ウイグル。 ウイグル収容所で多数の死者か=「文化消し、中国人に」と絶望感:時事ドットコム

中国だけど中国じゃない?ウイグル自治区を旅して感じた違和感

ウイグル

2019年12月1日 中国では様々な問題が起こっています。 米国との貿易戦争から始まった覇権を争う冷戦、バブル崩壊に伴う経済破たんの可能性、香港での民主化デモの規模の拡大と長期化など、どれも国を揺るがすほどの深刻な問題です。 日本とも東シナ海で対立していますし、フィリピンやベトナムとも南シナ海で領有権を争っています。 大きな問題だけでたくさんありますね。 2019年には ウイグル人に対する弾圧の証拠文書が流出し、世界が注目しています。 出典: 今回はそんな民族問題である、 ウイグル自治区とその弾圧問題についてご紹介します。 南側にはチベット人が暮らすチベット自治区があるよ。 中国というより、中央アジアに近い雰囲気を持ちます。 内陸にあるので、世界で最も海から遠い都市としてギネスブックに記録されました。 ウイグル人の顔立ちは? ウイグル族はトルコ系の人々で、見た目はエキゾチック顔立ちで、でもそんなに濃くないアジア人という感じです。 中国の9割を構成する漢民族とは顔や言葉、文化や宗教(イスラム教)などが全く違います。 この地域は、古くからテュルク系の民族が多く住む土地なので、テュルク人(トルコ人)の土地という意味の、 トルキスタンと呼ばれていました。 古くから中国とは政治経済の分野で交流があり、漢や唐に支配された時期、ウイグル帝国やモンゴル帝国に属していた時期があります。 その後18世紀には清の支配下に入り、清の滅亡後は 中華民国(現在の台湾)に属しました。 そして中華民国の 新疆省であった1933年と1944年には、 東トルキスタン共和国を建国しました。 それぞれ数年間は政権が存続しましたが、1949年、国共内戦に勝利した 中国共産党が東トルキスタンに 侵攻し、 中華人民共和国へ統合されました。 ウイグルの弾圧問題とは? それでは、 ウイグル自治区の弾圧問題とはどんな内容でしょうか? 次の問題が発生しています。 ウイグル自治区の 豊富な資源が搾取されている• ウイグル自治区が 核実験場となっている• 漢民族がどんどん流入してきている• ウイグル語の使用制限がある• 宗教(イスラム教)への制限がある• ウイグル 独自の文化が破壊されつつある• 政治的な発言権がない又は少ない• 当局による 不当と思える逮捕・拘束がある 日本人は当たり前すぎてあまり意識しにくいですが、 宗教や言語に対する制限は、自分の信じるものやアイデンティティに対する弾圧として特に辛いことです。 自分の信条やアイデンティティに関する大切な部分を国に制限されてしまうのは、今の時代にあり得ないことです。 しかしウイグルでは中国当局に規制されていて、背くと投獄されることが公開されました。 出典: 天安門広場の事件は大きく報道されましたが、地方でも死者の出る事件が多発しています。 アルカイダによるテロ宣言 また、2009年には イスラムテロ組織で有名なアルカイダの幹部が「中国に対する聖戦」を表明しました。 その中で、「 東トルキスタンの、抑圧されて傷ついた兄弟たちを支援することは今日のムスリムの義務」と述べています。 <アルカイダの有名な人> アルカイダは最近あまり聞かなくなりましたが、このようなテロ組織も注目しているのですね。 そしてこういったテロ組織の発言は 現実的な大きな脅威として、中国当局も警戒しているようです。 そして実際にイスラム教の過激派組織が報復宣言を出す事態になっています。 ~引用ここから~ 習近平国家主席率いる中国に、イスラム過激派組織が狙いを定めた-という衝撃情報が入った。 新疆ウイグル自治区でのイスラム教徒弾圧に反発して、報復を模索しているというのだ。 弾圧されているウイグル族の人々とテロ組織が結びつき、 民族独立への動きが活発化する可能性もあります。 このことは他のチベット問題や台湾の独立問題、収まる気配のない香港問題に飛び火する可能性があるため中国政府はかなり気を警戒しているでしょう。 チベット問題はこちらにまとめました。 2つのウイグル組織 現在、ウイグル人の 2つの大きな組織があります。 世界ウイグル会議と東トルキスタン共和国亡命政府です。 世界ウイグル会議 <ラビア・カーディル議長> 世界ウイグル会議はドイツのミュンヘンに本部があり、世界各国の20以上のウイグル人組織を統括しています。 日本でもイベントが行われました。 代表はラビア・カーディル議長です。 暴力は使わず平和的で民主的なウイグル人の地位確立を目指しています。 しかし最終目標として、 分離独立を目指すのか高度な自治を目指すのかは、はっきりと表明していません。 民族問題で同じチベット亡命政府のような平和的な印象です。 東トルキスタン共和国亡命政府 2004年に発足した 東トルキスタン共和国亡命政府の本部は、アメリカのワシントンに置かれています。 目標はウイグル自治区を、 東トルキスタン共和国の領土とし、 中国からの分離独立を目指しています。

次の

回紇(ウイグル)とは

ウイグル

この項目では、中華人民共和国の行政区分について説明しています。 ウイグル全般については「」を、トルキスタン東部の地域概念については「」をご覧ください。 に設立され、首府は( : )である。 中国語表記で新疆维吾尔自治区 民族構成はのほか、、、、(本来はである)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。 中華民国時代には、1912年からという行政区分が置かれていた。 本来中国には時差が設定されていないが、新疆では非公式に()より2時間遅れの()が使われている。 歴史 [ ] 清朝以前 [ ] からと呼ばれたこの地域はや中国との政治的・経済的な繋がりを古くから有し、国家が繁栄し、代と代には、中国の直接支配下に置かれた時期もあった。 大業五年()、が自ら隋軍を指揮してを征服、今の新疆南東部を実効支配し始めた。 王朝が西域の実効支配もその時期から始めた。 貞観十四年()、唐軍がを占領し、を設置した。 また可汗浮図城においてを設置した。 同じ年、高昌でを設置。 後へ遷し、へ転換。 唐代後期、の支配下に入り、9世紀、ウイグル帝国が瓦解したのちも、の残存勢力による支配が続いた。 13世紀、帝国の勃興によりその支配下に組み込まれ、とその子孫による支配が行われた。 16世紀に至りが地域を統一したが、17世紀末に征服された。 清朝 [ ] にジュンガルにおける清朝の領域はほぼ確実なものとなった。 以降、の征服()にともなってその支配下に入るに至り、「ムスリムの土地」を意味するホイセ・ジェチェン(Hoise jecen、回疆)、「故土新帰」を意味するイチェ・ジェチェン(Ice jecen、新疆)などと清朝側から呼ばれた。 には各地で反清反乱が相継ぎ、によって清朝の支配は崩れたが、により再征服され、に並のがひかれて となった。 中華民国以降 [ ] の後、清朝の版図を引き継いだに属しながらも、の省主席によって半独立的な領域支配が行われた。 これに対してとの二度にわたって土着の(イスラム教徒)によって民族国家 の建国がはかられたが、で東トルキスタン共和国のと新疆省のらがに帰順したことでこの地域はが展開し、に 新疆ウイグル自治区が設置された。 には自治区内にが波及。 こと文革に関しては、少数民族を多く抱える同自治区の闘争は中国の他地域と比較してある程度は抑制されていたというが、それでも一部で行なわれたモスクの破壊や同士のにより、混乱に拍車がかかった。 1980年代以降 [ ] 文化大革命が終結し、の緩和がなされた1980年代から1990年代には、ウイグル人住民の中で、など新疆ウイグル自治区における民族自治の拡大を求める動きや国外の者が独立を主張する動きも見られ、度々やが起きていた。 長らく新疆を統治していた自治区党委書記のはの暴動の責任をとらされて更迭され、経済発展と民族融和を重視するが後任に就くもテロは止まず、2014年にが起きた際は当時ウルムチを視察していた兼が「対テロ」「 ()」を打ち出し 、には ()と ()を自治区党委書記と党委副書記兼政法委員会書記にそれぞれ抜擢してなど徹底的な管理統制が行われるようになり 、様々なを用いて一挙手一投足を住民は監視されていることから「世界でも類のない」 「完全の実験場」 が構築されたと欧米メディアや人権団体は批判した。 中華民国の主張 [ ] ()は、中国共産党の実効支配を認めず、新疆ウイグル自治区を新疆省と呼称しており、自国領土だと主張している。 5倍)。 ただし、面積の約4分の1は砂漠が占めており、これは中国の砂漠総面積の約3分の2に相当する。 新疆ウイグル自治区は中国の最西部に位置しており、東部から南部にかけて、それぞれ、、と省界を接している。 また、、、、、、、、の8カ国とを接し、国境線の総延長は約5,700kmに達する。 国境を接する国の数は、中国の行政区分で最大である。 のに位置する。 は中央アジアとの自然国境とされ、山脈はと東アジアの自然国境とされる。 カラコルム山脈は急峻な山々が峰を連ね、パキスタン国境にあるは海抜 8,611 メートルに達するに次ぐ世界最高峰である。 8月11日、新疆ウイグル自治区北部でM8のが発生。 地震研究のための貴重な資料として、当時の地震断層や地形の変化がそのままの状態で残されている。 4月19日、の保護作業が終了した。 94 12,000 教育 [ ]• 住民 [ ] ホータンの日曜バザール 総人口は約1,900万人で、3分の2は以外の少数民族である。 自治区内の住民は、漢族、、、、(民族区分では)などの様々なで構成される。 また、カザフ人、キルギス人、、など、隣接する旧ソ連領中央アジア諸国と国境を跨って居住する民族も少なくない。 漢族の大量入植 [ ] 自治区の北部・東部を中心に居住する漢族は、に設立されたを中心に、1950年代以降に入植した住民が大半を占め、急速にその数を増やしている。 中国政府の公表する人口統計には、軍人の数が含まれていない [ ]ことから、実際の人口比では、 漢族の人口はウイグル人を上回っていると推測されている [ ]。 2003年の兵団総人口は257. 9万人である。 1990年時点で新疆ウイグル自治区の総数が1499万人のうち、漢族が565万人。 1995年には、総人口1661万人のうち漢族が632万人と、5年間で漢族人口は67万人も増加している。 2000年には、漢族人口は約749万人となっており 、5年間で117万人も増加しており、10年間で184万人の漢族が新疆ウイグル自治区において増加している。 2010年には、約842万人に到った。 漢族の大多数の地域 [ ]• 21 7,489,919 40. 58 1,245,023 6. 74 839,837 4. 55 158,775 0. 86 () 149,857 0. 81 55,841 0. 30 39,493 0. 21 34,566 0. 19 19,493 0. 11 15,787 0. 086 12,096 0. 066 () 8,935 0. 048 7,006 0. 038 6,153 0. 033 5,642 0. 031 5,541 0. 030 4,501 0. 024 3,762 0. 020 経済 [ ] ウルムチの中信銀行ビル 第一次産業としては、、、、、、、イリなどが主要な生産物となっている。 特にこの地域で生産されるといわれる綿は、(ギザ綿)、と並んで世界三大高級コットンと呼ばれ、繊維が長く光沢があり高級品とされており、日米欧に輸出され高級シャツ、高級シーツなどに利用される。 また、中国四大宝石の中で最高とされるはで産出される。 この他、石油と天然ガスなどのエネルギー資源産業をはじめ、鉄鋼、化学、機械、毛織物、皮革工業が発達している。 主要な工業地域として烏魯木斉、克拉瑪依、石河子(シーホーツ)、伊寧(イーニン)、喀什(カシュガル)が挙げられる。 エネルギー資源の影響で内陸部の割にはからにかけて新疆の平均成長率は15%を超え 、特に中国最大級のがあるカラマイはには一人当たりのが中国本土で最も高い都市となった。 省都のウルムチは200万人を超える人口規模で中央アジア最大の都市に匹敵し 、中国北西部および中央アジアで最も高いビル である ()(旧・中天広場)などので街並みは沿岸部の大都市のように近代化されている。 資源 [ ] 新疆のツァイダム油田 新疆はとの埋蔵量が豊富で、これまでに38カ所の油田、天然ガス田が発見されている。 新疆の油田としては、、が3大油田とされ、独山子(トゥーシャンツー)、烏魯木斉(ウルムチ)、克拉瑪依(カラマイ)、庫車(クチャ)、塔里木の5大精油工場で原油精製も行われている。 特に、政策開始以降は、敷設や送電線建設などが活発化している。 これには、中国国内最大の油田であったのの生産量が近年では減少してきたために、新疆の油田の重要性が相対的に増していることも関連している。 交通 [ ] にはと烏魯木斉を結ぶ鉄道のが開通し、にはへの延伸によってカザフスタンの鉄道に接続されたことで、中国各省とを結ぶ鉄道の大動脈が通ることとなった。 また、には-間のも完成し、自治区最西端すなわち中国最西端までの鉄道が開通した。 航空 [ ] 更には、面積が広大なことから航空への依存度が高まり、烏魯木斉の空港を中心として十数の自治区内の主要地を結ぶ航空網が整備されていった。 その為、今日のは、、、の空港とともに、中国5大空港の一つに数えられる程の拠点空港となっている。 また、、との国際線が発着することから、中国西北地域の玄関口としての役割をはたしている。 道路 [ ] は、では、、、、3014高速道路()、3015高速道路()などが利用できる。 でも、、、、G3012高速道路()などが整備されて、以前よりは便利さが増した。 環境問題 [ ] 砂漠化 [ ]• 2014年12月31日. 2019年11月25日閲覧。 2014年5月4日. 2019年11月25日閲覧。 2019年9月12日. 2019年11月25日閲覧。 2019年11月17日. 2019年11月25日閲覧。 2019年11月16日. 2019年11月25日閲覧。 (ICIJ). 2019年11月24日. 2019年11月25日閲覧。 2019年11月25日. 2019年11月25日閲覧。 2019年11月25日. 2019年11月25日閲覧。 The Economist. 2018年5月31日. 2019年2月11日閲覧。 2017年12月22日. 2019年2月15日閲覧。 2017年12月14日. 2019年2月15日閲覧。 Foreign Policy. 2018年9月13日. 2019年11月25日閲覧。 (下記表参照• The China Story. Australian Centre on China in the World 2012年8月12日. 2017年6月28日時点のよりアーカイブ。 2020年6月28日閲覧。 2019年7月14日. 2019年10月28日閲覧。 2011年11月7日. 2019年10月29日閲覧。 Brunn, Stanley W. Toops and Richard Gilbreath. The Routledge Atlas of Central Eurasian Affairs. Routledge 2012 p. 中建西部建设 2014年8月25日. 2019年10月28日閲覧。 2012年3月19日. 2019年10月28日閲覧。 The Atlantic 2013年7月12日. 2019年10月28日閲覧。 マット安川 2013年11月22日. 2013年11月22日閲覧。 2009年7月7日 産経新聞• 2009年7月8日 産経新聞• 2009年7月8日 毎日新聞 参考文献 [ ]• 『幻の「東突厥斯坦共和国」を行く』東方出版、1997年1月。 『中国の核実験 シルクロードで発生した地表核爆発災害』医療科学社、2008年7月。 、//『』まどか出版、2009年3月。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 新疆ウイグル自治区に関連する および があります。 北京の新疆村(、) 外部リンク [ ]• (中国語)• (中国語).

次の

なぜ中国のウイグル人弾圧にイスラム諸国は沈黙するのか?

ウイグル

「悔い改めと自白を促せ」 文書は、が入手した。 ICIJにはBBCパノラマや英紙ガーディアンなど17の報道機関が参加。 今回流出した中国政府の公文書を「中国電報(The China Cables 」と呼んでいる。 文書には、2017年に新疆ウイグル自治区の共産党副書記で治安当局のトップだった朱海侖氏が、収容施設の責任者らに宛てた9ページの連絡文書も含まれている。 その連絡文書では、収容施設を高度に警備された刑務所として運営するよう指示。 以下の点を命じている。 「絶対に脱走を許すな」• 「違反行動には厳しい規律と懲罰で対応せよ」• 「悔い改めと自白を促せ」• 「中国標準語への矯正学習を最優先せよ」• 「生徒が本当に変わるよう励ませ」• 「宿舎と教室に監視カメラを張り巡らせて死角がないことを(確実にしろ)」 Image caption 「厳格な秘密保持」 流出した文書はまた、収容者の生活が細かく監視、管理されている状況も示している。 「生徒のベッド、整列場所、教室の座席、技術的作業における持ち場は決められているべきで、変更は厳しく禁じる」 「起床、点呼、洗顔、用便、整理整頓、食事、学習、睡眠、ドアの閉め方などに関して、行動基準と規律要件を徹底せよ」 1週間で1. 5万人が入所 別の文書からは、ウイグル人の拘束と収容の規模がわかる。 ある文書は、2017年のわずか1週間の間に、新疆ウイグル自治区の南部から1万5000人が収容施設に入れられたとしている。 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチの中国担当責任者ソフィー・リチャードソン氏は、流出文書は検察当局に活用されるべきだと話す。 「これは訴追に使える証拠で、甚だしい人権侵害が記録されている。 収容者は全員、少なくとも精神的拷問を受けていると言っていいと思う。 自分がいつまでそこにいるのか、まったく分からないからだ」 人格改造が目的か 流出文書はさらに、収容者は自分の行動や信条や言葉を変えたと示すことができて初めて、解放されるのだと詳細に書いている。 「生徒には悔い改めと自白を促し、彼らの過去の活動が違法で犯罪的で危険な性質のものであることを深く理解させよ」 「浅い理解や悪い態度、反抗心すらうかがえる人には(中略)教育改革を実行し、確実に結果を達成しろ」 こうした指示を受けた収容施設について、人権問題に詳しく、ウイグル人組織「世界ウイグル会議」の顧問をつとめる英勅選弁護士のベン・エマーソン氏は、収容者の人格改造が狙いだと話す。 「ひとつの民族コミュニティー全体を対象に作られ実行されている、巨大な集団洗脳計画以外の何かだとみなすのは、非常に難しい。 新疆ウイグル自治区にいるイスラム教徒のウイグル人を、個別の文化集団として、地球上から消滅させようとしている。 そのために彼らを完全に作り変えることを意図した取り組みだ」 中国の「思想改革」収容所 「犯罪予備軍」を教化 点数システムで管理 文書によると、収容者は「思想変革、学習と訓練、規律の遵守」について点数が与えられる。 収容者の家族との接触の可否や解放時期は、罰と報酬のシステムにより判定される。 解放は、共産党委員会が変革の証拠を得たときだけ検討される。 流出文書は、中国政府が集団監視と、個人情報の分析に基づいた予測による取り締まりを実行している様子を明らかにしている。 ある文書には、携帯電話にZapyaというデータシェアリングのアプリを入れていることだけを理由に、180万人が要注意人物とされたことが記されている。 当局は、そのうちの4万557人を「一人ひとり」調べるよう命令。 「疑いを晴らすことができなければ」彼らに「強制訓練」を受けさせるべきだと述べたという。 「中国に対する中傷だ」 流出した文書からは、外国の市民権をもつウイグル人の逮捕や、外国で暮らすウイグル人の追跡に関する明確な指示も読み取れる。 世界規模で捕獲網を張り巡らせるため、中国の大使館や領事館が役割を果たしていることも暗示している。 中国の劉暁明・駐英大使は、中国の施策は新疆ウイグル自治区の人々を守るためであり、同自治区では過去3年間、テロ攻撃は1件も起きていないと述べた。 「当該地域は現在、社会的に安定し、民族集団もまとまっている。 人々は満足と安全を以前よりずっと強く感じ、生活を楽しんでいる」 「西側には、そうした事実を完全に無視して新疆について中国を熱心に中傷している人々がいる。 彼らは、中国の国内問題に介入し、新疆における中国のテロ対策を妨げ、中国の順調な発展を妨害する口実を作ろうとしている」.

次の