エッセンシャル ワーカー の 意味。 出ました!知らないワード・エッセンシャルワークとエッセンシャルワーカー

Essential Workerの英語の意味〜エッセンシャルワーカーとは生活を維持するために欠くことができない労働者とその方たちへの尊敬の念 #エッセンシャルワーカー #EssentialWorker

エッセンシャル ワーカー の 意味

どーも。 帰りのバスで恐怖に震えた派遣OLです。 エッセンシャルワークの説明の前に 近況?本日の報告です。 雨で窓があまり開けられていないのに ずっと咳き込んでる人が居まして・・・ マスクはされていましたが 結構深刻な風邪症状で タンが絡んだような咳払いもされていて なんだか怖かったです。 そんな目で見てはいけない という自分と いやいやこれは怖いでしょ という自分が 激しく脳内で戦いまして・・・。 帰ってきたらグッタリでした。 そして 手洗いうがいは、いつも通りしました。 ということで平常心に戻ったところで またも知ってしまったワードがあります。 エッセンシャルワークとは?エッセンシャルワークの意味を 最近よく聞きませんか? エッセンシャルワーク。 しかしながら、 いまひとつピンとこない;私です。 エッセンシャルなんて シャンプーしか思いつかないものね。 ということで 意味が分からない!?ときは 即座に ググります。 (またもこの流れ;すみません) まずは エッセンシャルという ワードから。 essentialとは・・・ 形容詞で 欠くことのできない、必須の、非常に重要な、 …に ぜひ必要で、本質の、本質的な、精の、精を集めた (引用元 ) つまり エッセンシャルワークとは essential(エッセンシャル)と work(ワーク)を組み合わせた言葉。 重要な仕事?みたいな意味 になります。 そしてこの コロナ禍で にわかに話題にのぼるようになったのは や社会生活を支える仕事 つまり休めない仕事 だったからです。 エッセンシャルワークは 重要だから休めない仕事なんですよね。 ただ、それは誰かが決めたわけではなく 皆の共通認識として そうだよね、と思うものみたい。 ではエッセンシャルワーカーとは?エッセンシャルワーカーの意味 では エッセンシャルワーカーとは何かというと 社会を回す上で重要で 働いていただかないと困る方々のことです。 いわゆる公的な機関にお勤めの人 警察官や消防士さん、役所の方々。 そして病院のお医者さんなどの 医療関係者や の運転手さんなどですよね。 広義で考えれば、 系の人や マスコミなどの方など。 ・・・とっさには思いつかないけれど まだまだ、居そうです。 海外では 日本よりも強靱なロックダウンをしていますが そこではこの エッセンシャルワーカー以外の人は 通勤や買い物でさえ許可制みたいな そんな場所さえあります。 多分ですけど スーパーやドラッグストアの店員さんとかも エッセンシャルワーカーだと思います。 全世界の店員さんは その職業に就いた時は まさか自分がエッセンシャルワーカーだ なんて思ってもみなかったのでは!? ところでスーパーのレジの店員さんについて想う 今や レジのパートは 重要な仕事ですよ。 私もよく行くスーパーのレジの方には 感謝しています。 誰かの母や祖母だったりするだろう 年配女性が、手袋をはめて その上で手が触れないようにしながらも レシートをささげ持って 両手で出してくれるんですよ。 こんな 大変な時なのに 丁寧な対応をしていただいて 涙がでそうになります。 まとめ・というか単に感謝 以前も書きましたが 当たり前って思ってたことが 当たり前ではなく 感謝なんだと 気付かされる日々です。 私は今まで スーパーのレジの方を 見てるようで見てませんでした、きっと。 多分 コロナの前から 変わらず、ずっと丁寧に レシートを両手で出してくれてた と思うのですが 気付いてなかったみたいなんです。 こういうことは まだまだありそう。 エッセンシャルワーカー以外への 自分の態度も少し考えなくては。 などと思ったのでした。 最終的に少しまとまりませんでしたが エッセンシャルワークと エッセンシャルワーカーの 意味は分かったということで。 今日の収穫としたいと思います。

次の

「エッセンシャル・ワーカー」と「偏見・差別」について 4920 : ブログ : 安全・安心の横浜へ 「何を言ったかでなく、何をやったか!」

エッセンシャル ワーカー の 意味

エッセンシャルワーカーとは 各国政府は、生活に必要な業種以外は、営業の自粛を求めているが、逆にいうと、医療従事者を筆頭に、 「 生活に必要な業種に従事する人は、休むな!働き続けろ!」 ということだ。 そのような、 社会生活を支える仕事に従事している人たちのことを、海外では、「 エッセンシャルワーカー」と呼んでいる。 社会を支えているのは、政治家ではなく、そういった人たちだ。 いまのところ、エッセンシャルワーカーが、新型コロナウイルスに次々と感染して、バタバタと死んでいくというニュースは、日本では聞こえてこない。 しかし、海外では、多くの「エッセンシャルワーカー」が、命を落としている。 過酷でリスキーな仕事 世界的に、いま、最も過酷な状況で働いているのは、間違いなく医療従事者だ。 マスクや手袋といった「PPE」と呼ばれる防護具が不足していることもあり、感染のリスクが最も高いのも、医療従事者だろう。 そして、医療従事者以外の「エッセンシャルワーカー」も、新型コロナウイルスへの感染リスクを抱えながら、日々、忙しく働いている。 いま、自宅や別荘のなかで、家族とのんびり過ごしている人は、いい気なものだ。 医療機関従事者、介護施設職員、生活必需品の製造者、スーパーマーケットの従業員、物流業者、公共サービスや公共交通機関の関係者、学童施設の職員など、休みたくても休めない人は多い。 そのような「エッセンシャルワーカー」をサポートをする仕事でも作って、みなでサポートしてはどうだろうか。 おわりに このままいくと、数ヶ月以内に、体力のない中小企業や飲食店などは、バタバタと潰れる。 もしも、税収が減れば、それに連動して政治家の給料が減るような、国民と一蓮托生の仕組みであれば、みな、もっと知恵を出して、この危機を乗り切るために、全力で、速やかに動くだろう。 いつの時代も、苦労するのは、社会を支えている、下々の人間なのだと改めて思う。 一部の人にだけ働かせて、その他の人は、 家の中で呑気に踊っているというのも、どうかと思う。 「エッセンシャルワーカー」がいなくなって困るのは、自分たちだということを、忘れないようにしたい。 そして、彼らに対して、いま、私たちができることは、何もないのだろうか? 注意 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についての状況は、日々、刻々と変化しているので、最新情報をチェックすることが必要だ。 また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づく行動をお願いしたい。

次の

エッセンシャルワーカーってどんな仕事?

エッセンシャル ワーカー の 意味

Contents• 最近よく聞くエッセンシャルワーカーとは こんにちは「うぇすてりあ」です! ここ最近ニュースなど見ていると、いろんな横文字を耳にする事が多くなりました。 なんとなく聞いてる横文字もしっかり意味を知ってるのと、知らないのではこれから先の厳しい時代に生き残るには大変です。 「」「アウトブレイク」「クラスター」「」・・・など当ブログの過去記事でも取り上げてきモノもありました。 なるべく聞き慣れない横文字も意味を知って多くの情報を自分にインプットする事で、新しい働き方や新しい生き方の方向性が見えてきます。 そして今回私が気になった言葉は「エッセンシャルワーカー」になります。 これもなんとなく聞き逃していた言葉でもあり、意味を深めていなかった言葉でした。 それでは私なりに深堀・解説してインプットしていきましょう。 エッセンシャルワーカーとは 「essential worker」は「エッセンシャルワーカー」と読みます。 直訳すると「不可欠な労働者」となります。 エッセンシャルとは必須や必要などの意味を持ちます。 「患者の治療にあたる医師や看護師、スーパーのレジ係、公共交通機関の職員、どれも私たちの社会を支える必要不可欠な仕事でこうした仕事を担う人たちを海外では『エッセンシャル・ワーカー』と呼びます」 出典:NHK ニュースより つまりこの「エッセンシャルワーカー」は直訳通り「生活には不可欠な職種」という風になりますね。 もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、この「エッセンシャルワーカー」は主にライフラインに従事している方達になります。 この職種も多く、今注目の浴びてる、医療従事者やごみ収集者の方や物流関係やスーパーやドラックストアの小売りの従業員の方達になります。 ・公衆トイレの掃除をしてくれる人 ・エレベーターのベルトを拭いてくれる人 ・倉庫で商品を整理してくれる人 ・公共交通機関の方 その他にもいろんな業種の方がいるからこそ、今回の騒動でも今こうやって「無事に生きている」のだと改めて実感しております。 そんなエッセンシャルワーカーに感謝 今だからこそ命がけの最前線で働いてる医療従事者の方に注目を浴びていますが、ドラックストアのパートの方も考えれば、1日多くの人と接する命がけの中働いています。 少し前まではまさか、レジ打ちが命がけの職種になると、誰が予想できたでしょうか? 中にはお客様が怖いとか、感染リスクが怖いなど通常では考えられない中、働いています。 ごみ収集の方もゴミからの感染リスクがある中ゴーグルと手袋をして頑張っています。 それでも稼がないと生きてけないので、感染リスクを負いながらも、働いている方も多くいますね。 そのおかげで人々の生活の支えでもあり、大変助かっています。 感染予防品の流通 あまり知られていない「エッセンシャルワーカー」の方も感染リスクが、かなり高い業種もいっぱいあるという事実。 「ごみ収集の方」や「火葬場の方」など他にも、実は感染リスクはかなり高い中働いている方も多くいらっしゃいます。 こういう方にもマスクやゴーグルや消毒液が、もっと行き渡るようにもっと注目して欲しいです。 国内生産 「エッセンシャルワーカー」は普段何気なく生活してると、気付かない業種でもありますが、こうやって注目すると、いろんな人に助けられていますね。 その中でもどうしても海外輸入できたマスクや防護服などの今感染リスクで必要なモノは、この機会に国産である程度、生産できる体制は整えていきたいですよね。 輸入で安いからいいのではなく、万が一輸入できなくなっても大丈夫な経済にしたいですよね。 これから地震や台風など過去例の無い災害など増えてきて、いつ何が起きるかわからない世の中になってきましたからね。 マスクや防護服以外にもあらゆるモノをある程度、国産であの元気だった日本チカラの「メイドインジャパン」をもう一度復活させたいですね。 当ブログではこのような情報も記事にしていき、インプットするには「おすすめのサイト」となっています。 内容も多岐に渡り、「」や「」や「」や「」や「」や「」など情報満載になってますので、時間が空いた時にでも他の記事もご覧ください。 これからも日々の疑問やニュースの話題や生活に役に立つ情報や今後の新しい働き方・生き方などの有益な情報の更新はこちらのTwitterからも、告知する場合もあります。 合わせて読みたい記事 うぇすてりあの田舎への移住計画 親の難病介護離職と早期リタイア して軽キャン旅へ Author:うぇすてりあ 当ブログは30~60代「中高年」の 【今・未来の生活】に役に立つ 情報が詰まったブログというより 【日々更新する書籍感覚】の 新しい形となっております。 169• 105•

次の