シロカ 全 自動 コーヒー メーカー。 全自動コーヒーメーカーのメリット・デメリット|知らないと後悔する!?

UCC×シロカの全自動コーヒーメーカーを使った感想を正直に述べる

シロカ 全 自動 コーヒー メーカー

(C Shutterstock. com 容量や保温性 自宅でのコーヒーメーカーの使い方によって、必要な容量は違ってきます。 日常的に何人くらいの人が、どのくらいの量を飲むかを考えて、容量を選びましょう。 普段は1~2人しか飲まないとしても、来客が多くそのときにコーヒーを出したいなら、 タンク容量が多めのものを購入しておくと便利です。 また、保温性を重視するなら ステンレス製のサーバーがおすすめです。 ステンレスは熱伝導率が低く、保温性が非常に高いため、時間が経っても温かいコーヒーを飲むことができます。 ガラス製のサーバーで保温したい場合は、 ヒーター機能があればOKです。 ただし、長時間ヒーターを使用すると煮詰まってしまうため、一定時間が経過するとヒーターの電源がオフになる機能が付いているものをおすすめします。 蒸らし機能やタイマーなどの付加機能 コーヒーメーカーには、便利な機能が付いた製品もあります。 例えば、おいしいコーヒーを淹れるために重要なのが 「蒸らし機能」です。 コーヒー豆を挽いたあと、その豆に少量の湯を入れて時間を置くことを蒸らしと呼びますが、これをするかしないかでコーヒーの味は大きく変わります。 豆とお湯をしっかりなじませることで、コーヒーのうまみが出やすくなるのです。 また、飲みたい時間にコーヒーを淹れられる 「予約タイマー」や、豆の焙煎度によって湯温を調節できる機能が付いているコーヒーメーカーもあります。 ミルク入りが好きなら、コーヒーのバリエーションが広がる 「ミルクフォーマー」機能などもおすすめです。 手入れのしやすさ 日常的に使うマシンは、手入れのしやすさも重要なポイントです。 付属品の取り外しが簡単にできるかどうかや、使用後のカスの捨て方、水洗いができるかなど、掃除のしやすさを確認しておきましょう。 製品によっては、 自動洗浄機能が付いているものもあります。 ワンタッチでコーヒーを淹れて、使用後の洗浄までしてくれるため、手間がかかりません。 日常的なメンテナンスの手間を省きたい人はお手入れ機能をチェックしてみましょう。 シロカの全自動コーヒーメーカー 「シロカ」はオーブントースターやホームベーカリーなど、さまざまなキッチン家電を販売しているメーカーです。 シロカから発売されている全自動コーヒーメーカーを紹介します。 コンパクトデザイン 「siroca crossline 全自動コーヒーメーカー SC-A121」 「siroca crossline 全自動コーヒーメーカー SC-A121」は本体が大きくなりがちなミル付きの中でも、コンパクトなデザインが特徴のコーヒーメーカーです。 幅17. 58lの容量で、コーヒーカップなら 4杯程度入ります。 コーヒー豆・粉の両用対応で、ミル機能は杯数によって 4段階設定です。 ガラスサーバーを採用しており、残量が一目でわかります。 ヒーターによる保温はコーヒーのおいしさを損なわないよう、最大30分です。 商品名:siroca crossline 全自動コーヒーメーカー SC-A121 着脱式の水タンク「siroca 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351」 「siroca 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351」は、SC-A121と同様コンパクトなコーヒーメーカーです。 大きな違いは水タンクが 着脱式であることで、給水やお手入れがしやすくなっています。 改良された新ブレードが搭載されており、雑味をおさえたコーヒーが飲めるのもポイントです。 タイマーが内蔵されているため、コーヒーを飲みたい時間にあらかじめセットできます。 商品名:siroca 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351 デロンギの全自動コーヒーメーカー 「デロンギ」は、キッチン家電やヒーターなど、さまざまな家電を販売しているイタリアのメーカーです。 コーヒーメーカーを販売している代表的なブランドで、さまざまな種類の製品を販売しています。 いろいろなコーヒーを楽しめる「ディナミカ」 「ディナミカ」は、タッチするだけの簡単な操作で、いろいろなコーヒーが楽しめます。 豆の量・抽出量・抽出温度を自由に設定でき、好みのコーヒーに カスタマイズ可能です。 デロンギのコーヒーメーカーの多くには、日本人好みのコーヒーを淹れられる 「カフェ・ジャポーネ」機能が搭載されています。 ディナミカはそれに加えて、通常より多めの豆を使って抽出する「スペシャルティ」機能もあります。 ミルクフロッサーも付いているため、カプチーノなどのミルク入りも簡単です。 また、内部自動洗浄機能が搭載されており、日常的なメンテナンスが最小限に抑えられます。 商品名:デロンギ ディナミカ 液晶ディスプレイ搭載の「プリマドンナXS」 「プリマドンナXS」は液晶ディスプレイが搭載されており、メタリックの タッチセンサー式ボタンが洗練された印象を与えるコーヒーメーカーです。 カップウォーマー機能があり、ボタン一つでコーヒーを入れる前のカップを温められます。 スタンダードなコーヒーはもちろん、ミルクコンテナがついているため、カフェラテやカプチーノも自動で作れます。 ミルク入りのコーヒーが好きな人にはうれしい機能です。 商品名:デロンギ プリマドンナXS 最高峰のフルスペックモデル 「エレッタ カプチーノ トップ」 「エレッタ カプチーノ トップ」は、デロンギのコーヒーメーカーの最上位モデルです。 デロンギ史上最多の 7つのミルクメニューで、多彩なコーヒーが楽しめます。 タンクは2lの大容量で、来客など大人数でも問題ありません。 ボタンの操作はもちろん、水タンクの着脱やトレイの引き出しなども全て前面から行えるため、日常の操作がしやすい製品です。 商品名:デロンギ エレッタ カプチーノ トップ その他の全自動コーヒーメーカー 手軽に使えるシロカや、本格的なデロンギ以外にも、数多くのコーヒーメーカーが販売されています。 その他のメーカーのおすすめ製品を紹介しましょう。 (C Shutterstock. com プロが淹れたようなドリップ パナソニック「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」 「パナソニック」の「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57」は、まるでプロが淹れたようなコーヒーを味わえる製品です。 あらかじめ沸騰させたお湯を 活性炭フィルターに通すことでカルキをカットし、じっくりコーヒーを抽出します。 粗挽きと中細挽きの2種類の 「挽き分け」と、マイルド・リッチの2種類の 「淹れ分け」で、4種類のコーヒーが楽しめる仕様です。 また、カフェインを控えたい人は、 「デカフェ豆」コースを試してみましょう。 デカフェは普通のコーヒーに比べると物足りない味になりがちですが、このコースを使えば、デカフェ豆を使ってもコクのあるコーヒーに仕上がります。 商品名:パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57 淹れたての風味を保つ魔法瓶 象印「コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40」 魔法瓶で有名な「象印」が販売しているのが、「コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40」です。 ヒーターを使わず、魔法瓶で保温することによって、 コーヒーの煮詰りを防ぎます。 コーヒーは付属のサーバーだけでなく、コーヒーカップやマグボトルなどに直接抽出することもできて便利です。 ミルケースやミルタンクは、取り外して丸洗いできるため、お手入れも簡単で清潔に保てます。 商品名:象印 コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40 リーズナブルな価格帯 アイリスオーヤマ「全自動コーヒーメーカー IAC-A600」 「アイリスオーヤマ」の「全自動コーヒーメーカー IAC-A600」は、比較的リーズナブルな価格で手に入る製品です。 シンプルですが、おいしいレギュラーコーヒーを手軽に飲みたいという人のための機能は、十分備わっています。 豆を使って粗挽き・中挽きのどちらかにするか、または粉を使うかをダイヤルで選択したら、あとはボタンを押すだけの簡単な操作です。 ヒーターは40分で 自動的に電源オフになり、コーヒーが煮詰まることを防ぎます。 商品名:アイリスオーヤマ 全自動コーヒーメーカー IAC-A600.

次の

全自動コーヒーメーカーのメリット・デメリット|知らないと後悔する!?

シロカ 全 自動 コーヒー メーカー

コーヒー豆・粉末両対応 自宅でいつでもコーヒー豆またはコーヒー粉からコーヒーを淹れられます。 ミルを使って手動でコーヒー豆から作るとなるとかなり大変なので、全自動でやってくれるのは楽です。 初心者でも使える簡単操作 コーヒー豆(粉)と水さえ入れればあとは作る量を選んでスタートボタンを押すだけです。 複雑な操作は特に必要ありません。 初めてでも手が出しやすい価格帯 必要な機能は揃っていて尚かつ買いやすい価格なのでコーヒーメーカー初心者にはありがたいです。 もちろん玄人の要望にも十分答えられると思います。 オシャレでコンパクトなデザイン 各社コーヒーメーカーを見比べてみると分かるんですが、SC-A211は非常にコンパクトでスタイリッシュなデザインをしているので置き場所を選びません。 色もステンレスシルバーとタングステンブラックの2つあります。 手入れがしやすい フィルターは取り外し可能なメッシュフィルターになっているので使い捨ての必要がなく、何度でも洗って使えます。 その他の部品を比較的簡単に取り外せるようになっています。 実際に購入して使ってみました こちらがSC-A211。 外箱から漂うオシャレ感。 なかには本体とサーバーと計量スプーンのみと非常にシンプルです。 さっそく使ってみます。 まずは計量スプーンでコーヒー豆を準備。 (今回は量が超適当です) ちなみに粉末の場合はすりきり1杯が約6gです。 上蓋を開けてコーヒー豆を放り入れます。 横の蓋を開けて水を必要な分だけ入れます。 サイドに分量のラインがあるのが分かりやすくて良いですね。 スイッチを回してモードを切り替えます。 スプーンマークが粉末のコーヒーからドリップするモード、「1」がコーヒー豆からホットを1~2杯作るモード、「2」がコーヒー豆からホットを3~4杯作るモードです。 アイスコーヒーを作りたいなど飲み方が変わる場合は豆や粉末の量やモードも変わってくるので詳しくは説明書参照です。 セットが完了したらスタートボタンを押せば全自動でコーヒーが作られます。 ちゃんと出来ているようですね。 量が適当だったのでちょっと濃いですが本当に全自動でコーヒー淹れることができました。 満足な出来です。 音について SC-A211に限らず、コーヒーメーカーのレビューなんかを見ていると「音がうるさい」という人が結構います。 はっきり言います、 そんなの当たり前です。 掃除機とかもそうなんですけど、うるさいのが普通なのに文句を言う人がいるんですよね。 もちろん製品によって音量の差はありますが、そのレベルも許容できないなら 最初から買うべきでないです。 一応参考のために実際にSC-A211を使ってコーヒーを作っているところを録音したデータを載せます。 聞いてもらうと分かりますが、最初にコーヒー豆をミルする作業で大きい音がするんですよね。 で、 豆を粉砕する作業はどの製品を使ってもうるさいです。 こればかりはどうにもなりませんので諦めましょう。

次の

シロカ全自動コーヒーメーカーを比較!ガラスとステンレスの評判は?

シロカ 全 自動 コーヒー メーカー

出典:シロカ株式会社より引用 コーヒー粉は油脂分を含んでいるので、水分をはじいてしまいます。 少量のお湯を注いで蒸らすことで、油脂分と水分がなじんで粉全体にお湯がジワジワといきわたります。 このとき、本当にいい香りが漂ってきます。 お部屋がコーヒーの香りで満たされます。 コーヒーの香りはリラックスできますよね。 しかも保温機能付き。 コーヒードリップ後自動的に保温機能に切り替わります。 30分だけですが、ちょっと用事を済ませても温かいコーヒーが飲めるので、冬の寒い日にはとてもありがたいですね。 人がすると熟練のワザが必要ですが、機械に本来必要な工程がプログラミングされているので、一定の操作でいつも美味しいコーヒーが飲めます。 モード切替機能付きで、ダイヤルで粉モードと豆コーヒーが1杯分から4杯の選択ができます。 シロカはすべて中細挽きタイプです。 給水タンクもメモリが見えやすくなってます。 コーヒーサーバーはガラス製で、ホットコーヒー用、マグカップ用、アイスコーヒー用など カップ数ごとの数量の目安もあってわかりやすいです。 出典: 底のない筒状のメッシュフィルターなのでブラシで洗いやすい。 また、ミル付きバスケットは分解しなくても水でじゃぶじゃぶ洗えます。 本体のふたは、フィルター部分のみを取り外せば簡単に洗えます。 フィルター部分の向きだけを注意すれば取り外しも簡単にできます。 コーヒーサーバーに接するしずくもれ防止弁ですが取り外しはできませんが、ミル付きバスケットの中に水を入れて、数回しずくもれ防止弁を押し上げることで水で洗い流せます。 これで、コーヒー粉のつまりも心配ありません。 選ぶ豆にもよりますが、100g250円の豆で淹れた場合、コーヒー1杯でコーヒー豆12gとすると、1杯31. 25円。 濃いコーヒーは12gから15g、薄いコーヒーがお好きな方は10g以下とすると1杯25円。 カフェで飲んだら500円以上はしますね。 コンビニで買うと100円ぐらいでしょうか。 それが自宅で好きな時にリラックスできる場所で、好みのコーヒーを1杯31円で味わえます。 しかも、自宅から水筒に入れて仕事へ持っていくとさらに節約にもつながりお財布にも優しいですよ。 人によっては気になるレベル。 コーヒー豆を挽くときの音が「ガガガ」って少し大きいのが残念ポイント。 ダイヤルを合わせて、スタートを押すとすぐに豆を挽いてくれますが、少し音が響きます。 豆を挽き終わるまで25秒くらいです。 このくらいであれば用事をしながらだとあっという間に挽き終わってるってかんじですね。 最新機種では、気にならない音に改良されています。 ペーパーフィルターなら、水分を切ってゴミ箱へポイって出来ちゃいますが、メッシュフィルターでは一旦粉を新聞紙・不要なチラシやビニール袋などへ粉を直接捨てないといけません。 ここだけは手間かなって思いますが、ペーパーフィルターが不要なので費用対効果もあるので我慢のできる範囲だと思います。 最後の舌触りがちょっと気になりますね。 ですがサーバーからカップへ注ぐ際、最後に入れきる時に粉に気を付ければ問題ないですよ。

次の