オープン ハウス 激務。 オープンハウス 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

営業職募集|オープンハウス

オープン ハウス 激務

それを「安かろう悪かろう」といいますよね。 遠まわしに弁解せず、未熟な部分があるならその部分をもっと上手に説明できませんかね。 それがきちんとできていない会社だからモメごとが多いと聞きますがいかがですか? の言うように「買いに来た客」扱いして商売成立させているから、そこを履き違えて斜に構えている担当も多いのでしょう。 そこに気づかず「手厚いサービスを受けたいなら大手へ・・・云々」と同業とは思えない(思いたくない)回答をしているの価値観を疑います。 仲介していて、そう多くは無いはずのエンドからのクレームが多いですよ。 作っているモノが悪いとかではなく、疎かな対応や説明不足が多いと聞きます。 仲介にまでその問題を回して来たこともあり、呆れました。 だけど、ごめん。 私はここの社員ではないよ? いつの間にか社員扱いされてしまったみたいだけど。 ちなみにこの業界人でもないんですけどね。 一応、社員の方がそう思って書き込みしたと思われるとなんなので、 その点だけはキッチリ否定しておきますね。 >「手厚いサービスを受けたいなら大手へ・・・云々」 一般消費者としては、こう思うのは仕方ないと思うのですが? もちろん、安くてサービスレベルの高いところが理想だとは思いますし、 ここが安いからサービスレベルが低くても問題ないと開き直るのを是としている わけでもないですけど、私は一般消費者なので一般論として普通の考えかと思ってますが? じゃなきゃ大手で仲介なり建築なりを頼む理由がないですよね? 私はただ、消費者側だからといって必要以上に自分に過保護にして欲しい! と言っているように思ったので、世間知らずのとんだ甘ちゃんだな。 と思った次第です。 (もちろん、法に抵触するレベルなら話は別ですよ?) 一生に何度もある機会ではないのに、やれ担当者が悪いだの、教育がなってないだの文句を 言ってるだけで、選択の自由があったのに決断した自分は棚の上。 なので、見る目が無い適当な人(ここが良いと言う事ではなくね)は止めといたほうが良いのでは? と言っているのですよ。 ここに限らず注文住宅はね。 少なくともここの担当者任せにしたら駄目そうだな、というのはみなさん共通の認識ですよね? だったら自分でどうにかするか、別業者に頼むしかないのに愚痴(ネガ)ばかり。 何も考えずに契約した自分はここでも棚の上。 みなさん同業他社さんだからですか? まぁ完全に私見ですので、問題があると思うのであれば消費者庁にでも連絡してみたらどうでしょうか? 念を押しますが、私は間違ってもここの社員ではありませんからね。 最初の土地の営業からして感じが悪かった。 どうしても今の賃貸を出なくてはならない事情があり 家探しを急いでいたのが災いしました。 もっと勉強してから買うべきだった。 素人なので、土地の経形状のメリットだけでなく、デメリットも 思いつくだけ教えてくれと頼んだら、 まったくデメリットは思いつかない、と返ってきました。 後で調べたら当然、いろいろ分かって、 手付放棄すべきかさんざん悩んだけど 我が家からしたら大きなお金で捨てる勇気が出なかった。 今から思えばあそこで引き返せば、こんな思いしなかったと思う。 設計士は若く、経験が浅い。 打ち合わせ中の対応は感じもよく、問題は感じられなかったけど 何分、説明不足。 対応に不備だらけ。 頼んだことはレスポンスがとても遅い。 こちらも図面だけではわからないど素人。 できるだけ打ち合わせの途中はネットでいろいろ調べて臨んだけど、 打ち合わせ記録もいい加減で、後から見たら何も重要なことが書いてない。 実際に建ててみて、実物として実感できるようになると たくさんたくさん不満が出てきた。 もっときちんと説明してくれたらよかったのに・・・ それに、とにかく土地割がぎちぎちですよね。 何もあんなに小さく分割しなくても・・・ お隣の壁が目前に迫ります。 土地も割高だと思う。 社員教育、なってない。 思うに、あまり知識もなく、リードして欲しいタイプには 絶対向かない! 自分で隅から隅まで調べて、問題があったらとことん 詰めまくれる人は向いてるかも。 私は、途中からこれは駄目だと痛感し、 ことごとく詰めまくっている。 その分、多少対応はましになったけど 疲弊しきってます。 とにかく、お勧めしません!•

次の

オープンハウスって激務だと聞きますが本当ですか?

オープン ハウス 激務

オープンハウスの平均年収• 655万円• 初任給(大卒): 30万円• オープンハウスの男女年齢別年収推移 年齢 男性年収 女性年収 20~24歳 480. 0万円~ 480. 0万円~ 25~29歳 489. 4万円~540. 4万円 447. 3万円~437. 2万円 30~34歳 518. 6万円~619. 6万円 462. 3万円~467. 5万円 35~39歳 538. 2万円~641. 2万円 481. 0万円~483. 8万円 40~44歳 600. 5万円~720. 5万円 533. 0万円~543. 7万円 45~49歳 686. 0万円~807. 0万円 613. 6万円~608. 9万円 50~54歳 753. 6万円~864. 6万円 678. 0万円~652. 4万円 55~59歳 746. 4万円~857. 4万円 670. 5万円~646. 9万円 60~64歳 475. 6万円~857. 4万円 429. 6万円~646. 9万円 50代の理想年収 年代的にはトップ。 オープンハウスの部長や課長になってる人もおります。 また年収も一番高くなる年代。 子育てももう少しでひと段落する世代です。 そんな50代の理想の年収は 773. 0万円 オープンハウスの生涯獲得年収• オープンハウスで新卒入社して定年まで稼げる生涯年収は 2億8,165万円• サラリーマンの平均の生涯獲得年収が 1億7,845万円なのでオープンハウスは一般サラリーマンとの差は 1億320万円になります。 オープンハウスの役職別年収推移 オープンハウスの役職別の年収を統計データと掛け合わせ予測しました。 オープンハウスの年度別平均年収 オープンハウスの年収の平均は、 655万円でした。 【年度別の年収】 平成28年:654万円 平成27年:655万円 平成26年:656万円 給料:約40. 9万円 オープンハウスの新卒初任給 オープンハウスの新卒初任給は、 30万0000円総合職(営業・企画)(大学院卒・大学卒共通) 30万0000円総合職(建築・技術)(大学院卒・大学卒共通) 22万0000円一般職(大学院卒・大学卒共通) オープンハウスのおもな事業内容・かかわる職種 【オープンハウスの事業内容】 オープンハウスは1996年に創業した不動産会社で東京23区を中心として、新築戸建開発分譲事業とマンション開発分譲事業を展開している企業です。 新築戸建開発分譲事業は土地の仕入・企画・開発・分譲を行っていて建売と売建の販売方法を展開し、マンション開発分譲事業では施工の一部を除き用地仕入・開発・企画・販売・アフターフォローまで一貫したワンストップ体制で事業を展開しています。 またオープンハウスではマンションやオフィスビルなどの収益物件を購入し、必要に応じてリフォームやリノベーションを行いより価値を高めて投資家に販売も行っています。

次の

オープンハウスの評判|オープンハウスへの就活はやばい?

オープン ハウス 激務

気になる項目をクリック• 1.オープンハウスとは? 会社名 株式会社オープンハウス 設立年月日 1997年9月 資本金 42億2,130万円 本社所在地 千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12F(総合受付13階) 従業員数 2301名(2019年3月末現在) 代表者 代表取締役社長 荒井正昭 オープンハウスは設立年数1997年と比較的新しい企業で、発展途上のベンチャー企業です。 そのため2300名ほどいる 従業員の殆どが20~30代と若い年代で締められています。 また企業として発展するために売上一兆円を目標に掲げ、従業員数を増加するなどの動きが見れるので、新卒・中途共に採用率は高めです。 ここからはオープンハウスの事業内容や平均年収・福利厚生に関して詳細にご紹介していきます。 オープンハウスの事業内容 オープンハウスのメインとなっているのは不動産事業で、 顧客の要望にあわせて様々な物件をご紹介しています。 物件を紹介するだけでなく、不動産に関連した様々な事業を行っています。 「オープンハウスの仕事内容」の項目でも紹介しますが、戸建関連事業や米国不動産事業などがあります。 またオープンハウスはグループ企業であり、以下のような会社がグループ傘下の会社として所属しています。 会社名 メイン事業 株式会社オープンハウス・ディベロップメント 戸建・マンション・収益不動産 株式会社オープンハウス・アーキテクト 建設請負 株式会社ホーク・ワン 建設工事 株式会社OHリアル・エステートマネジメント 収益不動産 株式会社アイビー・ネット ファイナンス サチハワイ総合不動産会社 米国不動産 ディベロップメントやアーキテクトのような建設関係の会社もあれば、アイビー・ネットのようなファイナンスなどもあります。• オープンハウスの平均年収 オープンハウスの平均年収は635万円と600万円を越えており、ベンチャー企業としてはかなり高額な方です。 (参考:) 不動産業界内での知名度は高く、何より東証一部上場までしており、発展途上のベンチャー企業内ではかなり上位の位置にいることがわかります。 オープンハウスの平均年収に関しては「」にて詳しく掲載しております。 オープンハウスの福利厚生 一時期オープンハウスには福利厚生がないという噂も出ていましたが、情報が古かったようで 現在は充実した福利厚生があるようです。 以下がオープハウスの福利厚生の一部となっています。 制度名 内容 社有社宅制度 会社保有の物件に安価に住むことができる 資格取得支援制度 会社側指定の資格取得時に報奨金が出る 子育て関連制度 子供の保育園の時間に合わせて多様な働き方ができる 慶弔見舞金制度 社員の冠婚葬祭時にご祝儀や御香典・お見舞金がもらえる フレキシブルプログラム 社員の希望に沿って勤務時間・勤務日数を調節できる 短時間勤務プログラム 時間単位で好きな時に好きなだけ勤務することができる 在宅勤務プログラム 在宅状態で、好きな時間に好きなだけ勤務することができる 社宅や資格取得だけでなく、子育てに関する制度なども整っています。• 収益不動産事業部 中古マンション等、 潜在価値が見いだせるマンションを購入し、リノベーション改装して市場に再流通させている部署です。 資産価値が無いようなマンションであってもテコ入れすることで資産価値を蘇らせていきます。 マンションやリノベーションに関する知識や学ぶ姿勢が求められます。 ウェルスマネジメント事業 オープンハウスでは日本国内に留まらず、 米国にいる資産家や投資家に向けて不動産投資サービスを展開しています。 米国の方を相手にしている部署ですので、日常会話ができるぐらいの英語力が必須になってきます。 また、不動産売買だけではなく、物件の選定を始め融資・購入・管理・売却までを一括で案内しています。 3.オープンハウスって激務で評判?社員・元社員の口コミ 東証一部上場しており、現在は売上一兆円に挑戦しているオープンハウスはかなりの激務だという噂があります。 発展途上のベンチャー企業ですので仕事の数はかなりのものだと予想されます。 そこで、ここからは オープンハウスが実際にはどんな雰囲気でどんな会社なのか知るために、現社員・元社員の口コミをご紹介します。 幹部クラスの給与は良い。 一般社員は契約の件数を求められるため数をこなせば給与は良くなる。 会社がCMをやっている為、主任以上クラスになると問い合わせは多い。 (参考:) ベンチャー企業であるためかなり多忙にはなりますが、頑張れば頑張るだけ役職も給料も上がるといったところをやりがいにしてる人も少なくないようです。 大手企業のような年功序列といった考えではなく、実績によっての給料アップ、昇格がしっかりとあります。 実力をつけて地道にやっていけば評価してもらえる可能性はかなり高い会社です。 4.オープンハウスへの転職難易度は? オープンハウスの求人募集自体は経験者だけでなく、未経験の方でも応募可能となっています。 また、 未経験の方でも活躍しやすいように不動産のノウハウを一から教えてもらえるようなしっかりとした研修制度も整えています。 研修以外にもマンション管理士などの不動産に関連した資格取得支援制度も導入しており、転職難易度としてはそこまで高くないと考えられます。 5.オープンハウスの採用方法は?採用率を上げるコツ 口コミから転職難易度まで見てきたところで、どんな採用方法をとっているか知りたいですよね。 オープンハウス側が どんな人物像を求めているかや採用の傾向を知っていればそれだけ転職に有利です。 ここではそういった有利な情報と共に採用率を上げるコツをお教えいたします。 求められる人物像を把握する オープンハウス側が求めている人物像は「会社でこれからバリバリ働きたい」や「責任感のある仕事をしたい」といった志を持っているような人です。 激務だという悪い評判もありますが、仕事に対してストイックな会社であり、 いい意味でも悪い意味でもベンチャー気質な会社です。 選考方法の傾向を掴む オープンハウス側の選考方法の傾向を掴むことも重要です。 オープンハウスは売上一兆円を目指しているベンチャー企業で、一緒にそれを達成してくれる社員を一人でも多く集めています。 不動産業としての経験を持っていることも重要ですが、 説明会等に積極的に参加しどのような会社なのかしっかり掴んでおき、採用後、自身はどのようになりたいかいをアピールすることで、採用率が上がっていきます。 ページ内にも募集要項について詳細に書かれていますので一度目を通してみてください。 転職エージェントを利用する 求める人物像や選考方法の傾向がわかってきたところで、転職する意志も固まってきたことでしょう。 そこで、おすすめなのが 転職しようとしているあなたの活動をしっかりとサポートしてくれる転職エージェントです。 あなたがどんな会社へ転職したいのかをしっかりと理解した上で、求人の紹介や面接の練習など様々なサポートを無料でしてもらえます。 それだけでなく、転職エージェントには求人サイトでは見つけられないような案件もありますので、求人サイトを使うよりもおすすめです。

次の