住民票 移す デメリット。 引越し先に住民票を移す場合のメリット・デメリット

「転出・転入」住民票を移す手続きは必要?現住所と違うデメリット|戸籍の手続きガイド

住民票 移す デメリット

住民票を移さなかったらどんなときに困る? 日本では、居住地を変更した場合、住民票を移さなければならないことが法律で定められています。 もし住民票の異動を怠ったら、 最大5万円の過料(罰金)の制裁を受ける可能性もあります。 と言っても、実際に住民票上の住所に住んでいない人もたくさんいますし、住民票を異動せず罰金を受けたなどという話もあまり聞きません。 「離婚するまでは住民票を移さなくても良いのでは?」と考える方も少なくないと思います。 別居の際に住民票を異動させなかった場合に起こる不都合としては、以下のようなことが考えられます。 子どもが別居先の学校にスムーズに入れない 子どもを連れて家を出る場合、新しい住所地の学校に子どもを通わせなければならないことがあります。 このとき、もし住民票を移していなければ、スムーズに転校できない可能性があります。 公立の小中学校では、住民票が移っていなければ、原則として転校が認められません。 事情を話せば一時的に転校ができるケースもありますが、あくまで例外的な扱いになりますから、いつまでも住民票を移さないままにしておくのは困難でしょう。 自分宛の郵便物を受け取れないことがある 住民票を移さなくても、郵便局に転送届を出せば、自分宛の郵便物を別居先に転送してもらうことができます。 しかし、役所や金融機関等から送られてくる郵便物の中には、住民票の住所に「転送不要」扱いで届くものがあります。 「転送不要」の郵便物には住所確認の意味がありますから、転送届を出していても転送されません。 差出人に返送されてしまうことになりますから、差出人にその住所に住んでいないことがわかってしまいます。 「転送不要」の郵便物には重要なものが多いですから、受け取れないと困ることになります。 また、住民票の住所に住んでいないことで、不利益を受ける可能性もあります。 役所からの郵便物を受け取るには、当然ですが住民票を移さなければなりません。 また、金融機関で住所変更手続きをする際にも、住民票の写し等が必要ですから、やはり住民票を異動させなければならないことになります。 住民票を移した方がメリットになることもある 別居中の夫婦の場合、実質的に離婚しているのと変わらない状態であるにもかかわらず、離婚協議やがかかってしまい、なかなか離婚できないというケースもあります。 特に女性の側は、離婚が成立すれば優遇が受けられる場面が多いのに、離婚が成立しないばかりに不利益を被ってしまうことがあります。 このような場合でも、 別居に際して住民票を異動していれば、既に離婚が成立しているのと同様の扱いをしてもらえることがあります。 公営住宅の申し込みができる可能性が出てくる 離婚して母子家庭になったなら、家賃の安い公営住宅(県営住宅・市営住宅など)に入りたいと考えている方も多いと思います。 自治体によって扱いは違いますが、一般に、夫婦が結婚している状態で、別居のための住居を確保する目的で公営住宅を申し込むことはできません。 しかし、婚姻中であっても、別居して既に一定期間が経過していれば、公営住宅の申し込みができるところもあります。 この場合には、別居期間を証明する必要がありますから、住民票を異動させておかなければなりません。 A,離婚を前提として、別居されて3か月以上が経過していれば申込可能です。 但し、別居状態を住民票で確認させていただき、所定の申立書を提出していただきますのでご承知おきください。 児童手当の受給者変更ができる 中学生以下の子どもがいる家庭に支給される公的な手当が児童手当です。 児童手当は、夫婦のうち所得の多い方が受給者となりますから、夫が受給者であるケースが多くなっています。 そのため、妻が子どもを連れて家を出た場合にも、児童手当はずっと夫の口座に振込されているということがよくあります。 児童手当は貴重な収入源ですから、子どもと同居する女性はなんとしても確保したいところでしょう。 夫が受け取った児童手当を妻にすんなり渡してくれればいいですが、離婚を前提としている夫婦の間では、なかなかそうもいかないはずです。 児童手当は、父母が離婚を前提に別居している場合には、子どもと同居している方に優先的に支給されることになっています。 住民票を異動すれば、児童手当の受給者を妻に変更し、妻の口座に直接振り込んでもらうことも可能になります。 なお、児童手当の受給者変更をする際には、住民票を異動しているだけでなく、離婚調停中や離婚協議中である旨の証明書の提出が要求されることがあります。 離婚調停中である旨の証明書(事件係属証明書)は家庭裁判所で発行してもらえますが、離婚協議中である旨の証明書は弁護士や行政書士に書いてもらう必要があります。 保育料が下がる可能性もある 子どもを認可保育所に預ける際の保育料は、夫婦の所得を合算した額を基準に算定されます。 そのため、妻が子どもを連れて別居した場合、自分の収入に比して保育料が高額になり、負担が大きくなってしまうということが起こりがちです。 多くの自治体では、たとえ離婚を前提とした別居であっても、夫婦双方の所得の合計により保育料を算定する扱いになっています。 しかし、別居が一定期間以上に及んでいる、離婚調停中である、などの条件をみたせば、同居している親の収入のみを基準に保育料の算定をしてもらえる自治体もあります。 こうした扱いをしてもらうには、少なくとも住民票を移していることは必須になります。 住民票を移すと困るケースはある? 別居の際、住民票を移すことがデメリットになることもあります。 以下のような場合には、住民票の異動には慎重になった方が良いでしょう。 子どもを転校させたくない場合 子どもを連れて別居する場合、別居先がそれほど離れていなければ、元の学校にそのまま通わせたいと考える方も多いのではないでしょうか? 別居先から学校まで子どもが歩いて行けない場合にも、「転校させるのはかわいそうだから、車で送り迎えしてでも元の学校に通わせたい」というお母さんやお父さんは珍しくないと思います。 公立の小中学校では校区が決まっていますから、校区外へ住民票を異動すれば、転校せざるを得なくなってしまいます。 しかし、住民票をそのままにしておけば、子どもが転校せずにすむことがあります。 なお、別居後も子どもをそのまま元の学校へ通わせても良いかどうかについては、自己判断するのではなく、事前に学校側と相談した方が良いでしょう。 国民健康保険に加入している場合 別居するとなると、健康保険の問題もあります。 妻が夫の社会保険の扶養に入っている場合には、たとえ別居することになっても、妻は夫の扶養に入ったままで、保険料も夫が負担することになります。 これは、住民票を移しても移さなくても同じです。 一方、夫婦とも国民健康保険に加入している場合には、住民票を移すかどうかで状況が変わります。 国民健康保険には扶養という概念がなく、世帯単位で加入することになります。 妻が別居して住民票を移し世帯が分かれてしまうと、妻は別居先で新たに国民健康保険に加入しなければなりません。 つまり、住民票を異動しなければ保険料はそれまで通り世帯主である夫が妻の分をまとめて支払うことになりますが、住民票を異動すれば妻の方でも保険料を支払わなければならなくなります。 国民健康保険の保険料は世帯の人数に応じて変わりますから、妻が子どもと同居する場合には、妻が子どもの分も払わなければなりません。 なお、国民健康保険の保険料は所得によって変わります。 所得が低い場合には減免も受けられますから、もし住民票を異動させるなら、減免制度を活用すると良いでしょう。 住宅ローンの名義人が出て行く場合 別居のため、住宅ローンを組んで購入した家をそのローン名義人が出て行く場合には、注意が必要になります。 住宅ローン返済中は、原則として名義人は住所変更ができません。 住宅ローンは自分が住むことを条件に金融機関から低金利でお金を借りているものになりますから、住所変更をすれば、契約違反ということになります。 住民票を移していることが金融機関にバレたなら、他のローンへの借り換えを要求されたり、一括返済を要求されたりする可能性があります。 また、住宅ローン控除を受けていた場合には、住民票を移すことにより、それ以降住宅ローン控除が受けられなくなります。 住宅ローン控除は金額が大きいですから、適用されないとなると大きなデメリットになってしまいます。 住民票を移すと相手に居場所を知られてしまう? 住民票を異動しても夫婦間ではバレる DVなどの理由で別居を考える場合には、相手に居場所を知られたくないことが多いはずです。 夫婦は同じ戸籍に入っていますが、日本では同じ戸籍に入っている以上、住民票がどこにあるかは簡単に調べられます。 たとえば、妻が夫と同居していた住所から住民票を異動した場合、夫は役所で戸籍の附票や住民票(除票)の写しを取ることで、妻の転出先を確認することができます。 現行制度上、妻はどこに引っ越しても夫に居場所がバレてしまうことになりますから、DVなどの事情があるケースでは困ったことになってしまいます。 そのため、DV等の被害者を保護するために、住民票や戸籍の閲覧・交付の制限をする措置が設けられています。 住民票等の閲覧・交付制限を行うDV等支援措置 DV等の被害者が申し立てることにより、加害者からの住民票や戸籍の附票の写しの交付等を制限し、被害者の住所が加害者に知られることを防ぐ措置は、「DV等支援措置」と呼ばれます。 DV等支援措置を受けるためには、まず、お住まいの地域の警察署や配偶者暴力支援センターなどの相談機関に相談する必要があります。 画像引用元: 住民票を移した方が離婚しやすくなる? 別居が長期間に及べば離婚できる たとえば、妻が離婚を希望しているのに夫が応じてくれない場合、妻が我慢できずに家を出ることもあると思います。 別居時点でこれと言った離婚原因がなくても、別居が相当の長期間に及べばそれ自体が離婚原因となり、妻は裁判してでも離婚することが可能になります。 なお、どのくらいの期間別居すれば離婚できるのかは一概には言えず、様々な要素を考慮してケースバイケースで判断されます。 別居期間を判断するのに住民票の異動が必要? 上記の別居期間を判断する際には、住民票が基準になるわけではありません。 別居にあたって必ず住民票を移さなければならないということはなく、現実に夫婦としての協力関係がないまま長期間別居していれば、離婚はできることになります。 ただし、この場合にも様々な要素を考慮して判断されることになりますから、住民票を移していることも判断要素の1つにはなり得ます。 住民票をそのままにしていれば、「戻ってくる気があったのでは?」と言われる可能性もありますから、離婚の意思が固いのなら、別居する時点で住民票を移しておいた方が良いと言えます。 まとめ 別居の際に住民票を移すとなると、子どもの転校が必要になったり、免許証や金融機関の住所変更も必要になったりしますから、手続きが煩雑になります。 離婚するかどうかまだ迷っているけれど、とりあえず冷却期間をおきたいような場合には、焦って住民票を移さない方がいいかもしれません。 既に離婚協議中や離婚調停中である場合には、住民票を移しておいた方がメリットになることが多くなります。 離婚が成立したらやらなければならない手続きが一気に増えますから、離婚後の手続きの負担を軽くするためにも、住民票は離婚前から異動させておいた方が良いでしょう。

次の

住民票の異動(移動)方法-必要なものは?移すデメリットはあるの?

住民票 移す デメリット

住民票移動【メリットとデメリット】 住民票移動【メリットとデメリット】 > 【メリット・デメリット】 質問:住民票を移すかどうか迷っています。 住民票移動のメリットとデメリットはどんなものが ありますか? 住民票移動は「生活の本拠地を移したとき」にしなければならない行政手続きです。 ですので、自由意思で住民票を移動しないというのは、過料が科せらます。 しかし、住所が2つあって、どちらにも生活の本拠という概念が当てはまる場合は、 どちらを住所にするかは自由です。 (例えば大学生の一人暮らしでアパートと実家の2つに住所があるとか) ここではそういった場合の住民票移動のメリットとデメリットを解説したいと思います。 この行政サービスはそれぞれの市区町村の住民票を基準として行われます。 市区町村によっては、保育料が無料のところがあったり、15歳までの医療費が無料であったり。 その市区町村で行われている行政サービスが最大のメリットといえるかもしれません。 そういったメリットを用意しているところもあるので、住民票移動の際にはそれを考慮してみるのもよいでしょう。 次にメリットとして挙げられるのは、その住所地の市区町村、または県の選挙権が得られるということです。 住民票移動をして3か月以上経つ者には選挙権があります。 ですので、その住所地の議員や長を選挙できるというのはメリットではないでしょうか。 あとやはり各種の手続きが楽になるということではないでしょうか。 どういうことかというと、社会保障の手続きにしても、住民票を基準としています。 例えば国民健康保険の手続きにしても、住民票のある市区町村で手続きしなければなりません。 介護保険にしたってそうです。 社会保障関係の手続きをはじめ、各種行政手続きがラクになるのが、住民票移動のメリットです。 これは新世帯主にとっては、住民票移動によるデメリットといえます。 また世帯主に収入がない場合、国民健康保険税の減額のシステムが用意されていますけど、 世帯主が変わると、そのシステムが適用されず、多い金額を支払わなければならないということもあります。 他に住民票移動のデメリットとして挙げられるのが、やはり付随する他の手続きです。 ・電気、ガス、水道 ・車検証の書き換え ・郵便局への届出 ・銀行への連絡 ・免許証の書き換え ・NHKへの連絡 ・などなど 住所が変わった場合、連絡しなければならないところが多いのもデメリットです。 お引っ越しを お考えのあなたへ アート引越しセンター サカイ引越センター ハート引越センター など。 100社の中から あなたの地域と人数にピッタリ合った 一番お得な引越し会社を で 一括無料見積もりできます。 現在のお住まい、引っ越し先、予定日 を打ち込むだけで比較できます。 日本最大級の引越し見積もりサイト スポンサーリンク.

次の

住民票は移したほうがいいのでしょうか。後期高齢者で一人暮らしの母が、...

住民票 移す デメリット

住民票は、全ての基本となりますので、ご質問の免許証の住所、選挙、住民票の交付はその役所に行かなければならない、役所からの通知文書が住んでいない役所から来る、等が想定されます。 実際に住んでいても、住民票上はもうその市町村の住民ではなく、住民票のある市町村の住民になります。 又、1月1日現在の住民票のある市町村が、住民税を課税します。 健康保険は、遠隔地被保険者証が交付されますし、税法上の扶養も扶養をしている事実があれば、別居していても御主人の扶養控除の申告は可能でしょう。 しかし、御主人の会社に奥さんの遠隔地被保険者証を申請するのであれば、言いたくないことも理由として言う必要がありますし、遠隔地に住まなければならない理由を聞かれるでしょう。 主人の仕事の都合でA市からB市に2人で引っ越した状態です。 なるほど。 短期だと一時的な居所であると解釈して住民票をそのままにするという選択はありえます。 とはいえ二ヶ月間だけのようですけどね。 役所の判断としては「生活の本拠がきちんとある」状態なのであれば「一時的な居住する場所」を単なる居所とみなして移動しないのは問題ないと考えます。 それでも一年以上継続して生活の本拠に戻らないようであれば問題と考えますけど。 住民税は1/1現在居住しているところに支払います。 ですらか仮にご主人を今からB市に移しても、2ヶ月後にA市に戻すのであれば、住民税はA市に支払うことになり、B市に支払うことにはなりません。 個人個人をみれば確かに「不思議な状態」かもしれませんが、A,B市の関係で言えばその逆のパターンもありうるわけでして、それでバランスが取れています。 主人の仕事の都合でA市からB市に2人で引っ越した状態です。 なるほど。 短期だと一時的な居所であると解釈して住民票をそのままにするという選択はありえます。 とはいえ二ヶ月間だけのようですけどね。 Q 里帰り出産で現在は実家のある長野にいます(今月生まれました) 住民票は愛知にあるため、出生届も愛知に出しましたし、医療証も児童手当の手続きも愛知でしました ただ、こどもの体調的な事情もありすぐに愛知に戻れる状況ではなくなりました 生後半年くらいまで長野にいるかもしれません 医療費の申請などはのちに愛知の市区町村にできるようですが、予防接種の助成などは他県では受けれないそうで、一度、私と子どもだけ住民票を長野に移そうかと考えています 夫のみ愛知に住民票を残すという事です それに際して、何か不自由な事はありますでしょうか? 例えば、生計が別だから扶養をはずれなければならないとか(私も子どもも夫の扶養です)、児童手当の事だとか(子どもは愛知にいませんが貰う者(夫)は愛知です) 数ヶ月の事なので、何か不自由があるのであれば、予防接種は実費で受けてもいいとも思っています(住民票を移さない選択)が、移すことによって何か面倒な事はありますでしょうか? もちろん、ずっと長野に住むわけではなく、早ければ2月頃、遅くても春には愛知に戻る予定です A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >…予防接種の助成などは他県では受けれないそうで、… 予防接種は「住民票」のある市町村で受けるのが原則ですが、下記相模原市のように「助成限度額の範囲内で助成」してくれる市町村もあります。 city. kawaguchi. html (相模原市の場合)『子どもの予防接種を市外で無料で受けることができますか。 city. sagamihara. kanagawa. 「別居」でも「扶養の実態」があれば「生計を一にする」とみなされます。 nta. htm 『No. nta. htm なお、「住民税」は「1月1日に居住している市町村」が課税することになっています。 (「原則」は住民票のある市町村) よって、今年ito1632さんに「非課税限度額」以上の所得があった場合は、1月1日に住民票のある市町村から6月くらいに「税額の通知」が届きます。 健康保険の「被扶養者」の大前提は「主としてその被保険者により生計を維持するもの」で、今回のように「妻」「18歳未満の子」ならば「別居」でも収入の要件さえ満たせば問題なく「被扶養者」として認定されますので【加入している健康保険の保険者に】確認してみてください。 recruit. mitsubishielectric. nikkeibp. nenkin. jsp? kenporen. nenkin. jsp? news-site. nenkin. jsp? city. takatsuki. osaka. その他にも思い当たるものがあれば、個別に確認が必要です。 >…予防接種の助成などは他県では受けれないそうで、… 予防接種は「住民票」のある市町村で受けるのが原則ですが、下記相模原市のように「助成限度額の範囲内で助成」してくれる市町村もあります。 city. kawaguchi. html (相模原市の場合)『子どもの予防接種を市外で無料で受けることができますか。 city. sagamihara. kanagawa. html... Q こんにちは。 アドバイスをいただけたら幸いです。 来年の春に出産予定なのですが、夫とは事情があって別居しており現在他県の実家におります。 このまま来年春の出産まで実家に滞在、出産数カ月後には夫のいる県に戻る予定です。 私は現在無職です。 夫婦片方だけの住民票の転出 及び再転入 は手続きが面倒だと聞いたのですが、 母子手帳の妊婦検診審査補助券や産後のサポートといった利点から(産婦人科からのアドバイスも有) 現在住んでいる実家に住民票をうつし、こちらの県で母子手帳を発行してもらおうと思っています。 この場合 1 医療費控除は税金を払っている人が対象になるので、出産に関与する確定申告はできないと考えて正しいでしょうか 2 住民票を移動すると夫の会社へも連絡しないといけないと聞きましたが会社の健康保険から支給される「出産育児一時金」に影響しますでしょうか? ご存知の方、もしくは同じような立場の方アドバイスいただけたら幸いです。 A ベストアンサー (1) これは、「医療費控除の申告をすると、所得税や住民税が軽減される」ため、税負担の無い人が申告しても意味がない、という意味です。 税負担がある人(本人)にかかった医療費のみが対象になる、という意味ではなく、税負担がある人が「支払った」医療費が、対象になります。 だから、出産に関する費用を、税負担のある人(今回の場合は、おそらくご主人)が支払うのなら、ご主人の医療費控除の対象になります。 (2) 質問者さんが、健保上の扶養だという前提で、住民票の異動だけなら、出産育児一時金に影響することは無いと思います。 ただ、扶養として入っている人の中で、同居ではない人がいる場合、1人1枚のカード式ではなく、1枚の保険証を「本人」「扶養」の皆で共用する場合、単身で遠方に住んでいる人は不便ですよね。 そういう場合、遠隔地用の保険証を発行してもらうとか、加入証明書みたいなのを発行してもらうと、保険証を遠方どうしで送りあうことなく保険診療ができます。 住民票の異動に関し、連絡が必要かどうかを確認し、必要だと言われたら伝える……という感じで良いのではないでしょうか。 (1) これは、「医療費控除の申告をすると、所得税や住民税が軽減される」ため、税負担の無い人が申告しても意味がない、という意味です。 税負担がある人(本人)にかかった医療費のみが対象になる、という意味ではなく、税負担がある人が「支払った」医療費が、対象になります。 だから、出産に関する費用を、税負担のある人(今回の場合は、おそらくご主人)が支払うのなら、ご主人の医療費控除の対象になります。 (2) 質問者さんが、健保上の扶養だという前提で、住民票の異動だけなら、出産育児... Q 結婚4年、0歳の子どもが一人いる専業主婦です。 理由あって、夫と別居生活を始めました。 (別居に関しては夫も合意の上、子どもは私と一緒です。 ) 現在、私の実家に暮らしており、住民票の移動などはしていないのですが、移動はしておいた方が良いのでしょうか。 (結婚して暮らしていた土地と実家は飛行機の移動が必要な距離です。 ) 気にかかっているのは、子どもの予防接種の事や病気にかかった時に何か問題が出るのでは、ということです。 現在私は仕事をしておらず、夫からある程度の生活費も受け取れる予定です。 この別居がすぐ離婚に結びつく予定は今のところないのですが、別居期間はいつまでか分からない為に心配しています。 住民票を移動した場合、実家の扶養家族になった方が良いのか。 それとも夫からの仕送りを受けている場合はそのような方法はとれないのか。 いろいろ質問して申し訳ないですが、何卒お知恵拝借できれば、と思っています。 よろしくお願いします。 Q 再来月からなのですが、妻(専業主婦)と子供(9ヶ月)と別居する事になりました。 今現在は妻子とも自分の健康保険の扶養に入っております。 別居に際しては子供の環境を考えて、妻が隣県の実家へ引越すというものです(今後保育園等の入園も考慮の上です)。 自分も単身になってしまうので引越しを考えております。 健康保険は会社の組合保険です。 医療機関の事を考え住民票をそれぞれ異動させる事は考えております。 そこで、こういうケースの場合は妻子を扶養に入れ続ける事は可能なのでしょうか? 子供も小さいし、妻の事も考えて費用面で扶養には入れておきたいと思っております。 会社の保険組合に聞くのが早いとは分かっておりますが、このような事情に精通した方がいらっしゃればアドバイスを頂ければと思いました。 恐縮ですが、よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >健康保険は会社の組合保険です。 (おそらく違うとは思いますが)「【国保】組合」ではないですよね? 「国保」には「被扶養者」という制度はないのですが、国保組合によっては「扶養家族」という表現を使うのでまぎらわしい場合があります。 「国保組合」は市区町村で加入する国保とも違う仕組みなので、もし「国保組合」の場合は加入されている組合にご確認ください。 city. yokohama. html >医療機関の事を考え住民票をそれぞれ異動させる事は考えております。 住民票の移動(住民登録)は特別な理由がない限り、本人の都合で「移動させない」ということは原則できないものです。 転居をされる際はお気をつけ下さい。 住民票の移動(異動)が遅れた場合、罰則がありますか。 単身赴任の際、住民票を移動することによるデメリットを教えて下さい。 ただし、収入の条件が厳しくなります。 多くの健康保険は「協会けんぽ」の条件に準じていますので「収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満」のところが多いとは思いますが、健康保険によって基準の厳格化(あるいは緩和)が行われていることがありますので【加入している】健康保険へ確認が必要です。 nenkin. jsp? recruit. html なお、健康保険で言う「収入」は税金の「収入・所得」とは別物です。 1月~12月で区切るとも限りませんし、「交通費を含むのかどうか?」といったことの確認も必要です。 (3号の条件は「協会けんぽ」の基準に準じます。 news-site. news-site. nenkin. jsp? ) 別居でも(住民票が別でも)「生計を一(いつ)にしている」のであれば「控除対象配偶者」になることができます。 所得基準も変わりません。 (年間の合計所得38万円以下) 『No. nta. 110ban. htm なお、「扶養控除」は所得税は平成23年、住民税は平成24年から16歳未満に対する控除がなくなりました。 ) 『No. nta. city. kashiwa. msn. nta. 長いですがよろしければご覧ください。 >健康保険は会社の組合保険です。 (おそらく違うとは思いますが)「【国保】組合」ではないですよね? 「国保」には「被扶養者」という制度はないのですが、国保組合によっては「扶養家族」という表現を使うのでまぎらわしい場合があります。 「国保組合」は市区町村で加入する国保とも違う仕組みなので、もし「国保組合」の場合は加入されている組合にご確認ください。 city. yokohama. Q 妻が離婚を前提として 他市に別居しているとして、生活に必要なため、 住民票を移動したいのですが、 困る点はありますか? そもそも、こういう場合の 住民票移動が可能かどうかの 問題もありますが・・・ 夫が自営で国民健康保険。 現在、妻は夫の扶養に入っている 状態です。 住民票を移動すると、 扶養とみなされないとか、 国民健康保険で困ることはありますか? 離婚成立までは 妻は実家に住民票をうつして、 その近所にアパートを借りて住む予定。 離婚成立までは、夫の扶養、夫世帯主の 国民健康保険を使う予定です。 そのほかに、住民票移動で 不利になる点、困ることがありましたら ご教授ただけるとありがたいです。 どうかよろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 まず,今回のケースで関係することを列記してみたいと思います。 簡単に書きますと「住所」とは生活の本拠としているところで,「居所」とは生活の本拠とはいえないが一時的に住んでいるところと考えていただくと分かりやすいかと思います。 ・法律的には,民法に次のとおり定められています。 [民法] (住所) 第二十二条 各人の生活の本拠をその者の住所とする。 (居所) 第二十三条 住所が知れない場合には、居所を住所とみなす。 2 日本に住所を有しない者は、その者が日本人又は外国人のいずれであるかを問わず、日本における居所をその者の住所とみなす。 ただし、法例 (明治三十一年法律第十号)その他準拠法を定める法律に従いその者の住所地法によるべき場合は、この限りでない。 つまり,他の健康保険に加入されない方は国民健康保険の加入資格を得,他の健康保険に加入したり他の市町村に転出された場合は加入資格を失います。 ・ただし,一定の要件を満たせば,他の市区町村に転出されても加入者の資格を失わず,「遠隔地保険証」が交付してもらえます。 具体的には,仕事や長期旅行などで,一時的に現在住んでいるところを離れる場合や,施設にはいる場合は,「遠隔地保険証」が交付されます。 [国民健康保険法] (被保険者) 第5条 市町村又は特別区(以下単に「市町村」という。 )の区域内に住所を有する者は、当該市町村が行う国民健康保険の被保険者とする。 (資格喪失の時期) 第8条 市町村が行う国民健康保険の被保険者は、当該市町村の区域内に住所を有しなくなった日の翌日又は第6条各号(第6号及び第7号を除く。 )のいずれかに該当するに至った日の翌日から、その資格を喪失する。 ただし、当該市町村の区域内に住所を有しなくなった日に他の市町村の区域内に住所を有するに至つたときは、その日から、その資格を喪失する。 ・住民票については,奥さんが生活の本拠を動かされる,つまり「住所」を動かされるのでしたら,移動が可能と言うか住民基本台帳法に基づき移動する必要があります。 もし,近い将来,戻ってこられるのでしたら つまり別居先が「居所」でしたら ,住民票は移動されなくても結構です。 「住所」か「居所」かは,主観的なものもありますから,どちらかはお二人で判断していただくことになります。 現在、妻は夫の扶養に入っている状態です。 住民票を移動すると,扶養とみなされないとか,国民健康保険で困ることはありますか? ・国民健康保険については,そもそも扶養と言う概念がありません。 会社などで加入される保険は被保険者がいてその扶養家族がいると言う形になっていますが,国民健康保険は全員が被保険者で同列です。 つまり,各自が国民健康保険に加入し,しかも,住民票の世帯単位でいっしょに加入することになっており,世帯主は,その代表になっているだけです。 ・先にも書きましたが,国民健康保険はその市区町村に住んでいることが必要条件ですし,世帯単位で加入することになっています。 今回,奥さんが他の市区町村に転出されたのでしたら,現在の国民健康保険の加入資格はなくなりますから,新しい市区町村でお一人で国民健康保険に加入することになります。 また,同じ市区町村に転居された場合も,世帯が変わりますので同じく,一人で別に加入することになります。 離婚成立までは、夫の扶養、夫世帯主の国民健康保険を使う予定です。 ・まず,住民票なのですが,実家に住民票を移されるのでしたら,実家にお住まいになる必要があります。 アパートにお住まいになるのでしたら,アパートに住民票を移す必要があります。 これを怠ると,前述のとおり「住民基本台帳法」に違反する恐れがあります。 ・また,上記のとおり,住民票を移動されると同じ国民健康保険には加入できませんので,奥さんは別に国民健康保険に加入する必要があります。 ・国民健康保険 まず,奥さんについて国民健康保険に加入しなおす必要があります。 つまり,健康保健が二つに分かれます。 ところで,国民健康保険の保険料の計算には,一世帯いくらで支払う部分がありますから,世帯を分けると,その部分を二重に支払うことになり,お二人の保険料を合算するとその部分の負担が増えることになります。 今回のケースでは,「遠隔地保険証」の交付の対象になるかは微妙ですが,できるかどうか役所に確認されてもいいかもしれないですね。 ・税金 同居されていない場合,あなたの所得税について,扶養控除が受けられなくなる可能性があります。 別居していても扶養控除の対象になる場合がありますが,扶養家族にするためには,奥さんがあなたからの仕送りで生活している必要があり,それを証明する必要があります 金融機関での送金記録などの提示ですね。 ・その他 奥さんについてですが,国民年金,クレジットカード,預金,運転免許証などについて,住所変更の手続きが必要になりますので,結構手間かと思います。 主なものとしては,こんなところでしょうか。 こんにちは。 まず,今回のケースで関係することを列記してみたいと思います。 簡単に書きますと「住所」とは生活の本拠としているところで,「居所」とは生活の本拠とはいえないが一時的に住んでいるところと考えていただくと分かりやすいかと思います。 ・法律的には,民法に次のとおり定められています。 [民法] (住所) 第二十二条 各人の生活の本拠をその者の住所とする。 A ベストアンサー 校区外通学の許可基準に関しては全国的にほぼ同一ですが、自治体により若干違いがありますので、その点をご理解頂いた上でお読み下さい。 まず住宅購入予定による理由については、期間が長いゆえ通用し難いかも知れませんが、相談の余地はあります。 期間は通常半年から1年程度ですが、期間を明記している所とそうでない所があり、自治体によって判断基準が異なる部分です。 申請には建築確認書など提出が必要になります。 もしこれでいけるようなら書類上の問題はありません。 共働き世帯で、ご実家が預かり先になってもらえそうであれば、やはりこちらも住民票の移動は必要ありません。 勤務証明とご実家の預かり証明書が必要になります。 大抵は低学年の間継続して有効で、更新すれば卒業までいけます。 ただし適用期間はご実家にもそれ相当の責任を持って頂くことになりますので、あらかじめご実家とよく相談してください。 教委、学校サイドが最も気にするのは、登下校及び緊急時の児童の安全確保です。 そのあたりの説明を明確にしておいて下さい。 希望の学校までの道のりは毎日保護者と共にされますか? お子様お一人でも安全に配慮し登下校できる範囲ですか? 緊急時にはどなたかが保護者としてすぐに動けますか? 例え住民票を移すとしても容易く了解が得られるとは思えません。 質問者様の場合はご実家にということですので多少有利ではあるものの、心身ともに健康なご両親をお持ちなのですから、一般的には両親との同居が望ましいという判断になります。 質問者様が病弱であったりするなら問題はなくなると思います。 又、教委に何の相談もせず単に住民票を移動する(架空の住民登録)だけでは『不適正な区域外通学』とされ、かえって面倒なことになりますよ。 いずれにしても、一度お住まいの自治体の教委に相談に行かれる方が宜しいかと思います。 校区外通学の許可基準に関しては全国的にほぼ同一ですが、自治体により若干違いがありますので、その点をご理解頂いた上でお読み下さい。 まず住宅購入予定による理由については、期間が長いゆえ通用し難いかも知れませんが、相談の余地はあります。 期間は通常半年から1年程度ですが、期間を明記している所とそうでない所があり、自治体によって判断基準が異なる部分です。 申請には建築確認書など提出が必要になります。 もしこれでいけるようなら書類上の問題はありません。 共働き世帯で、ご実家が... A ベストアンサー 国民健康保険の被保険者は世帯主なんです。 これは、世帯主が国保に加入していなくても 変わらないんですね。 では、世帯主が国保加入者じゃなくて、 実際は世帯員の誰かだけが国保加入者だった 場合はどうなるかというと、世帯主を 国保の擬制世帯主として被保険者にします。 なので、今までは世帯主さん宛に支払いの 通知書がきていたんです。 実際にお支払いになるのが世帯員の誰かでも 構わないんですよね。 ・・で、住所異動をされるとどうなるかと いいますと・・・。 貴方が住所異動されるということは、 貴方が新住所地で世帯主になるわけですから、 当然被保険者は貴方になり、支払いの通知も 貴方宛に来ることになります。 貴方だけが国保加入者で、親御さんの方は 擬制世帯主であれば、貴方の転出と同時に 擬制世帯主の適用を外れて、国保世帯では なくなります。 そういう仕組みなんです。 ちなみに、手続きなんですが、 国保資格の有無は転出する際には転出証明書に 記載されています。 転入先の市民課では 必ずその欄を確認し、転入届の事務確認欄に 転記しています。 国保の異動処理を市民課で一括で行うか、 国保・年金課へ行ってください。 というようにするのかは自治体によって 違います。 転居の場合は、国保の資格ごとデータを 新住所地に移してしまいます。 国民健康保険の被保険者は世帯主なんです。 これは、世帯主が国保に加入していなくても 変わらないんですね。 では、世帯主が国保加入者じゃなくて、 実際は世帯員の誰かだけが国保加入者だった 場合はどうなるかというと、世帯主を 国保の擬制世帯主として被保険者にします。 なので、今までは世帯主さん宛に支払いの 通知書がきていたんです。 実際にお支払いになるのが世帯員の誰かでも 構わないんですよね。 ・・で、住所異動をされるとどうなるかと いいますと・・・。 貴方が住所異動される...

次の