調があるからです。 生活習慣病に至る関門「インスリン抵抗性」 さて、このメタボリックシンドロームの初期に、「インスリン抵抗性」という、注意が必要な状態が見られます。 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、摂取した食べものから血液に吸収されたブドウ糖を、肝臓、筋肉および脂肪の細胞に取り込ませたり、エネルギーとしての消費を促したりすることで、血液中の糖の濃度(血糖値)を低下させる働きがあります。 インスリンの働きによって臓器に取り込まれた糖は、ブドウ糖がつらなった形をしているグリコーゲンや、脂質の一種である中性脂肪として蓄えられ、最終的に、エネルギーとして活用されます。 「インスリン抵抗性」とは、このインスリンが効きにくくなっている状態のことです。 健康な状態や初期のインスリン抵抗性の状態のときには、空腹時の血糖値や食後の高い血糖値を下げるインスリンの力は正常ですが、長期に渡ってインスリン抵抗性が悪化した状態にあると、血糖値が上がってしまうだけではなく、糖・脂質などがうまくエネルギーとして使われず、体内に滞って、糖尿病や動脈硬化の進行を引き起こしてしまいます。 では、なぜインスリン抵抗性が起きるのでしょうか。 その原因として、過食や運動不足、そして肥満が挙げられます。 体内の脂肪の増加のほか、糖質の摂りすぎによって血糖値の高い状態が続くと、血糖値を下げようとインスリンの分泌が過剰となり、最終的にインスリンの効果が発揮されにくい状態であるインスリン抵抗性が引き起こされてしまうのです。 さらに、インスリンが過剰に分泌される状態が続くと、膵臓が疲れてインスリンの分泌量が減少し、糖尿病へと徐々に進行していきます。 したがって、メタボリックシンドロームを初期段階で予防するには、インスリン抵抗性の予防が効果的で、その方法としては、食事内容の見直しや日常的な運動のほか、食事による血糖値の急上昇をなるべく緩やかにすることが挙げられます。 これにより、インスリンの過剰な分泌を予防することができるのです。 アカシア蜂蜜は低 GI かつ低 II の食品だった! さて、ミツバチ産品の中で糖質をたくさん含む食品といえば、なんといっても蜂蜜です。 蜂蜜は糖質を約 80 %含んでおり 、その甘さを利用して様々な料理に使われています。 甘味の強い蜂蜜は、一般的に高 GI 食品と認識されており、実際に、百花蜂蜜を GI 値 87 の高 GI 食品とする報告があります。 しかしその一方で、ルーマニア産アカシア蜂蜜は、GI 値 32 の低 GI 食品であるとの報告もなされているのです。 つまり、蜂蜜は蜜源植物の種類によって GI 値が異なると考えられます。 もし低 GI の蜂蜜の種類がはっきりと分かれば、糖尿病を予防するために血糖値に注意している方が甘い料理を楽しむための一助となり、健康的で豊かな生活を送る上で、有意義な情報となるでしょう。 そこで山田養蜂場では、低 GI の蜂蜜の種類を特定するため、山田養蜂場の蜂蜜 4 種類(国産里山あかしあ蜂蜜、国産里山れんげ蜂蜜、ルーマニア産熟成アカシア蜂蜜、カナダ産クローバー蜂蜜)と、他社の蜂蜜 2 種類(A 社中国産レンゲ蜂蜜、B 社中国産・アルゼンチン産蜂蜜)を用い、それぞれの GI 値と II 値を調べました。 試験では、被験者 34 名を 6 グループに分け、それぞれの蜂蜜を、糖質に換算して 50 g分含む飲料を飲用してもらい、飲用前と、飲用後 30分、60 分、90 分、120 分の血糖値およびインスリン値を測定しました。 そしてその値と、代表的な糖であるブドウ糖を飲用したときの値とを比較して、GI 値と II 値を算出しました。 試験の結果、国産里山あかしあ蜂蜜とルーマニア産アカシア蜂蜜を飲用した場合に、上昇した血糖値とインスリン値が、ブドウ糖を飲用したときよりも速やかに正常値に戻ることがわかりました。 また、GI 値・ II 値ともに最も低い蜂蜜は国産あかしあ蜂蜜であり、次いで、ルーマニア産アカシア蜂蜜であるという結果になりました。 つまり、アカシア蜂蜜は、国産・ルーマニア産ともに低 GI ・低 II の食品であることがわかりました。

次の