藤原 竜也 ヒカル。 藤原竜也は神だった!?映画『ダイナー』公開にあたりユーチューバー・ヒカルさんが独占インタビュー決行! | ガジェット通信 GetNews

藤原竜也vsヒカル 世紀のEカード対決が実現 映画『カイジ』並みの悪魔的名勝負っ!

藤原 竜也 ヒカル

7月7日、人気ユーチューバーの ヒカルさんが先日公開され話題沸騰中の映画 『ダイナー』で主役の元殺し屋のシェフを演じた 藤原竜也さんと監督、 蜷川実花さんの独占インタビュー動画を公開した。 収録したのは7月5日の映画公開当日。 長年、藤原さんのファンだったということで緊張で表情のこわばったヒカルさんに対して終始フランクに対応する二人。 普通はなかなか知ることの出来ない映画制作の裏側や日常生活について積極的にヒカルさんに打ち明けていた。 しかし「役を演じるにあたり役作りはしたのか?」、「台詞を覚えるのにかかる時間は?」というたどたどしい問いに対しても 「いっぱいありましたよ!今回に関しては。 もうまず天才シェフなんていうもう二度とやりたくないっていう役なんですけど、その肩書を持っちゃったでしょ?料理しなくちゃいけない。 実花さんが用意したボンベロの包丁ってもうこれぐらいの特殊なナイフ。 そのさばき方も苦労しました。 」 「例えば3時間の舞台だとして 台本を 一冊全部入れろって言ったら10日でいけるかな。 実花さんのお父様 故・蜷川幸雄さん の現場がめちゃくちゃ厳しかったんですね。 稽古初日にはすべて完璧に入れて来いって人だったんですよ。 」 と自ら話を広げつつ対応する藤原さんからは非常に気の利いたジェントルな雰囲気がただよい、はからずもその魅力を十二分に引き出す形となった。 「一緒にギャンブルがしたい」という無茶振りなお願いも快諾し、さらには『LINE』の交換やハグにまで応じた藤原さん。 ヒカルさんは今回の動画を公開するにあたり藤原さんとの印象について 「過去にそこそこ芸能人と会ってきたけど藤原竜也さんほど腰の低い対応してくれた人はじめてで動画見てもらえれば分かるんやけどそこもかっこよすぎて俺の頭の中で描いてた最強の藤原竜也を軽く実物が超えてきて感動した。 藤原竜也は神だった…」 「YouTubeやってきて1番嬉しくてもうYouTubeのこととか忘れて1人感動してました。 ダイナーも昨日見てきて、あ、俺はこの人に会って話したんだと改めて思うとただただすごい時間だったなと… こんな嬉しい日は人生で二度とないんじゃないかとそう思うくらいでした。 最後まで見てください! そしてダイナーも観に行ってください!」 と大きな感動を記している。 稲は実るほど頭をたれるというが、藤原さんもそういう理想的な、人格面も優れたタイプのスターなのかもしれない。

次の

ヒカル、憧れの人・藤原竜也にインタビュー 「ギャンブルしたい」に対する返答は…(2019年7月8日)|BIGLOBEニュース

藤原 竜也 ヒカル

原作漫画に登場する人気ギャンブルのひとつ 「Eカード」で雌雄を決するという。 そんな奇抜卓抜な妙案の現場にガジェット通信が潜入。 勝負の結末はヒカルさんの公式YouTubeチャンネルをチェックいただくとして、まず何よりも伝えたいのが……、 「Eカード」マジモンの本物じゃん!!!! すげええぇぇええっ!!!!!!!! なんと、2009年公開の映画『カイジ 人生逆転ゲーム』で実際に使用された撮影小道具を この企画のためにヒカルさんが特別に取り寄せたのだとか。 これには藤原さんも 「どうして持ってるの!? 香川照之さんとの、死闘の! 本物じゃん!」と大興奮。 歴史的一戦にふさわしい最高の環境が整えられた。 「Eカード」のルール 「Eカード」とは、漫画『賭博黙示録カイジ』に登場する2人対戦用のカードゲーム。 「皇帝」は「市民」に勝ち、 「市民」は「奴隷」に勝ち、 「奴隷」は「皇帝」に勝つことができる。 今回はヒカルさんが「皇帝」1枚と「市民」4枚をもつ皇帝側、藤原さんが「奴隷」1枚と「市民」4枚をもつ奴隷側となり、普通に対戦すれば不利となる 奴隷側は3試合のうち1度でも勝てば勝利という特別ルールが適用された。 ざわ…ざわ…。 負けたら罰ゲームも 「Eカード」のルールを改めて聞き 「(奴隷側が)圧倒的不利じゃん! (カイジは)よく勝ったね、利根川に」とやや緊張気味の藤原さん。 果たしてカイジ並みの勝負強さを発揮できるのか。 「カイジに負けたい自分もいるんですよね」という言葉とは裏腹に、天性の勝負師っぷりを見せつけるヒカルさんの戦略にも刮目せよ。

次の

【カイジ】藤原竜也さんとEカード対決?勝てば「どうしてだよぉ」の名台詞を目の前で完全再現ww

藤原 竜也 ヒカル

プレミアム試写会に招待される 12月中旬、来年1月10日に公開を控えた映画『カイジ ファイナルゲーム』の先行試写会に招待されたヒカル。 それだけでなく、映画の「圧倒的プレミアム試写会」なるものにも招待されたことを動画で明かしました。 撮影できるかどうかは別として、(藤原竜也と)会えるのは会えるわけやから。 しかも、おそらくこプレミアム試写会、他の共演者の方もおそらく来られてると思うんですよ。 吉田鋼太郎さんとか、天海祐希さんとか、その他にも豪華な方々が。 豪華な方々がいるところに行けるという事実。 もう今から胸踊ってます。 特別な場に招待されたということで、かなり高揚した様子のヒカル。 また、「狙っとるからな、キャスト全員出演」と、出演者全員をチャンネルの動画に出演させたいという大胆不敵な発言も飛び出しました。 5カ月ぶりの再会となった2人でしたが、藤原の第一声は「LINEくださいよ」。 前回のコラボの際にLINEを交換していたヒカルですが、ほとんどメッセージを送っていなかったようで「ちょっと怖くでできなかったです。 LINEいつかしたいなと思ってたんですけど…」と言い訳をしました。 YouTubeでの評価も非常に高かったコラボ動画でしたが、藤原の周囲でも「すごい周りの評判もよくて」とのこと。 新作で共演していた「福士蒼汰」に、ヒカルとのコラボの話をすると大いに驚かれたとの裏話も披露しました。 カイジのあのゲームを再現 今回のコラボにあたって、映画『カイジ 人生逆転ゲーム』に登場したゲーム「Eカード」を用意したヒカル。 それも市販品などではなく、実際に映画で使われたものを、自身の持つコネを総動員して用意したとのこと。 リアルカイジとEカードで戦うっていう。 ヒカルが皇帝、藤原は映画どおり奴隷でゲーム 対戦にあたって、ヒカルは「藤原さんの奴隷が好きなんで、僕は皇帝を」と皇帝を選択。 全部で3回勝負で、1度でも奴隷側が勝てば藤原の勝利という条件でゲームがスタートしました。 映画では主人公役を演じ、奴隷側で劇的な勝利を収めた藤原。 しかし今回の勝負では、終始ヒカルの皇帝が圧倒するという結果に終わりました。 「ちょっと強かったですね」とヒカルを褒める藤原に対して、ヒカルは「カイジってこんなに弱いんですね」とストレートな感想を述べました。 藤原がカイジ顔負けの豪運発揮 続く動画では、ヒカルが競馬場を藤原竜也が言うとおりの馬に賭けるという企画に挑戦。 藤原はこの動画には出演しなかったものの、ヒカルは企画のためだけにレースの命名権を購入して「金持ちYouTuberカップ」「カイジ大好きYouTuberカップ」「ファイナルゲーム杯」にするなど、非常に力を入れていました。

次の