クエン 酸 ジェル。 【サプリメント図鑑vol.1】アリスト「メダリスト」編─“クエン酸サイクルに着目した、おいしいサプリメント”

クエン酸ピーリング【効果・作り方】毛穴ケア・黒ずみに!

クエン 酸 ジェル

読みたいところから読める目次• 1.クエン酸をエイジングケアに活かしたいあなたへ に詳しい方なら、クエン酸がなどのスキンケアアイテムの成分として使われるのをご存知ではないでしょうか。 クエン酸と言えば、梅干しやレモン、オレンジなど柑橘系の果物に含まれる「酸っぱい」と感じる成分です。 また、に溶けやすく熱にも強いことから、食べ物の添加剤の1つである酸味料として有名です。 実は、そんなクエン酸はやをはじめ、さまざまなスキンケアアイテムに使われているのです。 つまり、のためにも必要な成分で、上手に使えばにも有効です。 のためには、クエン酸をはじめさまざまな化粧品成分について理解することが大切です。 この記事では、そんなクエン酸の特徴や効果、安全性をご紹介します。 また、おすすめのをご紹介します。 「クエン酸ってどんな化粧品成分?」 「どんな効果があるの?」 「安全はどうなの?」 「クエン酸はどんな化粧品に配合されるの?」 「オススメのエイジングケア化粧品は?」 などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。 <おすすめのクエン酸配合のフェイスマスク> <この記事の大切なポイント>• クエン酸は、柑橘系の果実などに含まれる酸味のある成分です。 体内でも作られ、疲れを癒すなどエネルギー代謝に大切なはたらきがあります。 クエン酸には収れん効果があり、肌のキメを整えたり毛穴の開きなどのケアに役立ちます。 また、pH調整、キレートを目的に化粧品成分として活用されます。 クエン酸は、使いやすい成分です。 そのため、化粧水や頭皮ケアのアイテムなどさまざまな種類のスキンケアアイテムに配合されます。 一般的な化粧品に配合されるクエン酸は、刺激性やアレルギーのリスクも少なく安全性の高い成分です。 だから、一般的な配合濃度なら肌質を選ばず使えます。 しかし、収斂化粧品やピーリング化粧品に高濃度で配合される場合は、刺激があるので要注意です。 2.クエン酸とは? 1)クエン酸って何? クエン酸は柑橘類などに豊富に含まれる有機化合物です。 化学構造に「ヒドロキシ基」を持つヒドロキシ酸と呼ばれる成分の仲間です。 漢字では「枸櫞酸」と表記されます。 白色、または無色の成分で、熱に強い性質があります。 クエン酸は、私たちの身体のなかでも作られ、疲労回復ほか生体内エネルギー代謝に大切なはたらきをします。 2)クエン酸のはたらきは? 美容や健康ほか生活面でもよいはたらきがあります。 さまざまな種類のサプリや飲料があるので、上手に選びましょう。 そのため、夏の熱中症予防にも役立ちます。 また、クエン酸には殺菌効果があり、食べ物が腐るのを防ぎます。 この医薬品は、尿をアルカリ化させることで、尿酸を尿中に溶かし排出しやすくします。 これにより尿酸値が下がり、高尿酸血症の改善に役立つのです。 クエン酸はカルシウムと結合することで、カルシウムの汚れを落すことができます。 3)クエン酸を豊富に含む食べ物 梅やバレンシアオレンジ、グレープフルーツ、夏ミカン、レモン、パインアップルなどに豊富です。 これらは、クエン酸以外にもビタミンなどが含まれるです。 3.化粧品成分としてのクエン酸 1)基本情報 に表記される場合も、医薬部外品の表示も「クエン酸」です。 水に溶けやすい無色透明の結晶・粒・塊あるいは白色の結晶性粉末です。 化粧品成分としてのクエン酸は、さつまいものでんぷんなど糖質を発酵させて作られます。 2)クエン酸のはたらき 収れん作用をもつのでやを整えるはたらきがあります。 また、クエン酸Naと組み合わせることで化粧品のpHの調整のために配合されます。 酸とアルカリのバランスを調整し、お肌を弱酸性に保つことでのバランスを整えます。 さらに、キレート剤として水の中の微量金属とくっつき、化粧品を安定に保つはたらきもあります。 3)クエン酸の安全性 クエン酸は、濃度依存的な刺激性のある化粧品成分です。 また、アレルギーの報告も現時点ではありません。 通常、pH調整、キレートを目的に配合される場合は、微量配合です。 クエン酸は、化粧品での使用実績も長く、多くの化粧品に使用されていることを考えても 安全性に問題のない成分と言えます。 したがって、やに限らず、や、、などのどんなの方でも使うことが可能です。 しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えませんし、やが出るなどの可能性を100%否定することはできません。 また、があったり、肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることをおすすめします。 一方、収れん化粧品またはピーリング化粧品などに高濃度で配合されている場合は、刺激を感じるリスクがあります。 クエン酸が高濃度の場合は、敏感肌の方や乾燥肌の方にはオススメできません。 4)どんな化粧品に配合されるの? クエン酸はさまざまなはたらきがあることから、1万種程度のスキンケアアイテムに配合されます。 濃度を高めれば収れん効果やピーリング効果があるので、やにも配合されます。 また、にも配合されます。 他にも、、などの、、、まつ毛美容液、、、フェイスマスク、、料、、口紅やリップグロスなどの用品、ボディケア用品、シャンプーやヘアムース、白髪染めなど用品、のマニュキアなどに使われます。 さらに、マスカラ、ファンデーション、化粧下地など用品ややなどのケアのアイテムにも配合されます。 最近では、やなどにも配合されるようになっています。 4.オススメのクエン酸配合エイジングケア化粧品 クエン酸配合のオススメのエイジングケア化粧品をご紹介します。 エイジングケアにオススメのです。 ナールス パッションは、製のシートタイプのフェイスマスクです。 バイオセルロースとは、ナタデココの原料を主成分として、食用菌による発酵技術を用いてつくられた食物由来のナノ繊維のことです。 不織布のシートマスクと比べて密着性に優れ、美容成分の浸透力が高いことが大きなメリットです。 また、ナールスパッションに使っているバイオセルロースは、防腐剤を使用していません。 もともとナタデココは腐りやすく、バイオセルロースには防腐剤を使うケースが多いのですが、特殊な製法によって防腐剤フリーを実現しました。 ナールス パッションは、クエン酸以外に、• 、、やを増やす• リンパ管ケアのための• 高いのあるや• のある馬プラセンタエキス• を予防する などを予防するために大切な成分が配合されています。 1枚でなんと25mlという美容液1本分の美容成分が凝縮されたフェイスマスクです。 肌のを整えやのあるお肌を導きます。 また、• やくすみ• などの予防や対策にも役立ちます。 5.まとめ クエン酸とは何か、また化粧品成分としての特徴や効果、安全性をご紹介しました。 また、注意点もご紹介しました。 さらに、クエン酸配合のエイジングケアフェイスマスクをご紹介しました。 クエン酸は上手に使うことでエイジングケアによいはたらきがあります。 ぜひ、エイジングケアに上手に取り入れてくださいね。

次の

クエン酸ピーリング【効果・作り方】毛穴ケア・黒ずみに!

クエン 酸 ジェル

こんにちは。 スポーツ栄養士の盛岡です。 フルマラソンやトレイルラン・ロードバイクなどの持久系スポーツでは、競技中に大量のエネルギーを消費するため、事前の食事で摂取したエネルギーだけではまかなえない場合が多いです。 例えば42. 195kmを走るとすると、およそ 2500kcalものエネルギーを消費することになります。 2時間ちょっとでゴールするようなトップクラスのランナーであれば、スポーツドリンクによるエネルギー補給だけで十分ですが、競技時間が長くなればなるほどレース途中の補給食は大切です。 日中ただじっとしているだけでも、5~6時間もすれば普通にお腹が空きますからね。 ハーフマラソンくらいであればレース中の補給食は必要ありませんが、それでもレース1~2時間前にエネルギー補給をすることは、ベストなコンディションで臨む上で役に立ちます。 そして補給食の中でも特に、エナジージェルはコンパクトでかさばりにくく、また喉が渇いている状態でも手軽に補給できる便利なアイテム。 そこで今回はレース中の補給食としておすすめの、携帯用エナジージェルの商品をご紹介し、大きさや栄養成分を比較してみたいと思います。 レース前の食事や補給食のとり方:「」 レース後の栄養補給:「」 目次• エナジージェルを選ぶ際のポイント 補給用のエナジージェルを選ぶ際には、次のポイントをチェックしましょう。 携帯性 重さ・大きさ 補給食はポーチなどに入れて持っていくため、できるだけかさばらず、重さも軽いものが望ましいです。 その点では「ウイダーインゼリー」のような普通なサイズのエネルギーゼリーでは、レースの邪魔になってしまいますので難しいといえます。 エネルギー カロリー マラソンでは1時間に1回くらいの頻度で、100kcal程度のエネルギー補給が目安になります。 量が多いと胃腸の負担が大きくなりますので、なるべく少ない容量でたくさんのカロリーが含まれているものがよいでしょう。 特に原材料のところに「 マルトデキストリン」が書かれているものはおすすめです。 マルトデキストリンとはデンプンを分解して作られている糖質の一種です。 運動中の体では糖質は胃から腸への移動が遅くなっているのですが、マルトデキストリンはその影響を受けにくく、比較的素早く吸収されるという特徴があります。 ミネラル 長時間の運動時に足がつる(痙攣する)原因は、筋肉の疲労だけでなくカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが汗で失われていることも関係していると考えられています。 レース後半で足がつりやすいという方は、ミネラルが豊富に含まれているものを選ぶことで予防することができるかもしれません。 アミノ酸 レース前やレース中のアミノ酸摂取、特にBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は筋肉疲労の抑制に役立つことが科学的に示唆されています。 レース後半で失速しやすい方は、スタート30分前とレース中1~2時間ごとに補給するとよいでしょう。 関連記事: やや大きめサイズのエナジージェル まずはキャップ式になっている、少し大きめのエナジージェルをご紹介いたします。 大きめといっても1個で180gある「ウイダーインゼリー」と比べればコンパクトに設計されており、かつキャップ式なので一度に全て飲む必要がないのが便利です。 アミノバイタル ゼリードリンク <大きさ> <価格・量・成分> アミノ酸サプリメントである「アミノバイタル」のゼリータイプです。 BCAAを中心にアミノ酸が豊富に含まれていますので、レース中の疲労抑制が期待できます。 シリーズの中でもアミノ酸が3000mg含まれている「スーパースポーツ」は、比較的コンパクト 100g でポーチに入れて持ち運びしやすいためおすすめです。 ザバス ピットイン エネルギージェル <大きさ> <価格・量・成分> ザバスの「ピットイン」シリーズはキャップ式のタイプの中では一番コンパクトで、重さも69gしかありません。 1個あたり170kcalのカロリーを摂取できるのも嬉しいポイント。 糖質には素早く吸収されるマルトデキストリンが使われています。 またビタミンB1やビタミンB6は、糖質とたんぱく質からのエネルギー産生を助ける働きがあります。 なお3種類の味のうち、「栄養ドリンク味」にだけはカフェインが含まれています。 カフェインには利尿作用がありますが、脂肪燃焼を促進し持久力アップに役立つという働きがありますので、トイレが近くない方は選んでみるとよいでしょう。 グリコ パワープロダクション ワンセコンド <大きさ> <価格・量・成分> グリコの「ワンセコンド」シリーズは商品によって成分が大きく異なります。 レース中の補給食としては、カロリーの多い「ワンセコンドCCD」がよいでしょう。 「ワンセコンドBCAA」はアミノ酸を多く補給できるのですが、カロリーが1個あたり14kcalしかありませんので、利用するとしたら運動前をおすすめします。 「ワンセコンドHCA」は、ガルシニアという植物から抽出した「ヒドロキシクエン酸」という成分を含んでいるのが特徴です。 ヒドロキシクエン酸はもともと食欲抑制や脂質代謝の促進が期待されているダイエット用の成分なのですが、科学的根拠はまだ十分ではありません。 カフェインが1個あたり100mgと多く含まれていますので、これによる脂肪燃焼はあると思いますが、レース中の補給ではカロリーをしっかりとれる「ワンセコンドCAA」の方がおすすめです。 コンパクトなサイズのエナジージェル 次により補給食に特化した設計になっている、コンパクトなサイズのエナジージェルをご紹介いたします。 重さはおよそ40~50gと軽量で、さらに厚さも薄いためポーチに入れてもかさばらない点が便利です。 アミノバイタル アミノショット <大きさ> <価格・量・成分> こちらはキャップがなくコンパクトなタイプのアミノバイタル。 重さは43gしかなく、縦・横の幅が小さいのでポーチに入れやすいです。 成分はBCAAなどのアミノ酸が豊富なほか、ビタミン類もエナジージェルにしては珍しく豊富に含まれています。 大会前のコンディショニングにも役立ちそうですね。 またパウチの形状もこだわった設計になっており、飲み口の部分が切り離されないように工夫されています。 自転車をしている方ですと口を使って開封することがあると思いますので、切り離されないのはゴミが増えないので便利ですね。 shots ショッツ エナジージェル <大きさ> <価格・量・成分> 昔から「カーボショッツ」という名前で販売されており、エナジージェルの中では有名な商品です。 重さは45gで、カロリーは117kcalとしっかり補給できるようになっています。 糖質にはマルトデキストリンが使われているのもいいですね。 7種類のフレーバーがあり、このうちコーラバニラ・カプチーノ・グリーンプラムの3つにはカフェインが含まれています。 パワーバー パワージェル <大きさ> <価格・量・成分> バーなのかジェルなのかややこしいですが、「パワーバー」というブランドの「パワージェル」という商品です。 特徴としては「C2MAX」と呼んでいる糖質を含んでいる点で、公式サイトでは以下のように解説しています。 ブドウ糖と果糖を2:1の割合で配合することで筋肉へのエネルギー吸収率を高め、パフォーマンスを高めます。 より 本当にこれだけの効果があるのかは分かりませんが、少なくともブドウ糖は果糖は単糖類なので吸収は速いと思われます。 また、ナトリウム(塩分)は1個あたり200mg含まれており、他のエナジージェルは50mg程度なのと比べると多く含まれているため、熱中症対策にも役立つでしょう。 フレーバーは5種類あり、グリーンアップルにはカフェイン、ウメにはクエン酸が含まれています。 Mag-on マグオン エナジージェル <大きさ> <価格・量・成分> 名前の通りマグネシウムを補給できるエナジージェルです。 マグネシウム含有量は1個あたり50mgとエナジージェルの中では最も多く含まれており、足の痙攣対策に役立つかもしれません。 黄色いパッケージのレモン味にはカフェインも配合されています。 メダリスト エナジージェル <大きさ> <価格・量・成分> もともとクエン酸サプリを販売している「メダリスト」のエナジージェルです。 縦に長い形状で大きく感じるかもしれませんが、その分厚みは薄いです。 ポーチの中に2~3個重ねて入れてもかさばらないのがいいですね。 アスリチューン <大きさ> <価格・量・成分> パウチの大きさや形はメダリストのエナジージェルと同じです。 アスリチューンは用途ごとに分けて作られているのが特徴になります。 「エナゲイン」…レース前の補給用。 アンセリンやカルノシンは「イミダゾールペプチド」というアミノ酸の一種で、疲労の軽減や持久力アップに効果が期待できます。 BCAAも含まれているのはいいですね。 「ポケットエナジー」…レース中の補給用。 1個あたり105kcalで、レースに必要なカロリーと汗で失われたマグネシウムをとることができます。 味はグレープ味とオレンジ味の2種類。 「スピードキュア」…レース後の補給用。 アンセリン・カルノシンに加えてクエン酸やオルニチンが配合されています。 オルニチンはシジミに含まれるアミノ酸として有名で、肝臓の働きを高めて疲労回復に役立つかもしれません。 おすすめのエナジージェルは いくつかのエナジージェルをご紹介しましたが、「結局どれを選んだらいいの?」と思うかもしれません。 今回ご紹介したものはどれもおすすめなので1つには絞りづらいのですが、基本的にどのエナジージェルでもカロリー補給はできますので、 まずは自分にとっての使いやすさ・持ち運びのしやすさで検討するとよいでしょう。 自分が普段使っているポーチの大きさから選んでもいいですし、またキャップがあるかないかも大きなポイントです。 キャップの有無で比較すると以下のようなメリット・デメリットがあります。 キャップあり キャップなし メリット ・好きな量を少しず つとることができる ・フタがあるので飲 み口がベタベタしな い ・コンパクトでポーチ に2~3個入れることが できる ・重さが40g程度で軽 い デメリット ・大きくてかさばる ・量が多く重い ・少ない量ではある が、一度に全て飲まな いといけない ・飲み口がベタベタ し、ゴミの処理に困る 特にキャップなしのエナジージェルは飲んだ後のゴミが少しやっかいです。 飲んだ後のエナジージェルは飲み口が少しベタベタしているため、ポーチに戻すのもためらってしまう方もいるかと思います。 マラソンのレースなら給水所にあるゴミ箱に捨てればいいですが、ロードバイクの大会ではあまり置かれてませんので、道端に捨ててしまう方もたまにいますよね(捨てちゃダメですよ!)。 レース中のゴミの始末が面倒な方は「フラスクボトル」というボトルがおすすめです。 これなら2~3個分のジェルをまとめて入れられますし、手やポーチがベトベトすることもありません。 詳しくは「」をご参照下さい。 カロリーや糖質以外の栄養成分では、足がつりやすい方はマグネシウムなどの ミネラルの多いもの、後半でもスピードを落とさないようにしたい方はBCAAなどの アミノ酸が含まれているものを選ぶとよいでしょう。 最後は価格と味の好みですね。 高カロリー食品ですから全体的に甘いものが多いので、練習時にどれが飲みやすいか色々試してみるのもよいでしょう。 まとめ• フルマラソンやロードバイクなどの競技時間の長いスポーツでは、補給食でのエネルギー摂取が必要• エナジージェルは軽量で高カロリーなので、補給食として便利• エナジージェルを選ぶ際には、キャップの有無や大きさなど、自分にとっての持ち運びのしやすさで選ぶとよい• マグネシウムやカリウムなどのミネラルは、足の痙攣対策に効果があるかもしれない• アミノ酸(特にBCAA)はレース中の疲労の軽減に効果が期待できる 参考文献 各メーカーのHP 社 日本健康食品・サプリメント情報センター、 日本医師会・日本薬剤師会・日本歯科医師会 監修:「ナチュラルメディシン・データベース」. 同文書院,2015. 独 国立健康・栄養研究所.

次の

【サプリメント図鑑vol.1】アリスト「メダリスト」編─“クエン酸サイクルに着目した、おいしいサプリメント”

クエン 酸 ジェル

そしてそんなときに役に立つのが「ピーリングジェル」ですよね。 ピーリングは肌の古い角質を取り除き、正常なターンオーバーを促すことで肌を活性化させる効果があると言われています。 シミやニキビ、毛穴の黒ずみなど肌のトラブルが気になる方は、日々のスキンケアにピーリングを取り入れてみてはいかがでしょうか。 本ページでは、ピーリングジェルの選び方や人気商品、効果的な使い方をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ピーリングジェルの選び方 まずはピーリングジェルの選び方についてご説明いたします。 まずはピーリングやピーリングジェルについて理解し、そのうえで自分の肌に合ったピーリングジェルを選ぶことが大切です。 順番にみていきましょう。 ピーリングの効果と種類 ピーリングジェルの選び方についてみていく前に、まずはピーリングの効果と種類についてご説明いたします。 そもそもピーリングとは ピーリングは古い角質を取り除き、肌の正常なターンオーバーを促す角質ケアの一種で、英語の「peel(皮をむく)」という言葉からきています。 ピーリングの効果 一般的にピーリングには美肌効果があると言われていますよね。 では、具体的にはどのような美肌効果があるのでしょうか。 以下にピーリングの代表的な効果を挙げていきます。 シミやニキビ跡の改善• ニキビの予防• シワやたるみの減少• 保湿効果• 毛穴の開きや黒ずみを無くす ピーリングと聞くと、古い角質を取り除くということで、毛穴の開きや黒ずみを無くすという効果をイメージする方が多いのではないでしょうか。 シミやニキビ、シワ、たるみだけでなく、保湿効果もあると言われているのは意外な事実ですよね。 それはなぜかというと、ピーリングが正常なターンオーバーを促すことで肌のうるおいをアップさせたり、古い角質を取り除くことで化粧水などの浸透力を高め、保湿効果をアップさせたりすると言われているからなんですよ。 ピーリングの種類 ピーリングにはその方法によってさまざまな種類がありますが、大きく分けると、自宅で行うピーリングとクリニックで行うピーリングの2種類あります。 自宅で行うピーリング ピーリングと聞いて通常イメージするのはこちらのほうですよね。 石鹸やピーリングジェルなど、酸性の薬剤を肌に塗ることで古い角質を溶かす「ケミカルピーリング」という方法をとります。 市販のピーリング剤は肌のトラブルを避けるためそこまで強い成分は配合されていません。 よって、クリニックで行うピーリングと比べると効果は低いですが、気軽にできるというメリットがあります。 クリニックで行うピーリング クリニックで行うピーリングとしては、サリチル酸やグリコール酸などを使ったケミカルピーリングの他に、物理的に角質をはがす「レーザーピーリング」などの方法がとられることがあります。 市販のピーリング剤よりも強い薬剤を使うので、自宅で行うピーリングと比べると高い効果が期待できます。 ピーリングジェルとは ピーリングジェルは自宅で行うピーリングに使う代表的な薬剤です。 市販されているので誰でも簡単にピーリングを行うことができます。 ピーリングジェルはその名の通りジェル状のピーリング剤ですが、肌に塗り、マッサージしたあとに洗い流すタイプが一般的です。 また、マッサージをしているとポロポロとカスのようなものが出てくるのが特徴です。 ポロポロとれる「カス」の正体 ピーリングジェルを使って肌をマッサージしていると、ポロポロとカスのようなものが出てきますが、この正体を皆さんはご存知でしょうか。 実はこのカスの正体は、ピーリングジェルに含まれている「カルボマー」という成分なんです。 カルボマーは液体をジェル状にするための固さ調整剤として使われています。 その出てきたカス(カルボマー)を肌の角質であると勘違いし、「たくさん角質がとれた!」と喜んでいる方は多いのではないでしょうか。 ただ、出てきたカスが角質ではないからといって、ピーリングジェルに効果が無いのではないかと心配する必要はありません。 クリニックで行う本格的なピーリングと比べると効果が低いものの、リンゴ酸やクエン酸などのフルーツ酸が肌の古い角質や毛穴につまった角栓をやさしく取り除いてくれます。 使用後に肌がツルツルする理由 ピーリングジェルを使ったあとの「ツルツル感」がお好きな方は多いのではないでしょうか。 角質がたくさん取れたような気がしてなんとなく気持ちがよいですよね。 しかし、ピーリングジェルを使ったあとに肌がツルツルする本当の理由は角質がたくさん取れたからではありません。 ピーリングジェルに「カチオン界面活性剤」という成分が含まれているからです。 カチオン界面活性剤はリンスやトリートメント、柔軟剤に配合されている成分で、物質の表面に吸着して柔軟性を与える効果があると言われています。 このカチオン界面活性剤が肌のツルツル感を演出しているわけですが、カチオン界面活性剤は肌への刺激が強いので、特に敏感肌の方にはおすすめできません。 ピーリングジェルを選ぶ際は、カチオン界面活性剤による「見た目」の効果に惑わされないようにしてくださいね。 刺激の少ないものを選ぶ ピーリングジェルは酸で角質を溶かす洗浄料なので、ピーリング効果が高すぎるものを選ぶと刺激が強く、肌にとってよくありません。 よって、できるだけ肌への刺激が少ないピーリングジェルを選ぶようにしましょう。 香料や着色料など、余計な成分が入っていないかどうかも確認してみてくださいね。 特に敏感肌の方は、敏感肌に対応したピーリングジェルを選ぶことが大切です。 成分で選ぶ 前述の「刺激の少ないものを選ぶ」とも関係してきますが、ピーリングジェルに含まれている成分を確認することは、自分の肌に合った商品を選ぶうえで大切です。 グリコール酸や乳酸、リンゴ酸、クエン酸などがAHAにあたります。 グリコール酸 グリコール酸はAHAの中では浸透力に優れており、クリニックのケミカルピーリングでも使われています。 乳酸 乳酸はグリコール酸と比べると分子が大きく、肌のより浅い部分に作用します。 肌にやさしい酸です。 リンゴ酸 リンゴ酸はその名の通りリンゴに含まれている酸のことで、ピーリングジェルによく配合されています。 クエン酸 クエン酸は柑橘類など酸っぱい食品に含まれている酸で、肌のターンオーバーを促すなど、ピーリングに役立つ効果が期待できます。 日本においては化粧品への配合量が0. 2%までに限定されています。 クリニックのケミカルピーリングなどでよく使われるサリチル酸などがBHAにあたります。 内容量で選ぶ ピーリングジェルは顔だけでなく、ひじ・ひざ・かかと・デコルテなどにも使えたりするので、意外と減りが早いものです。 そのため、複数の部位に使いたい方や長期間使いたい方は、内容量が多いピーリングジェルを選ぶとよいでしょう。 また、同じ商品がセットになったものが売られている場合もあるので検討してみてくださいね。 コストパフォーマンスで選ぶ ピーリングジェルは商品によって値段が大きく異なる場合があります。 ピーリングジェルは基本的に使い続けるものですし、ピーリングジェルにあまりお金をかけたくない方もいらっしゃるかと思います。 そのような方は、内容量と値段を見て、コストパフォーマンスが高い商品を選ぶとよいでしょう。 ただしその場合は、配合成分や口コミなどを参考にして、効果が少なかったり肌に悪かったりしないかよく確かめてくださいね。 ピーリングジェル人気おすすめ商品TOP10 次にネット通販で購入できる人気のピーリングジェルを、ランキング形式でご紹介いたします。 口コミなどを参考にしつつ、自分に合ったピーリングジェルを探してみてくださいね。 画像出典: 「アズマ商事の むきたまご肌 コラーゲンピーリングジェル」は海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、天然植物皮膚保護成分を配合したピーリングジェルです。 消しゴム方式で肌の古い角質や毛穴の汚れをやさしく取り除いてくれます。 保湿成分も配合されているので、使用後のうるおいも守ってくれますよ。 ポンプ式なので使いやすく、便利な商品です。 【成分】水、グリセリン、PEG-8、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、セトリモニウムクロリド、アテロコラーゲン、加水分解コラーゲン、シャクヤク根エキス、ユキノシタエキス、ゲンノショウコエキス、ヒアルロン酸Na、PEG-90M、カルボマー、ラウロイルサルコシンイソプロビル、ペンチレングリコール、エタノール、香料、BG アズマ商事の むきたまご肌 コラーゲンピーリングジェルの口コミ評判 肌がきれいになったというか白くなったような感じがしています。 化粧水の浸透も変わってきたのかもしれません。 洗顔と同じようにあまり力を入れないで使用していますが毎日使っても肌が荒れるということもありません。 画像出典: 「skinvill スキンビル ホワイトピーリングジェル 250g I-ne」は美白とニキビ予防を重視したピーリングジェルです。 美白有効成分である水溶性プラセンタエキスを配合し、メラニンの生成を抑えることでシミやそばかすを防ぎ、美しい肌へ導いてくれます。 また、抗炎症成分であるグリチルリチン酸2Kを配合しているので、ニキビの予防にもつながります。 合成香料・合成着色料・パラベン・鉱物油・エタノールを使用していないので、敏感肌の方も安心して使うことができます。 顔だけでなく、全身にも使えて便利な商品です。 【有効成分】水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K 【その他の成分】アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、濃グリセリン、米デンプン、混合植物抽出液-34、シルバーバイン果実エキス、カモミラエキス-1、酵母多糖体末、アーティチョークエキス、マロニエエキス、ヒアルロン酸Na-2、塩化トリPOE(5)ステアリルアンモニウム、BG、フェノキシエタノール、精製水 skinvill スキンビル ホワイトピーリングジェル 250g I-neの口コミ評判 洗顔後は気分サッパリです。 特に鼻はツルッツルになります。 鼻パックにつぎ込んだ資金と労力は一体なんだったんだろうぐらいに毛穴汚れが落ち、ファンデーションを塗ってもブツブツしなくなりました。 画像出典: 「柑橘王子 フェイシャルピーリングジェルN 200mL」は、古い角質によってガサガサした肌や脂っぽい肌でお悩みの男性に向けて作られたピーリングジェルです。 グリコール酸をはじめとするAHAの他に、BHAであるサリチル酸も配合しています。 配合された数種類の柑橘系フルーツエキスが、肌のさまざまなトラブルの原因となる古い角質や毛穴の汚れをすっきり落としてくれますよ。 シェービング後や洗顔後のスキンケアとして使うことをおすすめします。 【成分】水、グリセリン、(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C-10-30))コポリマー、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムブロミド、グレープフルーツ果実エキス、リンゴエキス、オレンジ果汁、レモン果汁、ライム果汁、グリコール酸、サンザシエキス、タイソウエキス、加水分解ダイズタンパク、セイヨウオトギリソウエキス、ハマメリスエキス、アルニカ花エキス、尿素、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、メントール、サリチル酸、PEG-40水添ヒマシ油、PG、イソプロパノール、BG、香料 柑橘王子 フェイシャルピーリングジェルN 200mLの口コミ評判 肌のざらつきがなくなりました。 というよりも、自分の肌がざらついていた事に気づきました。 「ジェル自体がまとまってポロポロしているだけだろう」と思いましたが、これは使う価値があると思います。 画像出典: 「ロゼットゴマージュモイスト120gx2個パックAZ」は豆乳発酵エキスを配合し、使用後の肌に「もっちり感」を与えてくれるピーリングジェルです。 3種類のフルーツ酸(乳酸・リンゴ酸・クエン酸)と保湿成分である豆乳発酵エキスが、肌に必要なうるおいを与えつつ古い角質を取り除き、もっちりとやわらかい肌に導いてくれます。 フェイスケアだけでなくボディケアにも使えるので、ひじ・ひざ・かかと・デコルテのごわつきなどが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。 【成分】水、グリセリン、ジグリセリン、ステアルトリモニウムクロリド、カルボマー、エタノール、豆乳発酵液、グルコース、アラントイン、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、チャ葉エキス、(スチレン/VP)コポリマー、メチルパラベン、香料 画像出典: 「そのまま! ハトムギエキス配合ピーリングジェル 200ml」は多数のフルーツエキスを配合し、保湿効果を高めたピーリングジェルです。 ポンプボトル式なのでフタを開けたりする必要がなく、押すだけでピーリングジェルが出せるので便利ですよ。 また、内容量が200mLと多めなのでたっぷりと使える点もうれしいですね。 【成分】水、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、ジココジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムブロミド、ハトムギ種子エキス、ライム果汁、アンズ種子エキス、オレンジ果汁、レモン果汁、グレープフルーツ果実エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキス、リンゴ果実エキス、ラウリルベタイン、イソプロパノール、BG、エタノール、ペントテン酸5Na、香料 そのまま! ハトムギエキス配合ピーリングジェル 200mlの口コミ評判 洗顔後、軽くマッサージすると白いカスのようなものが出てきます。 洗い流すと、つるつるすっきり。 しっとり感もあります。 パックのように時間をおかなくていいので、気がついた時に手軽に使えていいです。 「ロゼットゴマージュ モイスト 120g」は保湿成分である豆乳発酵エキスを配合したピーリングジェルです。 やわらかいミルキージェルがピーリングの刺激から肌を守り、豆乳発酵エキスが肌へうるおいを与えてくれるので、使用後の「もっちり感」を味わいたい方におすすめです。 3種類のフルーツ酸(乳酸・リンゴ酸・クエン酸)が配合されており、肌の古い角質を取り除いて透明感のあるなめらかな肌に導いてくれます。 【成分】水、グリセリン、ジグリセリン、ステアルトリモニウムクロリド、カルボマー、エタノール、豆乳発酵液、グルコース、アラントイン、乳酸、リンゴ酸、クエン酸、チャ葉エキス、(スチレン/VP)コポリマー、メチルパラベン、香料 ロゼットゴマージュ モイスト 120gの口コミ評判 この商品は洗い流した後もつっぱらず肌がしっとりします。 それでいて、毛穴のざらつきと黒づみが目立たなくなってくるので、角質を落とす効果もバッチリです。 リンゴ酸や酒石酸などのAHAに加え、BHAであるサリチル酸を配合しているので、肌の古い角質を浮かせてやわらかくし、きれいに取り除いてくれます。 本商品はミックスフルーツの香りの他にもミックスベリーの香りと無香料タイプがあり、3種類の中からお好きなものを選ぶことができます。 お風呂場など、場所を問わずピーリングジェルを使いたい方におすすめの商品です。 その後は化粧水がぐーんと入る気がします。 乾燥していると思っていたのは実は角質が溜まってたから?と思うくらいいつものお手入れが浸透するししっとりしています。 「ロゼット ゴマージュ 120g」はAHAである乳酸・リンゴ酸・クエン酸を配合し、肌の古い角質をやさしく落とすピーリングジェルです。 ほのかなフローラルフルーティの香りが魅力的です。 ちなみに商品名に付いている「ゴマージュ」はフランス語で「削除・消去」を意味し、天然のハーブや植物の種を使って古い皮膚の角質を取り除く美容法やそのための化粧品のことをいいます。 肌のくすみやざらつき、毛穴の黒ずみなどが気になる方だけでなく、メイクのりを良くしたい方にもおすすめの商品です。 また、コストパフォーマンスに優れた商品なので、ピーリングジェルにあまりお金をかけたくない方にもおすすめですよ。 なお、カチオン界面活性剤としてはステアルトリモニウムクロリドが配合されています。 【成分】水、グリセリン、ステアルトリモニウムクロリド、エタノール、カルボマー、アラントイン、乳酸、グルコース、クエン酸、リンゴ酸、チャエキス、メチルパラベン、香料 ロゼット ゴマージュ 120gの口コミ評判 角質がポロポロとれて顔も体もスッキリするので、時々買っては使っています。 使用後、化粧のりがよくなります。 安いしコスパ最強ですよ。 3種類のフルーツ酸(乳酸・リンゴ酸・クエン酸)が肌の古い角質を取り除き、透明感のあるなめらかな肌に導いてくれます。 また、保湿成分である茶葉エキスが配合されており、肌へうるおいを与えてくれます。 「ロゼットゴマージュ」は顔だけでなく、ひじ・ひざ・かかと・デコルテにも使うことができるので、たっぷりと使いたい方もいらっしゃるかと思います。 そのような方には120gが2個セットになった本商品がおすすめですよ。 だからといって、肌がきずつくとか、突っ張るとかはなく、むしろつるつるぷるぷるの状態になります。 「ナチュラルアクアジェル Cure 250g」は、無香料・無着色・無防腐剤で成分の91%が水で作られた、肌にやさしいピーリングジェルです。 増粘剤(液体の粘性を高めるために配合する添加物)には、眼科医が目の手術の際に眼球を浸けておく粘膜防護液が使われており、肌へのやさしさに配慮した作りになっています。 保湿成分であるアロエベラ葉エキスやイチョウ葉エキスなども配合されているので、ピーリング効果だけでなく保湿効果も期待できますね。 また、本商品に配合されているローズマリーエキスは抗菌・消炎効果や抗酸化効果などに優れていると言われているので、ニキビや肌荒れなどのトラブルを改善する働きが期待できます。 なお、カチオン界面活性剤としては、ジココジモニウムクロリドとステアリルトリモニウムプロミドが配合されています。 【成分】水、グリセリン(アクリレーツ/アクリル酸アルキル:C10-30)クロスポリマー、ジココジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムプロミド、アロエベラ葉エキス、イチョウ葉エキス、ローズマリーエキス、BG、イソプロパノール ナチュラルアクアジェル Cure 250gの口コミ評判 こちらを使用して驚いたのが、おでこの毛穴が目立たなくなったこと、変な話しなんですけどおでこに汗をかけるようになったんです。 油が出ないで汗をかくんです。 それがすごく気持ちいいんです。 それは1回目使用後にすぐ実感しました。 なお、使い方については商品によって異なる場合があるので、商品のパッケージなどもよく確認してみてくださいね。 洗顔後、肌の水気をふき取る まずは洗顔をして、肌を清潔な状態にしたあと、肌の水気をタオルなどでふき取りましょう。 ピーリングジェルは一般的に肌が乾いた状態で使います。 手も乾いた状態のほうがよいので、風呂場などで使うのは避けたほうがよいでしょう。 適量を手に取る 洗顔後、肌の水気をふき取ったら、ピーリングジェルを適量手に取ります。 適量がわからない場合は、マスカット粒大を目安にするとよいでしょう。 目をしっかり閉じて、マッサージをするように顔全体に伸ばす ピーリングジェルを適量手に取ったら、目をしっかり閉じ、マッサージをするように顔全体に伸ばしていきます。 このとき、肌のごわつきや毛穴の黒ずみが気になる部分を中心にマッサージしていくとよいでしょう。 ポロポロとカスのようなものが出始めるので、そのままマッサージを1分程度続けます。 ぬるま湯で洗い流す マッサージを終えたら、ぬるま湯できれいに洗い流します。 アフターケアをする ピーリング後の肌はとてもデリケートな状態になっているので、化粧水や美容液、乳液などを使ってアフターケアをしっかりと行いましょう。 使用頻度に注意する ピーリングジェルは基本的に毎日使うようなものではありません。 週2~3回を目安に、商品の説明などもよく読んで使いましょう。 肌のコンディションが悪い場合は使用を控える ニキビやかゆみ、傷など、肌のコンディションが悪い場合はピーリングジェルの使用を控えるようにしましょう。 症状が悪化してしまう可能性があります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ピーリングジェルを使えばクリニックに頼らず自宅でピーリングができるのでたいへん便利です。 ぜひ日々のスキンケアに取り入れてみてくださいね。 本ページを参考に、自分の肌に合ったピーリングジェルを見つけていただけたら幸いです。

次の