住居 確保 給付 金 世田谷 区。 住居確保給付金の支給事業(2年6月10日更新)|杉並区公式ホームページ

住居確保給付金の支給事業(2年6月10日更新)|杉並区公式ホームページ

住居 確保 給付 金 世田谷 区

主な事業内容 事業名 事業の内容 ご相談の流れ 自立相談・支援 生活に困窮している方の抱えている課題を整理し、どのような支援が必要かをご本人と相談支援員が一緒に考え、具体的な支援プランを作成します。 また関係者や関係機関と連携し、寄り添いながら支援を行ないます。 を通じてご案内いたします。 就労相談・支援 ブランクがあって仕事を見つける自信がない、子育てがあって働く時間が限られている・・・仕事探しでお困りの方にはいろいろなご事情があるかと思います。 そうした事情をお聞きし、その方の状況に合った就職先をお探しします。 【カウンセリング】専門のキャリアカウンセラーが就職決定までを親身になってサポートいたします。 【求人開拓~職業紹介】求人開拓員がおひとりおひとりの状況に合った仕事先を探してご紹介します。 必要に応じて仕事に就くためのスキルアップ支援や、就職面接のお手伝いをいたします。 家計相談支援 家計状況の「見える化」を図り、課題を把握し、ご本人が自ら家計を管理できるようにお手伝いをします。 必要に応じて、資金貸付など他の制度も併せて紹介や支援を行ないます(資金貸付には要件があります)。 ぷらっとホーム世田谷にお問い合わせ下さい。 住居確保給付金 離職後2年以内の65歳未満の世田谷区在住の方で、住まい(賃貸)を喪失するか、喪失のおそれのある方に、就労の支援とともに、3か月間の家賃助成を行なう制度です。 支給要件がありますので、事前に電話でお問い合わせください。 (くわしくはをご覧ください。 ) 受験生チャレンジ支援貸付 中学3年生、高校3年生とそれに準ずる方を養育されている方に対して、学習塾などの受講料や高校、大学等の受験料を無利子で貸付します。 さらに、高校、大学に入学した場合、返済が免除されます。 (詳しくはをご覧ください。 ) 生活福祉資金貸付 所得の少ない世帯、障害者や介護を要する高齢者のいらっしゃる世帯に対して、その世帯の安定と経済的自立を図ることを目的に資金を貸付する制度です。 貸付要件がありますので、事前に電話でお問い合わせください。 (詳しくはをご覧ください。 ) ご利用の流れ• 支援プランの作成• 支援の実施.

次の

住居確保給付金を受給中の方へのご案内 中央区ホームページ

住居 確保 給付 金 世田谷 区

2020年04月23日 お知らせ 住居確保給付金制度では、離職後2年以内の方で、住まい(賃貸)を喪失するか、喪失のおそれのある方に、就労支援とともに、3ヶ月間の家賃助成を行います。 令和2年4月20日より、対象者が拡がり、休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方も給付対象となりました。 詳しくはをご覧ください。 お知らせ1 現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため面接による相談や説明は遠慮させていただいており、郵送で申請を受け付けております。 下記掲載の申請書一式をプリントアウトいただくか、郵送請求フォームからお申込みください。 なお、非常に多くのお問合せをいただき、電話がつながりにくい状況になっており大変申し訳ございません。 今般の状況をご理解いただきますようお願い申し上げます。 お知らせ2 現在、区民の皆様からのお申込みが殺到しており、 申請書類を受け取ってから給付金を交付するまで、4週間ほどお時間をいただいております。 お待たせして申し訳ありませんが、ご了承ください。 また、住居確保給付金の振込依頼人名は「セタガヤク カイケイカンリシャ」となります。 住宅の貸主または貸主から委託を受けた事業者の方に、家賃の入金時期と併せて振込依頼人名を必ずお伝えください。 ~申請書記入方法を動画で紹介~ ・住居確保給付金(日本語) (動画説明欄の再生時間をクリックすると、必要な部分のみ視聴可能です。 ) ~VIDEO(How to fill in the application form)~ ・住居確保給付金(English) ・住居確保給付金(한글) ・住居確保給付金(中文).

次の

住居確保給付金 横浜市

住居 確保 給付 金 世田谷 区

次の記載内容を必ずご確認いただき、郵送による申請へのご協力をよろしくお願いいたします。 (ただし所得の状況によっては差額分のみ貸主等の口座に直接振り込みます。 自己負担分は直接不動産媒介業者等にお支払いください。 (郵送申請の方はまずはこちらをご覧ください) <申請について> 令和2年4月30日の生活困窮者自立支援法施行規則の一部を改正する省令の施行により、生活困窮者自立支援制度の住居確保給付金支給要件における求職要件についての変更がありました。 支給要件には、収入・資産・求職活動等いくつかの要件があるため、「2 住居確保給付金を受給するための要件は」を必ずご確認をお願いいたします。 要件に該当する方は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 原則、郵送による申請をお願いします。 (支給対象になるかどうかに関しましては、書類等を確認する必要があり、個々の状況により異なるため、お電話でのお答えができません。 まずは郵送での申請をお願いいたします。 ) <相談・申請先> 相談・申請は、区福祉保健センター生活支援課生活支援係で受け付けています。 なお、現在、多数のお問い合わせや相談をいただいており、手続き等でお待たせする場合があります。 あらかじめご了承ください。 〇申請にあたっては、次の書類の提出が必要となります。 (印刷の上、作成をお願いします。 不動産媒介業者のご担当者様に「」を渡してください。 (印刷の上、作成をお願いします。 郵送等が難しいご事情などがある場合などは、各区生活支援課あてに御相談ください。 (資料送付時の「提出書類チェックリスト」への記載、送付。 本人確認のため、区生活支援課より申請者へ連絡。 確認がとれない、連絡がつかない場合などは支給決定手続きや支給に遅れが出ます。 予めご了承ください。 (ただし所得の状況によっては、住居確保給付金支給対象額が差額分(一部支給)のみ貸主等の口座に直接振り込みます。 自己負担額分(管理費・共益費・家賃自己負担分等)は、直接ご本人から不動産媒介業者等にお支払いください。 )又は個人の責に帰すべき理由・都合によらない就業機会等の減少により離職や廃業と同程度の状況になり経済的に困窮し、住居を喪失した者、又は住居を喪失するおそれのある者に対し、家賃相当分の住居確保給付金を支給することにより、これらの者の住居及び就労機会等の確保に向けた支援を行います。 その際の送料についてはご負担をお願いします。 支給対象となる住宅の家賃月額には、管理費、共益費、駐車場代は含まれません。 (1)「新規に住宅を賃借する者」は、入居契約に際して初期費用として支払いを要する家賃の翌月以降の家賃相当分から支給を開始します。 (2)「現に住宅を賃借している者」は、申請日の属する月に支払う家賃相当分から支給を開始します。 なお、住居確保給付金は申請月以降に支払うべき家賃に充てるものであり、滞納した家賃へ充当することはできません。 まずは、家賃の支払い方法を貸主等への直接払いに変更できるかどうかを貸主等にご相談ください。 また、変更が難しい場合は、お住いの区の生活支援課にご相談ください。 住居部分については、住居確保給付金の支給対象となります。 住居分が区別され、記載されていれば当該住居が対象となります。 現在持ち家に住んでいるが、離職等により収入が減り、住宅ローンの返済が遅れてしまった場合、滞納したからといって、直ちに競売手続ということにはなりません。 何らかの返済困難対策(元本の繰り延べ、返済期間の延長等)がなされ、それでも滞納状況が改善されない場合、金融機関から、まず、住宅ローンを滞納している方かたに対して全部繰上償還請求がされ、それでも改善されない場合に裁判所による競売手続となるのが一般的な流れとなります。 全部繰上請求がなされた方や、すでに住居の売却先が決定していたり売却予定であったりと、住居から退去することが確実に見込まれる場合は、住居を喪失する可能性が高いことから、新規に賃貸住宅を借りる必要があるため、支給対象者となる可能性があります。 なお、住宅金融支援機構の住宅ローンにより、住宅を取得している方かたが、住宅金融支援機構に届け出たうえで、当該住宅から一時的に転居し、住宅ローン返済継続のために、当該住宅を賃貸している際に住居確保給付金の需給を希望された場合は、給付することによって、間接的に個人の住宅ローン返済に充当されることになりますので、住居確保給付金の支給対象とはなりません。 新型コロナ感染症に関する給付金や融資は、収入・資産には算定されません。 2 住居確保給付金を受給するための要件は 1 生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援事業をあわせて利用する必要があります。 2 横浜市に居住もしくは居住する予定であり、申請時に次のいずれにも該当する方を支給対象者とします。 ア 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある。 (その後離婚等により申請時においては主たる生計維持者となっている場合も対象となります) エ 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計が、次の「収入基準額」以下である。 収入基準額 世帯員数 収入基準額【住宅費(上限額)+基準額】 上限 1人 申請者住宅費(上限52,000円)+84,000円 136,000円 2人 申請者住宅費(上限62,000円)+130,000円 192,000円 3人 申請者住宅費(上限68,000円)+172,000円 240,000円 4人 申請者住宅費(上限68,000円)+214,000円 282,000円 5人 申請者住宅費(上限68,000円)+255,000円 323,000円 6人 申請者住宅費(上限73,000円)+297,000円 370,000円 7人 申請者住宅費(上限81,000円)+334,000円 415,000円 8人 申請者住宅費(上限81,000円)+370,000円 451,000円 9人 申請者住宅費(上限81,000円)+407,000円 488,000円 10人 申請者住宅費(上限81,000円)+443,000円 524,000円 オ 申請日における申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が、次の金額以下で あること。 金融資産 世帯員数 金額 1人 504,000円 2人 780,000円 3人以上 1,000,000円 カ 誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行う意欲がある。 キ 国の雇用施策による給付又は地方自治体等が実施する住宅を喪失した離職者に対する類似の給付等を、申請者及び申請者と生計を一にする同居の親族が受けていない。 ク 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員 (以下「暴力団員」という。 )でない。 なお社会福祉協議会には、敷金等が必要な方へ「総合支援資金 住宅入居費 」制度、また住居を喪失していて当座の生活費にお困りの方へ「臨時特例つなぎ資金貸付」制度があります。 ただし、延長・再延長申請時に支給要件に該当している必要があります。 《支給方法》 横浜市が不動産媒介業者等の口座へ直接振り込みます。 ただし所得の状況によっては差額分のみ貸主等の口座に直接振り込みます。 自己負担分は直接不動産媒介業者等にお支払いください。 5 申請に必要な書類は 申請に必要な書類 1 住居確保給付金支給申請書 : 受付窓口でお渡しします。 6 住居確保給付金受給中に行っていただくこと 支給期間中は、福祉保健センターにより策定される支援プランに基づいた就職活動をはじめ、常用就職に向けた就職活 動を行っていただきます。 住宅確保給付金受給中に行っていただくこと 1 当面緩和措置により不要 (毎月2回以上、 「職業相談確認票」を持参の上、公共職業安定所の職業相談を受ける必要があります。 「職業相談確認票」に公共職業安定所担当者から相談日、担当者名、支援内容について記入を受けるとともに、安定所確認印を受けます。 ) 2 当面緩和措置により、月に1度に緩和し、書面をeメール・FAX・郵送等で確認することとします。 (毎月4回以上、 福祉保健センターの自立相談支援員等による面接等の支援を受ける必要があります。 「職業相談確認票」を支援員へ提示して公共職業安定所における職業相談状況を報告するとともに、その他の就職活動の状況を「住居確保給付金常用就職活動状況報告書」を活用するなどの方法により、報告してください。 ) 3 当面緩和措置により不要 (原則週1回以上、ご自分で求人先への応募行うか、求人先の面接を受けていただきます。 ) 4 支給決定後、常用就職(雇用契約において、期間の定めがない、または6か月以上の雇用期間が定められているも の)した場合は「常用就職届」を福祉保健センターへ提出していただきます。 提出した月の翌月以降、収入額を確認することができる書類を、福祉保健センターに毎月提出してください。 賃貸住宅の契約を行う際には敷金・礼金等のいわゆる「初期費用」が必要となります。 「初期費用」への対応が困難な方につきましては、社会福祉協議会の「総合支援資金貸付(住宅入居費)」制度があります。 ただし貸付にあたっては審査があります。 また住居確保給付金を受給するまでの間、住宅を喪失していて、当座の生活費にお困りの方には、同様に社会福祉協議会の「臨時特例つなぎ資金貸付」制度があります。 各貸付の申請の受付窓口はお住まいのもしくは転居予定の区社会福祉協議会です。 申請される場合は、事前に電話にてご相談ください。 1 総合支援資金貸付 継続的な生活相談・支援(就労支援等)と併せて、生活費及び一時的な資金を貸し付け、生活の立て直しを支援するものです。 ア 住宅入居費[対象:敷金・礼金等]:40万円以内(原則賃貸借契約の相手へ振込) イ 生活支援費[対象:生活再建までの間に必要な生活費]:複数世帯 月20万円以内(単身世帯 月15万円以内) 貸付期間1年以内 ウ 一時生活再建費[対象:就業支度費、家具什器費等]:60万円以内 2 臨時特例つなぎ資金貸付 住居を喪失している方への公的給付等を受けるまでの間の当面の生活に要する費用の貸付(10万円以内)です。 貸付決定後ご本人名義の金融機関口座へ振り込みます。

次の