サウル アルバレス。 サウル・アルバレスの戦績と強さの秘密

ゴロフキン「ミドル級は160ポンド」カネロを牽制

サウル アルバレス

【】 パワフルな連打、相手を一撃で沈める破壊力、そして12ラウンド打ち続けられるスタミナを兼ね備えた生粋の倒し屋ですね。 連打の回転数が上がると、もう止められないです! メキシコのボクシングファンを熱狂の渦に巻き込むサウル・アルバレスは2005年10月にプロデビュー。 弱冠15歳で迎えたデビュー戦は4ラウンドTKO勝ちでした。 その後、プロ5戦目で引き分けを経験し、連勝はストップしますが、勢いは衰えることなく無敗街道を突き進みます。 実戦を積み重ねて着実に力をつけ、頭角を現してきました。 プロデビューから5年弱で35試合を経験し、迎えた2010年9月。 元世界チャンピオンで、驚異のタフネスを誇るカルロス・バルトミールと激突します。 「アルバレスにとって試練になるかも」と思った試合でしたが、結果は自慢の強打でタフなカルロス・バルトミールを沈める衝撃のKO勝ち。 得意の左フックの破壊力を世界中に証明した試合でした。 世界タイトル挑戦へ向けて歩みを進めるサウル・アルバレスは2010年12月にラブモア・ヌドゥと対戦。 20歳のサウル・アルバレスが39歳のラブモア・ヌドゥを12ラウンド圧倒する展開が続き、大差の判定勝ちを飾ります。 そして、この勝利から4か月後、ついに悲願の世界タイトル挑戦のチャンスが巡ってきます。 WBC世界スーパーウェルター級タイトルを保持していた6階級制覇チャンピオンのがタイトルを返上。 サウル・アルバレスとマシュー・ハットンが空位となった世界タイトルを争うことになったのです。 結果は、サウル・アルバレスがマシュー・ハットンに12ラウンド大差の判定勝ち。 メキシコが誇る将来のスーパースターが世界チャンピオンに輝いた瞬間でした。 王座に君臨すると、防衛を重ねるごとに強さを増し、好戦的なボクシングに磨きをかけるサウル・アルバレス。 2011年11月に3度目の防衛戦で強打者のカーミット・シントロンと拳を交えます。 結果は、2階級制覇を目指すカーミット・シントロンを真っ向勝負で撃破し、5ラウンドTKO勝ち。 新旧の強打者対決に快勝し、パンチの強さだけでなく、ボクシング技術の高さを証明した試合でした。 スーパースターの階段を駆け上がるサウル・アルバレスは2012年5月に3階級制覇の実績を誇るベテランのと激突。 世界的な知名度を誇るスーパースターと対戦する大一番です。 スーパースターの地位を確立するための大切な新旧対決で、サウル・アルバレスは百戦錬磨のシェーン・モズリーを圧倒。 12ラウンド大差の判定勝ちを飾ります。 若きチャンピオンのパワーがベテランの経験を上回った試合でした。 4度目の防衛に成功したサウル・アルバレスは2012年9月、と死闘を演じ、挑戦権を獲得したホセシト・ロペスと激突。 3度のダウンを奪う圧巻の5ラウンドTKO勝ちで、5度目の防衛に成功しました。 着実に経験を積み重ねるサウル・アルバレスは2013年4月、WBA世界スーパーウェルター級チャンピオンのと激突。 結果はサウル・アルバレスの12ラウンド判定勝ち。 テクニシャンの全勝サウスポーから7ラウンドにダウンを奪う見事な勝利で、王座統一に成功しました。 難敵を撃破したサウル・アルバレスは2013年5月「パウンド・フォー・パウンド」のと激突。 新旧交代をかけたメガマッチでしたが、結果は12ラウンド判定負け。 フロイド・メイウェザーのスピードに持ち味の強打を消されてしまった悔しいプロ初黒星でした。 無念のプロ初黒星を喫したサウル・アルバレスは2014年3月に同じメキシカンのアルフレド・アングロと激突。 結果は、10ラウンドTKO勝ちで再起戦に勝利。 サウル・アルバレスが、パワー、スピード、テクニックのすべてで、アルフレド・アングロを上回った圧勝でした。 復活を果たしたサウル・アルバレスは2014年7月、WBA世界スーパーウェルター級チャンピオンのとノンタイトルマッチで激突します。 結果は、サウル・アルバレスの12ラウンド判定勝ち。 テクニシャンのエリスランディ・ララにパンチを当てさせてもらえない苦しい展開が続きましたが、ボディ攻撃で突破口を切り開き、勝利を引き寄せた息詰まる大接戦でした。 難敵のエリスランディ・ララを撃破したサウル・アルバレスは2015年5月に強打者のジェームス・カークランドと激突します。 結果は、サウル・アルバレスの3ラウンドTKO勝ち。 ジェームス・カークランドの捨て身の攻撃を真っ向勝負で跳ね返し、最後は会心の右ストレートでリングに沈めた劇的なTKO勝利でした。 若きスーパースターの存在感を強烈にアピールする名勝負でした! 弱冠20歳で世界タイトルを手に入れ、今やメキシコだけでなく、世界中のボクシングファンを熱狂の渦に巻き込むサウル・アルバレス。 スーパースターの扉をこじ開けた「メキシコの至宝」は、待ち受ける試練を乗り越え、栄光の未来をつかむことができるでしょうか? 好戦的なボクシングで世界中のボクシングファンを魅了するサウル・アルバレスの未来に注目ですね。 人気と実力を兼ね備えたボクシング界を代表する若きスーパースターです! サウル・アルバレスのプロフィール ニックネーム カネロ(シナモン) 誕生日 1990年7月18日 戦績 47戦45勝32KO1敗1分 獲得タイトル• WBC世界スーパーウェルター級タイトル• WBA世界スーパーウェルター級タイトル 関連リンク.

次の

サウル”カネロ”アルバレスの強さは?トレーニング方法も紹介

サウル アルバレス

5・24日本開催報道から一転 これまで海外メディアでは、アルバレスの次期対戦相手として村田が急浮上していた。 村田が所属する帝拳ジムの本田明彦会長が、アルバレス戦の実現へ向けて渡米し、合同で村田をプロモートするトップランク社のボブ・アラム氏と会談。 アルバレスをプロモートするゴールデンボーイプロモーションズのオスカー・デラホーヤ氏と交渉のテーブルについたとみられる。 アルバレス戦に向けて、国内の一部報道で5月24日にさいたまスーパーアリーナで開催すると報じられ、これが海外の専門サイトによって世界中に拡散された。 アルバレスはここ数年、メキシコの祝日「シンコ・デ・マヨ(5月5日)」の前後で試合を行うことが通例となっており、5月下旬にアルバレスの試合が開催されることにメキシコのボクシングファンから落胆と批判の声が上がっていた。 「ボクシングニュース24」によると、村田VSアルバレス戦の5月開催は消滅したものの、今秋に開催される可能性があるという。 アルバレスの次戦は5月2日にWBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)もしくはWBO世界スーパーミドル級王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)との対戦が有力視され、その次に村田戦を行う可能性があるという。 アルバレス戦はV2が絶対条件 村田陣営はアルバレス、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)などのビッグネームとの対戦を希望しており、対戦するために「待ち」を辞さない構えを見せていた。 村田は昨年12月に初防衛戦を行っており、試合間隔を考慮すれば今秋に可能性を残すアルバレス戦までにV2戦を挟むのが現実的だろう。 アルバレス戦はV2戦での勝利が絶対条件となってくる。 現在、動画配信サービス「DAZN」と大型契約を結び、世界で最も稼ぐといわれるアルバレスを巡って、ミドル級、スーパーミドル級王者らがこぞって「挑戦」の意志を表明している。 今回は例年通り「シンコ・デ・マヨ」に合わせての開催となりそうだ。

次の

フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 サウル・アルバレス戦

サウル アルバレス

【】 パワフルな連打、相手を一撃で沈める破壊力、そして12ラウンド打ち続けられるスタミナを兼ね備えた生粋の倒し屋ですね。 連打の回転数が上がると、もう止められないです! メキシコのボクシングファンを熱狂の渦に巻き込むサウル・アルバレスは2005年10月にプロデビュー。 弱冠15歳で迎えたデビュー戦は4ラウンドTKO勝ちでした。 その後、プロ5戦目で引き分けを経験し、連勝はストップしますが、勢いは衰えることなく無敗街道を突き進みます。 実戦を積み重ねて着実に力をつけ、頭角を現してきました。 プロデビューから5年弱で35試合を経験し、迎えた2010年9月。 元世界チャンピオンで、驚異のタフネスを誇るカルロス・バルトミールと激突します。 「アルバレスにとって試練になるかも」と思った試合でしたが、結果は自慢の強打でタフなカルロス・バルトミールを沈める衝撃のKO勝ち。 得意の左フックの破壊力を世界中に証明した試合でした。 世界タイトル挑戦へ向けて歩みを進めるサウル・アルバレスは2010年12月にラブモア・ヌドゥと対戦。 20歳のサウル・アルバレスが39歳のラブモア・ヌドゥを12ラウンド圧倒する展開が続き、大差の判定勝ちを飾ります。 そして、この勝利から4か月後、ついに悲願の世界タイトル挑戦のチャンスが巡ってきます。 WBC世界スーパーウェルター級タイトルを保持していた6階級制覇チャンピオンのがタイトルを返上。 サウル・アルバレスとマシュー・ハットンが空位となった世界タイトルを争うことになったのです。 結果は、サウル・アルバレスがマシュー・ハットンに12ラウンド大差の判定勝ち。 メキシコが誇る将来のスーパースターが世界チャンピオンに輝いた瞬間でした。 王座に君臨すると、防衛を重ねるごとに強さを増し、好戦的なボクシングに磨きをかけるサウル・アルバレス。 2011年11月に3度目の防衛戦で強打者のカーミット・シントロンと拳を交えます。 結果は、2階級制覇を目指すカーミット・シントロンを真っ向勝負で撃破し、5ラウンドTKO勝ち。 新旧の強打者対決に快勝し、パンチの強さだけでなく、ボクシング技術の高さを証明した試合でした。 スーパースターの階段を駆け上がるサウル・アルバレスは2012年5月に3階級制覇の実績を誇るベテランのと激突。 世界的な知名度を誇るスーパースターと対戦する大一番です。 スーパースターの地位を確立するための大切な新旧対決で、サウル・アルバレスは百戦錬磨のシェーン・モズリーを圧倒。 12ラウンド大差の判定勝ちを飾ります。 若きチャンピオンのパワーがベテランの経験を上回った試合でした。 4度目の防衛に成功したサウル・アルバレスは2012年9月、と死闘を演じ、挑戦権を獲得したホセシト・ロペスと激突。 3度のダウンを奪う圧巻の5ラウンドTKO勝ちで、5度目の防衛に成功しました。 着実に経験を積み重ねるサウル・アルバレスは2013年4月、WBA世界スーパーウェルター級チャンピオンのと激突。 結果はサウル・アルバレスの12ラウンド判定勝ち。 テクニシャンの全勝サウスポーから7ラウンドにダウンを奪う見事な勝利で、王座統一に成功しました。 難敵を撃破したサウル・アルバレスは2013年5月「パウンド・フォー・パウンド」のと激突。 新旧交代をかけたメガマッチでしたが、結果は12ラウンド判定負け。 フロイド・メイウェザーのスピードに持ち味の強打を消されてしまった悔しいプロ初黒星でした。 無念のプロ初黒星を喫したサウル・アルバレスは2014年3月に同じメキシカンのアルフレド・アングロと激突。 結果は、10ラウンドTKO勝ちで再起戦に勝利。 サウル・アルバレスが、パワー、スピード、テクニックのすべてで、アルフレド・アングロを上回った圧勝でした。 復活を果たしたサウル・アルバレスは2014年7月、WBA世界スーパーウェルター級チャンピオンのとノンタイトルマッチで激突します。 結果は、サウル・アルバレスの12ラウンド判定勝ち。 テクニシャンのエリスランディ・ララにパンチを当てさせてもらえない苦しい展開が続きましたが、ボディ攻撃で突破口を切り開き、勝利を引き寄せた息詰まる大接戦でした。 難敵のエリスランディ・ララを撃破したサウル・アルバレスは2015年5月に強打者のジェームス・カークランドと激突します。 結果は、サウル・アルバレスの3ラウンドTKO勝ち。 ジェームス・カークランドの捨て身の攻撃を真っ向勝負で跳ね返し、最後は会心の右ストレートでリングに沈めた劇的なTKO勝利でした。 若きスーパースターの存在感を強烈にアピールする名勝負でした! 弱冠20歳で世界タイトルを手に入れ、今やメキシコだけでなく、世界中のボクシングファンを熱狂の渦に巻き込むサウル・アルバレス。 スーパースターの扉をこじ開けた「メキシコの至宝」は、待ち受ける試練を乗り越え、栄光の未来をつかむことができるでしょうか? 好戦的なボクシングで世界中のボクシングファンを魅了するサウル・アルバレスの未来に注目ですね。 人気と実力を兼ね備えたボクシング界を代表する若きスーパースターです! サウル・アルバレスのプロフィール ニックネーム カネロ(シナモン) 誕生日 1990年7月18日 戦績 47戦45勝32KO1敗1分 獲得タイトル• WBC世界スーパーウェルター級タイトル• WBA世界スーパーウェルター級タイトル 関連リンク.

次の