ただ離婚してないだけ。 ただ離婚してないだけ1巻は漫画村、星のロミやzipの裏ルートで無料で読めるって本当?

漫画「ただ離婚してないだけ」ネタバレ感想!冷めた夫婦間問題からまさかの事件へ発展…!?

ただ離婚してないだけ

あらすじ&サンプル画像 フリーのWEBデザイナー柿野正隆、妻の雪映は高校教師 結婚7年目 いっしょに朝食をとるも会話は一切なし、仲の冷え切った仮面夫婦 子供もおらず「ただ離婚していないだけ」の関係…… 仕事しながらいろいろと考える正隆 「現実に向き合うと疲れる、理想を求めると辛い。 だから俺は割り切ることにした。 そやけど、どうやったってストレスは溜まる……」 そのストレス解消法とは不倫 そのお相手は、新聞の契約更新に訪れた女の子・夏川萌(17歳) 玄関の扉を閉めれば、我が家のように上がり込んでイチャイチャと ローション使って楽しいセックス 妻の仕事中に10代のセフレを自宅に呼び込んでいた…… その日の夕食 「新聞…来たの? 可愛いよね、あの娘。 どこで何をしようと自由だけど迷惑だけはかけないでね」 不倫を見透かしたような妻の一言に、あせりまくる夫…… 「第1話 不倫 割り切る毎日 」より 萌ちゃん(セックスフレンド)にせがまれ箱根に不倫旅行 「初めての旅行、初めていっしょに撮った写真」 大はしゃぎする彼女につられて「来てよかった」と楽しみはじめる正隆 来る前はイヤイヤだったけど…… 妻には「出張で…家を空けることになったから」 ウソをついて家を留守にするも「雪映のあの目、あれは全部知ってる目だ……」 「今は幸せ、帰ったら地獄」 萌ちゃんとイチャイチャ混浴しながら今の幸せを満喫する正隆 「もし、あの時が違っていたら(妻が流産しなかったら) 今日のこの日も違ってたんかな…」なんてモノ思いにふけりながら 「萌ちゃん 彼氏とはどうなん?」と尋ねてみれば、 楽しそうな雰囲気から一転 泣きながら「ごめんね。 できちゃったかも、赤ちゃん……」 「第2話 不倫 セフレと箱根 」より クレジットカードのの明細から、 「箱根の旅館に2人で行っていたこと」が妻にバレてしまう 「誰と何の出張だったのか、説明をお願いします」 冷静に問い詰める妻・幸恵 「後で請求することになってて…」バレバレの言い訳をする夫に怒り爆発 食べかけの夕食を途中で切り上げて、そのまま流しにポイ 食事の用意どころか、家事一切をしなくなってしまう…… 正隆に妊娠の報告をした萌ちゃん 彼の本音を察して「迷惑かけないから…堕ろすから」 泣きながら堕胎を決意 ホッとため息をつくもその費用20万、共同のカードから支払しかない とうぜん、妻からは説明を求められることに…… ところが、予想外の反応を見せる妻・幸恵 「ふざけんな、幸せにするって…言ったのに」 その涙に、ハッと目が覚めた正隆 「夫婦がガマン大会になった時、やるべきことは割り切るんじゃない。 向き合うことだ。 辛くても初めからそうしていれば…ここまでこじれることはなかった……」 「第3話 不倫 どうしてこうなった 」より 涙を流す妻に、土下座であやまる夫 「どうしたらいい? あやまって済む問題じゃないかもしれんけど、一生かけて償うつもりや。 ホンマに申し訳ないって思ってる」 「そんなこと私に聞かないでよ」 突き放しながら、夫婦関係を修復したい気持ちはあるようで、 「閉ざしていたのかも……子供がダメになった(流産した)あの日からずっと。 不妊治療を始めて、どんなに頑張っても、あなたは私を拒んで…… ……このままじゃダメだって分かってたけど、どうしていいかわからなかった。 辛かった……もうウソはつかないで……」 それから3ヶ月 冷めきった関係から一転、ラブラブ夫婦に 「子供だけが人生じゃない。 それはそれで、また楽しい人生がある」 子供に関しては諦めていたところに、 「どうしよう…できたみたい」妻・幸恵からの妊娠報告…… 「第4話 不倫 【急募】セフレと上手に別れる方法 」より その翌日から始まったのは無言電話に、クルマへのイタズラ ボンネットには10円玉でえぐったようなキズがいくつも…… その犯人が、萌ちゃんであることに気付いた正隆 彼女は堕胎させたのに、妻とはよりを戻して妊娠させたから…… さすがに放ってはおけず、妻・幸恵に洗いざらい告白 「愛情がなくなったとしても、あなたはこの子の父親だから… ちゃんと反省してください」顔を曇らせながら、許してくれる ところがどっこい そこにかかってきたのは、 「もしもし、柿野さんだっけ? 萌と付き合ってるものだけど……」 ドスの利いた男からの電話 と同時に、ピンポーンとインターホンを押したのは萌ちゃん ボッサボサの髪にやつれた顔、不気味な笑顔を浮かべながら…… 「第5話 不倫 やめて数か月経過 」より 「夜分遅くしいませーん。 以前、新聞配配達員していた夏川萌でーす。 覚えてますかー 正隆さんと不倫していた夏川萌でーす。 奥さん、知っていますかー 私、旦那さんと寝てましたー」 ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン…… 声を張りあげながら何度もピンポン、放置できずにカギを開けた正隆 すかさず、泣きながら彼にすがりつく萌ちゃん しかしその奥で仁王立ちする彼の妻を見るや、 「セックスレスなのになんで妊娠してんだよ! 愛してないって言ってただろうがっ! ウソばっかつきやがってよ! その女にも同じ気持ち味あわせてやるからっ!」 包丁を振りあげた萌ちゃん 止めに入った正隆の手をザックリ。 肩もザックリ…… キズだらけになりながら、逃げる妻の後を追い始めた彼女にタックル 無我夢中その首に電気コードを巻きつけて、 バタバタと暴れる萌ちゃんが動かなくなるまで…… 「第6話 不倫 その果て 」より ココがおすすめ! 17歳の少女と仲良くなって不倫ざんまいヤリまくり。 うきうきワクワクなひと時を共有するも、妊娠すれば堕胎させ 一方、怒れる妻とは仲直り ラブラブ夫婦仲を取り戻して、諦めていた子供まで授かって 許せないのは子供を堕ろした少女のほう。

次の

ただ離婚してないだけ【5巻ネタバレ】もしも…が描かれるifストーリーの結末巻!

ただ離婚してないだけ

出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 読者の予想を裏切る展開に連続に話題を呼んでいる『ただ離婚してないだけ』の作品概要やあらすじをご紹介していきます。 離婚してないだけの夫婦の壮絶ストーリーが描かれた作品です。 作品の設定や概要• 著者:本田優貴• 出版社:白泉社(ヤングアニマル嵐)• ジャンル:ミステリー・サスペンス、恋愛 設定として、主人公夫婦は結婚7年目を迎えるが冷めきった夫婦生活を送っている。 はじめのうちは幸せな夫婦だったが、子どもができないことが原因で2人の関係は一気に冷え込む。 そして、夫の正隆は家庭内別居円満のコツと称して、新聞配達のバイトをしている17歳の女の子と不倫をしている。 あらすじ 結婚7年目を迎える主人公夫婦の正隆と雪映。 しかし、彼らの関係は冷めきっていた。 毎日一緒に食卓も囲むも2人は常にうつむいていて、夫婦らしい会話も一切にない。 そんな家庭内別居の状態を円満にするコツと称して、夫の正隆は不倫をしていた。 しかし、その不倫から妊娠につながり、そして中絶することになる。 そこから正隆の人生、夫婦の生活は最悪の崩壊へと向かっていく…。 ) 表情で物語る『ただ離婚してないだけ』の主な登場人物 『ただ離婚してないだけ』では登場する人物たちは、豊かな表情で読者に感情までも伝えてきます。 そんな表情で物語る登場人物たちをご紹介していきます。 柿野正隆(かきの まさたか) 35歳の主人公の男性。 フリーのウェブデザイナーをしている。 雪映と結婚して7年目、家庭内別居円満のコツと称して新聞配達員の17歳の萌と不倫していた。 不倫は体だけの関係と割り切っていたが、萌を妊娠させてしまう。 柿野雪映(かきの ゆきえ) 正隆の妻の29歳の 高校教師をしている 女性。 正隆と萌の不倫に気づいていた。 内に溜めこむタイプで言いたいことをはっきりと伝えない。 はじめは幸せな夫婦だったが、子供ができないことで2人の関係は崩れた。 夏川萌(なつかわ もえ) 17歳の新聞配達員。 正隆の不倫相手。 不倫の末に子供ができたが、正隆に迷惑をかけないために堕ろした。 親は放任主義。 年上の彼氏もいて、「別れたい」と言いながらもたまに見せる優しさに好意を抱いていた。 佐野義文(さの よしふみ) 萌が働いているガールズバーのオーナーであり、萌の彼氏。 いろいろな場所で借金をしていてる。 また子供もいる様子。 結末が怖すぎる『ただ離婚してないだけ』の3つの見どころ(ネタバレあり) 出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 衝撃の展開で読者に驚きや恐怖を与え続ける『ただ離婚してないだけ』には、夫婦の様子や登場人物やストーリー展開など見どころに溢れています。 その中でも特に注目してほしいポイントを3つご紹介していきます。 正隆と雪映の冷めきった夫婦生活 『ただ離婚してないだけ』はタイトルの通り、離婚していないだけの家庭内別居の夫婦の冷めきった生活がリアルに描かれています。 主人公の夫婦は、はじめのころは笑顔に満ち溢れていた生活をしていたようですが、あることがきっかけで冷めきってしまい、お互いが常に不満を溜めつつ同じ家で生活を送っているのです。 家に帰っても食卓は一緒に囲むものの、2人ともうつむきながら重い空気で毎日食事しているです。 その食卓風景は読んでいても息が詰まるほどのものであり、そして旦那が不倫に走ってしまうのもうなづけるような気もしてしまいます。 そんな離婚していないだけのリアルな夫婦生活の姿は、この作品の見どころとなっています。 キャラクターたちの表情や風景描写の深み この作品では、登場人物たちの表情や風景描写にとても感情がこもっており、臨場感あふれる雰囲気を演出しています。 不倫を疑う妻の雪映の表情や焦ったりストレスを溜める夫の正隆の表情、さらには不倫相手である萌の不安を必死で隠す表情などがリアルすぎて、気持ちが痛いほど読者に伝わってきます。 また、夫の正隆が不倫をしているときや事件を起こしてるときに描かれる日常的な背景には、普段の自分たちの生活の影でもこのような不倫や事件が起きているのではないかという気持ちにもなってきます。 登場人物たちの表情1つ1つや風景による対比構造にもしっかりと注目してもらいたい作品です。 ドロ沼の予測不能なストーリー展開 『ただ離婚してないだけ』の最大の魅力は、読者の予想を裏切り続ける展開の連続です。 離婚していない息苦しい夫婦生活を送っている人たちの話と思いきや不倫に話題が移り、そして妊娠・中絶して、物語は予想外の最悪な方向へと向かっていきます。 ページが進むごとに展開が変わり、徐々に、加速的に悪いほうへ向かっていく主人公たちには、読んでいて感情が追いつかなくなるほどです。 また、悪い状況になるほど夫婦仲が良くなっていく反比例構造が描かれているのも面白いところです。 衝撃すぎる展開の連続で心臓に悪いですが、それでも物語にのめりこんでしまうこと間違いなしの作品ですので、是非ご覧になってみてください。 ) 怖すぎる不倫を描いた『ただ離婚してないだけ』はこんな人におすすめ 『ただ離婚してないだけ』は不倫をしている人、不倫したいと思っている人には必ず読んでもらいたい作品です。 夫の正隆の家庭内別居円満のコツという口実で不倫に走りますが、そこからが全ての引き金となって、主人公夫婦を取り返しのつかない悪い状況へとひたすら運んでいきます。 そんなことをしなければ、幸せになれたかもしれないにも関わらず、1つの不倫から2人は重い枷を付けた状態、常に奈落の底が見える状態に身を置くことになってしまったのです。 『ただ離婚してないだけ』でそんな主人公夫婦を見ていると絶対に不倫ができない気持ちになります。 不倫をもたらす最悪の結末を描いているこの作品は、是非不倫関係者を含め多くの方に読んでもらいたいです。 ) 管理人の思う『ただ離婚してないだけ』が伝えたいこと(感想) 出典:「ただ離婚してないだけ」、著者:本田優貴、出版社:白泉社 『ただ離婚していないだけ』は、気軽な気持ちでする不倫の怖さを伝えたいように感じられます。 この作品では夫の正隆の軽い気持ちの不倫から人生が崩壊するほどの最悪な状況に陥ったストーリーが描かれていて、不倫をすることで起きる最悪の危険性をリアルに表現しています。 ちょっとした油断から人生の破滅と隣り合わせに生活を送ることになった主人公夫婦からは不倫の怖さが嫌というほど伝わってくるのです。 そして、そんな最悪な状況でも夫の正隆と妻の雪映は共通の目的から仲が徐々に良くなっていくことも描かれています。 夫婦の仲が悪くなってただ離婚してないだけの状態になっても、何か共通の目的を見つければ夫婦仲は改善することも表現されているので、夫婦仲は取り戻すことができるということも伝えたいようにも思えます。 そんな不倫の凄まじい怖さや夫婦仲が良くなる過程なども描かれているので、結婚している方は、是非読んでみてください。

次の

『ただ離婚してないだけ』最悪の結末を導く不倫を描いた漫画のネタバレ感想

ただ離婚してないだけ

ヤングアニマルで連載中、 本田優貴先生の漫画「ただ離婚してないだけ」。 今回は24話、最終回のネタバレを紹介します。 萌や佐野を殺した感触が忘れられない正隆は、雪映が破水して出産間際であっても自分で自分の首をしめようとしていたほど。 しかしついに雪映が出産。 生まれてきた子供を見つめる二人は… 以下、ネタバレ内容を含みます。 今回の話を無料で読みたい場合はU-NEXTで読むことができます。 U-NEXTは31日間無料でお試しができるだけでなく600円分のポイントがもらえるので、今すぐに「ヤングアニマル」が無料で読めます。 この記事では「」について他の方法も調べているので、併せてチェックしてみてくださいね。 1巻ずつ読む方法もあります。 ただ離婚してないだけ最終話ネタバレ 雪映は出産。 子供の名前は、凛。 退院して一週間ほど、凛は雪映の両親にも可愛がられています。 今はあまり寝れないでしょ?と聞く母親に、「まーたんも頑張ってくれてるし」と雪映は答えます。 正隆も「こんな可愛いモンとは思わなかったです」と呟きます。 今は自分の事より子供が最優先って感じですよ 笑顔で凛を抱き上げる正隆。 幸せな時間が流れる中、ロープが頭に浮かびます。 正隆は「ちょっとだけ上で仕事してきていい?」と雪映に許可を得ると2階へ。 そして誰もいない部屋に入ると、物干しとロープを使って自分の首を締めるのでした。 正隆は自分の首を締めた後、苦しそうに咳き込んでしまいます。 しかしその後すぐに、すっきりとした表情を見せるのでした。 その後も、凛との生活を楽しんでいる正隆と雪映。 しかし殺人の感触はずっと残ったまま… 凛が生まれてから半年。 見るたびに大きくなっていく凛の写真を見ながら、幸せそうなムードが漂います。 結婚して9年目。 前は想像すらできなかったけれど、今はお互いを気遣い毎日少しずつ理想の形になっていく二人。 今が人生で一番幸せ 正隆と雪映は笑顔で鍋を囲むのでした。 しかしその後、正隆たちの自宅を誰かが訪れます。 「俺出るよ」と正隆が玄関を開けると、立っていたのは警察でした。 警察は萌の写真を正隆と雪映に見せ、「2年前から行方が分からない」と言います。 アルバイトで新聞配達をしていたことや正隆の家にも配達していたこともすでに知っていた警察。 しかし雪映は「知りません」と即答するのでした。 集金の時に顔を合わせていると思う、と警察に言われてしまう正隆。 すると横からすぐに正隆の腕を掴み「すいません…覚えてないです」と雪映がフォローしました。 もし何か思い出したら連絡すると雪映が警察に言うも、正隆はあの時のことが頭から離れません。 気づけば正隆の目からは涙が出ていました。 「あれ何…コレ!?」自分が泣いてしまっていることに驚くかのような声を出す正隆。 雪映…俺… 正隆の涙は止まらず、その場にしゃがみこんでしまいます。 雪映は正隆に仕事しすぎだったから横になろうと言いますが、正隆は「ゴメン…」と言ったまま顔を覆ってしまいます。 「お願い…だから…」 雪映がそう言うと、「…もう」と泣きながら正隆は雪映の方を見るのでした。 すると正隆の目を見た雪映は、自らも涙を流し始めます。 …もしかしてあなた… その…新聞配達の人…知ってるの…? 雪映に泣きながら聞かれた正隆は目をつぶり号泣。 助け合い寄り添っていく 大丈夫俺らは夫婦やから 「ごめんなさい…全部…話します…」 正隆は警察にそう言うのでした。 おわり ただ離婚してないだけ最終話感想 ずっと萌と佐野を殺してしまったことを忘れられなかった正隆ですが、雪映もそうだったのかもしれませんね。 最初は「覚えてません」と正隆をフォローして逃げ切ろうとしていた雪映ですが、正隆の涙を見てしまってからは気持ちが変わっていました。 殺人をきっかけに夫婦関係は修復できたわけですが、やはりしてはいけないことをしてしまったし、逃げ切って終わりというわけにはいきませんよね。 でも今の正隆と雪映なら、昔のようにただ離婚してないだけの夫婦とは違うでしょう。 最後は、雪映と凛をかばって正隆が全て自分のせいだという形になったのでしょうか?そんなところも気になってしまいますね。 まとめ 「ただ離婚してないだけ」最終話のネタバレについて紹介しました。

次の