鬱病 特徴。 1 うつ病とは:ご存知ですか?うつ病|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

うつ病で頭痛が起こる!? 【医師が教えるうつ病のすべて】

鬱病 特徴

性格も世界も変わって感じるうつ病 もしも、うつ病になったらどうなってしまうのでしょうか? イメージしにくいかもしれませんが、うつ病になると今までの自分とはまったく違った性格になってしまうことが考えられます。 何をやっても楽しくないし、落ち込んで何もやる気がおきなくなり普段通りの生活が送れなくなってしまう可能性が高いです。 一生のうち15人に1人がうつ病になる時代 近頃、うつ病という言葉を耳にする機会が増えています。 実際、うつ病で精神科を受診される方は増加傾向にあります。 その背景としてはリストラなどに代表される職場の問題、結婚・家族観の変化やうつ病の社会的認知が上がったことなどが考えられます。 うつ病は決して稀な病気ではなく誰でもかかる可能性があります。 統計的には一生でうつ病にかかる人は約15人に1人位です。 一口にうつといっても「疲れやすい」「何となくやる気が出ない」といった軽症の症状から「気分が落ち込んで仕事も家事も全くできない」といった重症の症状までいろいろですが、何と言っても問題なのは自分で命をたってしまう場合があることです。 自殺者は6年連続3万人を超えていて、うつ病との関連が取りざたされています。 自殺者が自殺を実行する時には精神的に追い詰められ、うつ状態になっていて理性的な判断ができなくなっている事が少なくありません。 次に、どのような性格がうつになりやすいかを述べます。 うつ病によく見られる「疲れやすい性格」 うつ病の原因は簡単に言いますと心が疲れてしまったことにあります。 次にクイズ形式でうつ病になりやすい性格をまとめてみました。 ヒントはうつ病になりやすい性格は疲れやすい性格です。 うつ病になりやすい性格はどちら? 1.(a)頑固 (b)融通が利く 2.(a)几帳面、完璧主義 (b)おおざっぱ 3.(a)真面目 (b)いい加減 答えは全部(a)です。 しかし「真面目で完璧主義」というのは日本人には比較的多いタイプかもしれませんね。 実際、頑固で几帳面、真面目な人は仕事もできそうですし、周りからも信頼されそうです。 しかし、いざ自分に立ち返って考えてみると、周りのいい加減さに腹を立てたり、いらだったり、周りからの期待にこたえようと頑張りすぎる傾向があります。 つまり疲れやすい性格になるのです。 こんな環境はうつにご注意! 「うつになりやすい環境」にいる人は、自分なりのストレス解消テクニックを見つけることも大事 うつ病は仕事や家庭などのストレスがきっかけとなって発症します。 ストレスのかかる環境はうつ病には要注意です。 特に重いストレスをあげてみます。 配偶者の死• リストラ• 生活環境の急な変化(退職、引越し、転職など)• 重いローン• 病気 上のようなストレスが重なってしまうと大変辛いですね。 それが過度の状態になるとやがてダムが決壊するかのようにうつ病を発症してしまうのです。 普段からストレスという水を自分のダムから少しずつ放流しておきましょう。 軽い運動やカラオケ、マッサージなどストレス解消のテクニックを身に付けているとうつに大分強くなれます。 次に、うつ病発症の危険因子について述べます。 うつ病発症の危険因子 うつ病発症の危険因子には以下のようなものがあります。 女性(男性の約2倍の頻度)• 金銭面での困難• 別居、離婚• 子供の時にトラウマを経験• 都会暮らし• 慢性的な身体疾患• 頼りになる友人がいない• 慢性的なストレス状態 女性の方が男性よりもうつ病の危険が高いのは不公平ですね。 その理由としては、まず女性は男性よりもストレスを受けやすい環境を持っているという事があげられるでしょう。 女性は妊娠、出産という特有のライフイベントがあります。 それ自体も人生の大きなストレスですが、その前後には体内のホルモンのバランスも急激に変化し、うつには不利な環境となってしまいます。 また、働きながら育児、家事をこなしたり、職場で男性と対等の地位を得るために、男性以上の働きをしなくては…というプレッシャーもストレスを受けやすい環境といえるでしょう。 もしうつ病かも……と感じたら もしもうつ病が疑われたらすぐ専門家に相談しましょう。 うつをこじらせてしまうと回復までに時間がかかってしまいます。 うつ病は女性に多いのですが自殺は男性が多いのです。 これには男性は女性と比べて、病院へ行って助けを求めることにシャイで、未治療のままこじらせてしまう事も関係しています。 気軽に精神科に行かれて治療を受けるということが大切です。

次の

冬季うつ病の特徴・症状……20~30代の女性に多い傾向も [うつ病] All About

鬱病 特徴

更新日:2019. 28 執 筆:整体師&カウンセラー うつは「 メランコリー(親和)型うつ」と「 非定型うつ」とに分けられます。 非定型うつは別名 がたくさんあり、新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつなどと呼ばれることもあります。 精神科医の香山リカ氏は「5時までうつ」と呼んでいることも知られています。 「メランコリー(親和)型うつ」と「非定型うつ(新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつ)」の二種類は、症状こそ似ているが 異なった性格形成や行動パターンをしています。 それぞれの 共通するうつの症状として下記のようなものがあげられます。 意欲が出ない。 心から喜べない。 心から笑えない• ストレスを感じると睡眠障害(不眠症のこと)になる• 朝起きられない• 心身とも疲労感を強く感じ体が鉛のように重く感じる。 集中力や思考力がなくなる• 死について何度も考える(自殺を考えたり死ぬことへの恐怖をくりかえし感じたり) がんばりすぎるメランコリー(親和)型うつ しかし、多くの場合仕事にも責任感があり誠実であるため、仕事の能力はある方である。 そのため、色々な仕事を任されたり、役職・重職についたりすることもあり、更に責任を感じてがんばろうとする。 さらに一人でがんばるタイプでもあるので、仕事や悩みトラブルなど色々と一人で抱え込むことも多い。 そのような理由で、 ストレスが異常に多くなり力尽きてうつになるケースが多くみられるのです。 そしてうつになった原因も、「自分がいたらなかった」「自分の健康管理が悪かった」「自分に能力がないからだ」などの自責感を非常に強く覚え、そのことがまたストレスになったりしているのです。 非定型うつ(新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつ)の特徴• 責任ある仕事や役回りに付きたがらない。 問題があるとよく他人のせいにする• うつであることを周りに隠さず公言する• 嫌なこと(例えば仕事)をする時には症状が出るが、自分の好きなことをしているときは症状は出ないことも多い• 良かったり悪かったり、気分の波が大きい• うつになった原因を自分ではなく周りの(例えば家族や会社)せいにしがちである• 多くは過食や過眠(睡眠時間が長くなる)になる• 体重が増える場合も多い 非定型うつ(新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつ)は、 ワガママ・気分屋と言われたりサボっているなどと周りに思われたりしやすいタイプですが、症状は決して嘘を言っているわけではなく本人は本当に苦しいのです。 症状が出ているときは「メランコリー(親和)型うつ」と同じように、体が鉛のように感じて寝床から起き上がれないことなども多々あります。 これは決してサボっているわけではなく、本人も苦しい状況に耐えているのです。 小さなストレスで症状が出てしまうために、ストレスに耐える力(ストレス耐性力)が低いとも言えます。 また、非定型うつ(新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつ)は無意識的に疾病利得を得ていることも否定できません。 疾病利得とは、文字通り病気になることで利を得ていることです。 例えば、嫌なことから病気という理由で逃げられるということです。 仕事・学校・人間関係などで 嫌な思いをした時に症状が発生しやすいのは、非定型うつ(新型うつ・逃避型うつ・ディスチミア型うつ)の特徴です。 また、うつなど病気になると周りから関心が得られるといった利得も含まれます。

次の

うつ病の人が話す言語的特徴…これを連発する人はうつ病の危険が…

鬱病 特徴

ぼくは2013年にうつ病を発症し、会社を退職しました。 うつ病になったのは、自分が鬱になるとは想像もしていなかったこと、または対策を怠ったことが一番の原因ですが、それ以前に性格的な要因もあったように思います。 周囲のうつ病経験者を見ても、「私は大丈夫」と思っている人のほうが、精神を病む可能性が高いようです。 今回紹介するうつ病になりやすい人の性格的な共通点が当てはまるなら、ぜひ早めに対策してくださいね。 うつ病になる可能性は誰にでもありますから。 うつ病になりやすい人の性格には共通点がある うつ病になりやすい人の性格には、いくつかの共通点があります。 このブログにコメントを寄せてくださるうつ病経験者の方々にも、同じ共通点が見受けられました。 仕事の忙しさ、人間関係の悩み、SNS上のトラブルなど、今はいろんなストレスを抱えやすい時代ですよね。 なのに、「鬱とは無関係」と決めつけて、ストレス対策を怠りがちです。 以下で紹介する「うつ病になりやすい性格の共通点」に該当する場合は、意識的に対策してくださいね。 うつ病になりやすい人の性格・8つの共通点 それでは、うつ病になりやすい人の性格的な共通点を紹介します。 全部で8つありますので、1つずつ解説していきますね。 1.生真面目 生真面目な性格の人は、うつ病になるリスクがあります。 生真面目とは、とにかく仕事熱心で、自分が決めた目標を達成しようとする意識が強い人のこと。 「真面目(まじめ)」よりも高い意識を持っており、ときに「ストイック」と言われるような人でしょうか。 生真面目な人は、外的ストレスがなかったとしても、「今日の仕事はイマイチだった…」などと自分を責め、ストレスを自ら生み出してしまいます。 また、遊びを「怠惰」だと決めつけ、息抜きすることを知りません。 几帳面、生真面目、完璧主義、一生懸命、これらの性格には良い面もありますが、ストレスを溜めやすい側面があることも理解しましょう。 ここまでは、ぼくが感じるうつ病になりやすい人の性格的な共通点を紹介してきましたが、次は専門家が研究している気質を見ていきましょう。 精神科医学から見た鬱病になりやすい人の気質 精神科医学の研究によると、鬱病になりやすい人には3つの気質があるようです。 6.循環気質 循環気質とは、とても元気でハイテンションなときと、極端に物静かなときがはっきりわかれているタイプのこと。 オンとオフの差が激しさが悪化すると、躁鬱状態になってしまいます。 社交的で親しみやすい人が、ときに激しく人を攻撃する… そんな多面的な気質を持っている人はうつ病に注意しましょう。 気分の浮き沈みが激しい躁鬱状態は、他人からは多重人格に見えるかもしれませんが、実は精神疾患の一種なのです。 7.メランコリー親和型気質 メランコリー親和型気質とは、常識、モラル、正義をいつも意識し、他人との関係をうまく築こうとするタイプのこと。 「理想的な人」になるために、常にストイックに行動し、一方で人にも厳しく接します。 他人に厳しい人は、自分がどう思われているのかを気にする傾向にあるため、知らない間に精神的ストレスを溜め込んでしまいます。 その気持ちは痛いほどわかりますが、人にはできるだけ寛容に接するようにしてくださいね。 また、人間関係のトラブルがあるなら、早めに対処しましょう。 鬱病になりやすい人が心がけたい精神とは? ここまで紹介してきた鬱病になりやすい人の性格は、総じて「真面目で責任感が強い人」と言えそうですよね。 性格を変えるのは無理だと思うかもしれませんが、少しずつなら変われます! ぼくもうつ病を患ってからは、以下のような精神でいることを心がけました。 いい加減・楽観的・ポジティブ・息抜き 鬱病になりやすい人が心がけたい精神は、以下のようなものです。 程よい状態で生きる「いい加減」• 明るい面に目を向ける「ポジティブ」• ストレスを上手に逃がす「息抜き」 「これができれば苦労しない…」と思うかもしれませんが、時間をかけたら性格は必ず改善できます。 1日の中に趣味の時間を確保する、思い詰めそうになったら「まぁいっか」と唱えてみる、集中できない日は早めに退社する。 小さな行動の変化の積み重ねが、心に大きな変化をもたらすんです。 今回紹介した性格・気質に該当する人は、ぜひ早め早めに対策してくださいね。 もし現時点で辛い状況にあるなら、転職サービスを利用して環境を変える選択肢もあります。 市場価値を無料診断できるや、有名な なら、すぐに活動を始められます。 また、転職先をじっくり探したいなら、転職のスペシャリストがキャリアアップを手伝ってくれるも便利です。 ミラクリから一言 鬱病対策は、早めが効果的です。

次の