国民 年金 基金 連合 会 ideco。 個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ) |イオン銀行

個人型確定拠出年金(iDeCo)は小規模企業共済等掛金控除!年末調整書類の書き方の注意点

国民 年金 基金 連合 会 ideco

実施 主体 国民年金基金連合会 加入できる者• 自営業者等 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を 免除されている方を除く) (国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者 (公務員や私学共済制度の加入者を含む。 企業型年金加入者においては、企業型年金規約において 個人型年金への加入が認められている方に限る。 ) (国民年金2号被保険者)• 専業主婦(夫)等 (国民年金第3号被保険者) 掛金の拠出 加入者個人が拠出 を利用する場合は事業主も拠出可能 拠出 限度額• 厚生年金保険の被保険者のうち• 〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合 12,000円/月• 〔2〕企業型年金のみを実施している場合 20,000円/月• 〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く) 23,000円/月• 〔4〕公務員、私学共済制度の加入者 12,000円/月• 専業主婦(夫)等 23,000円/月 老齢給付金 障害給付金 死亡一時金 脱退一時金 給付 5年以上20年以下の有期又は終身年金 規約の規定により一時金の選択可能 5年以上20年以下の有期又は終身年金 規約の規定により一時金の選択可能 一時金 一時金 受給要件等 原則60歳に到達した場合に受給することができる 60歳時点で確定拠出年金への加入者期間が10年に満たない場合は、支給開始年齢を引き伸ばし• ただし、受給には以下の全ての要件に該当している必要があります。 [1] 国民年金保険料免除者であること。 [2] 障害給付金の受給権者でないこと。 [3] 掛金の通算拠出期間が3年以下であること• (退職金等から確定拠出年金へ資産の移換があった場合には、その期間も含む)• または資産額が25万円以下であること。 [4]最後に企業型年金加入者または個人型年金加入者の資格を喪失した日から 起算して2年を経過していないこと。 [5]脱退一時金の支給を受けていないこと。 事業主の掛金と従業員の掛金との合計は、iDeCoの拠出限度額の範囲内 (月額2. 3万円相当)に設定します。 こちらの制度を導入することで、企業年金を実施していない中小企業が、 従業員の老後の所得確保に向けた支援を行うことができます。 iDeCo+のチラシ、事業主がiDeCo+を導入する際に役立つ「導入ガイド」 及びiDeCo+、簡易型DC制度を紹介するパンフレットを 作成いたしましたのでご活用ください。 事務の概要や従業員の方への周知には、下記パンフレットをご利用ください。

次の

iDeCoの概要 |厚生労働省

国民 年金 基金 連合 会 ideco

実施 主体 国民年金基金連合会 加入できる者• 自営業者等 (農業者年金の被保険者の方、国民年金の保険料を 免除されている方を除く) (国民年金第1号被保険者)• 厚生年金保険の被保険者 (公務員や私学共済制度の加入者を含む。 企業型年金加入者においては、企業型年金規約において 個人型年金への加入が認められている方に限る。 ) (国民年金2号被保険者)• 専業主婦(夫)等 (国民年金第3号被保険者) 掛金の拠出 加入者個人が拠出 を利用する場合は事業主も拠出可能 拠出 限度額• 厚生年金保険の被保険者のうち• 〔1〕厚生年金基金等の確定給付型の年金を実施している場合 12,000円/月• 〔2〕企業型年金のみを実施している場合 20,000円/月• 〔3〕企業型年金や厚生年金基金等の確定給付型の年金を 実施していない場合(下記〔4〕の方を除く) 23,000円/月• 〔4〕公務員、私学共済制度の加入者 12,000円/月• 専業主婦(夫)等 23,000円/月 老齢給付金 障害給付金 死亡一時金 脱退一時金 給付 5年以上20年以下の有期又は終身年金 規約の規定により一時金の選択可能 5年以上20年以下の有期又は終身年金 規約の規定により一時金の選択可能 一時金 一時金 受給要件等 原則60歳に到達した場合に受給することができる 60歳時点で確定拠出年金への加入者期間が10年に満たない場合は、支給開始年齢を引き伸ばし• ただし、受給には以下の全ての要件に該当している必要があります。 [1] 国民年金保険料免除者であること。 [2] 障害給付金の受給権者でないこと。 [3] 掛金の通算拠出期間が3年以下であること• (退職金等から確定拠出年金へ資産の移換があった場合には、その期間も含む)• または資産額が25万円以下であること。 [4]最後に企業型年金加入者または個人型年金加入者の資格を喪失した日から 起算して2年を経過していないこと。 [5]脱退一時金の支給を受けていないこと。 事業主の掛金と従業員の掛金との合計は、iDeCoの拠出限度額の範囲内 (月額2. 3万円相当)に設定します。 こちらの制度を導入することで、企業年金を実施していない中小企業が、 従業員の老後の所得確保に向けた支援を行うことができます。 iDeCo+のチラシ、事業主がiDeCo+を導入する際に役立つ「導入ガイド」 及びiDeCo+、簡易型DC制度を紹介するパンフレットを 作成いたしましたのでご活用ください。 事務の概要や従業員の方への周知には、下記パンフレットをご利用ください。

次の

プロ1人が選んだ「おすすめiDeCo(個人型確定拠出年金)ランキング」5選。プロが教える「iDeCo(個人型確定拠出年金)の選び方」

国民 年金 基金 連合 会 ideco

関連情報(脱退一時金・行動準則など) iDeCoのしくみ iDeCo(個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づき、国民年金基金連合会が主体となって運営しています。 脱退一時金 確定拠出年金の年金資産は原則60歳になるまで引き出すことはできません。 以下の要件を満たした場合は例外的に脱退一時金を請求することができます。 確定拠出年金の加入資格を喪失した時期によって適用される条件が異なります。 2017年1月以降に資格喪失したかた 要件(1) 年金資産が15,000円以下で、次の要件をすべて満たしていること。 企業型確定拠出年金、個人型確定拠出年金のいずれかの加入者、運用指図者でないこと。 加入者の資格を喪失した日が属する月の翌月から起算して6ヶ月を経過してないこと。 要件(2) 次の要件をすべて満たしていること。 国民年金保険料免除(納付猶予)者であること。 障害給付金の受給権者でないこと。 加入者資格を喪失してから2年以内であること。 免除の理由によっては要件を満たさず脱退一時金を請求できないことがあります。 通算拠出期間については法令等をご確認ください。 金額等は変更となる可能性があります。 2016年12月までに資格喪失したかた 要件(1) 年金資産が15,000円以下で、次の要件をすべて満たしていること。 企業型確定拠出年金、個人型確定拠出年金のいずれかの加入者、運用指図者でないこと。 加入者の資格を喪失した日が属する月の翌月から起算して6ヶ月を経過してないこと。 要件(2) 次の要件をすべて満たしていること。 個人型確定拠出年金の加入者となる資格があること。 継続個人型年金運用指図者(企業型確定拠出年金の加入者資格喪失後、企業型確定拠出年金の運用指図者または個人型確定拠出年金の加入者となることなく個人型確定拠出年金の運用指図者となった者で、その申し出をした日から起算して2年を経過している者)であること。 障害給付金の受給権者でないこと。 継続個人型年金運用指図者となった日から2年を経過していないこと。 年金資産が15,000円以下の場合の脱退一時金を受け取っていないこと。 通算拠出期間については法令等をご確認ください。 脱退のお手続きについては下記のコールセンターへお問い合わせください。 行動準則など 運営管理機関の役割• 運用関連業務• 個別の運用商品を選定し、提示すること。 選定・提示した運用商品に関する情報を提供すること。 記録関連業務• 加入者等の氏名、住所、個人別管理資産、その他の加入者等に関する事項を記録、保存および通知すること。 加入者等が行った運用の指図の取りまとめ、およびその内容を国民年金基金連合会へ通知すること。 給付について裁定を行ない、裁定を行ったときにはその内容を国民年金基金連合会に通知すること。 運営管理機関の行為準則等• 法令、法令に基づく厚生労働大臣の処分、運営管理契約を遵守し、加入者等のために忠実にその業務を遂行しなければなりません。 加入者等の個人情報を保管します。 また、個人の同意やその他の正当な理由がある場合を除いて、業務に必要な範囲内のみで使用・保管しなければなりません。 次のような行為は禁じられています。 運営管理契約を締結する際に、加入者等の損失の全部あるいは一部を負担することを約束すること。 運営管理契約を締結する際に、加入者等また契約の相手方に特別の利益を提供することを約束すること。 運用関連業務に関して発生した加入者等の損失の全部または一部を補てんしたり、加入者等の利益に追加するために、当該加入者等または第三者に対して利益を自ら提供した第三者に提供させること(自己に責任のある事故による損失の全部または一部を補てんする場合を除きます)。 ここでいう重要事項には次のことが含まれます。 委託または再委託を受けることができる運営管理業務の種類と内容• 再委託する確定拠出年金運営管理機関の名称と住所、および再委託しようとする運営管理業務の内容• 自己および再委託しようとしている確定拠出年金運営管理機関の業務の状況• 運営管理業務に関する処分の有無(処分を受けたことがある場合は、当該処分の内容)• 自分たち、または加入者等以外の第三者の利益を図るために、特定の運用商品を提示すること。 加入者等に対して、提示した運用商品のうち特定のものについて指図を行うこと、または行わないことを勧めること。 加入者等に対して、年金制度、提示した運用商品、提示した運用商品について他と比較した事項等に関して、不実のことまたは誤解させるおそれのあることを告げたり表示したりすること。 加入者等が運営管理機関を選択できる場合、加入者等の判断に影響を及ぼすこととなる事項について、故意に事実を告げなかったり、または不実のことを告げること。 国民年金基金連合会の役割• 個人型年金規約の作成• 個人型年金加入者の加入資格審査• 掛金の収納管理• 掛金拠出限度額の管理 国民年金基金連合会の行為準則等• 法令、法令に基づく厚生労働大臣の処分、個人型年金規約を遵守し、加入者等のために忠実にその業務を遂行しなければなりません。 加入者等の個人情報を管理します。 また、個人の同意やその他の正当な理由がある場合を除いて、業務に必要な範囲内のみで使用・保管しなければなりません。 次のような行為は禁じられています。 自分たち、または加入者等以外の第三者の利益を図るために、運営管理業務の委託契約や事務委託契約を締結すること。 運用関連業務を委託した確定拠出年金運営管理機関に、特定の運用の方法を個人型年金加入者等に対し提示させること。 運用関連業務を委託した確定拠出年金運営管理機関に、個人型年金加入者等に対して、提示した運用の方法のうち特定のものについて指図を行うことまたは行わないことを勧めさせること。 個人型年金加入者等に、特定の運用方法について指図を行うことまたは行わないことを勧めること。 個人型年金加入者等に、運用の指図を連合会または個人型年金加入者等以外の第三者に委託することを勧めること。 個人型年金加入者等に、当該個人型年金加入者等に係る運営管理機関を行う確定拠出年金運営管理機関として特定のものを指定し、またはその指定を変更することを勧めること。

次の