ヘルペス 薬 市販。 バルトレックスの市販薬はある?口唇ヘルペスに使える市販薬を紹介!

口唇ヘルペスの市販薬軟膏は性器ヘルペスにも有効?

ヘルペス 薬 市販

バルトレックスは、バラシクロビルという有効成分からなる抗ヘルペスウイルス薬です。 ヘルペスウイルスが原因となる各種の疾患に効果があります。 バルトレックス錠500は2000年、バルトレックス顆粒は2001年に販売されました。 2018年3月現在、バルトレックスを含む抗ヘルペスウイルス薬は4種類の有効成分が承認されていますが、いずれも高価な薬です。 バルトレックスの効能・効果 ・単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス) ・造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制 ・帯状疱疹 ・水痘 ・性器ヘルペスの再発抑制 バルトレックスの用法・用量 バルトレックスは疾患により用法用量が異なります。 従来の抗ヘルペス薬「ゾビラックス」と比較すると、少ない服用回数で効果を得ることができます。 単純疱疹(性器ヘルペス・口唇ヘルペスなど) 成人:通常、バラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。 小児:通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回経口投与する。 帯状疱疹 成人:通常、バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 小児:通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 水痘(水疱瘡) 成人:通常、バラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 小児:通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回1000mgを1日3回経口投与する。 性器ヘルペスの再発抑制 成人:通常、バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 小児:通常、体重40kg以上の小児にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口投与する。 バルトレックスにはジェネリック医薬品が存在します。 各製薬会社から販売されており、名称は「バラシクロビル+製薬会社名」となります。 ジェネリック医薬品は、先発薬より薬価が約半分程度となっています。 バルトレックス錠500 375. 7円/錠 バラシクロビル錠500 155. 4〜194. 6〜203. 9円/g 2018年3月現在、バルトレックスを含む抗ヘルペスウイルスの飲み薬は市販されておりません。 個人輸入代行業者によって通販サイトなどで販売されていることがありますが、医薬品としての安全が保障されておらず、万が一トラブルが起こった際も医薬品副作用被害救済制度を受けることができません。 バルトレックスの市販薬はありませんが、抗ヘルペスウイルスの塗り薬が販売されています。 ただし、市販薬の場合は適応が「口唇ヘルペスの再発」のみとなります。 口唇ヘルペス再発治療薬 市販の口唇ヘルペス再発治療薬には「ビダラビン」と「アシクロビル」の2種類の有効成分があり、ヘルペスに対する効果は同程度とされています。 それぞれ軟膏タイプとクリームタイプがあります。 クリームタイプで塗っても目立ちにくく、化粧をする方や接客業などの方にもオススメです。 1日3〜5回使用してください。 人間に感染するヘルペスウイルスは現在8種類存在します。 ヘルペスウイルスが原因となる主な疾患は、単純ヘルペスウイルス1型・2型による口唇ヘルペス、性器ヘルペスや水痘・帯状疱疹ウイルスによる水疱瘡や帯状疱疹があります。 バルトレックスはこれらの症状に効果を現します。 口唇ヘルペスについて ヘルペスウイルスが原因となる疾患の中で特に多いのが口唇ヘルペスです。 唇やその周りに痛みをともなう水ぶくれができます。 単純ヘルペスウイルスは非常に感染力が強く、直接的な接触のほか、ウイルスがついたタオルや食器などでも感染することがあるので注意が必要です。 現代の医学ではヘルペスウイルスを根治することはできず、一度感染すると症状が治まってもウイルスが神経節に潜伏しています。 普段は症状が出ず、風邪を引いた時や疲れている時、女性では月経前などに再発することが多いです。 バルトレックスの市販薬はありませんが、口唇ヘルペス再発治療薬は販売されています。 軟膏とクリームタイプの2種類があるので、使いやすさに合わせて選びましょう。 ただし、適応は口唇ヘルペスの再発のみとなります。 初感染の方や性器ヘルペスの方には適応がありません。 初めてヘルペスと思われる症状が現れた場合は、近くの病院を受診し、薬を処方してもらいましょう。 ヘルペスは免疫力が低下した時などに再発しやすい病気です。 規則正しい生活を心がけ、ストレスをなるべく溜めない生活をしましょう。

次の

帯状疱疹に効果のある市販薬はあるの?病院に行けない場合どうしたらいい?

ヘルペス 薬 市販

市販の外用薬が使用できるのは、医師の診察により「口唇ヘルペスである」との診断を受けたことがあり、再発したケースに限られます。 口唇ヘルペスの市販薬はすべて【第1類医薬品】ですので、薬剤師の対面販売で購入することができます。 再発でない場合などは、ドラッグストアの店頭に行っても購入できないケースもあります。 口唇ヘルペスの初期症状は、 唇や口元に「なんとなく違和感を覚える」という段階から、ピリピリ、チクチクしたような痛みに近い感覚、少し重い腫れてきたかな? という感覚があります。 初期レベルで市販の抗ウィルス軟膏を塗れば、発疹にまで至らず、発症しないですむことも少なくありません。 初期レベルを放置した場合、赤いプツプツした発疹から、小さな水ぶくれになり、水ぶくれが合体して大きくなったりします。 発症してしまった場合でも、市販の抗ウィルス軟膏を塗ることによって患部の拡大や症状の悪化を防ぐことができます。 ただ、できるだけ初期段階での治療の方が効果的で、峠を過ぎてからではあまり効果は見られませんが、広めに塗っておくことによって周囲への感染拡大を防ぐことはできます。 使用前には、よく手を洗って清潔にしてください。 1日数回、患部に適量を塗ってください。 こすらず、患部の上に軽くのせるように塗ってください。 使用後も、よく手を洗ってください。 手を洗う前に、他の部位を触らないようにしてください。 万が一、目に入った場合にはすぐに目を洗ってください。 再発を繰り返して慣れた口唇ヘルペスであっても、いつもより症状が悪化していると感じたら、まずは「皮膚科」を受診してください。 風邪をひいていたり、他の病気や体力が落ちている場合などは、合併症もありますので「内科」が良いでしょう。 妊娠中の妊婦であれば、かかっている「産婦人科」で相談してください。 口唇ヘルペス以外の「性器ヘルペス」や「帯状疱疹」なとの場合は、内服治療を受けるために医療機関への受診をおすすめします。 性器ヘルペスの場合は抗ウイルス軟膏ではなく、ヘルペス治療薬のバルトレックスやゾビラックスの服用を行います。 ヘルペス治療に効果のある市販薬の口コミ• 佐藤製薬の「アラセナS」• 大正製薬の「ヘルペシア」• グラクソ・スミスクライン株式会社の「アクチビア」 使用前には、添付の説明書を必ず確認してください。 ヘルペスはヘルペスウィルスの感染症で、一度感染すると体内の神経節にウィルスが隠れ潜み、体調を崩すと再発します。 風邪をひいたり、熱が出たり、疲れが溜まったりすると、口唇ヘルペスを頻繁に繰り返すという人もいます。 以前は、抗ウィルス薬は医療機関でしか処方されませんでしたが、最近は抗ウィルス軟膏が市販されています。 初期段階での口唇ヘルペスの場合は、市販の抗ウィルス軟膏を塗って対応しておけば悪化させずにすみます。 頻繁に再発を繰り返している人は、体調管理とともに市販の抗ウィルス軟膏を常備しておくと良いでしょう。 口唇ヘルペスへの有効成分は、アシクロビル、ビタラビンです。 「アクチビア軟膏」は、マクロゴールというベースのクリームにアシクロビルを混ぜた、至ってシンプルな薬です。 「アラセナS」は、アシクロビルの他に、ビタラビンという抗ウィルス薬が入っていて、有効成分が2種類です。 ビタラビンは少量でもより効果を発揮するので、特におすすめです。 軟膏タイプとクリームタイプもあり、外出時はクリームタイプで薄く塗り、就寝時は軟膏タイプでしっかり塗るという、使い分けが可能なのが便利です。 「ヘルペシア」は、アシクロビルの他に添加物が他の2種類と比べて多いのでメリットもあるのですが、アレルギー等がある方にはおすすめできません。 外用薬には、軟膏タイプやクリームタイプとあります。 一般的に有効成分や配合量は同じでも、ベースとなる基剤と呼ばれるモノが異なっていて、使い勝手やテクスチャアが違います。 クリームタイプは薄く伸びやすいテクスチャアで、軟膏タイプはしっかり厚めに塗ることが出来るという感覚です。 化粧品などの肌触りとか、皮膚に乗せた時の感覚や伸び、吸収の時間差のようなイメージが分かりやすいかもしれません。 口唇ヘルペスの場合、唇や口元にガッツリ薬を塗っている状態は、あまり見栄えの良いものではないですから、外出時は薄く伸びるクリームタイプにしておいて、自宅でのリラックス時や寝る前などには軟膏タイプで、しっかり厚めに塗るという人もいます。 市販されている抗ウィルス剤は、外用薬だけです。 内服薬は医師の処方が必要ですし、点滴治療は医療機関で実施されます。 内服薬で有名なヘルペス治療薬はバルトレックスとゾビラックスです。 性器ヘルペスは、主に抗ウイルス薬 ウイルスの増殖を抑える を用いた治療を行うことが有効です。 外用薬だけの使用は、あまりメリットがありませんので、症状や体質に合わせた専門医の適切な治療をおすすめします。 ヘルペス治療薬のバルトレックス個人輸入.

次の

口唇ヘルペスの市販薬軟膏は性器ヘルペスにも有効?

ヘルペス 薬 市販

帯状疱疹はヘルペスウィルスの一種である「水痘・帯状疱疹ウィルス」によって引き起こされます。 体の片側に現れる湿疹や水疱、痒み、痛み、発熱が主な症状です。 そのため、帯状疱疹に罹って病院に行くと痛み止めと、痒み止めの他に「抗ヘルペスウィルス薬」が処方されます。 帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウィルスは、子供のころに水疱瘡として感染し、大人になっても神経節という場所にウィルスが残っています。 そして免疫力が低下したとき、この残ったウィルスが増殖し活動するため、帯状の疱疹となります。 病院で処方される抗ヘルペスウィルス薬にはこのウィルスの増殖を抑える効果があります。 抗ヘルペスウィルス薬は処方箋が必要な薬である上、同等の効果を持つ薬は市販されていません。 よって、帯状疱疹に効果のある市販薬はありません。 ですが、 痛みや痒みなどの症状については市販薬を用いて緩和することができます。 痛みに対しては「ロキソニン」が使用できます。 鎮痛剤には胃腸に負担のかかるものが多いので、胃腸薬と一緒に服用するようにしましょう。 ロキソニンも例外ではありません。 「アセトアミノフェン」は胃腸障害などの副作用が少なく小児でも使用することができるとされています。 痒み止めについてはたくさんの市販薬がありますが、帯状疱疹の痒みに使用するには選択が難しいです。 例えば「ムヒ」はご家庭に常備している方も多いと思いますが、帯状疱疹への使用は避けてください。 帯状疱疹では患部は温めて血行を良くすることで痛みが和らぐと言われています。 ムヒは患部を冷やしてしまうため、帯状疱疹に対する痒み止めとしては適切ではありません。 ステロイドを含有している痒み止めも数多く市販されていますが、ステロイドも帯状疱疹の痒みに対しては適していません。 ステロイドは炎症を抑える効果の他に、免疫を抑制する効果を持っています。 帯状疱疹では抗ウィルス薬を服用し、免疫力を高めるような生活をして治療します。 そのため、免疫を抑える効果を持つステロイド剤を使用するとかえって症状が悪化してしまう場合があります。 痒み止めを使用する際はステロイドを含まない薬を選択しましょう。 このように帯状疱疹に直接効果を発揮する薬は、処方箋がないと手に入りません。 また、帯状疱疹は放っておくと発疹が水疱や潰瘍になり重症化してしまうことがあります。 抗ヘルペスウィルス薬は早めに服用を開始することで、1週間前後で治り、発疹の痕を残さずきれいに治癒しやすくなります。 可能な限り早めに病院に行きましょう。

次の