ストーリー 番号。 メイプルストーリーについてなんですが、最近プレイしようと思いアップデー...

ストーリー株式会社

ストーリー 番号

インスタグラムのストーリー機能とは? インスタグラムのストーリー機能は、写真や動画をスライドショーのような形式で投稿することができます。 例えばインスタグラムにたくさんの写真を投稿した場合、タイムライン上があなたの投稿で溢れかえってしまい、フォロワーからウザイと思われてしまう可能性がありますが、ストーリー機能を使えば1つの投稿で複数の写真や動画をアップすることができるので、フォロワーからウザがられることも無く、オシャレにスマートに投稿することができます。 また、投稿したストーリーは 24時間で自動的に削除されます。 一時的な情報発信の手段として非常に便利ですし、より手軽に軽い気持ちで投稿できちゃいます。 ストーリーを投稿する方法 インスタグラムトップの 左上アイコンをタップ、もしくは 画面を右方向へスワイプするとストーリーの投稿画面になります。 撮影ボタン タップで写真、 長押しで動画撮影することができます。 また、画面下部の 【通常】と表示されている部分を横スライドすることで撮影モードを切り替えることができます。 BOOMERANG 一定時間内で間隔を空けた連続写真を撮り、それを繋ぐことでコマ送り動画のような映像を撮影することができる。 ハンズフリー 長押しすることなく動画撮影することができる。 撮影後、ストーリーボタンを押せばストーリーに追加されます。 なお、複数ストーリーを追加したい場合は、都度撮影して追加していけばOKです。 エフェクトを追加する方法 ストーリーは、ただ撮影した写真や動画を投稿するだけじゃありません。 エフェクトを付けることもできます。 画面左右スワイプでフィルタを選択。 明るさを変える事ができます。 手書きでの文字入力にも対応!色も指定できます。 手書き文字の太さ指定も可能です。 またテキストでの入力も可能です。 カメラロールからストーリーに投稿する方法 ストーリーは、その場で撮影するだけでなく、カメラロールからもストーリーに投稿することができます。 ストーリーの投稿画面からアルバムマークをタップします。 少し小さい表示になっています。 スマホに保存されている写真が表示されるので、ストーリーに投稿したい写真を選択しましょう。 【複数を選択】をタップすれば、一括で複数の写真を選択することもできます。 ストーリーを見せたくない相手に非公開! 作成したストーリーは、基本的にはすべてのユーザーに公開されますが、ユーザー指定で非公開(表示されない)設定にすることが可能です。 対象ユーザーページから設定 自分のストーリーを見せたくないユーザーの個別ページのメニューボタンから 【ストーリーを表示しない】を選択すると、対象ユーザーに対して自分のストーリーが表示されなくなります。 自分のストーリーを表示させないユーザーを選択できます。 この場合は、自分のフォロワー内から表示しないユーザーを選択する事になります。 ストーリーを削除する方法 公開したストーリーを削除する方法です。 間違った投稿をしちゃった場合などに使えます。 自分のストーリーを開き、メニューボタンから 【削除】を選択すれば削除することができます。 注意点としては、 ストーリーの削除は1枚ずつしかできないこと。 現在表示されている写真or動画が削除の対象となるので、全削除したい場合は1個ずつ地道に消していきましょう。 有名人や芸能人のストーリーなどは、非常に凝ったつくりでオシャレでスタイリッシュな仕上がりになっているものが多く参考になります。 みんなから注目を浴びれるようなストーリーを作成してインスタのフォロワー数アップ・人気者を目指そう! 一緒に読みたい記事• インスタグラムの使い方トップ•

次の

Googleマップ・ストリートビュー住所検索(郵便番号検索)

ストーリー 番号

この記事は、2015年12月11日に掲載した「ユーザーストーリーから考えるUIデザイン」を再編集したものです。 あるデザインチームが、クライアントの新しいアプリのモックアップについて話し合っているとします。 すると、アプリがどのようにあるべきかついて、チームメンバーはそれぞれ 違う考えを持っているということが明らかになります。 こうなると、ミーティングはすぐに、「何が正しいか」というよりも、「誰が正しいか」という議論になってしまいます。 誰もが自分のデザインを守ろうとしますが、誰もユーザーを守ろうとはしません。 ひょっとしてあなたにも思い当たる節がありませんか? このようなときにこそ、ユーザーストーリーを導入する必要があります。 ユーザーストーリーは、アジャイル開発でよく使われるものですが、UIデザインプロセスに応用することで、デザインの肝心な土台を作ることができます。 特に、無駄が省かれたユーザーストーリーであれば、導入にもほとんど時間がかからず、かつプロジェクトを軌道に乗せることができるでしょう。 アプリ開発会社のUIデザインチームが、デザインプロセスにユーザーストーリーを導入したところ、ユーザーストーリーには3つのメリットがあることがわかりました。 プロダクトをユーザー中心で考えることができる 2. チームメンバーたちの協力を促してくれる 3. 機能過多やデザインの行き詰まりを防止する ユーザーストーリーとは は、「ユーザーがソフトを使って何がやりたいか」を示すものです。 アジャイルや開発戦略に由来するものですが、デザイナーにとってはユーザーの目的を思い出させ、デザインを体系化し、優先順位をつけてくれる方法だと言えます。 ユーザーストーリーは、とても短いもので1文程度です。 テンプレートは、 「ユーザーとして、私は~がしたい」というものです。 これらはとても短く具体的なので、すべてのケースをカバーするには、多くのストーリーが必要になります。 アカウント作成のユーザーストーリー たとえば、ユーザーストーリーの始まりが、「ユーザーとして、私は新しいアカウントを作りたい」だとします。 それでは、新しいアカウントを作るのに本当に必要なものは何でしょうか。 ユーザーは、ユーザー名、パスワード、そのほか適切な情報が必要になります。 各アクションにユーザーストーリーが必要です。 それぞれが具体的であればそれだけ、デザイナーや開発者はあとが楽になるでしょう。 「新しいアカウント作成」は、さらにこのように分解できます。 「ユーザーとして、私は新しいユーザー名を打ち込みたい」• 「ユーザーとして、私はパスワードを入力したい」• 「ユーザーとして、私はパスワードを確認用に再入力したい」• 「ユーザーとして、私はこの情報を送信してアカウントを作りたい」 これが適切にできると、ユーザーストーリーの長いリストができ、最終的なプロダクトに組み込めるものになります。 Citrusbitsは、クイックシルバーの洋服用のiPadアプリをつくり、取り扱い店の在庫を追跡し、新しい服の注文や追加注文を簡単にできるようにしました。 最初は単純なアプリのように思えましたが、ディテールをカバーすると、ユーザーストーリーは266個になりました。 以下より、ユーザーストーリーの3つのメリットについて説明します。 ユーザー中心主義を貫く プロジェクトのステークホルダーとの最初のミーティングでは、デザイナーはまずレイアウトやカラースキームを決めるところから始めます。 ステークホルダーの目的を聞いて、エンドユーザーについて知ると、アプリがどのようになるかが思い浮かびます。 しかし、重要なのは、本末転倒にならないことです。 まずユーザーストーリーを明確にし、ユーザーストーリーに沿ったデザインにするべきで、その逆ではありません。 アプリ用のユーザーストーリーをブレストして割り出したら、共同作業用のGoogleのスプレッドシートに入力し、クライアントが不足していると感じたらそこへ追加できるようにします。 クライアントとチームが基本的なストーリーを、すべてカバーできたと感じたら、それぞれのストーリーに番号をふります。 この番号は、どのワイヤーフレームでどのストーリーがカバーされているかをチェックする簡単なラベルとして使いますが、後々とても便利になります。 このリストは、必要な機能を思い出させてくれます。 つまり、プロセスを通してユーザー中心の考え方が徹底できるということです。 各ユーザーストーリーは、エンドユーザーのために設計されており、これによりユーザーニーズに合った体験をつくることができます。 出会い系アプリでの事例 このことは特に、出会い系アプリのプロジェクトでは顕著でした。 プロフィールページのワイヤーフレームを作っていたとき、最初は「このユーザーを保存」というボタンをつけるのが正しいと考えていました。 しかし、プロフィールページのユーザーストーリーを見て、「ユーザーとして私はほかのユーザーをお気に入りしたい」というストーリーを思い出しました。 「保存」から「お気に入り」への変更は、小さいですが大事な決定でした。 ユーザーを「保存」するというのは、冷たくて人間味がありませんが、「お気に入り」は出会い系アプリとしてユーザーの考え方にぴったりです。 デザイナーというのは、何時間も機能的なことを考えて仕事していると、技術的なアプローチの罠に陥りがちです。 ユーザーストーリーは、UXを中心に考える手助けとなり、結果としてアプリにユーザー中心という特徴を与えてくれることになります。 共同作業の推進 UIデザインでは通常、結果にこだわるステークホルダーが必ず何人かいます。 クライアント、デザイナー、プログラマーなどさまざまな肩書きの人がいますが、これはボートレースのチームと似ています。 レースに勝つためには、メンバー全員が一致団結して、同じ場所で、同じ方向にこがなければいけません。 だからといって、全員がいつも同じ意見でなければならないということではなく、ただ、全員が同じ目的を目指して、お互いが協調してチームであることを知っているべきだということです。 CitrusBusのプロセスは完璧とはほど遠いものですが、ユーザーストーリーのおかげで皆が同じボートを一緒にこいでいます。 ユーザーストーリーで決定事項を合わせられるので、アプリの目的がわかりやすく明確なものになったのです。 短く具体的なフレーズで私たちの目的がちゃんと定義されているので、チームでの共同作業のハードルがさがり、やりやすくなりました。 離れた場所での共同作業 ユーザーストーリーは、異なる場所で作業するチームにとっても、共同作業のハードルを低くしてくれるものです。 サンフランシスコのクライアント用に、クイズアプリを開発していたとき、ベイエリアのチームがアプリの必須要件についてクライアントと直接会って話し、ユーザーストーリーを作ってGoogle Driveに保存していました。 私たちロサンゼルスのチームは、そのユーザーストーリーを使って、ワイヤーフレームを作り、必要になれば変更を加えていきました。 このプロセスがなければ、プロジェクトは著しく時間がかかったでしょう。 機能過多とデザインの行き詰まりを防ぐ 「」とは、UIデザインでよく使われる言葉です。 ハードウェアでもソフトウェアでも、いろんな機能を追加したくなって、プロジェクトの範囲を拡大してしまう傾向のことを言います。 この漫画は、機能過多がどういうものかを分かりやすく説明しています。 もちろん、プロジェクトが進行するにつれ、必須要件が変わることはよくあることです。 しかし、なぜそれが重要なのかという説明ができるユーザーストーリーがなければ、私たちは機能の追加を断るようにしています。 コントロール不能になり、まとまりがつかず、当初の目的を果たせなくなるという負のスパイラルを見てきた過去のプロジェクト経験から、これに関しては強硬路線をとることにしました。 ユーザーストーリーを無視した場合 最近のことですが、ユーザーストーリーを無視するクライアントがいました。 企業の機密資産用のアプリの開発で、クライアントは社員間のコミュニケーションを管理するアプリを求めていました。 主なコミュニケーション手段は、画像とテキストの社内チャットということで全員一致し、ユーザーストーリーを作成しました。 あとになって 、クライアントが動画や動画メッセージ、位置情報共有を付け加えるように要求してきました。 「フレキシブル」な対応ということで、新しいコミュニケーション手段を実装することにし、プロジェクト範囲を広げ、スケジュールも延期しました。 しかし結局、その追加は、エンドユーザーには無駄でしかないことに気がつきました。 面白い機能ではあったのですが、プロジェクト当初の方針は、社内Facebookのようなものにしてしまわずにチームの作成や協力を促すために、コミュニケーションを最小限に簡素化するアプリを作ることでした。 私たちはユーザーストーリーに戻り、アプリの元々の意図を指摘することで、最終的には機能過多にもならず、本来の方針に戻すことができました。 実験はすばらしい結果となることもありますが、 もしプロダクトが基本要件に合わなければ創意工夫も無駄になってしまいます。 最初にユーザーストーリーを作る重要性 自分たちの間違いから学んだおかげで、私たちはクイックシルバーの販売促進アプリに取り組んだときはユーザーストーリーを順守しました。 結果として、できたプロダクトは当初のデザインに忠実なものとなりました。 前もって総合的なユーザーストーリーを作り上げていたことが大きな理由です。 この土台作りをすることで、その後の労力を節約し、ユーザー中心ということを忘れずにいることができました。 プロジェクトの反復作業で追加ユーザーやクライアントのフィードバックがあっても、コンセプトの中心は揺るぎません。 初期デザインからほとんど変更されていない最終プロダクト ユーザーストーリーは、デザインチームと開発チームの両方に意味合いを持たせます。 技術的な制限をいつも頭に置いておくのもいいことですが、これらは「ユーザーストーリー」であって、「開発者ストーリー」でもなければ「デザイナーストーリー」でもありません。 ユーザーストーリーを使いユーザー視点を最優先することで、問題を理解し使いやすい製品を作り上げやすくなります。 次のステップ UIデザインでユーザーストーリーを活用するために、以下の3つを覚えておきましょう。 ビジュアルデザインを始める前に、まず最初にユーザーストーリーを仕上げましょう。 すぐにデザインに取り掛かりたい気持ちを抑えれば、時間の節約や頭痛の種、無駄な労力を省くことができます。 それぞれのユーザーストーリーを、もっと細かい具体的なストーリーに展開できないか考えましょう。 ハイレベルな機能の要約があっても良いですが、あまり大雑把にしすぎないようにしましょう。 最初のうちに具体的なところを突き詰めて、ユーザビリティの問題点を解消しましょう。 ユーザーストーリーに対応しないインターフェースのデザイン要素は、入れないようにしましょう。 各要素の「なに」と「なぜ」を文章化して、 開発チームへの引継ぎをもっとスムーズにしましょう。

次の

メイプルストーリーについてなんですが、最近プレイしようと思いアップデー...

ストーリー 番号

ストーリー・セラーの主要登場人物 彼女 かのじょ ヒロイン。 大学の頃から文芸部に所属して執筆に励む。 卒業後はデザイン事務所でアシスタントとして勤務しながら小説家になる。 彼 かれ 彼女と同じ事務所に勤めるデザイナー。 2年間の交際期間を経て入籍する。 ストーリー・セラー の簡単なあらすじ デザイン事務所で働く 「彼女」 の趣味は小説を書くことでしたが、誰にも読ませるつもりはありません。 偶然にも会社の同僚に自分の作品を見られてしまい、その日からは「彼」は彼女にとっては恋人でもありただひとりの読者となります。 やがてふたりは夫婦となり彼女の小説家デビューも決まりますが、思わぬ試練が待ち受けているのでした。 彼女の席に置きっぱなしになっていたUSBメモリーを開いてみると、50ページほどの短編小説が書き込まれていました。 この社内での小さな事件がきっかけになって、彼は彼女のたったひとりの愛読者になります。 間もなくふたりは結婚して、彼女は文芸雑誌で小説大賞を受賞して賞金100万円を手に入れました。 経済的な安定のために会社務めを続ける兼業作家か、創作活動に全てをかける専業作家か。 突如として人生の二者択一を迫られた彼女が選んだ道のりは、退職して本格的に作家デビューをして執筆に集中することです。 処女作は大手の出版社から破格の部数で出版されて、高額の印税が夫婦の手元には転がり込んできました。 小説からエッセイに対談まで、次から次へと原稿依頼が舞い込んでいきます。 そんな彼女の成功を妬んだり、快く思わない人たちがいるのも哀しい現実です。 彼女の足を引っ張る者たち ある時にフリーライターを名乗る人物から、彼女は取材を申し込まれます。 本来であれば事前に原稿チェックをするはずでしたが、一向にゲラは回ってきません。 そのまま雑誌は発売されて、紙面では彼女に対するネガティブキャンペーンが組まれていました。 編集プロダクションに問い合わせてみると、件のライターの身元が判明します。 大学時代に彼女が所属していた文芸部の部長で、彼女の小説家としての活躍を逆恨みしての悪質な嫌がらせです。 1度も会ったことがないような遠い親戚から、金を無心する電話やメールも届くようになりました。 極め付きは若い頃は文学青年だったという、彼女の実の父親です。 娘に対する誹謗中傷はエスカレートしていく一方で、彼女はすっかり参ってしまいました。 受診した心療クリニックで医師から告げられた病名はうつ病で、彼女は服薬治療と通院を続けるようになります。 それでも彼女にとっては、小説を書くことが唯一の生き甲斐です。 1時間近くも病院をたらい回しにされた挙げ句、搬送先の夜間病院では点滴を受けただけで追い出されます。 精密検査を受けるために紹介された大学病院で、彼女の症状に名付けられたのは「致死性脳劣化症候群」です。 思考をすればするほど生命を維持するために必要な脳の領域が失われていき、最悪の場合には死に至ります。 この病気にとっては、複雑な物語を生み出す小説家という仕事はもっとも不適切な職業でした。 彼女はなるべく深く思いつめないように気をつけて、料理や掃除をルーティンワークとしてこなして日常生活を送るようになります。 職業としての作家をキッパリと諦めた彼女でしたが、小説を書くことそのものは捨てられません。 1番読ませたい相手のためだけに彼女が執筆を再開したその時は、 いつ降りてくるか分からない死を穏やかに受け入れた瞬間でもありました。 最後の物語 その日彼が家に帰ると、彼女は机の上でうたた寝をするかのように亡くなっていました。 彼女の生前のメッセージを思い出した彼はノートパソコンを立ち上げて、中に残されていた原稿を出版社の担当に手渡します。 葬儀は予め打ち合わせしておいた通りに、彼女の身内からは母親だけが参列する密葬形式です。 彼の寝室のサイドボードには正絹で包んだ白木の箱に入った遺骨が安置されていましたが、今でもまだ納骨する気持ちにはなれません。 担当編集者が彼女の遺稿を自社の小説誌に掲載させた途端に、賛否両論の凄まじい反響が巻き起こりました。 中には死者を冒涜する行為だと怒鳴り込んでくる愛読者もいましたが、彼女が生きていたら笑い飛ばしたことでしょう。 ある日その編集者が、 彼女にとって最後の本となった作品集を届けてくれます。 短編と絶筆原稿にコラムやエッセイも一緒に纏めて1冊分になった中には、「ストーリー・セラー」というタイトルの夫婦の物語が収録されているのでした。 ストーリー・セラー を読んだ読書感想 小説家としての才能に恵まれながらも、自宅のパソコンで自分だけのために執筆活動を続けてUSBに記録しているヒロインの慎ましさには好感が持てました。 ある日突然に好奇心旺盛な同僚に秘密を覗かれてしまいながらも、お互いに惹かれ合っていく展開も微笑ましく映ります。 たったひとりの読者に見せるためだけに書いた小説が、何時しか多くの人たちの心を掴んでいく様子が感動的です。 作家としての彼女の成功に対して、謂れのない誹謗中傷が浴びせられていく後半パートには胸が痛みます。 愛する人が遺した想いを、作品として世の中に伝えていく彼の決意にはホロリとさせられました。

次の