フランソワ プレ ラー ティ。 fgo 【画像】Fakeからの刺客!フランソワ・プレラーティ実装クル━━━(゚∀゚)━━━!?やばい欲しいwww

【シンフォギアXD】プレラーティの評価

フランソワ プレ ラー ティ

フランソワ・プレラティ 15世紀のイタリアにプレラーティは生まれます。 その後、聖職者を目指し僧侶となりました。 しかしある時からジャン・ド・フォンタネルと言う医師にして魔術師という 異端中の異端と出会い、魔術や錬金術のたぐいに傾倒していきます。 ジル・ド・レイと出会う ジャン・ド・フォンタネルという人物と出会い 魔術に傾倒したフランソワは、錬金術士の会合でジル・ド・レイと知り合います。 ジル・ド・レイは当時ジャンヌを失くしたことにより 浪費や奇行を繰り返していました。 そして、ジル・ド・レイの財産に目をつけたフランソワは彼に近寄り 錬金術を成功させるには悪魔崇拝しかないとそそのかします。 そそのかされたジル・ド・レイは、その後凶行を行っていくのです。 ジル・ド・レイの逮捕後 ジル・ド・レイが逮捕されると、共謀者としてフランソワも捕らえられます。 しかし、処刑されたジル・ド・レイとは違い終身刑に収まります。 それで終わるのであれば、まだ良かったのですが フランソワは牢獄から脱獄し、アンジュー公ルネに仕えるようになります。 代官となるも処刑 アンジュー公ルネに取り入り、彼のもつ所領の町の代官へとなったフランソワ ですが、その栄光も長くは続きませんでした。 ついには捕らえられて、最後には処刑されてしまいます。 絞首刑でした。 いろいろな作品に名前が出てくる ここまでのことをして、なにも語られていないのは疑問なのですが 作品によってはその名前が登場します。 ジル・ド・レイを取り扱った作品。 だってあいつが元凶なんだもん!!! まとめ フランソワ・プレラーティの事を色々と調べていくと 本当に資料がないんですよね…。 海外の資料ならばまだ詳しい物はあると思うかもしれませんが 英語版のウィキペディアに行っても、わずか3行で終了してました。 この5年間に何をしていたのかというのもどこを探してもなかったですし アンジュー公ルネ自体も、善良王と呼ばれるくらいの人物…。 彼の子孫についてはそれなりにあるんですけども 初代ナポリ王だということくらいしかないんですよね…。 詳しい方が居ましたら、解説をお願いします!!

次の

英雄と王を巧みに利用した「フランソワ・プレラーティ」

フランソワ プレ ラー ティ

Wilson, Thomas 1889. Blue-beard, a contribution to history and folk-lore: being the history of Gilles de Retz, of Brittany, France, who was executed at Nantes in 1440 A. , and who was the original of Blue-beard in the tales of Mother Goose, p. 73-79. Putnam's Sons. Rothenberg, Molly Anne; Foster, Dennis A. 2003. Perversion and the Social Relation: sic IV, p. 140, 156. Duke University Press, 0822384728. Penney, James 2012. The World of Perversion: Psychoanalysis and the Impossible Absolute of Desire, p. SUNY Press, 2012. 0791481670. Butler, Eliza Marian 1949. Ritual Magic, p. 102. Penn State Press. 0271044888. Mathews, Chris 2009. Modern Satanism: Anatomy of a Radical Subculture, p. Greenwood Publishing Group 031336639X. Benson, Ann. 2003. Thief of Souls, p. 441. Bantam Dell, 0440236290.

次の

フランソワ・プレラーティ(休止中)(@F_Prelati)のプロフィール

フランソワ プレ ラー ティ

概要 [ ] 初出は『』1939年3月号に掲載された作の『ハスターの帰還(The Return of Hastur)』で、ダーレスの設定したクトゥルフ信仰に関する魔導書であり、ダーレス作品に度々登場する。 来歴 [ ] 基本設定 [ ] の研究家エイモス・タトルが、アジア内陸部からやって来た中国人から10万ドル(当時)で購入した写本。 されている。 エイモスの死後、甥のポール・タトルにより付属図書館に寄贈される。 また入手経路不明ながら、太平洋考古学の権威であるハロルド・ハドリー・コープランド教授も所持していた。 内容は大いなるを主に、その眷属と海の関わり、異界のものを召喚する呪文、ムー大陸とルルイエの沈没について記述されている。 ミスカトニック大学の哲学教授ラバン・シュリュズベリイ博士は、ルルイエ異本を詳細に研究し、『ルルイエ異本を基にした後期原始人の神話の型の研究』( An Investigation Into the Mythpatterns of Latterday Primitives With Especial Reference to the R'lyeh Text)という論文を書いている(「永劫の探求」)。 派生設定 [ ] エイモス・タトルのルルイエ異本は記載言語不明。 では漢文(中国語)とされるが、リン・カーターはルルイエ語としている。 日本のTRPG設定において、の時代(紀元前2000年頃)に著され、中国語で『螺湮城本伝』と題されたとされ、さらに人皮装丁の訳版が追加された。 つまり、中国語の螺湮城本伝=ルルイエ異本というのは後付けで成立した設定である。 イタリア語訳は14世紀にが中国から持ち帰ったものをに魔術師が部分的にイタリア語へと翻訳し、それをが所持していたという説がある。 螺湮城本伝の設定を踏まえて、実在する『』は、ルルイエ異本=螺湮城本伝を原本としたものだという。 山海経は王朝・王朝時代に成立して、さらに自称では夏王朝のから伝わっているものだが、実はルルイエ異本の劣化版なのだという。 ルルイエ異本から内容が大幅に変わり九頭龍(クトゥルフ)召喚の呪文なども全て抜け落ちた果てが、山海経なのだという。 証拠づけるように、現存の山海経には螺湮城()が沈む南極海淵(昆侖南淵)の位置を示すらしい「昆侖の南の淵は深さ三百仞」という記述がある。 さらに螺湮城本伝の設定を踏まえて、『』には元帥が黒魔術師として登場する。 プレラーティのイタリア語版ルルイエ異本を所持している(螺湮城教本、プレラーティーズ・スペルブックという名称)。 これはジル元帥とプレラーティに親交があったことによる設定。 おぞましさゆえに書物自体が異形の魔物とまでに化したものとして描かれており、発狂したジル元帥は本書を用いて異界のものを召喚して攻撃する。 螺湮城教本は螺湮城本伝の劣化コピー版にすぎず、作中未登場の「本伝」はよりずっとおぞましいという言及が設定にある。 螺湮城はルルイエのこと。 現代中国語のクトゥルフ神話では、ルルイエは「」、ルルイエ異本は「」と表記される。 登場作品 [ ]• 「ハスターの帰還」 The Return of Hastur (オーガスト・ダーレス)1939年• 「破風の窓」 The Gable Window (&オーガスト・ダーレス) 1957年• 『クトゥルー 闇の黙示録』:訳、、1980年、ASIN B000J81JSK。 『クトゥルー 1』大瀧啓裕:訳、青心社《暗黒神話大系シリーズ》、1980年、。 「永劫の探求」 The Trail of Cthulhu (オーガスト・ダーレス)1944年から1952年の連作短編• 『クトゥルー 2』大瀧啓裕、岩村光博:訳、青心社《暗黒神話大系シリーズ》、1988年、。 「丘の夜鷹」 The Whippoorwils in the Hills (オーガスト・ダーレス)1948年• 『クトゥルー 3』大瀧啓裕:訳、青心社《暗黒神話大系シリーズ》、1989年、。 「」 2006年-2007年 脚注 [ ] [].

次の