大人 の 一休 さん。 Eテレ5分アニメ「オトナの一休さん」10/5からレギュラー放送 破天荒な新作エピソードが登場

オトナの一休さん

大人 の 一休 さん

オトナの一休さん ジャンル アニメ 脚本 ふじきみつ彦 キャラクターデザイン 音楽 、 製作 放送局 放送期間 - 第1シリーズ:2016年 - 第2シリーズ: - 話数 第1シリーズ:全13話 第2シリーズ:全13話 その他 字幕放送 - プロジェクト ポータル 『 オトナの一休さん』(オトナのいっきゅうさん)は、放送の日本のラジオドラマおよび放送の日本のアニメ作品。 の記録などに基づいた史実のを描く。 現存する文献を典拠としているが、台詞や演出には創作を取り入れている。 アニメは当初、6月に全3話で放映された。 同年からレギュラー番組化。 第一則より再度放映開始し、の第十三則まで放送された。 第2シリーズがの第十四則よりの第二十六則まで放送された。 キャスト [ ]• (兄弟子) -• 弟子たち -• 若い僧 -• 養叟の弟子 -• 鴉 -• 店番 -• フナ -• 没倫紹等 -• 森女(しんにょ) - (テレビ)、(ラジオ)• その他(ラジオ) - 、• その他(テレビ) - 、、、、 ラジオドラマ [ ] (11:30 - 12:00)にで放送。 作 - ふじきみつ彦 テレビアニメ [ ] スタッフ [ ]• 作 - ふじきみつ彦• 絵 - 伊野孝行• 音楽 -• 歌 - マレウレウ• 制作 -• (2016年8月17日時点の) - マイナビニュース 2016年6月4日• NHK 2015年11月3日• 公式サイトでは「すずめの葬式」• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 オトナの一休さん - NHK. 2017年3月28日閲覧。 TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる! 2016年11月30日. 2016年11月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2016年6月2日アーカイブ分).

次の

破天荒すぎる! 話題のNHK「オトナの一休さん」裏側を聞く

大人 の 一休 さん

681 175 173 111 91 70 63 46 45 43 42 36 34 33 31 31 26 22 19 18 17 17 15 12 12 12 11 11 11 10 10 10 8 8 8 7 7 7 7 7 6 6 6 6 6 6 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 5 4 4 4 4 4 4 4 4 4 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 愁いを帯びた艶歌 森女は一休和尚の晩年彼の側に寄り添った女性である。 70歳をはるかに超えた老禅師の愛人だった。 森侍者(しんじしゃ)また森盲女(しんもうじょ)とも呼ばれた。 彼女は目の見えぬ者だった。 その森女の面影を伝える絵姿が今に伝わっている。 朱色の小袖を着た彼女は、白い打ち掛けを身体の周囲に巻きつけるようにして座っている。 傍らには鼓とツエ。 両眼はひっそりと閉ざされているが豊かなホオがその人柄の優しさを語りかける。 だが彼女の生涯を告げるものはほとんど残されていない。 わずかにこの絵と、一休禅師がその詩集『狂雲集』中の十いくつかの詩で「一代風流之美人」と、玉のようにいとしんだ森女のことを語っているばかりである。 (大徳寺) 文明二年 1470 11月14日。 仲冬の一日である。 大阪・住吉の薬師堂に出かけた一休和尚は、盲目の女性が歌うつややかな唄を聞いた。 時代はまさに下克上の盛りである。 各地に一揆は相次ぎ、家来は主人を殺した。 3年前に応仁の乱が始まり相国寺(しょうこくじ)等の京の大寺が炎上、洛中の酒屋数百軒も焼かれた。 兵火は山城の薪村(現・京田辺市)の一休さんの寺、 まで迫った。 戦乱を避け奈良・大阪を転々とする。 一休和尚の聞いたのが彼女の歌だった。 薬師堂で出会った盲女こそ森女だったろう・・・。 下克上乱世の時代というのは無秩序の支配する世だが、反面旧制度を打ち破ろうとするエネルギーに満ちた時代でもある。 しかし、いずれにせよ世が乱れるとき、まっ先に苦しむのは力弱い者たちだ。 見えぬ目で優しさ見抜く この時一休和尚は77歳。 喜寿の年である。 それでも行いすました高僧の風ではなく頭髪はぼうぼう、顎には無精ヒゲが伸び放題。 老いてなお、不敵な面魂だった。 だが森女も諸国を回りすでに40歳を超えていた。 それに盲女であるだけいっそうに心の目、人の真実を見抜く力は鋭い。 見えぬ目の眼前に一休和尚の訪れを知った時、イガグリのようにとげとげしい姿の内側にある一休の心の優しさ、森女はいち早く知った。 翌年の春、住吉で再会した日、 「その気があればそばに来い」一休和尚の言葉に彼女が即座に従い、薪の里で共に暮らすようになったのもそのためだった。 和尚も森女との日々に再び若さがよみがえるのを感じ、大満悦だった。 木は凋み葉は落ちて更に春を回(かえ)す 緑を長じ花を生じて旧約新たなり 森也(しんや)が深恩もし忘却せば 無量億劫畜生の身 (真珠庵) また青春がよみがえったわい。 もし彼女の情けを忘れるようなことがあれば、恩を知らない獣と同じ 「謝森公深恩之願書」と題した詩をつくる、手放しののろけようだった。 この一休の振る舞い。 いかにもなまぐさ坊主風にも見えるがそのうちにこそ一休禅師の真骨頂がある。 頓知話の一休さんは機転の利いたひょうひょうとした存在だが、現実の一休宗純はとてもそんな生易しい姿でない。 彼が生まれたのは応永元年 1394。 半世紀にわたった南朝北朝の争いにやっとケリがついた二年後のことだった。 一休の母は、破れた南朝方の貴族の出といわれる。 後小松天皇に愛され身ごもった彼女だが、しかし天皇を害しようとたくらんだ、との中傷の犠牲になり、宮中を追われ嵯峨の民家でようやく子を生んだ。 後年、彼が容易に人を許そうとしない狷介(けんかい)の性を示すのも、高貴の身に生まれながら受け入れられなかった、出生の事情に大いにかかわりがあるのかもしれない。 六歳で寺に入った少年は、22歳厳しい教えで知られた江州堅田の大徳寺派のてらへ、禅興庵に住む華叟宗曇(けそうそうどん)の門に入った。 27歳、カラスの声に大悟したーと伝わる一休だが、その後の歩みは決して悟りすましたような物静かな人生ではなかった。 狂雲面前 誰か禅を説く 三十年来 肩上(けんじょう)重し 一人加担す 松源(しょうげん)の禅 (真珠庵) 今の世に真の禅を担うものは一休のみ、こう自負する彼は大徳寺住職を継いだ18歳年長の兄弟子養叟(ようそう)に激しい悪口を投げつける。 「養叟の子孫 禅を知らず」 「山林は風気 五山は哀ふ ただ邪師のみあって正師なし」等々と。 その一方「他日君来って もし我を問はば、魚行酒肆(ぎょこうしゅし)また淫坊」、我は酒屋や遊里にと、彼の風狂は年とともにさらに激しさを増す状態だった。 自らの狂態を隠すことなくさらけ出し人間の実相を取り繕った人びとの前に突きつけ、彼らの偽りを暴くためだった。 この物狂おしい生涯を生きた一休の人生に、最後の花を飾ったのが森女である。 森女が一休のもとに来てから十年間ほど二人の仲は続いた。 とはいえ、和尚は忙しい体だ。 勅命を受けた大徳寺第四十八世の住持にもなれば、あるいは諸国を巡歴、焼失した大徳寺の再興に力を尽くさねばならない。 また和尚は金銭に執着する人ではない。 酬恩庵に帰っても手ぶらのことが多い。 そのため森女は寒さに震えることにもなる。 晩秋九月、肌にしのび寄る寒さをふせぐため、彼女は村の僧から紙に渋を塗った衣を借り着することもあった。 その紙衣をつけた姿が、これまた一休にはひとしお愛らしい。 紙のそでもまた風流と目を細める和尚。 それに昼寝の森女のホオに浮かぶ小さなえくぼ・・・。 すべてに魅せられた。 一休禅師は、彼女の美しさを楊貴妃に例えもした。 晩年の一休に寄り添って生きた森女は歌一首を残している。 おもひねの うきねのとこに うきしづむ なみだならでは なぐさみもなし (真珠庵) 変転常ならない乱世を生きねばならなかった。 女の悲しみを真っ直ぐに歌っている。 一方、一休禅師は みな人は 欲をすてよと すすめつつ 後で拾うは 寺の上人(しょうにん) と世の姿をなで切った。 室町時代の宗教界と世相を痛烈に批判した風狂の人、一休に本物の人間の作り方を見た森女の心眼は澄んでいた。 参考引用掲載 京に燃えた女 写真 ro-shinn.

次の

女子会おすすめレストラン!おしゃれで美味しい料理がある人気店10選

大人 の 一休 さん

破戒の限りを尽くした、一休さん 室町時代に実在した禅宗の高僧、一休宗純(1394〜1481)。 アニメなどで私たちがイメージする、とんちが得意な一休さんのモデルとなった人物です。 「2年前、取材していたとき、『一休さんは、破天荒な人だった』と聞いて、心に引っかかるものがありました。 そこで『オトナのための一休さん』というキーワードを思いついて。 国民的アニメでかわいらしいイメージのある一休さんを、大人版にしたらおもしろいのでは?」 オトナの一休さんは、破戒の限りを尽くし、風変わりな見た目と言動で人々を驚かせ、自らを「妖怪」と名乗っていました。 とんち坊主のかわいらしい姿は、ありません。 「視聴者のみなさんの反響をみて、してやったりという気持ちと、一休さんのイメージを壊して申し訳ないという気持ちの半々です」と藤原さん。 脚色はつけられるものの、エピソードの種は史実から収集。 文献や脚本を担当しているふじきみつ彦さん、研究者の力を借り、真実に近い一休さんの姿を描こうとしています。 では、なぜ「オトナの一休さん」をいま描くのでしょうか。 藤原さんは、一休をパンクロッカーに例えます。 「右習えで、言いたいことが言えない時代。 その中で、一休はおかしいことは、おかしいと言え、現代にはあまりいないタイプです。 それでいて、エンターテイメントであり、時代を切り開いてきた人物。 なんか、昔のエレカシに似ているなって(笑)」 「仕事でヘトヘトになって帰ってきたあと、『一休もこうなんだから、もっと気楽に考えよう』となってくれればうれしいです。 現代のストレス社会に、一休さんは必要な存在なのかもしれません」.

次の