ボーナスの使い道。 ボーナスの使い道って何がある?ボーナスの使い道ランキングを紹介!

【朝礼ネタ】賞与・ボーナス 平均額は? 使い道ランキング第1位は?

ボーナスの使い道

com) 夏と冬のボーナスシーズンには、いたるところでボーナス商戦に向けたセールやキャンペーンが行われています。 多くの日本企業では夏と冬のボーナス支給が慣例になっており、個人消費が拡大するシーズンとされています。 一方で日本人は預貯金の割合が多い ともいわれています。 実態はどうでしょうか。 自分以外の人のボーナスの使い道はちょっと気になるところです。 ボーナス支給額は増加傾向 直近の2018年冬のボーナス支給額は過去最高ともいわれる水準でした。 特に賞与の算定期間に景気が良かった業種は前年度比で大幅にアップしています。 大手企業のボーナス額は、日本経済団体連合会(経団連)が毎年まとめている「年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」が参考になります。 この集計は、東証一部上場企業で、従業員が500名以上の大手企業が対象で、2018年冬のボーナスのデータは167社(調査対象251社から未妥結、平均額不明企業を除外)の内容がまとめられています。 2018年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果 167社総平均:93万4,858円(前年増減率6. 14%増) 建設業8社平均:159万3,228円(同26. 71%増) さすがに大企業のボーナス額は高く、景気の良かった建設業などは前年に比べると大幅にアップしていることが分かります。 一方、 中小企業を含めた民間企業や公務員のボーナス支給額の現状は、みずほ総合研究所が厚生労働省の「毎月勤労統計」や人事院の「人事院勧告」を参考に「2018年冬季ボーナス予測」としてまとめています。 それによると、 民間企業平均賞与支給額は38万8,315円(前年比2. 0%増)、公務員平均賞与支給額は76万5,657円(同0. 7%減)となっています。 中小企業を含めたボーナス支給額は、大手企業の支給額と比べると少ないものの増加基調にあります。 公務員のボーナスは前年度とほぼ横ばいとなっています。 ボーナスの具体的な使い道は? 共通ポイントサービスの「Ponta(ポンタ)」を運営しているロイヤリティマーケティングでは、2018年冬のボーナスの使い道などについてのアンケート(「ロイヤリティマーケティング社 第31回Ponta消費者意識調査 2018年10月」、回答者数3,000人)を 実施しました。 それによると、「今年の冬のボーナスの使い道を教えてください(3つまで複数回答)」という質問に対して最も多かった回答は、「貯金・預金」(37. 3%)でした。 次いで、「旅行(宿泊を伴うもの)」(9. 9%)、「外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)」(5. 5%)、「衣服」(4. 6%)という結果になりました。 ボーナス支給額は増加傾向にあるものの、預貯金に回すと回答した人が全体の4割弱を占めています。 同アンケートでは、貯金・預金の用途についても質問しています。 それによると、「老後の生活の備え」(58. 8%)、「将来の消費への備え(住宅購入、子供の学費など)」(53. 2%)、「収入の変化への備え」(34. 1%)、「病気や災害への備え」(26. 5%)、「その他」(2. 2%)という結果になりました。 年代別による「貯金・預金」の用途では、20代と30代では将来の消費への備え(住宅購入、子供の学費など)が最多で、40代から60代以上では老後の生活の備えとする回答が最も多い結果になりました。 アンケートでは、ライフステージに合わせて貯蓄の用途が変わってくることが分かります。 さらに、「支給される金額のうち、どの程度貯金・預金したいか」という質問に対しては、「75%以上」(28. 4%)、「50%~75%未満」(28. 4%)、「25%~50%未満」(29. 5%)、「25%未満」(13. 7%)となっており、支給金額のうち半分以上を預貯金に回したいと考えている人は56. 8%に上りました。 高度経済成長期に日本に定着した「年功序列型」給与制度。 年齢や勤続年数によって給与が上がる仕組みは、企業には、定着率の向上や評価のしやすさというメリットをもたらし、従業員にとっても生活の安定が保障される、双方にとってプラスにはたらく制度でした。 しかし、経済が低迷する今。 成果に見合わない給与が企業経営を圧迫してはいないでしょうか? 「年齢が上なだけで高額の給与を支給している。 」 「頑張らなくても、勤続年数が長くなれば昇給していく。 」 「若手の優秀社員が給与不満で辞めていく。 それぞれの活躍に見合った評価と給与決定の方法をご説明いたします。

次の

【2020年版】ボーナスの使い道で得する人、損する人

ボーナスの使い道

財布がとてもあったか~くなる「ボーナス」の季節ですね。 これまで仕事に頑張った「ごほうび」を心待ちにする人は多いと思いますが、まわりの人がいくらもらっているのか、みんなはボーナスを何に使っているのか、ちょっと気になりませんか? ボーナスの支給額や使い道、上手な活用法について、ご紹介していきたいと思います。 2017年冬のボーナス支給額は約91万円!? 実際のところ、2017年冬のボーナスはいくら支給されるのでしょうか? 2017年11月に公表された経団連(日本経済団体連合会)の調査によると、冬のボーナスの支給平均額は91万6396円。 これは前年比で1. 19%減の金額なのだとか。 減ったと聞くとマイナスな印象を持ちますが、2016年の冬ボーナスは史上最高額の92万7420円。 この2017年の冬ボーナスも非常に高い水準にあります。 数年前から「景気回復とともにボーナスが上昇している」といった言葉がメディアなどで躍っていますが、ただこれはあくまで大企業の話。 中堅・中小企業としては、ボーナスが上昇している実感は乏しく、両者の違いは大きく広がっているといえそうです。 冬のボーナス使い道ランキング「1位は貯金・預金」 では、そんな大切なボーナス、みなさんはどのように使っているのでしょうか? 共通ポイントサービス「Ponta」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティングの調査によると、2017年冬のボーナスの使い道として最も多かったのが「貯金・預金」の40. 下記の表を見てもわかるように、他の回答を圧倒しています。 冬のボーナスの使い道ランキング (1)ボーナスの1割は「自分へのごほうびに使おう」 ボーナスは可能なら貯蓄に回したいけれど、それでは一生懸命に働いた見返りがありません。 とはいえ、無計画に使うのも考えもの。 そこで、あらかじめ「ボーナスの1割を自分へのごほうびに使う」と決めるのは良い方法です。 FPがおすすめする使い道としては意外に思われるかもしれませんが、旅行やリッチな食事といった消費は、あなたにとって明日への大切な「活力」になるはずです。 この使い道への割合は、世代や生活環境によって異なりますが、最大で1割は超えないようにしたいところです。 やはり預貯金に余裕があってこそ安心して仕事に励むことができます。 (2)ボーナスの5割は「目的のある貯蓄」、3割は「目的のない貯蓄」に使おう 「今の消費を少しガマンして、将来のために貯蓄に回す」という考え方は、とても大事なことです。 私もその意見に賛同します。 ただ、貯蓄には2種類の意味があり、それを区別しながら貯蓄に励むことをおすすめしたいと考えています。 1つは教育費や住宅購入費、マイカー購入費といった「目的のある貯蓄」です。 もう1つは「目的のない貯蓄」。 これは特に目的を決めていないけれど、何かあった時に使うための貯蓄をいいます。 一般的には「家を買いたい」「子どもの入学資金を貯めたい」といった「目的のある貯蓄」を重視しがちですが、「目的のない貯蓄」にも意識を向けておきましょう。 なぜなら、現段階では想定していなくても、人生には臨時で必要になる出費も多いからです。 突然の病気や介護、退職や失業などに対し、「何にでも使えるような」預貯金を貯めておくことが大切です。 あくまで目安の金額ですが、「目的のある貯蓄」にボーナス支給額の5割を、「目的のない貯蓄」に3割を振り分けます。 「目的のない貯蓄」よりは「目的のある貯蓄」のほうを重視したいところです。 方法としては、銀行口座を別にする、普通預金ではなく定期預金に預け入れるなどして、簡単に引き出せないような工夫をすることが大事です。 (3)ボーナスの残り1割は「投資で増やしてみよう」 ただ、昨今の超低金利の状況では、貯蓄では大きく増えていきません。 そこで、ボーナスの残りの1割で「投資」をしてみることをおすすめします。 特に投資初心者は、投資信託で積立投資を行うとよいでしょう。 運用のプロであるファンドマネジャーに運用をお任せできるのが投資信託。 これに毎月定期的に少額で積立投資することで、値下がりリスクを抑えることができるのです。

次の

ボーナスのみんなの使い道TOP5と貯金額のベストな割合

ボーナスの使い道

【朝礼ネタ】賞与・ボーナスの雑学 〜平均額、使い道、支給日など〜 今回の朝礼ネタは「賞与・ボーナス」。 夏季は6月、冬季は12月に支給されることの多い賞与・ボーナス。 心待ちにしている方、何事もなかったかのようにローンのボーナス払いに消えてゆく方、そもそも賞与などどこ吹く風という方、悲喜交々の賞与時期。 労働基準法によれば、賞与を支給する会社はその旨を就業規則に明記しなければなりませんが、給与とは異なり、賞与の支給自体には法的な支給義務がないため、就業規則に「賞与支給」とあっても「業績による」とあれば支給有無は会社次第。 年功序列・終身雇用が当たり前だった一昔前、賞与を見越して果敢なローンを組み、その後、業績不振や予期せぬ転職等によりボーナス払いが行き詰まったという経験をお持ちの方、少なくないと思います。 賞与の使い道ランキングを見ても、そんな時代背景がうかがえます。 【 より 】 ・・・ 賞与の使い方ランキング1位が 「貯金」。 そして欲しいものランキング1位が 「お金」。 と、何とも素敵な国民性… 賞与・ボーナス平均額 毎年、賞与時期になると各種メディアで取り上げられる「賞与平均支給額」。 平均額は、対象とする企業やその数により当然前後しますので、以下、2つほど引用します。 が実施したアンケートによると、結果(85社平均)は下表の通り。 5〜1ヶ月分といわれていることに比べれば、随分と高額な日本の賞与。 「多い」「少ない」を誰・何と比べるかは人それぞれです。 賞与・ボーナスの由来・支給時期 一般的に夏季は6月、冬季は12月という印象が強い賞与。 日本では古くは江戸時代に商人がお盆と年末に奉公人に配った「仕着」が由来といわれている。 賞与としての最古の記録は1876年(明治9年)の三菱商会の例である。 【 より 】 なお、「仕着(しきせ)」は為着とも書き、引用の通り奉公人に対して夏・冬に支給した衣服のこと。 これが一部衣服代として支給される場合もあったようです。 民間企業の賞与支給日は企業により様々ですが、公務員の賞与については、国家公務員は法律・地方公務員は条例によって定められており、6月30日と12月10日に支給されることが多く、期末手当・勤勉手当と呼ばれています。 なお、支給日に在籍していることを要件としている企業が多い賞与ですが、支給日直前に退職した社員から異議を申し立てられるケースも多いようです。 (参考記事) 予期せぬ退職・転職が当たり前の世の中。 あなたの会社の就業規則は、どう書かれていますか? 朝礼ネタ・会話ネタとしての「賞与・ボーナス」 お前んとこの会社、ボーナスいくらだった? と、ハッキリ聞く人もいなければ、キッパリと金額を答える人もなかなかいないと思います。 で、現実は、メディアを通じて伝えられる世の中の平均額と自分の賞与明細を見比べて一喜一憂。 といったところでしょうか。 さて、国の借金が1000兆円を突破した昨今。 1000兆円などと言われてもピンとこないかもしれませんが、国民1人当たりの負担に換算すると約800万円。 高齢社会が続く今後、消費税も25%〜30%位にまで引き上げないと財政が成り立たなくなるとの試算も出ている今の日本。 (参考記事) しかし、消費税が10%上がっても、給料は10%上がらない。 何か悪いことがあった時、他人(会社や国)のせいにして愚痴をこぼせば、気は楽になるかもしれません。 けど、生活は楽になりません。 ・・・ ところで、多くの会社において、賞与は「業績次第」。 例えば、業績不振で減額された時。 業績が悪いのは俺のせいじゃないよ! と、被害者意識で「会社のせい」にするか、 俺達がもっと頑張れば賞与も増える! と、当事者意識で「自分のせい」にするか。 大事なのは「当事者意識」。 前者の「俺」が多い会社と、後者の「俺」が多い会社。 どちらが元気な会社かは言うまでもありません。 ・・・ 以前、こんな笑い話を聞いたことがあります。 とある飲食店の店長が、従業員一人一人の率先垂範を促すため、バックヤードに標語を掲げました。 『俺がやらなきゃ、誰がやる!』 ところが、誰かがいたずらで、濁点を1つ取ってしまった模様。 『俺がやらなきゃ、誰 かやる!』 あなたが店長なら、どうします? ・・・ 職場での朝礼やミーティング。 「賞与・ボーナス」を話題にする機会に恵まれた際は、平均額などの時事ネタと合わせ、実際に手にした金額に対する「当事者意識」について触れてみると、聞き手の緊張感が適度に高まるかもしれません。

次の