三井住友カード プリペイド。 三井住友VISAプリペイドとクレジットカードのポイント還元率を徹底比較

【d払い】三井住友VISA20%+dカードプリペイドで30.5%還元に【キャンペーン時】

三井住友カード プリペイド

その内容については、後の章でくわしく説明しますね。 そもそもプリペイドカードとは? プリペイドカードとは、あらかじめ利用者が現金をチャージし、その範囲内でクレジットカードのように決済できるカードのことをいいます。 プリペイドカードの特徴は、以下の4つです。 前払い方式である• セキュリティも万全• 何度でもチャージできる• 発行元によってポイントが貯められる プリペイドカードは、事前に購入あるいはチャージした残高の範囲内でしか使うことができません。 そのため、クレジットカードのように使いすぎる心配がないです。 また、三井住友VISAプリペイドはクレジットカードと同じように、 カード番号やセキュリティコードが設定されているので、不正利用防止ができます。 また、未成年が三井住友VISAプリペイドを申し込む場合、保護者の同意が必要になります。 三井住友VISAプリペイドの使い方まとめ! 三井住友VISAプリペイドに申し込み、それを活用するためには使い方をきちんと理解しておくことが大事です。 申し込みやチャージの方法• 店舗やネットショップでの使い方• 利用上の注意点 そこでこれらについて、まとめておきます。 マイページからチャージ 三井住友VISAプリペイドの申し込みは、から行います。 そこでマイページに新規登録しなければ、三井住友VISAプリペイドを申し込むことはできません。 マイページに登録ができたら ログインしてカードを購入し、そこからチャージを行います。 では、カード購入後のチャージ方法について、具体的にご紹介しましょう。 チャージするには本人確認書類の提出が必要 三井住友VISAプリペイドを購入しても、本人確認書類を提出しなければ、カードにチャージはできません。 チャージするためにはまず、 インターネットまたは郵送で本人確認書類を提出することになります。 インターネットで提出する場合は本人確認書類と撮影し、画像をアップロードします。 運転免許証• 運転経歴証明書• パスポート(写真印刷面および最終ページの住所記載面)• 健康保険証(本人の氏名と生年月日、住所のすべてを確認できるもの)• 住民票の写し(発行日より6カ月以内のもの) もし、本人確認書類の住所と登録情報が違う場合は、現住所が確認できる書類を別途提出しなければなりません。 公共料金の領収証書(電気・ガス・水道・NHK受信料のうち1種類)• 社会保険料の領収証書• 国税または地方税の領収書または納税証明書 上記の中から、領収日付があり、発行から6カ月以内の本人名義のものを一つ選んで提出しましょう。 チャージ支払いはクレジットカードかインターネットバンキング 三井住友VISAプリペイドのチャージは、クレジットカードまたはインターネットバンキングでの支払いが可能です。 クレジットカードで支払う場合は、マイページにあるクレジットカード管理に使用するカードを登録します。 とはいえ、マイページにログインすることで利用明細や残高の確認、チャージは簡単に行えるんだ。 合わせて、パスワードや本人情報の変更、クレジットカードの登録・変更・削除などの手続きも可能です。 また、三井住友VISAプリペイドの利用でたまったポイントを、 200ポイント以上から1ポイント単位でチャージすることができます。 三井住友VISAプリペイドを使い続けるうちに、その利便性の高さが実感できることでしょう。 気になる手数料は? 三井住友VISAプリペイドを利用するためには、カードの発行とチャージが不可欠です。 その際、 手数料が発生します。 そこで、三井住友VISAプリペイドの利用にあたって発生する手数料について、まとめておきました。 【手数料】インターネットからの購入申し込み 支払い方法 手数料 備考 クレジットカード VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、MasterCardでの支払い 440円(税込) 発行手数料無料、発送手数料440円(税込) その他のVisaカード、MasterCardでのお支払い 640円(税込) 発行手数料200円(税込)、発送手数料440円(税込) インターネットバンキング 640円(税込) 発行手数料200円(税込)、発送手数料440円(税込) 【手数料】インターネットからのチャージ申し込み 支払い方法 手数料 備考 クレジットカード VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、MasterCardでの支払い 無料 — その他のVisaカード、MasterCardでのお支払い 200円(税込) インターネットバンキング 200円(税込) 購入申し込み 三井住友VISAプリペイドの購入申し込みは、公式サイトでマイページを登録してから行うのが一般的です。 ですが、コンビニエンスストアの店頭で購入することもできます。 対応しているのは以下の6つです。 セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• サークルK/サンクス• デイリーストア• セイコーマート 手続き方法は、 選択するコンビニエンスストアによって異なります。 VISA認証サービスの登録手続きは簡単ですよ。 登録後、VISA認証サービスを有効かすると、オンライン上のVISA加盟店での取り引きすべてに適用されます。 三井住友VISAプリペイドを利用するなら、ぜひ登録しておきましょう。 マイページを開けばできることがたくさん! 三井住友VISAプリペイドを利用するなら、三井住友カードの公式サイトでマイページをつくるのが一番です。 マイページを登録しておけば、個人情報をしっかり守りながら、さまざまな機能を活用することができます。 その内容について、くわしくご紹介しましょう。 登録カードとカード残高の確認 マイページでは、登録した三井住友VISAプリペイドの購入だけでなく、カード残高も確認することができます。 三井住友VISAプリペイドを使わない時は、こまめにロック設定をすると安心です。 考えられるメリット・デメリット 魅力いっぱいの三井住友VISAプリペイドですが、メリットだけでなく、デメリットがあるのも事実です。 そこで、三井住友VISAプリペイドを持つメリットとデメリットについて、まとめてみました。 三井住友VISAプリペイドのメリット 三井住友VISAプリペイドのメリットは、以下の4つです。 ポイントが貯まり、使うこともできる• 審査が不要• 使い過ぎを防げる• セキュリティが充実 これまで、三井住友VISAプリペイドのメリットについてはくわしく説明してきたので、すでに理解していることも多いでしょう。 そこで、 三井住友VISAプリペイドの有効な使い方の例をご紹介しておきます。 例えば海外のネットショップで商品を購入したいと考えた時。 あるいはセキュリティを考慮してクレジットカードを利用したくない時。 こういった場合はクレジットカード情報を入力しなくて済むしプリペイドカードがおすすめだよ! 三井住友VISAプリペイドは1日に利用できる上限が49,999円に設定されているので、万が一番号が流出することがあっても、リスクは低いです。 三井住友カードから三井住友VISAプリペイドにチャージすれば、手数料もかかりません。 そんな使い方も、実践してみてくださいね。 三井住友VISAプリペイドのデメリット 三井住友VISAプリペイドのデメリットには、以下の3つがあげられます。 チャージ方法によっては手数料がかかる• 一部の支払いには使えない 手数料と支払いに使えないケースについては、すでにお話ししました。 三井住友カードには、ワールドポイントプログラムが用意されており、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みです。 その点をデメリットに感じるひともいそうです。 その他のプリペイドカードは??徹底カード比較! 三井住友VISAプリペイドには、いくつかの種類があります。 スタンダードタイプを見ても、 三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAプリペイドeに分かれます。 まず、三井住友VISAプリペイドeの特徴をご紹介しましょう。 三井住友VISAプリペイドe 三井住友VISAプリペイドeは、インターネット専用のカードレスタイプです。 クレジットカードと同様に、世界中のVISA加盟のネットショップで利用できます。 三井住友VISAプリペイドeだと、 購入直後にカード番号が発行されるのですぐに使うことが可能です。 画面に表示される際のカードデザインも ・ブラック ・バイオレット ・ブルー ・グリーン ・オレンジ ・ピンク の6色から選べますよ。 カード比較! 三井住友VISAプリペイドと三井住友VISAプリペイドeは、用途が異なります。 三井住友VISAプリペイド3つを比較してみました。 三井住友VISAプリペイド 三井住友VISAプリペイドは、店舗でもネットショップでも使えるカード発行タイプです。 VISA加盟店であれば、クレジットカードのように使えます。 また、使わない時期はロック設定をしておくことで、 三井住友VISAプリペイドの不正利用を防げるのも魅力です。 どこでも気軽に使えるプリペイドカードが希望のひとに、おすすめです。 三井住友VISAプリペイドe 三井住友VISAプリペイドeは、ネットショッピングに特化したプリペイドカードです。 申し込むとIDが発行されます。 チャージはネットバンキングだけでなく、 クレジットカードや銀行ATM、コンビニエンスストアの店頭でも対応しています。

次の

三井住友VISAプリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井住友カード プリペイド

2020年1月31日• 2020年5月18日• 当記事の手法は、今後も厳しいと思われます。 ) d払いのキャンペーンが、昨年2019年暮れから2020年頭も攻勢中の昨今ですね。 しかし、対象クレジットカードはドコモの「dカード」のみという経済圏縛りキャンペーンが増えてきました。 ここで誰でも簡単に発行できるドコモの「dカードプリペイド」であればdカード扱いとされキャンペーンによっては対象とされています👇 ドコモ公式サポート ツイッター プリペイド こちらドコモ電話サポートなどで確認された場合、サポート担当によってマチマチな回答がなされてるのを確認しています。 このドコモ公式ツイッターの「dカードプリペイドも対象である」という内容をあわせて問い合わせされると良いかと思います。 実際にそれでより上位の部署に確認を回して「対象である」と回答をされている方もTwitterで確認しています。 もし万が一dカードプリペイドが対象外だった場合、適当な回答をしているドコモに責任があるので問い合わせはドコモさまへお願いします。 12歳以上でdアカウントをもっていれば、誰でも簡単に発行できるドコモのプリペイド(前払式)カードです。 発行を請け負ってるのは三井住友カードです。 dカードプリペイドへのチャージ方法 プリペイドカードは前払式なためチャージしないと使えません。 チャージの方法は次の6つ。 一部の方法は チャージ手数料がかかります。 ドコモ携帯の電話代合算• dカード• 月10,000ptまで)• ローソン店頭またはセブンATMで現金チャージ• VJA系/オムニカード系カードのみ無料)• 新規入会であること• 入会月から2ヶ月後末までにVpassアプリでログイン• 入会月から2ヶ月後末までの決済が対象 三井住友VISAカードはdカードプリペイドへ手数料無料でチャージ可能 ここで上述したdカードプリペイドの登場です。 それ以外のカードでは手数料がかかってしまいます。 おトクな点と点が見えてきましたね。 次段で結びとなります。 予めご了承ください。 ) dカードプリペイドは一部キャンペーンでもdカードとして対象となるカードになっています。 そのため、• Vpassパスワードが本人認証パス)• dプリカサイトにログインし利用者登録• dプリカサイトで「インターネットショッピング本人認証」でパスワード設定• d払いにdプリカを紐付けし3. のパスワードで認証• パーソナルメッセージはVpass系では自由に決められる。 適当にカード名など。 これでd払い10. よく使うコンビニがローソンである場合、お得です。 ApplePay登録してiD支払いできる 還元率は0. たとえば、dプリカからApplePay経由(Walletアプリ)でモバイルSuicaへチャージすることも可能になります。 dプリカはiD決済でも0. これはdプリカ発行元の三井住友カードへ問い合わせ確認済みです👇.

次の

nanacoを使って三井住友カード×JCBのキャンペーンで還元率40%にする方法

三井住友カード プリペイド

三井住友銀行のキャッシュカード• VISA加盟店で支払いに使えるVISAデビットカード• iD加盟店で支払いができるiD(電子マネー)• 補足として「 デビットカード」について説明しておくと、 カードを使ったら即時に銀行口座から利用金額が引き落とされるカードのことです。 クレジットカードと違って、銀行預金残高の内でしか使えず、使った瞬間に引き落としなので現金と同じ感覚で使えるカードですね。 クレジットカードのように身の丈以上の金額を使ってしまうこともないので、 クレカに抵抗感のある人に好まれるのがデビットカードです。 審査不要で15歳以上で作れる!ポイント還元もあり。 そんなデビット機能が付いたSMBCデビットの基本情報は、以下にまとめた通りです。 年会費 無料 国際ブランド VISA ポイント還元率 SMBCポイント:0. またクレジットカードではないので発行審査は不要です。 15歳以上( 中学校を卒業済み)で三井住友銀行の口座を持っていればすぐに発行可能です。 子供に、クレジットカードを持たせる前にデビットカードを持たせておくのもアリでしょう。 その代わり、クレジットカードではないので保険などの細かい特典はありません。 そしてポイント還元に関してSMBCデビットは、 SMBCデビットはメリットが多くてかなり良カードだと感じています。 SMBCデビットは支払いの利便性は高く、還元率も一般的なクレジットカード並みです VISA決済や電子マネー対応で使い方は豊富、スムーズな支払いが可能 SMBCデビットはVISAデビットカード機能搭載なので、VISAの加盟店でクレジットカードのように支払いができます。 デビットカードの使い方は簡単で、クレジットカードと同じようにレジで「カードで」と伝えてSMBCデビットを店員さんに手渡すのみです。 代金は即口座から引き落とされるので、残高以上の支払いはできません。 後払いのクレジットカードだと起こりがちな「使いすぎ」を防げるので、安心ですね。 さらにSMBCデビットは、 「iD」や「Visa payWave」の加盟店での支払いにも対応しています。 電子マネー決済では「iDで」と使う電子マネーをレジで伝え、カードをリーダーにタッチするだけで支払いを終えられます。 iDやVisa payWaveならカードをレジで手渡したり、サインをしたりする手間・時間をかけず即座に支払えるので、よりスムーズです。 私はスーパーやコンビニで少額決済するときは、よくSMBCデビットのiD決済機能で支払いをしています。 (電子マネーiDについては下記記事も参考してください) SMBCポイントは三井住友VISAカードとの連携に強い SMBCデビットで貯めたSMBCポイントは、 5ポイントごとにワールドプレゼント1ポイント(5円相当)へ等価交換できます。 ワールドプレゼントは、三井住友カードの利用で貯まるポイントです。 私は三井住友カードが20代専用に発行しているゴールドカード「 」を使っているので、クレジットカードとSMBCデビットを使い分けながら同じポイントを貯められて満足しています。 公式HP 関連記事 クレジットカードとデビットカードで同じポイントが貯まれば、ポイントを景品に交換できる金額(ワールドプレゼントは200ポイント)まで貯めるスピードを縮められて助かります。 なお金曜15時までに申し込んだポイントが翌週末に反映されるので、待ち時間は長めであることにご注意ください。 ATMなどを使っていればポイントが貯まっていく この記事を書きながら調べていて初めて知りましたが、SMBCポイントはiDやVISAデビット決済以外でもどんどん貯まります。 例えば、以下のような利用シーンでどんどんポイントが貯まります。 SMBCダイレクトへのログイン:毎月1回5ポイント• 三井住友銀行ATMでの入出金:毎月3回まで、1回10ポイント• SMBCポイントパック申し込み時:300ポイント• 外貨預金の預け入れ・自動積立による引き落とし:SMBCダイレクト利用時に15ポイント(店頭では2回目以降15ポイント)• 投資信託の購入や自動積立による引き落とし:SMBCダイレクト利用時に15ポイント(店頭では2回目以降15ポイント) 私はSMBCダイレクトへのログインや、ATMでの入出金でポイントを貯めています。 確認したところ見ての通り、デビット決済に加えてログインや入出金でもポイントが貯まっていました。 SMBCデビットを一切使っていない月でも、とりあえずSMBCダイレクトへのログインで5ポイントは貯まる のが良いですね。 カード利用時にはメールが来るので、不正利用対策も万全 SMBCデビットを使うと、即座に「カードを利用しました」という確認メールが届きます。 クレジットカードだと不正利用時に、「いつの間にか知らない請求が来て、しかも既に引き落とされている!」といったトラブルに発展する可能性がありますよね。 SMBCデビットならすぐに利用確認メールが来るので、不正利用を見逃さずに済む ので安心して使えています。 ジャパンネット銀行と資金を無料で相互移動できる 三井住友銀行とジャパンネット銀行は、同名義の口座間において資金を手数料無料で移動できます。 デメリットの項目でも触れますが、三井住友銀行はコンビニATMを月3回までしか無料で使えません。 しかし、 一旦ジャパンネット銀行を経由すれば、1,000円単位なら事実上何回でも無料でお金を出し入れできます。 (ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金が常に無料) 地方に住んでいても、ジャパンネット銀行の口座があれば預金額のやり取りにかかるコストを削減できるので、私は今までATMの利用料を支払ったことはありません。 海外ATMから手数料108円で現地通貨を引き出せる SMBCデビットは、 海外のVisaまたはPlusマーク付きATMから現地通貨を引き出せます。 空港で両替などの手間をかけずに、手数料108円で現地通貨を引き出しが可能。 私は海外旅行はさほど行かないのですが、今後行った際は活用したい機能ですね。 スポンサーリンク SMBCデビットを使っていて、ちょっとイマイチに感じた部分もあります。 いずれも極端に大きなデメリットではありませんが、今後の改善に期待したいですね。 地方在住だとATMを無料で利用できる場面が少ない 東京などの都心では三井住友銀行の支店がたくさんありますが、地方ではATMを設置しているお店が少ないです。 私は現在は 仙台に来ていますが、わざわざ仙台駅まで行かなければ本支店ATMを使えなくなってしまいました。 コンビニATMが月3回しか無料で使えないので、あまりこまめに預金ができないのはイマイチに感じています。 三井住友銀行は、同じメガバンクのみずほ銀行や三菱UFJ銀行と比べてもATMの設置台数が少ないのがちょっと不満ですね。 電子マネーiDは自販機で使えない iD対応の なども同様ですが、 クレジットカード以外のiDは自動販売機で支払いに使えない 傾向にあります。 せっかく手軽に小銭を使わず支払えて便利なのに、特に役立つ場面となる自販機で使えないのは辛いです。 スマホのアプリでデビットの明細が見られるが使い勝手が微妙 SMBCデビットの利用明細は、三井住友カードの明細や三井住友銀行の入出金明細と合わせて「 SMBCネットワークアプリ」でスマホからチェックできます。 見ての通り、利用店名までチェックできて便利です。 しかしながら、 アプリの作りに若干ストレスが……。 まずUI(ユーザーインタフェイース)の問題で、iPhoneのホームバーと下のタブの表示が被っています。 デビットカードの明細を見ようとするとホーム画面に戻ることがあるなど、仮にも大手銀行のアプリでこの作りは良くないと思います…。 また、デビットカードの利用明細を見るのが手間です。 以下の2つの手順を済ませなければいけません。 Moneytreeへの登録• 「SMBCデビット」のWEBサイトの会員登録(SMBCダイレクトとは別です) もう少しアプリの使い勝手を向上させてほしいですね。 Apple Payには非対応 SMBCデビットは、 Apple Payへ登録できません。 クレジットカード以外でApple Payを使いたなら、プリペイドカードである「 」や「 」は登録できますよ。 Apple Payについては下記記事を参考に。 まとめ 三井住友銀行をメインバンクにするなら、SMBCデビットはぜひ利用しましょう。 クレジットカードのように支払いに使えてポイントも0. 5%還元で貯まりますし、キャッシュカード機能もついているので財布の中のカードを減らせます。 合わせてクレジットカードは を持っておくと、ポイントを倍速で貯めやすいのでおすすめです。 公式HP.

次の