プリーツ マスク 作り方 ノーズ ワイヤー。 【フィルターポケット】プリーツマスクアレンジ編【ノーズワイヤー】

着け心地バツグン!ワイヤー入りプリーツマスクの作り方

プリーツ マスク 作り方 ノーズ ワイヤー

マスクの裏地がはみ出さないように作るには 型紙を表地用、裏地用共通にして作っていますが、作り立てはきっちりと綺麗にできていても、洗ったりアイロンをかけたりしてマスクを使い込んでくると裏地のほうが伸びてきてはみ出してくることってありませんか? 裏地と表地を同じ生地でつくっていたらあまり問題ないかもしれませんが、表地は濃い目の生地で、裏地は白いガーゼで作っていると白いガーゼが少し見えてくるようになるとあまり美しくないですよね。 そんなマスクの型崩れを防ぐための裏技として、表の生地のカットが終わったら、型紙を裏地用に細工します。 図のように青い線で型紙を切り落として、残った白い部分だけを裏地用の型紙として使います。 横方向の3cm切り落としたのは、マスクの紐を通す穴を作るときに三つ折りの端を少しでも薄くするためにカットしています。 縦方向1cmを切り落としたのが今回のポイントで、裏地のほうが1cm短いから表地と裏地のつなぎ目が裏地側に引っ張られるんです。 裏地を短くした場合、表地と裏地の長さに差があるから、つなぎ目が裏地側に回ってきた結果、右側の下の図のように裏地が控えられた出来上がりになります。 マスクの縦方向は若干小さくなりますが、プリーツマスクはタックをとっているぶん大き目に作ってあるので、気になるほどの差はありませんでした。 実際のマスクの裏側はこんな感じです。 裏から見て上下の表地が少し回り込んでるのがわかりますでしょうか。 テクノロートの幅よりも少し広めの幅になるように縫うとスムーズにワイヤーをいれることができます。 縫い代が1cmだと縫いづらい場合は、生地を切るときに縫い代を多めにとるか、縫い合わせる時に縫い代を多めにして縫ってください。 この平行の2本線のあいだにテクノロートをいれます。 マスクを表に返したあとにテクノロートの下側にステッチをいれる場合もあります。 いれなくても特にズレないので私はいれていません。 もし、テクノロートが短いのしかなくて、中心部分だけに使う場合はズレないように縦方向に5㎜くらい縫い留めておくといいと思います。 ティッシュをはさめる快適プリーツマスク私はまだ花粉症デビューはしていないはずだけれど、やはり花粉が多い日は鼻炎もちなのでなかなか辛いです。 (これって、花粉症なのかな?)マスクの中で鼻がズルズルなってくると不快だし、すぐに取り換えたくなるけれど外出中などそんなにたくさんの予備マスクがあるわけじゃないときにティッシュを挟みます。 鼻炎がひどくない日でも、化粧をしてでかけるときなど、マスクの内側に口紅がつくのがイヤでそんなときもティッシュを挟んでいました。 しばらくするとティッシュがずれてきて、マスクの下の方にたまってしまうとさらに不快なのでどうやったら快適になるかをかんがえたところ、挟めるようにすればいいやん!と思いついて作ってみました。 ティッシュを4分の1くらいに折って、上側に挟みます。 ティッシュの下側をマスクの下側に挿し込みます。 プリーツを開くとこんな感じになります。 プリーツなのでそれほど口に密着はしませんが、口紅が直接マスクにつかないのは快適です。 ティッシュが汚れたらとりかえればいいし。 そんなこともあり、このポケットティッシュを入れられるマスクケースも開発しました。 めっちゃ便利です。 ティッシュ、口紅、予備マスクをいれられて、使用済みマスクを入れる場所もあります。 形としては裏地がこのように3分割されています。 端はガーゼだとボロボロになってきてしまうので、ロックミシンで始末しています。 パーツと処理するところが多いので、普通のプリーツマスクを作るよりだいぶ手間がかかるので、販売するかどうかと、もし販売するとしたら価格をどうするかについて検討しているところです。 もうひとつこのマスクのいい使い方があって、喉が痛い時や寝る時に、湿らせたティッシュやコットンを真ん中の裏側に入れておくと濡れマスクになるんです! 乾燥しやすいのでこの使い方も気に入っています。 このマスクの作り方で表地を吸汗速乾のスポーツニット生地で作ってみました。 これもすごく快適。 もしこれからの季節もマスクが手離せなくて、ガーゼのマスクだと暑くなってくる場合はこういうポリエステル生地を使うのはいいかもしれません。 マスクを作っている間に生地の端がボロボロになりにくい対策 洋裁初心者さんから質問があり、手ぬぐいでマスクを作っていると生地を裁断した端がつくっているうちにボロボロになってきてしまうとのことで、解決法を考えてみました。 手ぬぐいやガーゼなど、織りが甘いというかふんわり織ってできている生地はどうしても端がほつれやすいです。 ある程度洋裁に慣れている人なら生地の端をさわりすぎず、ほつれる前に縫ってしまえるので問題ないのですが、試行錯誤しているうちにボロボロになってきてしまいますよね。 裁断する道具はハサミよりもロータリーカッターのほうがおすすめです。

次の

プリーツマスクの作り方 ノーズワイヤー入り 大人サイズ(M)

プリーツ マスク 作り方 ノーズ ワイヤー

再生回数がもうすぐ300万回を達成する、人気の動画となっています。 プリーツマスクは、長方形に生地をカットするだけなので、特別な型紙は必要ありません。 こちらでも、動画内に型紙のサイズが掲載されていますが、市販のマスクから寸法をとっているそうです。 プリーツマスクは、プリーツのつけ方がやや難しいと感じる方が多いですが、動画内で丁寧に説明がされており、裁縫の初心者でも安心して作ることができます。 なお、動画の最後には大人の男性の着用イメージも載せてあります。 1つは一般的によく見かけるものですが、もう1つはピラミッド型(作家さんの命名です)と言って、マスクの真ん中部分が一番高く、そこから上下に均等にプリーツを入れています。 ピラミッド型プリーツの入れ方は、内布を表にし、片端を3㎝のところで折ってアイロンをかけます。 そして、反対側の端を先ほどの折り目に合わせてアイロンをかけ、さらに、今の折り目に端を合わせてアイロンをかけます。 最後に反対側の端を逆サイドに合わせてアイロンをかけると、4本の折り目がつきます。 表布を表にし、どちらの端でもいいので5㎝のところを折り、アイロンをかけ、反対側の端を逆サイドに合わせて折りアイロンをかけます。 一度開いて、後は折り目に合わせて折るとピラミッド型プリーツになります。 動画では丁寧に手順を教えてくれているので、読むよりもわかりやすいと思います。

次の

【フィルターポケット】プリーツマスクアレンジ編【ノーズワイヤー】

プリーツ マスク 作り方 ノーズ ワイヤー

子供用のプリーツマスクを簡単に作る方法は?ポイントは? 小さいお子さんにマスクをさせても、息苦しさや蒸れなどですぐに外してしまい困っている、なんてことはないでしょうか。 大人でもマスクは辛いと感じる方が多いので、小さなお子さんだとなかなか難しい面があると思いますが、好きなキャラクターがプリントされたマスクなら、もしかしたら喜んでつけてくれるかも知れません。 とは言え、市販のキャラクターが入ったマスクは高いですし、使い捨ては何となくもったいなく感じますよね。 それに、お子さんが好きなキャラクターのマスクが、必ず売っているわけでもありません。 そのような時は、子供用のマスクを手作りしてみるのはいかがでしょうか。 手作りなら、生地をお子さんに選んでもらうことができるので、使い捨てマスクよりも愛着を持ってくれるかも知れません。 そこで今回は、子供用プリーツマスクの作り方の動画を集めてみました。 動画と合わせて簡単な作り方や準備するもの、ポイントなどをご紹介したいと思います。 子供用プリーツマスクを作る時に用意するものや必要な道具! 用意(準備)するもの 生地 表生地は平織りの綿やブロード生地など、基本的には何でも構いません。 (厚すぎる生地は縫うのが大変ですし、装着すると息苦しくなるので注意しましょう) マスクを作るために購入してもよいですが、使い古したシャツやTシャツを再利用するのもお勧めです。 裏生地は、口にあたる部分になるので、やわらかいダブルガーゼのような素材がお勧めです。 こちらもわざわざ購入しなくても、シーツやヒートテックなどを再利用が可能です。 マスク用ゴム マスク用ゴムは市販されていますが、入手が難しい場合には他のゴムでも代用が可能です。 また、ゴム以外にもストッキングやヒートテック素材でも代用ができます。 ノーズワイヤー(必要な方のみ) ノーズワイヤーが手に入らない時は、使用済の市販のマスクから抜くか、ラッピングタイを代用することもできます。 必要な道具 ・型紙 (必ずしも用意する必要はなく、動画を参照に生地を直接測ってカットしてもOKです) ・ミシン (手縫いでも作ることができます) ・針や糸 ・はさみ ・チャコペン (鉛筆などで代用が可能です) ・クリップ など (クリップは裁縫専用ではなくてもOKです) 【手縫いで作れる】子供用プリーツマスクの作り方 手作りのマスクを作るとなるとミシンがないと難しいのでは?と思う方もいるかも知れませんが、マスクは生地が少ない上、たくさんの箇所を縫うわけではないのでミシンがなくても作ることができます。 ここでは、手縫いで作れる子供用プリーツマスクの作り方を2つご紹介します。 【手縫いでも作れる】子供用プリーツマスクの作り方(ワイヤー入り)ダブルガーゼ使用 材料や道具のほとんどを100円ショップ(ダイソー)で揃えているので、あまりお金をかけずに手作りマスクを作ることができます。 プリーツマスクの場合、寄せたプリーツが元に戻らないように抑えておく必要があるのですが、動画内で紹介している100均のクリップはかなり重宝する印象です。 【ノーズワイヤー入り】子供用プリーツマスクの作り方 プリーツマスクは立体マスクと比べて、鼻の部分に隙間ができやすい印象がありますよね。 その部分を解消したいという方は、ノーズワイヤー入りのマスクを作ってみるのがよいでしょう。 ここでは、ノーズワイヤー入りの子供用プリーツマスクの作り方を2つご紹介します。 【子供用】プリーツマスクの作り方(ノーズワイヤー入り) ゴム通しがない場合はヘアピンで代用可能なことや、ノーズワイヤーは市販のマスクに入っているものを再利用するなど、ちょっとした作業のテクニックを紹介しています。 【型紙から作る】子供用プリーツマスクの作り方 プリーツマスクは立体マスクほど型紙が複雑ではないので、動画の型紙を参照に簡単に自分で興すことができます。 そのため、作り方の動画の中では型紙の部分を省略している場合も多いのですが、初心者の方の中にはそれだと上手く出来上がるのか不安に感じてしまうこともありますよね。 そこでここでは、型紙の作り方から丁寧に教えてくれている動画を集めてみました。 型紙から作る子供用プリーツマスクの作り方を2つご紹介します。 プリーツマスクの作り方 小さいサイズ 子供用 型紙作り方.

次の