特急しなの 本数。 特急 しなの クチコミ・アクセス・営業時間|名古屋【フォートラベル】

特急 しなの クチコミ・アクセス・営業時間|名古屋【フォートラベル】

特急しなの 本数

特急ふじかわの概要をまとめます。 まずは要点を箇条書きで記します。 ・区間:静岡-甲府 身延線経由 ・所要時間:おおよそ2時間20分 列車によって若干異なります ・運転本数:1日7往復 日中時間帯は2時間間隔で運転 ・車両:373系電車 次の章で紹介 ・停車駅:静岡、清水、富士、富士宮、内船、身延、下部温泉、甲斐岩間、鰍沢口、市川大門、東花輪、南甲府、甲府 特急ふじかわは身延線経由で静岡と甲府を結ぶ特急で、両者をおよそ2時間20分で結びます。 時刻表を眺めると、すれ違いは富士-富士宮の複線区間と下部温泉で行っており、単線区間のすれ違い待ちによる時間的ロスはありません。 静岡到着は56分か02分となっていて、静岡発毎時11分のひかり号に間に合います。 また、静岡発車は39分~41分となっており、静岡着毎時32分のひかり号から間に合います。 このことで、名古屋や新大阪から甲府方面へのチャンネルとしても機能しています。 身延線内の停車駅は統一されており、特別に一部の駅を通過するようなパターンはありません。 比較的小さな駅にも停車するようになっています。 内船、下部温泉、甲斐岩間、鰍沢口は無人駅です。 無人駅のうち利用の多い駅にも特急を停車させている感じですね 市川大門は委託駅、東花輪は業務委託駅です。 車両は軽特急用ともいわれる373系電車です。 3両編成が1つの単位で、特急ふじかわには3両編成で運用されます。 373系電車はムーンライトながらやその出入庫運用の東京-静岡の普通電車にも使われることを想定された設計されています。 そのため、「何とか」普通電車にも使える設備となっています。 そのため、両開きドアだったり、デッキの扉を省略されたりと特急用として納得できない部分があることも事実です。 なお、車内販売はありません。 373系電車を眺める では、その373系電車を眺めることにしましょう。 写真2. 373系電車のドア部分 373系のドア部分です 写真2。 通勤電車のような両開きドアであることや、何とか前面展望が可能なことがわかります。 JR東日本の特急も前面展望に配慮して欲しいですね! 写真3. 373系の洗面台 1号車にあります 洗面台は1号車にあります 写真3。 必要最低限の機能がきちんと備わっているように感じます。 写真4. 373系の普通車 これが373系の普通車です 写真4。 1号車~3号車で特段違いはありません。 普通の車内という感じがします。 デッキとの仕切り扉がなくて、走行音が聞こえるということ以外は、特段劣るようには思えません。 写真5. 373系の回転リクライニングシート 回転リクライニングシートがシートピッチ970mmで並んでいます。 この数字もそこまで悪いものではありません。 新幹線の標準1040mmや特急しなのの1000mmよりも劣りますが、JR東日本の960mmやヨーロッパ諸国よりも広いのです。 ところで、前の座席にテーブルがありませんね 写真5。 写真6. 373系の座席脇のひじかけ そのような場合は座席脇のひじかけを見てみましょう。 テーブルが付いています 写真6。 写真7. ひじかけから出てきたテーブル このように、テーブルが出てきます 写真7。 向かい合わせにしてもテーブルが使えるのは親切です。 でも、4人で使うならもっと良い場所がありますよ…。 写真8. 足のせも完備! このように足のせも完備しています 写真8。 完全にくつろいでいますね。 写真9. セミコンパートメント という名のボックスシート さきほど、向かい合わせにしてもテーブルを使えるので親切、と述べました。 しかし、2号車と3号車にはセミコンパートメントと呼ばれる設備があります 写真9。 この設備は指名買いが前提なのか、自由席車両の2号車と3号車にあっても指定席扱いです。 写真10. セミコンパートメント という名のボックスシート このように大型テーブルがあります 写真10。 どうせなら、通路側の席にもテーブルが展開できるようになっていれば良いですよね。 写真11. セミコンパートメント という名のボックスシート この他には取り立てての特徴はありません 写真11。 甲府時点では4人グループはこのような座席を活用していませんでした。 写真12. 373系の洗面台 373系には1号車に洗面台とトイレがあります。 洗面台は通路に対して背を向けるタイプではありませんね 写真12。 軽特急用と言われながらも、このような設備はきちんと整っています。 写真13. 373系のお手洗い 写真14. 373系のお手洗い 90年代の清潔なお手洗いです 写真13-14。 同時期に登場した小田急30000形は和式トイレですが、この車両は洋式トイレです。 全体として383系に似ています。 383系については、で触れています。 実際にふじかわに乗る さて、実際に特急ふじかわに乗ってみましょう。 写真15. 甲府の市街地を走る 甲府を出た身延線は甲府の市街地の外側を沿うように走ります 写真15。 このため、甲府側の本数はそれなりに多いです。 写真16. 甲府側のJR東海の拠点、南甲府 甲府の次の停車駅は南甲府です。 JR東海における甲府側の拠点です。 確かに利用が多いのは甲府なのですが、甲府はJR東日本の管轄駅なので、JR東海の拠点にはならないのです。 甲府市にとっては身延線がJR東海なのはあまり便利ではありません。 なぜなら、身延線ではSuicaが使えないのです。 中央線方面は松本までSuica利用が可能なことを考えると、大きな違いです。 余談ですが、南甲府と甲府の間で回送列車が運転されることがあります。 これを営業運転すれば、甲府市内の移動は便利になりますね。 写真17. 中央市の東花輪に停車 東花輪に停車します 写真17。 この駅は特急停車駅といえども、そう規模が大きいわけではありません。 このような駅は続きます。 写真18. 甲府近郊の住宅街を抜けた そうしているうちに、甲府近郊の住宅街を抜けました 写真18。 写真19. 市川大門付近の住宅街 と思ったら、再び住宅街に入りました 写真19。 写真20. 鰍沢口に停車 甲府側の住宅街はここ鰍沢口で終了です。 ここから山あいに入ります。 そのため、ここから普通列車の本数は2時間に1本という過疎ダイヤになります。 このような無人駅に停車する場合、車掌さんは降りる人全員の乗車券や特急券を確認しています。 これは普通列車でも同様です。 そうして、正直者がバカを見ることがないようにしているのです 飯田線だと車掌さんは各駅の出口に近い場所に移動していました。 写真21. 山あいを行く 写真22. 富士川沿いを行く 山あいを走ったり、富士川沿いを走ったりと、自然の中を走ります 写真21-22。 写真23. 下部温泉に停車! 下部温泉は身延線の中では有名な観光地でしょうが、そのような駅でも無人駅です。 写真24. 下部温泉はホテルもある 写真25. 富士川沿いを行く 富士川沿いを行きます 写真25。 これほど富士川に沿って走るのであれば、「ふじかわ」という列車名も納得できます。 写真26. 波高島を通過! はだかじまを通過します。 何か期待させる響きですが、漢字にすると大したことはありません 写真26。 というより、通過駅でもここまで駅名標を撮影できるほどスピードが遅いということです。 これは、ポイントがあり、それによってスピードが落ちるためです。 もう少しスピードを出せるポイントに交換すべきでしょう。 写真27. まもなく身延! 身延線の拠点である身延が近づいてきました。 観光地といった風情があります 写真27。 有名な寺社があると聞きます。 写真28. 身延では多くの乗客が乗り込む やはり観光地です。 多くの乗客が乗り込んできました。 ただし、満席にはいたりません。 写真29. 身延に咲くしだれ桜 美しいしだれ桜もあります 写真29。 写真30. 日本の山あいの里を走る 写真31. 富士川沿いを走る 写真32. 山並みも見える 身延を出ても相変わらず、日本の田舎という風景を走ります 写真30-32。 これでは普通列車が2時間に1本でも文句は言えません。 ただし、同じように田舎であるドイツのコブレンツ-トリーアは快速、普通ともに毎時1本でしたが…。 写真33. 富士宮手前の最後の峠越え 芝川-西富士宮は最後の峠越えという感じがします 写真33。 写真34. 富士宮の市街地が見えてきた 富士宮の市街地が見えてきました 写真34。 ここから再び人口が多い場所を走ります。 写真35. 西富士宮を通過! 西富士宮を通過します 写真35。 ここから富士まではおおむね1時間に3本が確保されています。 どうせならこの列車を三島まで直通させれば面白そうです。 富士での乗りかえが不要になり、新幹線駅まで直結になるのです。 写真36. 久しぶりの大型ショッピングセンター 大型ショッピングセンターもあります 写真36。 やはり、身延線は静岡県側のほうが市街地化が進んでいます。 写真37. 複線区間を走る 富士宮から富士までは複線区間です 写真37。 おおむね20分間隔の普通が走るには単線ではスムーズにいきません。 写真38. 身延線で数少ない高架区間 写真39. 複線区間の前面展望 富士近郊の複線区間は高架区間もあります 写真38-39。 写真40. まもなく富士に到着 このように、富士に到着です 写真40。 本来であれば、東海道線上りと乗りかえがしやすいようにしたほうが、沼津方面への行き来が便利になります。 それなのに、身延線ホームに到着です。 これでは、利用者的には嫌がらせを受けているように感じてしまいます。 鉄道の弱点は乗りかえがあることです。 それでも、その乗りかえを便利にすることで少しでも弱点を感じさせないように運用すべきでしょう。 特急ふじかわの実態まとめ 乗る前は停車駅が多すぎと思ったのですが、小さな駅での利用もあったりと、 実態に即した停車駅選定であることに気づかされました。 また、2時間間隔というのは本数が少ないような気もしましたが、本数を増やしすぎると列車交換の回数が増えて、所要時間が増える可能性があることも理解できました。 ただし、スピードの遅さだけはいただけません。 道中、何度も高速道路をみました。 そう、身延線に並行するようにして高速道路が伸びているのです。 高速道路に対抗するためにある程度のスピードアップが必要です。 そうすれば、身延線内を5分程度スピードアップできるでしょう。 高速道路を眺めた感じでは、そもそも甲府と静岡の流動そのものが多くなさそうなので、この程度の設備投資で良いでしょう。

次の

【名古屋―松本】高速バスvs特急「しなの」を比較検証!

特急しなの 本数

振り子式特急車両を初めて本格的に採用した特急として知られる。 しばらくは全国唯一の振り子特急だったが、その成功を基にして号、号に採用されていった。 特急しなの号はデビュー当初は山岳地帯に強いキハ181系気動車を使用し、電化開業後はノーマルな381系電車からパノラマ型先頭車を連結した時代を経て現在の383系電車に至るまで、カーブがとても多い木曽路の特性に合った車両で、木曽川沿いの絶景・寝覚ノ床や木曽森林が見える区間を走る。 また、近年注目のスポットは 姨捨駅付近で、そこから見下ろす長野市内・善光寺平の夜景が非常に美しいとして 「日本三大車窓」とも呼ばれるようになっている。 ・2016年3月26日ダイヤ改正では伝統の大阪発着列車(通称:大阪しなの)が区間短縮により廃止。 全列車が名古屋発着となった。 トレインマークはグリーンをベースにして木曽森林のカラマツをイメージしたデザイン。 現在は 383系電車になっているが、流線型の先頭車でも貫通型の先頭車でも国鉄時代からのデザインを踏襲してやや横長のデザインが採用されている。 381系時代・ パノラマ型の先頭車の時のみイラスト・トレインマークではなく、LED表示器で「しなの」と表示されていた。 383系は基本的に6両で運転しているが、増結用に4両・2両のユニットを持っており、多客期には8両または10両にて運転する。 また増結用を組み合わせた6両編成ということも時折見られ、フレキシブルな対応が行なわれているようだ。 貫通型先頭車が多数みられるのはそのためである。 1日1往復の体制がずっと変わらなかったが、2016年3月改正でついに名古屋発着に統一された。 この当時の車両、381系には貫通型と非貫通型があったので、「今日はどちらが来るんだろう?」という、まるでくじ引きでもするような面白さがあった。 この貫通型の先頭車両はクハ381形0番代。 (クロ381形50番代に改造されたものもあり)。 一貫して特急しなののために用いられた車両である。 パノラマ型グリーン車(クロ381形10番代)は特急しなのを語るうえで欠かせないほど知られた存在になったが、実際のところその存在した両数は少なく、わずか3両だった。 パノラマ型の10番代は、現在13番がリニア鉄道館に保存されている。 一番の変わり種はこの「とって付けたような貫通扉」のクロ381形だろう。 国鉄末期のやっつけ改造の時期に登場した車両で、増結を念頭に置いた車両として約10年にわたって活躍した。 大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。 おすすめです。 【1959年12月13日】 急行化。 キハ55系気動車を投入。 【1961年10月1日改正】キハ58系気動車を投入。 【1963年10月1日改正】急行信州号を急行しなの号に統合。 キハ91形を投入。 381系を投入したが2往復はキハ181系を継続。 【 同年10月】自由席を新設。 エル特急になる。 【1975年3月10日】オール381系化。 【1982年11月15日改正】急行つがいけ号を特急格上げ。 【1988年3月13日改正】パノラマ型グリーン車登場。 【1995年】 383系電車投入開始。 【1996年12月1日改正】長野発着全列車を383系に統一。 名古屋~長野が最短2時間43分となる。 【1997年10月1日改正 長野新幹線開業・しなの鉄道開業 】篠ノ井駅に停車するようになる。 【2007年3月18日改正】喫煙車を指定席車1両に縮小。 【2008年3月15日改正】日本三大車窓「善光寺平の景色」と姨捨駅の通過時刻の車内放送開始。 【2009年6月1日改正】全車禁煙化。 【2010年12月4日改正】大阪発着のしなの号が在来線の 最長距離定期昼行特急列車になる。 青森発着のの系統分離による。 【2012年3月17日】車内販売の営業を名古屋~塩尻に限定。 【2013年3月16日改正】車内販売廃止。 【2014年7月9日災害】大雨により南木曽~十二兼間の橋梁の橋桁が流出し、全列車運休に。 【 同年8月6日復旧】運転再開。 【2016年3月26日改正】全列車、名古屋発着に統一され、大阪発着の特急しなの廃止。

次の

特急ワイドビューしなの(名古屋〜松本・長野)割引&乗車ガイド【2020年度版】

特急しなの 本数

このページの概要 目次、タップできます• 車内設備を確認する まずは、特急しなの使用される383系の車内設備をご覧いただきましょう。 私は普通車を利用しましたので、グリーン車の設備は撮影しておりません…。 写真2. 383系のデッキ 写真3. 383系のデッキ デッキ部分です 写真2-3。 意匠的には特に工夫はなく、ノーマルなものです。 逆にいうと、好みが分かれにくく万人に受け入れられる内装です。 写真4. 383系のお手洗い 写真5. 383系のお手洗い お手洗いも特に意匠的にはこだわりは感じません 写真4-5。 ただし、タイル状の床面が新鮮さを感じます。 ノーマルでありながら清潔な内装ですね。 写真6. 383系普通車の全景 普通車の全景です 写真6。 照明が2列に並んでおり、彩度 鮮やかさ の低い色味のシートが並んでいます。 383系「しなの」の内装のテーマはノーマルのようです。 特に特徴がないともいえますが、良くいうと万人にそれなりに受ける車両ということです。 写真7. 383系普通車の前面展望 383系の特徴は前面展望が可能であることです 写真7。 グリーン車の前面展望が象徴的ですが、普通車であっても前を眺めることができます。 そのために、デッキ部分と客席部分はここだけガラスが多い仕様になっています。 写真8. 383系普通車の足のせ その普通車はゆったりとしています。 シートに腰掛けた際に、「広い!」と感じました。 それもそのはずです。 シートピッチ シートとシートの間隔 が1000mmと、JR東日本の標準車の960mmよりも広いのです。 そして、足のせも完備しています 写真8。 パッと見はそこまで特徴ありませんが、実はきちんとしているのが383系の内装なのです。 木曽路の車窓を楽しむ この日は10両編成でした。 時刻表にはしなの号は6両編成としか書かれていませんが、乗客の多さによって8両編成や10両編成にする列車があります。 所定の6両編成の場合、自由席は5号車と6号車です。 8両編成の場合の自由席車は7号車と8号車、10両編成の場合の自由席車は9号車と10号車です。 つまり、6両編成でも、8両編成でも、10両編成でも、 自由席車は名古屋よりの2両であることには変わりません。 写真9. 塩尻での編成案内 さて、私を乗せた列車は木曽路を進みます。 予想通り、自由席はそれなりに空いていました。 窓側席のどこにするかの選択肢があるほどです。 3連休初日の上りであれば自由席でじゅうぶん座れます。 写真10. 塩尻短絡線と合流する 塩尻ではいわゆる中央東線 新宿方面 と中央西線 名古屋方面 の。 そこと合流します 写真10。 写真11. 傾いていることがわかる 前面展望が可能な席でしたので、何とか前面展望をとらえることができました 写真11。 線路の傾きと車両の傾きが異なることから、車両が傾いていることがわかります。 これが383系の特徴です。 このように車体を傾けることで、カーブの通過速度を速めて、所要時間を短縮しているのです。 写真12. 木曽路の川を渡る 木曽路は諏訪方面よりもさみしい景色が広がります。 諏訪地区よりも普通列車の本数が少ないことも納得できます。 写真13. 小川を渡る 小川を渡ります 写真13。 このあたりは山が迫っています。 写真14. 渓流がある 渓流があります。 てっきり私は塩尻からどんどん下ると思い込んでいましたが、このあたりの川は進行方向と逆向きに流れています。 いいかえると、川の上流に向かって進んでいます。 つまり、坂道を登っていることになります。 鳥居峠があり、ここまでは坂道を登っているのですね。 参考 鳥居峠の位置 googleマップより引用 写真15. 木曽福島に停車中 その鳥居峠をすぎ、少し下ってきました。 木曽福島に停車します 写真15。 写真16. 川幅が広くなった 木曽福島からどんどん山を下ります。 すると、川幅が広がります 写真16。 写真17. 中津川が近づくと開けてくる 中津川が近づくと開けてきます 写真17。 険しい木曽路ともおわかれですね。 写真18. だいぶ開けてきた 岐阜県までくると開けていますね 写真18。 中津川を境に本数が異なることも納得できます。 写真19. 明智鉄道を発見! 途中の恵那で明智鉄道を発見できました 写真19。 ここから本格的な夜がやってきました。 写真20. 千種に到着 そのような夜の千種に到着です。 そのため、名古屋で途中下車できません。 また、私の宿泊先は地下鉄東山線沿線でしたので、ここで地下鉄に乗りかえることも可能です。 このような理由から、千種でしなのの旅を終えたのです。 参考 千種駅の位置 特急しなのの今後を占う 特急しなのは6両編成を基本としつつ、必要に応じて8両編成や10両編成に増結しています。 これは、長年のノウハウで混雑しそうな列車に対応していることを示します。 これは大変重要なことです。 今後もこのような姿勢を保ってほしいものです。 特急しなのはしばらくはこのまま推移するでしょう。 いずれ383系電車の置き換えが検討されましょうが、機能的には特に変わらないことが予想されます。 名古屋と長野の都市間輸送であることから、極端な観光列車になることも考えにくいです。 今後ともに都市を高速で結ぶという本分に忠実に運行することでしょう。 そして、塩尻での接続を改善して、名古屋方面と新宿方面の流動も積極的に取り入れて少しでもしなの号、あずさ号の乗客を増やしてほしいと思います。

次の