ゲジゲジ 対策。 ゲジゲジの退治・駆除方法や対策と侵入経路はどこからか紹介

ゲジゲジの侵入経路8つと、駆除・対策7選!益虫なの?幼虫や毒性<画像>

ゲジゲジ 対策

皆さんは「ゲジゲジ」という虫を知っていますか?ムカデに似ていて気持ち悪いので、自宅で発見しちゃうとパニックになっちゃうことも…。 そうならないように、今回はゲジゲジの見分け方や、予防する方法、駆除する方法についてまとめてみました。 動きの気持ち悪さもさることながら、見た目や色的にも毒をもっていそうな雰囲気なこの虫、わからないことだらけですよね? そこで今回は、 ゲジゲジの特徴や生態、ゲジゲジを駆除する方法や、ゲジゲジを予防する方法について紹介します。 ゲジゲジのことを少しでも知って、皆さんの役にたてば幸いです。 こまるくんて、昆虫好きじゃなかったっけ?(笑) 足がたくさんってことは、今の時期ならゲジゲジあたりかな~? ゲジゲジの正式名称はゲジ(蚰蜒)といって、 全世界に分布しています。 日本に生息している 2種類のゲジゲジの生態を紹介します。 日本の広範囲に生息しています。 体は黄色味を帯びていて、灰緑色のストライプが入っているのが特徴です。 ゲジゲジの目は、光に敏感に反応して目がいい• ゲジゲジの脚は、 15対30の細く体長より長い脚を持ち、触覚も長い• ゲジゲジの動き方は、細長い脚を使って素早く動く• ゲジゲジの性格は、攻撃的ではない• ゲジゲジの毒は弱く、人に影響を及ぼすものではない 【ゲジゲジの特徴】オオゲジの「生態」と「特徴」を知ろう! ゲジの体長は、 50~70mmの大型種です。 本州南岸部以南に、生息しています。 体は褐色で艶があるのが特徴です。 ムカデの目が悪く、触れたものに噛みつく• ムカデの脚は、 1つの節に1対の脚を持ち、多くの節を持つ• ムカデの動き方は、体をくねらせて動く• ムカデの性格は、攻撃的です• ムカデは毒があり、咬まれると強い痛みを伴って腫れる ゲジゲジは、ムカデの仲間ではあるものの全く違った生き物です。 ゲジゲジや、ムカデは夜行性で 普段は落ち葉や、石の下、土の中などに潜んでいます。 暗く湿気が多い環境は、エサになる害虫が多いからです。 屋内でも害虫が発生しやすい倉庫内などに住み着いたり、 エサを求めて床下から室内に侵入することもあります。 ゲジゲジのエサになるのは、小さな昆虫類で動きが速いゴキブリさえも、 素早い動きと長い脚を使って捕食します。 また、この長い脚は天敵に襲われた時にも役立ちます。 ゲジゲジは、天敵に襲われると自らの足を切り離します。 切り離されても脚は動くため、天敵の気をそらしてその間に逃げます。 天敵に襲われる度に脚を切り離していたら、 脚が無くなってしまいそうですが、失った脚は脱皮の際に生えてきます。 何とも、たくましい生き物ですね。 ゲジゲジはいい虫?悪い虫?ゲジゲジは人間に無害です! ゲジゲジは触れたものを見境なく襲うムカデと違って、 人に襲い掛かることはありません。 また、万が一ゲジゲジに噛まれたとしても、ゲジゲジの毒は弱く 人に影響を及ぼすような毒ではないので、基本的に人には無害です。 むしろ、 ゴキブリをはじめ、害虫を捕食してくれるので益虫といえます。 しかし、見た目の悪さや、動きの速さ、動き方などにより不快と感じてしまいます。 人には無害で、害虫駆除してくれる益虫でありながら、その見た目や動き方のせいで、 不快害虫というレッテルを貼られているのも事実です。 益虫にもかかわらず不快害虫とされているゲジゲジは、実はかわいそうな存在なのかもしれませんね。 ただ、注意すべきはゲジゲジが多いということは、エサになる害虫が多いということです。 目を向けるべきは、害虫の方ではないでしょうか? 【ゲジゲジの駆除】自分でゲジゲジを駆除する方法を知ろう! いくら害虫を捕食してくれる益虫とわかっても、 やはりゲジゲジの姿は気持ち悪いと感じる人も多いでしょう。 部屋の中をゲジゲジが歩き回っているのに、何もせず見過ごすことはできませんよね? そこで、ゲジゲジを駆除する方法について紹介します。 粉末状の殺虫剤があるので、あらかじめ家の周りに撒いておきます。 殺虫剤が効いている間は家の周りでゲジゲジや、 害虫を駆除でき、家の中に侵入するのを防げます。 【ゲジゲジの予防】ゲジゲジを見たくない!ゲジゲジを予防する方法 ゲジゲジが家の中に侵入するのを防ぐには、粉末状の殺虫剤を撒けばいいのですが、 殺虫剤は限られた期間しか効果がありません。 定期的に撒きつづけるのも経済的に大変です。 そこで、粉末の殺虫剤を撒く以外の予防対策について紹介します。 【ゲジゲジの予防対策】ゲジゲジが好む環境を作らない! ゲジゲジは普段、 屋外では草むらや落ち葉、石の下などに潜んでいます。 家の周りの雑草はこまめに抜き、廃材やがれきなど不要な物は処分しましょう。 落ち葉もためずにこまめに取り除くなど、家の周りの掃除を心がけましょう。 ゲジゲジが潜みにくい環境を保つことが予防対策になります。 【ゲジゲジの予防対策】室内の掃除や換気をする! ゲジゲジは、エサを求めて家の中に侵入してきます。 ゲジゲジのエサになる害虫を防ぐには、やはり室内の掃除です。 また、 換気を心がけましょう。 室内の掃除がいき届いていない、室内の湿気が多くてジメジメしていると、 害虫好みの環境になってしまいます。 【ゲジゲジの予防対策】家にある隙間を埋める! ゲジゲジはわずかな隙間があれば、簡単に家の中に侵入できます。 窓周りや、換気扇、通気口などの家の周りの隙間は コーキングや網などを貼ったりして塞ぎましょう。 【ゲジゲジの駆除】ゲジゲジのエサになる害虫を駆除するのも重要 ゲジゲジはエサを求めて室内に侵入してきます。 ゲジゲジを寄せつけたくないのなら、 ゲジゲジのエサになる害虫を駆除することも重要です。 ゲジゲジを駆除したばかりに、他の害虫が増えてしまうのも困りますよね? 害虫が増えれば、またゲジゲジが侵入してくることも考えられます。 自分でも害虫駆除はできますが 、害虫駆除は死んだ害虫の後始末など、嫌な作業を伴います。 また、思うように結果が出ないこともあります。 そんな時は、知識と経験が豊富なプロにお任せするのが一番です。 もしも、ゲジゲジが大量発生してしまったら、 原因究明のため調査した方がいいでしょう。 調査には専門的な知識が必要になりますので、プロの害虫駆除業者に依頼することをオススメします。 後始末ができなかったり、自分でやったけど結果が出なくゲジゲジが大量発生してしまったなど、 自分の手に負えない場合は、専門業者に相談してみましょう。 自分の手に負えないゲジゲジや害虫を駆除するには、専門業者の力を借りるしかありません。 そこで、重要になるのが業者選びです。 自分に合った業者を選ぶには、 複数の業者を比較検討しなければなりません。 各業者のサイトを見て回るのは面倒ですし、一度問い合わせたおかげで、しつこい営業にあうこともあります。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 毛虫・チャドクガ駆除をプロに依頼するなら 毛虫・チャドクガ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

ゲジゲジがでた… ゲジゲジの対応と生態

ゲジゲジ 対策

害虫が人に与える害には種類があります。 例えば蜂は人を針で攻撃してくる「直接的ダメージ」、蜘蛛はその不気味な見た目による「精神的ダメージ」で害虫とされます。 この精神的ダメージが理由の害虫には、 不快害虫というあまりにドストレートな名称がつけられています。 そんな不快害虫の中でも際立っているのが ゲジゲジです。 不気味な色の胴体から生える多数の長細い脚は、お世辞にも気持ちの良いものではありません。 家の中で見たくはないですが、どこからともなく入ってきているゲジゲジの侵入経路はいったいどこからか。 ゲジゲジの侵入経路がわかったらどんな対策を練り、退治するときの駆除方法はどうしたらいいかについてご紹介します。 ゲジゲジには羽がなく、バッタのように飛び跳ねることもできないので、侵入経路にはまず 地を這ってこられるという条件があります。 とはいえ他の昆虫と同じく ゲジゲジも垂直の壁を登ることができるので、 ゲジゲジの侵入経路は無限といえるでしょう。 そんなゲジゲジが主にどこからくるかと言うと、開けっ放したドアや窓はもちろん、• 排水口• 換気口• 床下 などなど、正直 ちょっとした隙間さえあれば立派なゲジゲジの侵入経路です。 このあたりは以前紹介したゴキブリの侵入経路と同じです。 ひょっとしたら侵入経路の途中で激しい戦闘があり、勝者だけが家に入れるのかもしれません。 そう考えると家の中でゲジゲジやゴキブリを見かけても… 無理ですね。 私の場合は家の中でゲジゲジを見つけたら、ホウキとチリトリで退治ではなく退出していただいてます。 しかし世にはゲジゲジに近づくことすら怖ろしいと思う人もいることでしょう。 あの見た目ですからお気持ち察します。 そんな人は駆除方法に「潰す」なんて選択肢は存在すらしないでしょう。 そうなるとやはり駆除方法で頼れるものは王道の 薬剤です。 ゲジゲジ退治に薬剤を使うと言ったら エアゾールタイプを想像すると思います。 対象の虫は要確認ですが、 「ムカデ」と書いてあればゲジゲジとヤスデも含まれます。 ゲジゲジ退治に使える薬剤には 顆粒タイプもあります。 小さな粒を家の周囲に撒く、早い話が毒餌です。 事前に使っておくことで、ゲジゲジを見なくて済む駆除方法です。 ゲジゲジへの対策 まずは退治・駆除方法で挙げた顆粒タイプの薬剤を先に撒いておくことをおすすめします。 また、エアゾールタイプは「ゲジゲジに直接噴霧するもの」と考えがちですが、 事前に噴霧しておくことで侵入への対策となります。 特に玄関や窓は隙間があり、開け閉めでゲジゲジが侵入しやすい場所なので事前に噴霧しておきましょう。 とはいえ薬剤に頼りっきりはよくありません。 家の周りの雑草や落ち葉を取り除く• 放置している廃材や朽ち木などを清掃する こうしてゲジゲジの住処、そして餌となる他の昆虫の住処をなくすという 環境改善もゲジゲジ対策には欠かせません。 家の中で対策を考えるなら、 ゲジゲジは高温多湿の場所を好むので、そうした場所を中心に薬剤や隙間埋めなどの対策を行います。

次の

【脚が多すぎ!】ゲジゲジの侵入経路と7つの有効な対策とは

ゲジゲジ 対策

ムカデはどうして家に入ってくる? 家の中で遭遇すると噛まれるんじゃないかと冷や冷やするムカデですが、一度落ち着いてどうして家の中にムカデがいるのかを考えてみましょう。 実は、ムカデが家の中に出没するのには明確な理由があるのです。 日本に生息する多くのムカデは土の中に住んでいて、ふかふかの土や落ち葉の下、腐った木の中などに好んで巣をつくっています。 家の中で何度もムカデと遭遇すると、もしかしたら家にムカデが巣をつくってしまっているかも……と思うかもしれません。 しかし、ムカデにとって人間の家は巣作りに適した環境とはいえず、多くの場合家の中に出るムカデは外から入り込んできたものです。 家で遭遇した虫が今すぐ駆除しなければならないものかどうか、それぞれの特徴から判断してみましょう・ <ムカデとムカデに似た虫たち> ・ムカデ 人間にとっては明確に害となる、攻撃的で毒性をもった害虫で、噛まれてしまうと患部が赤く腫れあがったりします。 特徴としては、体長がほかの仲間よりも長く、体節の両脇から一本ずつ足が生えています。 また、雑食であり、肉食でゴキブリなどの害虫を食べてくれる一面も持つのです。 ・ヤスデ ムカデによく似ていますが、強力な毒は持たず攻撃性も低い無害な虫です。 主に腐った落ち葉などを食べるため噛まれることはほとんどありませんが、体液がものすごく臭いので下手につぶすと大惨事になります。 一つの体節から二本ずつ左右に足が生えています。 ・ゲジゲジ ムカデの一種ですが毒性は弱く、人を襲うこともない虫です。 非常に素早く、ゴキブリなどの害虫を捕食してくれる益虫としても知られています。 細長い足が体からたくさん生えているため、特徴さえ覚えればムカデとの見分けはとても簡単です。 これらの虫たちは、いずれも屋外の草むらや朽木の中、落ち葉の下などを住処としています。 ではなぜ、家の中でムカデを見かけることがあるのでしょうか。 その理由には、ムカデの好む3つの要素が関係しています。 <ムカデの好む要素> ・薄暗く、狭い場所 自然界に暮らすムカデは、石や落ち葉、倒れた木の下に住んでいます。 これらに共通するのは地面と物の間にできた隙間であるという点です。 こうした理由から、ムカデは薄暗くて狭い場所を好む習性があります。 ・湿気 日本に生息するほとんどのムカデは、乾燥に対して弱いという性質をもっています。 そのため、水分の少ない場所では長く活動することができず、地面の下の適度な湿り気のある場所に好んで巣をつくります。 ・エサ ムカデは完全な肉食性であり、狩りを行ってエサを取る生き物です。 エサとなる生き物はほかの虫やネズミなどであり、なかでも小型の虫を好んで食べます。 したがって、ムカデにとってエサが豊富な場所とは、ほかの虫がたくさんいる場所ということです。 上記の3つの要素をまとめますと、ムカデが出没しやすい場所とは、「薄暗い隙間があり、ジメジメと湿っていて、エサとなる虫がたくさんいる場所」となります。 家の中にムカデが頻繁に出現する場合、この3つの要素を満たしてしまっているのかもしれません。 家の中で多く見かけがちな虫といえば……ゴキブリです。 つまり、ゴキブリの多い家には、ゴキブリを狩るためにムカデも侵入してきやすいということになるのです。 家に出たムカデを安全に退治する方法について ムカデは凶暴で戦闘能力が高いため、うかつに攻撃すると手痛い反撃を食らってしまう可能性があります。 とくにするどい大アゴには強力な毒があるので、とにかく噛まれないよう慎重に立ち回ることが肝心です。 ムカデは頑丈な殻に守られているため、物理攻撃で仕留めるには技術が必要になります。 接近戦は反撃を食らうリスクもあるため、できるだけ距離をおきつつ安全に戦う方法を考えましょう。 昔からムカデに熱湯が効くというのは広く知られている退治法ですが、とても合理的な方法といえるでしょう。 【ドライヤーを使う】 周囲に電子機器がある、お湯を沸かしている時間がないなど、熱湯攻撃が使えないときは、ドライヤーも有効な武器になります。 ドライヤーで高温の熱風を浴びせることで、周囲を汚すことなく安全にムカデの動きを止められます。 しかし、小さな隙間に逃げ込まれた場合対処が難しく、激痛をもたらす毒をもつなどやはり危険な害虫なので、業者に駆除を依頼するのが無難かもしれません。 経験豊富なプロに任せることで、噛まれてしまうリスクを減らして安全に対処ができるようになります。 ムカデが出る原因を取り除こう 家の中にムカデが出るときは、ムカデ対策の第一歩として、まずムカデが出てくる原因を取り除くことからはじめましょう。 前項でご紹介した3つの要素を1つ1つ改善していくことで、ムカデが家をうろつく目的をなくし、家への侵入を防止することができます。 古新聞や古雑誌、積まれた段ボールや何年も動かしていない家具などはムカデの入り込む隙間となるほか、ゴキブリやダニなどの害虫の温床にもなり得ます。 不要なものをいつまでも置いておかず、定期的にゴミを片付けるようにしましょう。 湿気対策も重要です。 キッチンや洗面台などの水回りには極力水滴を残さず、こまめにふき取っておきましょう。 換気を行い、室内の空気を入れ替えることも有効です。 家の中でムカデのエサとなりやすいのはやはりゴキブリなので、ゴキブリの駆除も大切になります。 ゴキブリが家に住み着かないようにする対策としては、「」という記事でも詳しくご紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください。 ムカデの侵入しやすい場所と塞ぎ方を、以下にまとめました。 ・キッチンの配管 ムカデは平べったい体格をしているため、ほんのわずかな隙間にも侵入することができます。 たとえばキッチンの流しと配水管のつなぎ目に隙間があると、そこからムカデが入ってくることも十分にあり得ます。 配管まわりにわずかな隙間が空いている場合は、ダクトテープなどを利用して隙間をしっかり塞ぐようにしましょう。 ・窓や網戸 窓や網戸にがたつきがあり、窓枠との間に隙間が出来ていると、ムカデの侵入経路となる場合があります。 とくに網戸は軽いため、大型なムカデは網戸を押し上げて入ってきてしまうケースもあります。 ムカデは乾燥に弱く、乾いた場所を極端にきらうため、乾いたタオルなどを窓枠に詰めておくと、隙間埋めと湿気の除去の両方からムカデ対策を行えるためおすすめです。 ・排水口 お風呂場や流し台の排水口は、下水道からムカデが侵入してくる経路になり得ます。 排水口には重量のある金属製のキャップをはめるなど、下水から登ってきたムカデを食い止める処置をしておきましょう。 お風呂場や流し台はどうしても湿気がこもりがちになってしまいます。 ムカデの入り込みやすい場所でもあるため、ムカデの侵入経路は入念につぶすよう心がけておきましょう。 なお床下の湿気対策については「」でも調湿材や対策にかかる費用など、詳しく取り上げています。 しかし、掃除やゴキブリの駆除などは効果を実感できるまでに時間がかかります。 そこで、今すぐムカデを追い出したい!という方向けに、ムカデがきらうにおいを使ったムカデ除けの方法をご紹介します。 一般的に、ムカデは「ヒノキ」と「ハッカ」のにおいをきらいます。 ヒノキの独特の香りはムカデをはじめとした野生動物にとってもっとも危険な山火事の臭いに似ているとされ、そのためムカデはヒノキのにおいを感じ取ると逃げていくといわれています。 またムカデは嗅覚が発達しているため、ハッカの刺激臭にも敏感に反応します。 ハッカのにおいはムカデだけでなく様々な虫にとっても刺激の強いにおいになるため、ムカデに限らず総合的な害虫対策としてハッカを使ってみてもいいかもしれません。 ハッカのにおいは、薬局などで簡単に入手できるハッカ油を水で薄めてスプレーすることで振りまくことができます。 害虫対策に一本、ハッカ油を用意しておいてはいかがでしょうか。 なおハッカ油スプレーの作り方・効果的な使い方については「」でも詳しくご紹介しています。

次の