桃色とうきでん桃太郎くん。 ももいろ討鬼伝モモタロウくん (ももいろとうきでんももたろうくん)とは【ピクシブ百科事典】

ももいろ討鬼伝モモタロウくん (ももいろとうきでんももたろうくん)とは【ピクシブ百科事典】

桃色とうきでん桃太郎くん

解説 [ ] の子孫・桃百太郎(もも ももたろう)と、族の少女・魔美をはじめとする美少女達との日々と、鬼族とのバトルを色気を交えて描いた漫画。 キャラクターの名前には・木の実・香料など植物関連の用語から取っているものが多い。 制作 [ ] 初期案ではいちごちゃんという人間の少女がヒロインとなる予定であったが、キャラクターが弱くセクシーさに欠けたため、「お色気で勝負するならもっと攻めるべきだ」という編集者のアドバイスを受けた鷹岬がキャラクターを作り直した結果、鬼娘の魔美というヒロインが出来上がったという経緯がある。 編集コンペには通ったものの、編集会議ではバッシングが相次いだと鷹岬は振り返っている。 あらすじ [ ] 第34代目桃太郎としてこの世の鬼を退治する役目を背負った少年・桃百太郎(もも ももたろう、以下:百太郎)。 あるとき、鬼の少女・鬼堂魔美が秘宝のきびだんごを食べた結果、彼女の中に霊力が宿り、他の鬼たちに狙われたため、百太郎のもとに身を寄せることとなった。 登場人物 [ ] モモタロウ陣営 [ ] 桃百太郎(もも ももたろう) 本作の主人公である、第34代目桃太郎。 鬼ヶ島小学校5年2組に転入してきた。 現代の世にはびこる鬼たちを退治する役目を持っている。 机を両断する、弓矢を切り払う、氷柱を叩き割るなど剣技は冴えているが、まだ幼いため美女に弱い。 きびだんごを食べてしまった魔美を守るため、魔美の家(居城)に居候している。 魔美のに手を当てることできびだんごのパワーを引き出すことが出来る。 必殺技は霊力を光の刃に変えて薙ぎ払う 「モモタロウ気功剣」で、磯銀鬼戦では気功剣を大砲に変えて放つ進化技 「モモタロウ気功砲」を使用している。 作者である鷹岬は、1巻の巻末コメントにて、百太郎がエッチな人物であることを否定している。 真・モモタロウ(しん-) 初代モモタロウの残した元祖きびだんごの霊力で覚醒した百太郎。 体は(きびだんごを食べた魔美同様)一時的に大人のように立派な体格に成長し、鉢金やなどの防具が現れる。 目元に刺青のような紋章が浮かぶのが特徴。 通常時の気功剣がまるで通じない黒鬼を一撃で倒すほどの強さを有し、元祖きびだんごをヒロインたちが食べた後は彼女たちの持つ「特質」を一時的に借用できるようになった。 しもべたち 百太郎の部下である動物たち。 普段は珠の中にいる。 ポチ公 百太郎の部下であるオス犬。 可愛らしい外見だが、魔美に「デカパイパンチラねーちゃん」などと発言するなど、時折毒を吐く。 嗅覚に長けており、気配を消した鬼を見分けることができる。 サルル 百太郎の部下であるメス猿だが、人間のような容姿をしている(途轍もなくである)。 モモタロウチームの頭脳担当で、様々な知識に長ける。 が好きなようでしょっちゅうかじっている。 キジ丸 百太郎の部下であるオス雉。 人間一人を吊るして飛べるほど飛翔力に優れているが、非常に軽薄な性格で大の女好き。 翼で物を掴んだりすることができる。 鬼堂魔美 きどう まみ 本作のヒロインである、赤鬼族の姫君。 百太郎の同級生にあたるが、きびだんごを食べたことにより丹田に霊力が宿った結果、急激に成人女性の身体へ成長した。 体内のきびだんごを狙う他の鬼族達に命を狙われている。 一時期マロンにきびだんごを奪われ、元の小さい体に戻るもののマロンとの奪い合いによりきびだんごの半分を食べ、マロン同様に再び成長する。 当初は百太郎のことを利用するつもりでいたが、次第に情が移り、争奪戦にも率先して参加している。 料理は下手。 レモン 通称レモ姉。 百太郎の先輩で、弟分である百太郎をかわいがっている。 16歳ので普段は鬼ヶ島町の高校に通っている。 のような装束をしており、大変巨乳。 目元の泣きボクロがチャームポイントだが、鷹岬によれば「よくがヨゴレと間違えて修正してしまう」らしい。 百太郎の武術の師匠でもあり、百太郎より力も技も強いがきびだんごの力は使えない。 普段は型の剣を逆手に持って戦う。 逆立ちして放つ「檸檬昇竜覇」は一撃で百太郎を半死半生の目に遭わせたほどの破壊力。 元祖きびだんごを食べた時の形質は 「力と俊敏性を兼ね備えた優れた近接格闘能力」。 ざくろ 特殺隊に所属する女鬼。 スタイルは良いが、魔美やレモンらのバストサイズが大きいため、貧乳として扱われている(角や翼を隠すための変化が使えるが、魔美によればそれを利用して初登場時には「盛って」いたらしい)。 いつもを着用しており、人間に化けている時には黒いセーラー服を纏っている。 一人称は「オレ」だが「あたし」になることも。 「大嫌い」が口癖な所謂。 元祖きびだんごを食べた時の形質は 「飛行能力」。 来智 どくたー らいち 鬼族対策機構の研究員である大人の女性。 人類が鬼族と戦うための研究をしており、同じく鬼族に対抗している百太郎に協力する。 常にを咥えている。 に見えるが25歳。 登場当初は三人娘を無断で拘束したりするなど奇行が目立ち、モモタロウから「心に鬼がいる」と断ぜられていたのだが、更生してからはモモタロウを猫かわいがりするようになる。 元祖きびだんごを食べた時の能力は 「メカを操る力」であり、魔美ロボXの残骸を取り込んだフルバースト攻撃が可能になる。 魔美ロボX(まみろぼえっくす) 鬼族対策機構が対黒鬼用に作り上げた「戦闘巨兵」。 魔美を模して作り上げられた巨大ロボットで、黒鬼兵たちを難なく打ち破るほどの強さを有している。 来智曰く「魔美の凶暴性もインプットしといた」らしい。 目は、口は、指は大口径で、。 黒鬼兵を叩き潰すも、黒鬼王には手も足も出ず「ガラクタ」呼ばわりされた挙句に一撃で粉砕された。 その後、残骸はDr. 来智の特質を借りた真・モモタロウの武器となった。 鬼 [ ] 赤鬼族 鬼ヶ島町を支配していた、鬼界の最大派閥。 百太郎により叩きのめされたため、現在は弱小勢力。 長老 魔美の祖父。 常人の数倍の体躯を誇る巨体の鬼で、孫娘である魔美がきびだんごを誤飲したのを知った際には腹を引き裂いて自らが食おうと考えていた冷酷な性格。 人々を恐怖で縛り付け、巨大な城を建てさせて豪遊していたが、モモタロウ気孔剣で両断され、真っ二つになったまま逃走していった。 魔美の父 最終回に登場。 虎柄のスーツを着た逞しい体躯の男性。 百太郎が全ての鬼の敵である黒鬼を倒したことで改心し、人間に迷惑をかけないように「人間・鬼族さよならお別れ計画」を立案したが…? 魔美の母 魔美によく似た姿をした美女で、なぜかヒョウ柄のスーツを着ている。 最終回で夫と共に百太郎に礼を言いに来た。 (ぎゅうき) 巨大なの姿をした鬼。 魔美のの中に隠れ、きびだんごを奪おうとしたが、モモタロウ気孔剣に敗れる。 (がき) 食事をすればするほど巨大化し強くなる鬼。 信州便のような訛りがある。 魔美と組んでレモンを襲撃し、彼女が情にほだされて寝返ると掌を返して魔美ごときびだんごを腹に収めた。 しかしサルルが投げ込んだ魔美の手作り料理を食べたせいで魔美を吐き出してしまい、あっさりモモタロウ気孔剣で倒された。 磯銀鬼(いそぎんき) 型の鬼。 「最強クラス」と自らを称する上級の鬼で、モモタロウ気孔剣すら無傷で耐えるほどの強さを有する。 魔美を騙して彼女を喰らいきびだんごの力を得ようとするも、駆け付けた百太郎のモモタロウ気孔砲で粉砕される。 夢邪鬼(むじゃき) 型の鬼。 を使い、相手を洗脳する能力を有し、傀儡を得た後は亜空間に逃げ込み相手を追い詰めるという。 鬼ヶ島小の文化祭に紛れ込み、催眠術をかけて魔美とレモンを操り百太郎を仕留めようとするも、本体の戦闘力は低く、あっさりモモタロウ気孔剣で倒された。 腐乱鬼(ふらんき) 妖鬼族の男。 のような姿をした妖術師。 湯に浸かった相手から「命のエキス」を奪い取る術を持つ。 百太郎から命のエキスを奪い消し去ろうとしたが、うっかり瓶を湯に落としてしまったために百太郎に奪い返され、モモタロウ気孔剣で瓶ごと両断される。 ラ・フラン 腐乱鬼の妹で自分のことを「僕」と呼ぶ(いわゆる)。 顔中に包帯を巻いたゴスロリ衣装の幼女。 かなりので兄の腐乱鬼のリベンジのために百太郎を妖術で追いやるもきびだんごの力によって圧倒されるが見逃され、「おまえだってかわいいじゃん」と言われたことにより、もう一人の「兄サマ」として百太郎に好意を持つ。 青鬼族 赤鬼族に次ぐ勢力を有する勢力。 マロン 族の姫君。 自称 "完全無欠のマロン"。 魔美とは園児の頃から犬猿の仲。 魔美からきびだんごを奪い、成人女性の身体へ成長したもののモモタロウに取り返されたが、半分を食べて再び成長する。 青鬼族は鬼界を征服するしようとしているらしく、緑鬼族の森にある伝説の大樹を斬り倒して霊力を悪用するなど悪事を働いている。 モモタロウ自身はきびだんごを取り返そうとするものの実行はしなかったが、魔美、レモン、ざくろの袋叩きにあった。 この一件以来、モモタロウのことが気になっているが、プライドが高い性格のためかやすやすときびだんごの力を使用はさせない。 作者曰く「レイシスト」。 元祖きびだんごを食べた時の特質は 「を使いこなす力」。 この際には股間部分が革ベルトで覆われるなど防具が増えている。 マロン1号 青鬼族の科学が生んだ巨女兵器。 立体映像の巨像に実体を持たせた恐るべき兵器で、マロンの動きに合わせ動き回る。 ただし、操縦者であるマロンと完全に動きを共有しているので、本体がやられると同様のダメージを受けてしまう。 最後は映像ごとモモタロウ気孔剣で真っ二つにされた。 二脚歩行戦車 伝説の大樹の破壊のために動員された。 誘導ミサイルや巨大なドリルなどが内蔵されているが、伝説の大樹の霊力により全滅する。 緑鬼族 自然を愛する穏健派の鬼。 人に害をなすことは無く、大自然の中で悠々自適に暮らしているが、青鬼族に脅かされている。 緑色なのは髪だけ。 キウィ 緑鬼族の少女で、弱気な性格でよく泣く。 巨大な霊力を持つ伝説の大樹を守ってもらおうと、モモタロウに助けを求める。 きびだんご並の霊力こそ持っていないものの、体内にわずかばかり霊力が宿っている。 モモタロウのことを「モモさま」と呼ぶ。 白鬼族 マロンの解説に登場する勢力。 光るらしい。 黄鬼族 マロンの解説に登場する勢力。 温厚な性格。 歌姫がココに氷漬けにされていた。 マネ鬼 絶滅危惧種の鬼。 青鬼族に雇われ、百太郎と三人娘を仲違いさせるために暗躍したが、三人の心を弄んだことに(自分が三人娘の誤解で痛めつけられたことよりも)激怒した百太郎に一蹴される。 ココ 氷鬼族の女で、ラ・フラン同様。 青鬼族やその他の鬼族や人間を氷漬けにしてコレクションとし、マロンだけでなく魔美とレモンとざくろを氷漬けにしモモタロウをコレクションに加えようとする。 しかしマロンの氷漬けになった際のポーズが仇となり、モモタロウ気功剣を食らい、捨て台詞を吐きながら退散した。 鷹岬曰く「が和風では面白くない」ということで、スーツ姿をしているらしい。 灰鬼族 将軍がココに氷漬けにされていた。 紫鬼 赤鬼族の残党に化け「赤鬼族ぐれん隊」を名乗り、傷心の魔美に接近し黍団子を奪おうとした一味。 地面越しに放たれたモモタロウの気功剣で全滅する。 黒鬼族 すべての鬼の中で最も凶暴かつ最強の種族であり、他の鬼や人類を完全に見下している邪悪な種族。 兵士一人一人の強さが 他の鬼1000体分に当たるほど強く、千年前に初代モモタロウにより鬼ヶ島町の地底に封印されていた。 ミント 最初に目覚めた黒鬼。 長ラン風の着物を着用した青年の姿をしており、左側の角が異常発達している。 黒鬼の中では さほど強い部類ではないものの、それでもモモタロウ気功剣がまるで通じない程頑健な体を有し、掌から波動を放ち街を瞬時に爆破してしまう。 百太郎をいとも簡単に打ち破るも、再戦時には百太郎が元祖きびだんごを食し覚醒したため、たった一撃で消し飛ばされてしまった。 ブドウ 黒鬼族の中で最も優れた怪力を持つ巨体の鬼。 なぜかパンツ一丁にカラーだけ付けている。 体はミント以上に頑丈で、巨大鉄骨を豆粒サイズまで握り潰してしまうほどの圧倒的なパワーを有する。 ミント討滅からほどなくして復活を遂げ、鬼ヶ島町を怪力で破壊し尽したが、レモンの力を受け継いだ真・モモタロウには全て攻撃を躱された挙句、檸檬昇竜覇で撃滅された。 ホウズキ 三番目に覚醒した黒鬼族。 ミントやブドウを「格が違うんだよ」と見下す程強く、真・モモタロウを圧倒する程の実力を有する。 優れた飛行能力を有し、口から吐く熱線での空爆を得意とする。 真・モモタロウを追い詰めるも、マロンの力も借りて二段覚醒した真・モモタロウによりズタズタに引き裂かれ討伐される。 黒鬼王 黒鬼族全てを束ねる巨大な鬼。 いわば本作の。 幾百もの黒鬼兵全てを己の力で完全に従えた最強最悪の鬼神で、自らをと称するほど傲慢で残虐無比な性格。 魔美ロボXに匹敵するほどの巨体に加え、ミントやホウズキを上回る程の火力、ブドウを凌駕する腕力を有し、完全覚醒した真・モモタロウすらも撃破するも、元祖きびだんごの力を独占するためにレモンやざくろを丸呑みにしたことを突かれて百太郎の気功剣で体内から突き破られ、爆発四散した。 その他 [ ] に写っていた人 百太郎らが見ていた心霊番組に登場。 目に線が入っているものの、『』に登場する伊集院炎山と光熱斗によく似た外見の二人組。 鷹岬によれば「サプライズのつもりで出したが、流石にそのまま掲載するのは版権の都合上まずい」ということで多少修正を加えたらしく、では炎山と熱斗がテレビ用にコーディネートを変えるイラストを投稿している(端で百太郎が「すんません…」と謝っている)。 用語 [ ] 鬼族(おにぞく) 所謂「」と呼ばれる種族。 様々な形質を持つ種族がおり、多くは凶暴だが、緑鬼族のように友好的な者もいる。 人間界でやられても鬼の世界に戻るだけでありなかなか死ぬことはない。 きびだんご 鬼族を討伐するために初代モモタロウが創ったとされる霊薬。 食したり、食した者の丹田を触れることで莫大な霊力を得る。 ただし一部の選ばれた人間のみしか使用できない。 食べた者は一時的に大人の姿になるが、力を借用する場合はこの限りではない。 元祖きびだんご 初代モモタロウが創った世界最初のきびだんご。 全部で6つ存在する。 1個はミントとの戦いで百太郎が食べ、残りはブドウ戦でヒロインたちに飲まれてしまった。 食した者の丹田を触れることで、その者の持つ長所や特質がモモタロウに受け継がれるが、借用している間はその人物は幼児のすがたになってしまう。 最終的に黒鬼族全滅に伴いすべて消滅した。 反響 [ ] ネット上では「コロコロにしてはエロすぎる」という声が上がっており、お色気マンガとして知られている。 2015年4月30日に発売された別冊コロコロコミック6月号の掲載分では、小さくなった百太郎が女性の身体に押しつぶされそうになったり、女性キャラクターが術をかけられ恥ずかしい目に遭うといった描写が含まれていたため、嫌悪感を抱いた読者からTwitterに該当シーンを投稿して糾弾したのを機に、ネット上でお色気描写に対する議論が巻き起こった。 作者の鷹岬諒はこの騒動について、同年6月7日に励ましをいただいて嬉しいとツイートしたのち 、翌日8日には読者の意見を取り入れたうえで連載を続けるとツイートした。 また作者はコロコロコミックでこの様なお色気マンガが連載された経緯として、10数年前に当時の編集長から「コロコロは子供が読んで面白い漫画であればどんなジャンルの漫画でも たとえH漫画でも いい。 児童漫画の枠に縛られず広く発想してほしい。 」と言われたことがきっかけだったと語っている。 書誌情報 [ ]• 『ももいろ討鬼伝 モモタロウくん』小学館〈てんとう虫コロコロコミックス〉、全4巻• 2015年1月23日発売、• 2015年8月28日発売、• 2016年8月26日発売、• 2017年3月28日発売、 1~3巻までは販売分に購入特典がついていた。 出典 [ ].

次の

ももいろ討鬼伝モモタロウくん (ももいろとうきでんももたろうくん)とは【ピクシブ百科事典】

桃色とうきでん桃太郎くん

< ・ Wikipedia:索引 ももは読み仮名が「もも」で始まる記事の一覧である。 あ行 は行 か行 ま行 さ行 や行 た行 ら行 な行 わ行 もも [ ]• (もも)【楽団】• (もも)【曖昧さ回避】• (もも)【】• (もも)【】• 【の町】 ももあ [ ]• 【鳥】• 【鳥】 ももい [ ]• (ももい)【】• (ももいあきら)【】• (ももいあん)【】• (ももいいちご)【】• (ももいいづみ)【】• (ももいかおり)【女優】• (ももいかずま)【写真家】• (ももいかつし)【】• (ももいきゅうじ)【長】• (ももーいくおりてぃべすとおぶももーい)【アルバム】• (ももいけじゅうたく)【建築物】• (ももいさおり)【】• 【曖昧さ回避】• (ももいざくろいし)【】• (ももいさら)【AV女優】• (ももいしどうろ)【】• (ももいしまち)【青森県・廃止町】• (ももいしゆうびんきょく)【青森県】• (ももいすすむ)【審判】• (ももいずむ)【アルバム】• (ももいせいじ)【】• (ももいせいもう)【企業】• (ももいちごう)【】• (ももいつねかず)【ジャーナリスト・実業家】• (ももいとうげ)【】• (ももいなおみ)【】• (ももいなつみ)【AV女優】• (ももいのぞみ)【AV女優】• (ももいはらっぱこうえん)【東京都】• (ももいはるか)【タレント】• (ももいはるこ)【声優】• 【ラジオ番組】• (ももいひとし)【】• 【歌手】• (ももいほみ)【声優】• (ももいまこと)【】• (ももいやすこ)【】• (ももいりか)【AV女優】• (ももいろ)【】• 【鳥】• (ももいろうたがっせん)【・ラジオ番組・番組】• (ももいろがくえんとしせんげん)【テレビ番組】• (ももいろかくめい)【】• (ももいろかたおもい)【楽曲】• (ももいろくりすますいんにほんせいねんかんだっぴ)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅういちさいたますーぱーありーなたいかい)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうきゅうふゆぞらのみらーぼーる)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうごびゅーてぃふるさばいばーず)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうななかんぜんむけつのえれくとりっくわんだーらんど)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうにさいたますーぱーありーなたいかい)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうはちだいやもんどしんふぉにーざりあるでぃーる)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうよんさいたますーぱーありーなたいかいしゃいにんぐすのーすとーりー)【ライブイベント】• (ももいろくりすますにせんじゅうろくまふゆのさんさんさまーたいむ)【ライブイベント】• (ももいろくろーばーぜっと)【アイドルグループ】• (ももいろくろーばーぜっとじゃぱんつあーにせんじゅうさん)【曖昧さ回避】• (ももいろくろーばーぜっとてんすあにばーさりーざだいやもんどふぉーいんとうきょうどーむ)【ライブイベント】• (ももいろくろーばーぜっとどーむとれっくにせんじゅうろくあまらんさすはっきんのよあけ)【ライブイベント】• (ももいろくろーばーぜっとのすずきはっぴーくろーばー)【ラジオ番組】• (ももいろくろーばーぜっとももくろくらぶ)【ラジオ番組】• (ももいろくろーばーのまいにちももちゃんねる)【ラジオ番組】• (ももいろげーむちゃんねる)【インターネットテレビ番組】• (ももいろさばす)【漫画】• 【漫画】• 【漫画】• (ももいろしょてんへようこそ)【漫画・】• (ももいろしんどろーむ)【漫画】• 【漫画】• (ももいろすぱーくりんぐ)【楽曲】• (ももいろせいしゅんじょがくえん)【DVD】• (ももいろそうぎ)【】• 【テレビ番組】• (ももいろだいすき)【】• (ももいろたいせんぱいろん)【】• (ももいろたいふーん)【楽曲】• 【植物】• (ももいろちょうきょうめざせえっちなおじょうさま)【アダルトゲーム】• (ももいろつるべおつぎのかたどうぞ)【テレビ番組】• (ももいろといき)【楽曲】• (ももいろとうきでんももたろうくん)【漫画】• (ももいろにんぽうちょう)【漫画】• 【鳥】• 【楽曲】• (ももいろふぁんたじー)【楽曲】• (ももいろへいきすぴん)【漫画】• (ももいろへぶん)【漫画】• 【鳥】• (ももいろまじもーど)【漫画】• (ももいろめろいっく)【漫画】• (ももいろよばなし)【ライブイベント】• (ももいわそうゆーすほすてる)【】 ももう [ ]• (ももうぇるかむ)【漫画】• (ももうちえき)【】• (ももうちよしお)【】• (ももうらえき)【・】 ももえ [ ]• (ももえあくとれすでんせつ)【アルバム】• (ももえいんこま)【アルバム】• (ももえおんすてーじ)【アルバム】• (ももえかいき)【アルバム】• (ももえくらいまっくす)【アルバム】• 【漫画】• (ももえじてん)【アルバム】• (ももえちゃんまつり78)【アルバム】• (ももえはくしょ)【アルバム】• (ももえふっかつ)【アルバム】• (ももえぷれみあむ)【アルバム】• (ももえらいぶぷれみあむ)【アルバム】• (ももえらいぶももえちゃんまつりより)【アルバム】 ももお [ ]• (ももか)【】• 【曖昧さ回避】• (ももか)【女優・タレント・モデル】• (ももか)【AV女優】• (ももか)【タレント】• (ももがいけていりゅうじょう)【・廃駅】• (ももがいけこうえん)【】• (ももがいけちょう)【大阪市】• (ももかえり)【モデル】• (ももがおかしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ももかくりにっくへようこそ)【漫画】• 【漫画】• 【AV女優】• (ももかすてら)【】• (ももかたいふーん)【漫画】• (ももかたくちくかん)【】• (ももかまい)【作家】• (ももかりおん)【AV女優】• 【AV女優】• (ももかれん)【声優】• (ももかわ)【】• (ももかわ)• (ももかわじゃくえん)【】• (ももかわじょえん)【】• (ももかわたかひと)【】• (ももかわゆうこ)【タレント・レースクイーン】• (ももかわりか)【声優】• (ももきしろう)【】• (ももきのぞみ)【AV女優】• 【ライトノベル・・テレビアニメ】 ももく [ ]• (ももくばりやま)【】• (ももぐみ)【】• (ももぐみぷらすせんき)【漫画】• 【漫画】• 【曖昧さ回避】• (ももくろあきのにだいまつりおとこまつりにせんじゅういちおんなまつりにせんじゅういち)【ライブイベント】• (ももくろあきのにだいまつりおとこまつりにせんじゅうにだいなみずむおんなまつりにせんじゅうにがーるずいまじねーしょん)【ライブイベント】• 【鳥】• (ももくろしきけんがくがいどももみ)【テレビ番組】• (ももくろだん)【テレビ番組】• (ももくろちゃんももいろくろーばーぜっとちゃんねる)【テレビ番組】• (ももくろなつのばかさわぎさまーだいぶにせんじゅうにせいぶどーむたいかい)【ライブイベント】• (ももくろなつのばかさわぎにせんじゅうよんにっさんすたじあむたいかいとうじんさい)【ライブイベント】• (ももくろなつのばかさわぎわーるどさまーだいぶ2013. 4にっさんすたじあむたいかい)【ライブイベント】• (ももくろのこどもまつりにせんじゅうさんまもれみんなのとうぶどうぶつこうえんたたかえももいろあにまるぜっと)【ライブイベント】• (ももくろのこどもまつりにせんじゅうによいこのみんなあつまれーっ)【ライブ映像】• (ももくろはるのいちだいじにせんじゅうさんせいぶどーむたいかいほしをつぐももぴーちふぉーざすたーず)【ライブイベント】• (ももくろはるのいちだいじにせんじゅうなないんふじみしえがおのちからつなげるおもい)【ライブイベント】• (ももくろはるのいちだいじにせんじゅうによこはまありーなまさかのつーでいず)【ライブイベント】• (ももくろはるのいちだいじにせんじゅうよんこくりつきょうぎじょうたいかいねばーえんでぃんぐあどべんちゃーゆめのむこうへ)【ライブイベント】 ももこ [ ]• (ももこあくてぃびてぃー)【漫画】• (ももこかえるのうたがきこえるよ)【映画】• 【TV番組】• 【漫画家】• (ももこしりーず)【】• (ももこなつみよしこおじょままぴー)【TV番組】• (ももこのおーそれみーよ)【TV番組】• (ももこのももころじー)【ラジオ番組】• (ももこひゃくにじっぱーせんと)【】• 【AV女優】• (ももさきあい)【AV女優】• (ももさきあや)【女優・タレント】• (ももざきとしかつ)【指導者】• (ももさきひなの)【AV女優】• (ももさきまなみ)【AV女優】• (ももざわにょすい)【】• (ももざわまさかつ)【】• (ももさんぽ)【テレビ番組】 ももし [ ]• (ももしたさら)【AV女優】• (ももしま)【曖昧さ回避】• (ももしゅうまつていえんへようこそ)【漫画】• (ももしょう)【曖昧さ回避】• (ももじりむすめ)【】• 【】 ももす [ ]• (ももすけばし)【の橋】 ももせ [ ]• (ももせ)【歌手】• (ももせ)【曖昧さ回避】• (ももせあさみ)【】• (ももせあやみ)【声優】• (ももせえみる)【AV女優】• (ももせおきまさ)【】• (ももせかずお)【】• (ももせがわ)【の川】• (ももせくらら)【AV女優】• (ももせけいいち)【】• (ももせけんご)【・作曲家・】• (ももせこっちをむいて)【小説集・映画】• (ももせさく)【俳優】• (ももせしゅんすけ)【】• (ももせしんろく)【技術者】• (ももせたかし)【・歴史学者】• (ももせたけあき)【漫画家】• (ももせたつのり)【】• 【漫画家】• (ももせつかさ)【女優】• (ももせとしや)【】• (ももせともゆき)【政治家】• (ももせなつみ)【グラドル】• (ももせひとし)【実業家】• (ももせひろき)【野球選手】• (ももせひろし)【政治学者】• (ももせひろみち)【小説家】• (ももせふさのり)【】• (ももせふみあき)【】• (ももせぽこ)【声優】• (ももせまさる)【選手】• (ももせまなみ)【】• (ももせみさき)【タレント】• (ももせみすず)【アイドル】• (ももせむら)【滋賀県の廃止村】• (ももせめいじ)【】• (ももせゆうな)【AV女優】• (ももせゆきな)【AV女優】• (ももせよしゆき)【】• (ももせれな)【AV女優】• (ももせわたる)【政治家】 ももそ [ ]• (ももぞうあんどくりけん)【漫画】• (ももぞの)【曖昧さ回避】• (ももぞのえき)【】• (ももぞのかおる)【声優】• (ももぞのがわ)【】• (ももぞのちょう)【曖昧さ回避】• (ももぞのてんのう)• (ももぞのしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ももぞのむら)【曖昧さ回避】• 【廃止村】 ももた [ ]• (ももたかなこ)【アイドル・女優】• (ももだかよこ)【歌手】• (ももたけえり)【サッカー選手】• (ももたけんじ)【】• (ももたけんと)【選手】• (ももたそうじ)【】• (ももたちから)【】• (ももだに)【大阪市】• (ももだにえき)【】• (ももたにえりか)【AV女優】• (ももたにじゅんてんかん)【企業】• (ももたにとうげ)【】• (ももたによしひで)【科学者】• 【植物】• (ももたみつお)【プロレスラー】• (ももたやえこ)【】• (ももだゆう)【神】• (ももたゆりわか)【漫画家】• (ももたよしひろ)【プロレスラー】• (ももたるい)【】• (ももたろ)【企業】• (ももたろう)【氷菓】• 【企業】• 【ゲームソフトのシリーズ】• 【ゲームソフトのシリーズ】• 【ゲームソフト】• 【映画】• (ももたろすのまっかっかじょうのおう)【映画】 ももち [ ]• 【曖昧さ回避】• (ももち)【福岡市】• (ももちあきら)【】• (ももちたんば)【】• (ももちでいりぐち)【】• (ももちはますとあ)【テレビ番組】• (ももちはまらじおぷれーやーず)【ラジオ番組】• 【歌手】• (ももちみなみ)【タレント】• (ももちゃりでごー)【テレビ番組】• (ももちゃんとあかねちゃんのほん)【】• (ももちれいこ)【漫画家】 ももつ [ ]• (ももつぎちょう)【の地名】• 【マスコット】• 【曖昧さ回避】• 【高速バス】• 【ラジオ番組】 ももて [ ]• (ももてつ)【テレビ番組】• 【サッカー選手】• 【楽曲】• (ももとふみあがり)【王族】• (ももとまきる)【・実業家】• (ももとみみ)【アルバム】• (ももどら)【番組】• 【の山】 ももな [ ]• (ももなき)【アイドルグループ】• (ももなし)【楽団】• (ももなりかぶと)【】 ももね [ ]• (ももねしおんのらのべにっき)【ライトノベル】• (ももねまみる)【AV女優】 ももの [ ]• (もものいかどう)【】• (もものいしゅんぞう)【剣客】• (もものいしょうがっこう)【曖昧さ回避】• (もものいただつね)【の武将】• (もものいただのぶ)【南北朝時代の武将】• (もものいよしすけ)【・の武将】• (もものいよしたか)【の武将】• (もものおのたき)【】• (もものおたくのおうじさま)【テレビドラマ】• (もものかおり)【AV女優】• (もものかわえき)【】• (もものぎかな)【AV女優】• (もものきちょう)【愛知県】• (もものこめっと)【作曲家】• (もものさくじろう)【】• (もものささやき)【テレビ番組】• (もものせいしゅん)【プロレスユニット】• (もものてんねんすい)【飲料】• (もものなごみ)【AV女優】• (もものはなびら)【楽曲】• 【タレント・声優】• (もものほまれ)【AV女優】• (もものみお)【プロレスラー】• (もものむら)【群馬県・廃止村】• 【定期券】• (ももはとず)【絵画】• (ももはなひな)【生徒】• (ももはらしげた)【・実業家・政治家】• (ももはらみな)【タレント・】 ももひ [ ]• 【マスコット】• (ももひろゆき)【歴史学者】 ももふ [ ]• 【飲食店】• 【キャラクター・漫画】• (ももぶとほそばえか)【】• (ももぷろぜっと)【漫画】 ももへ [ ]• (ももへのてがみ)【】 ももま [ ]• (ももまつり)【行事】• ももみ [ ]• (ももみやもか)【AV女優】• (ももみんつ)【アイドルグループ】 ももむ [ ]• (ももむすめ)【】 ももも [ ]• (もももかえぬ)【・作曲家】• (もももけれすとらん)【漫画】• (もももりすもも)【声優】 ももや [ ]• (ももや)【企業】• (ももやまいおん)【声優】• (ももやまえき)【】• (ももやまがくいん)• 【チーム】• (ももやまきゅうりょう)【京都市】• (ももやまきょーだい)【漫画】• (ももやまけんいち)【王公族】• (ももやまこうえん)【曖昧さ回避】• 【愛知県】• (ももやまごりょうまええき)【】• (ももやましょうがっこう)【曖昧さ回避】• (ももやまぜんこうじ)【京都府】• (ももやまだい)【曖昧さ回避】• (ももやまちとせ)【宝塚歌劇団卒業生】• (ももやまちゅうがっこう)【曖昧さ回避】• (ももやまちょう)【】• (ももやまばいぱす)【】• (ももやまはちまんしゃ)【愛知県】• (ももやまはつでんしょ)【水力発電所】• (ももやまはるえ)【歌手】• (ももやまびーととらいぶ)【小説】• (ももやまひなせ)【漫画家】• (ももやまぶんか)• (ももやまみ)【イラストレーター】• (ももやまみなみぐちえき)【】• (ももやまゆうびんきょく)【和歌山県】• (ももやまみつる)【女優】• (ももやまようちえん)【曖昧さ回避】• (ももやみなみ)【声優】• (ももややきにくのたれ)【】 ももゆ [ ]• 【デザイナー・アイドル】• (ももゆきことり)【漫画家】 ももよ [ ]• (ももよがよい)【伝説】• (ももよぐさ)【長唄】• 【漫画】 ももり [ ]• 【マスコット】 ももる [ ]• 【楽団】 ももわ [ ]• (ももわれ)【髪型】 ももん [ ]• 【哺乳類】• (ももんが)【曖昧さ回避】• (ももんがりなっくす)【】• (ももんじい)【】• (ももんじや)【食文化】•

次の

Wikipedia:索引 もも

桃色とうきでん桃太郎くん

「はっきり言っておくゾ! この漫画と作者はHかもしれないが、モモタロウくんはHではなーい! 」 「強くて、まっすぐで、何よりも優しい! 」 「『こんな男子が女のコにモテモテであってほしい!! 』」 「そんな願いがこの漫画を生んだのです!! 」 (単行本1巻の作者コメントより) 概要 『』や『』、『 』などので知られる・による 別冊コロコロコミックに連載されていた風味の。 2013年12月号にが掲載され、2014年4月号から正式連載に昇格、2017年4月号まで掲載された。 全4巻。 メイン画像は 原作者直筆であり、 断じてではない。 ですらない。 どんな内容かを簡潔に紹介すると 「急成長して になった同級生のの少女の に手を突っ込んでを奪って戦う少年の激闘を描いた物語」 となる。 児童誌どころか少年誌でもそうそうやらないような性描写の数々はネット上で話題となった。 ちなみに作者のによれば マジで抗議が来たことがあるどころか、 ほぼ毎月来ているらしい。 そりゃそうか。 余談だが、当作は コロコロ連載作品初ので初回特典が付いた漫画という、凄いんだか凄くないんだかよくわからない偉業を達成している……それでいいのか児童漫画。 内容は相互依存関係にある男女が 互いに裏切る気マンマンでありながらも、仕方なしに協力せざるを得なくなり、徐々に距離が近くなっていくという少年漫画にしては珍しい形(が寝返って主人公に、というではない)を取っている。 あらすじ の退治から何百年もの年月が流れ、時は。 桃太郎のである 桃百太郎は小学5年生ながら、人々を苦しめる悪鬼羅刹を退治するとしてを積んでいた。 鬼ヶ島小学校5年2組に転向してきた百太郎は同じクラスにフツーに通っている赤鬼族の少女・ 鬼堂魔美がいるのを見て戦おうとするが、誤って秘宝 「」を食べられてしまう。 それにより一瞬でにした魔美はおとなしくと仲良くするふりをして、一族と共に百太郎を亡き者にしようと試みるが…。 登場人物 登場人物の多くはから名前が取られている。 桃百太郎。 第34代桃太郎。 を切り払う、をするなど離れしたの持ち主だが、まだなのでには弱い。 普段は、、のを隠している。 ポチ公 百太郎のまあのような可愛い子犬。 サルル 式神その2。 人間っぽい外見のメス猿。 ものすごい明るい性格。 怪鳥キジ丸 式神その3。 チャラい。 は百太郎であっても見捨てる野郎。 鬼堂魔美 本作の。 赤いと捻じれ曲がったを持つ族の姫君。 小学5年生だが、黍団子の霊力での身体になってしまう。 すなわち 逆状態。 黍団子の霊力がにたまっているため、戦闘時には百太郎に にを突っ込まれ、撫でさすられるという でもやらなかったようなとんでもない設定。 その霊力のために他の鬼族に狙われており、百太郎と同居している。 しかしながら、まだ年幼く、感情に流されやすい性格故に自身に危害を加えないようであればアッサリ百太郎を鬼族に売ることもある。 なんなんだこの設定。 レモン 百太郎の先輩で、。 百太郎をしている。 勿論外見年齢=実年齢であり、普段は鬼ヶ島町のに通う16歳。 、無しの衣装、、、 という設定詰め込み過ぎなお姉さん。 形の刀を戦う。 実力は百太郎以上だが、黍団子の力を使うことはできない。 ざくろ 特殺隊の。 年齢はくらい。 かなり過激な衣装を着用したのだが、他二人が な体格のせいで貧乳呼ばわりされる。 一人称はオレ。 来智 鬼族対策機構の研究員。 だいぶな美人。 ではない(元ネタは同じだが)。 作者は「読者の方からは見た目でだと思われているようですが、飛び級を重ねた天才児なので結構若いです」と語っており、4巻で25歳だと判明した。 マロン 族の姫。 一方的に百太郎に惚れる。 トリビア 2巻では1コマだけ『』のとが登場している(作者のツイッターによれば版権の都合上そのまま出すわけにはいかなかったので微妙にしているらしい)。 最終回、読者からのアンケートを元にヒロイン嬢たちの水着姿が 披露されて終わることとなりました。 投稿者名は、 たか みさきりょうくん アレっ?先生何やってんすか? 関連項目 :ほぼやってることが同じ作品 :同じくコロコロのベテラン作家が やらかした作品 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-17 14:00:00• 2020-07-17 13:00:00• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-17 18:34:17• 2020-07-17 18:33:25• 2020-07-17 18:33:24• 2020-07-17 18:28:58• 2020-07-17 18:28:44 新しく作成された記事• 2020-07-17 17:45:32• 2020-07-17 17:54:13• 2020-07-17 17:52:52• 2020-07-17 17:55:42• 2020-07-17 17:42:11•

次の