小倉 美咲 どこに いる。 山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

小倉美咲ちゃんの足取りや発見できないのはなぜ?ボランティアも参加!行方不明後の現地の捜査状況

小倉 美咲 どこに いる

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の

山梨女児不明事件に新証言「キャンプ場に小倉美咲ちゃんはいなかった」と事情通が書き込み

小倉 美咲 どこに いる

小倉美咲ちゃん、未だ発見されないのはなぜか? 9月21日(土)、山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」で千葉県在住の小学1年生で7歳の小倉美咲ちゃんが行方不明になりました。 美咲ちゃんは家族と美咲ちゃん家族以外の約7家族と2泊3日で遊びに来ていたとのことです。 行方不明日の9月21日(土)午後3時半過ぎに他家族の子どもたちがキャンプ場から少し離れた場所へ移動、その際に美咲ちゃんもあとを追いました。 この時、母親もT字路にて確認していましたが、午後4時頃に、美咲ちゃんがいなくなっていることに気づいたとのことです。 警察によりますと、母親が美咲ちゃんを最後に目撃した場所からそのまま歩いていくと、険しい山道が続くので、小学生が歩くにはかなり危険な場所とのことです。 また現時点では目撃情報がなく事件、事故の可能性で捜査しているとコメントしています。 ネット上では今回の行方不明事件に対して心配の声が多くあがっています。 道志村・・・美咲ちゃん。 マジで心配。 — らみすけ tntysy 道志村で雨予報のため、コテージを借りてキャンプをしました。 が降らなかったですね😅 昨日の午後から7歳の女児が から行方不明になっています。 まだ見つかっていないのでしょうか? とても心配です。 — gumi gumiguvi 小倉美咲ちゃんの現地での捜索状況は? 現地では警察や消防の他にも、ボランティアの方々が参加し捜索が続けられています。 ドローンやヘリコプターを使用し上空からも捜索が行われているようです。 また、現場周辺では気温が冷え込む日が続いており、22日には最低気温が10. 6度となった時間帯もあったようです。 また、最後の目撃場所の近くには険しい山道などもあり、美咲ちゃんの一刻も早い発見を望んでやみません。 小倉美咲ちゃんの行方不明捜査の展開は? 現在も捜索隊による懸命な捜索が行われており、今後は捜索範囲を拡大して捜索が続けられると思われます。 また、行方不明として捜索が打ち切られる日数はおおよそ一週間と言われており、後数日で打ち切られる可能性が高いと考えられます。 また、J-CASTテレビウォッチでは、山梨県道志村のキャンプ場は整備の行き届いているキャンプ場であるため、山の中へむやみに入っていくことは考えにくいという意見もあります。 さらに、年齢も小学1年生というのを考慮し、遭難だけでなく連れ去りといった可能性も考えられるため、誘拐事件としての捜査が行われる可能性もあるのではないかと考えられます。 その他にも、現場となった道志村周辺にはキャンプ場が複数あり、事件の現場となった椿荘オートキャンプ場ではなく周辺にある道志の森キャンプ場へクレームが殺到しているようです。 小学1年生の女の子が行方不明となる事件なので、施設の管理体制などが問われることもあるとは思いますが、クレームを入れる相手を間違えるということはあまり望ましい状況ではありません。 現在発生している女児行方不明の件で、当キャンプ場の電話に多数、問い合わせがきていますが、違うキャンプ場です。 キレながら電話してくる方もいて困っています。 — 道志の森キャンプ場 doshinomori 風評被害など、2次的被害が起きてしまうことも憂慮されますが、何よりも小倉美咲ちゃんの一刻も速い発見を願っております。 小倉美咲ちゃん行方不明の関連記事.

次の

山梨女児不明事件に新証言「キャンプ場に小倉美咲ちゃんはいなかった」と事情通が書き込み

小倉 美咲 どこに いる

2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で発生した小倉美咲ちゃん行方不明事件に関する新たな証言がネット掲示板に書き込まれました。 その書き込みによると、事件が発生した日、行方不明になった美咲ちゃんをキャンプ場では家族以外は誰も見ていない、つまり「美咲ちゃんはもともといなかった」というのです。 美咲ちゃんがキャンプ場に来ていなかったとなると、「キャンプ場で行方不明になった」という事件の大前提が崩れることになると同時に、美咲ちゃんの母親である小倉とも子さんが嘘をついていることになります。 そこで、この記事では事情通の書き込みとそれに対するネットユーザーの反応をまとめてみました。 ただし、この証言はあくまでネットの書き込みにすぎず、信ぴょう性には疑問があります。 さらに、警察も捜査している案件ですので、そのような不審点があればすぐさま事件化しているはずです。 よって、この事情通の書き込みは「美咲ちゃんはいなかったという未確認情報があるが、あくまでネットの書き込みである」という前提で、真偽を疑いつつ読んでください。 うちにも美咲ちゃんと同い年の子がいるので、なんとなく思うのは、お母さん、最後に子供を見た時間を全く覚えてなかったんじゃないかなと。 ここまでおおごとになるとも思わず、「子供をみてなかったの?!」と、言われるのが怖くて、「さっきまでそこにいた」「子供を見送った」みたいに言ったら、子供帰ってこず。 「子供をみてなかったの?」とか、言われるのが怖くて、しかも迷子とかですぐ見つかると思ったから写真とかもださずにいたけど、実は曖昧な目撃証言で、いまさら「実は見てない」とか「覚えてない」なんて言えないから必死なのかなと。 このお母さんは、計画殺人を思いつくほどの頭もなさそうだし、知人に偽証させる口の固さを、何人も維持できるほどの人脈を築いたり、できなそう。 一度ついた嘘(子供をいつどこまでみていたか)自分に非はない感じに言おうとしたら、実はとんでもない流れになっちゃった、感じ 例えば、ずっとスマホゲームしてて、みてなかったとか何時だったか、覚えてなかったのかなと。 まさかこんな事態になっていると思わず、最初についた「子供をちゃんと行く先まで見届けてた」的な言葉が、もう「実は覚えてない」「いつどこへ行ったか覚えてない」なんでいまさら言えない。 なんかそんな感じする。 完全犯罪を企画、実行、アリバイ工作、口封じまでできるほどの頭も無さそう。 事情通の書き込みが正しかった場合の推理 事情通による「小倉美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という書き込みが正しい場合、この行方不明事件は狂言であり、偽装された行方不明ということになり、事件が計画的なものであった可能性が高まります。 ネット掲示板では事件当初からなぜか「美咲ちゃんはキャンプ場に来ていなかった」という噂が絶えなかったため、今回の書き込みに反響が会ったようです。 一緒にキャンプをしていた他の家族の証言が公開されればこうした疑問は消えるはずですが、それが明らかになっていないため、このような憶測や噂が飛び交うのだと思います。 警察もバカではないので、もともと美咲ちゃんがいなかったという疑いを考慮していると思いたいですが、そのあたりの情報はいっさいないのが現状です。 ではもともと美咲ちゃんがいないのなら、いま美咲ちゃんはどこにいるのかが問題になります。 ・すでに死亡している ・何者かに誘拐された ・人身売買 可能性としてはこの3つが考えられ、今回の場合は家族を巻き込んで行方不明を装っていたとしたら、「すでに死亡している」「人身売買」の線が濃厚となります。 単なる行方不明を超えた大掛かりな事件となるわけです。 しかし、小倉美咲ちゃんの家族、そして他の家族を巻き込んでの大掛かりな事件として考えるのは無理があります。 さらに犯罪集団でもない素人家族たちがこうした事件を仕切れるとも思いません。 事情通の書き込みの信ぴょう性も疑問があるので、現状ではあくまで未確認情報として留意するにとどめたほうがいいでしょう。

次の