特別 定額 給付 金 申請 書類。 特別定額給付金Q&A(6月10日更新)|一宮市

特別定額給付金(1人につき10万円)※申請書の受付を行っています|仙台市

特別 定額 給付 金 申請 書類

特別定額給付金の郵送申請について 世帯主あてに郵送したご案内や申請書の記入例をよく読んで記入してください。 記入漏れがあった場合、給付が遅れたり、給付できないことがありますので、封筒に入れる前に必ず再度確認してください。 よくある質問 No. 質問 回答 1 本人確認書類は何を送付すればいいですか。 1 原則は、以下の顔写真付き公的証明書の写しを送付してください。 運転免許証、パスポート、個人番号カード、住基カード 顔写真あり 、在留カード、電気工事士免状、宅地建物取引士証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書などの顔写真付き公的証明書など 2 顔写真付き公的証明書をお持ちでない場合は、以下のようなお名前や住所などが確認できるものの写しを送付してください。 2 本人確認書類は誰の分を送付すればいいですか。 申請者である世帯主の分を送付してください。 世帯構成員の分は必要ありません。 3 代理申請は可能ですか。 代理申請は可能です。 その際は、上記No. 1の世帯主の本人確認書類に加えて、代理人の方の顔写真付き公的証明書の写しを送付してください。 健康保険証、年金手帳、住基カード 顔写真なし 、クレジットカード、診察券、公共料金領収書、宛名入りの郵便物、生活保護受給者証明書、マイナンバー通知カードなど 4 振込先確認書類は、キャッシュカードと通帳のどちらがいいですか。 また、インターネットバンキングの場合はどうすればいいですか。 通帳とキャッシュカードのどちらでも構いません。 また、インターネットバンキングの場合は、その画面をそのまま写真撮影したものまたは画面キャプチャ(スクリーンショット)などを印刷したものを送付してください。 申請書の送付 申請書は、5月30日(土曜日)までに、全世帯への発送を完了しました。 申請書は「世帯主あて」に届きます。 原則として、世帯主の申請に基づき、世帯主の口座に給付金を振り込みます。 同じ住所に住んでいても、住民登録(住民票に記載される世帯)が別の場合は、別々に申請書が届きます。 その場合には、別々に申請してください。 必ず同封されている返信用封筒を使用して返送してください。 窓口での申請書受取りはしません。 必ず郵送してください。 すでにオンライン申請をされた方にも申請書は郵送されます。 ご了承ください。 その場合、申請書等の返送は不要です。 郵送で届いた申請書類を必ず使用して申請してください。 「希望する」「不要」のどちらかにチェックしてください 特別定額給付金を受け取りたい方は、申請書の「給付対象者」欄の「希望する」にチェックをしてください。 「不要」にチェックをすると、支給されませんのでご注意ください。 また、必ず世帯全員のチェックをお願いします。 振込口座を指定してください 振込口座の指定方法は2種類あります。 足立区と直近で入出金(引落または振込)の実績もしくは予定のある口座を指定する 4月時点で足立区での登録が確認できた口座であれば、その口座を「チェック」するだけで指定できます。 下記の表をご参照ください。 その場合は、振込口座がわかるものの添付が不要となります。 対象となる取引口座 引落または振込月 1 住民税引落口座 2020年6月 2 国民健康保険料(後期高齢含む)引落口座 2020年3月 3 児童手当受取口座 2020年2月、6月 4 障がい者手当受取口座 2020年4月 5 難病患者福祉手当受取口座 2020年4月 6 生活保護費受取口座 2020年4月• 振込口座を記入する 振込みを希望する銀行または郵便局の口座を記入してください。 添付資料が必要です 本人確認は、記入していただいた「氏名・生年月日・現住所」と、添付していただいた「本人確認書類(コピー)」で行います。 振込先口座確認は、記入していただいた「金融機関名・口座番号・口座名義人」と、添付していただいた「振込先口座がわかる書類(コピー)」で行います。 代理申請 特別定額給付金では、世帯主の代わりに代理人が手続きを行うことができます。 代理人が行う手続きは「申請・請求のみ」、「受給のみ」、「申請・請求及び受給」です。 必要な書類は関係性によりそれぞれ異なります。 詳しくは下記をご確認ください。 原則として、委任状(申請書の委任欄への記載を含む)を提出することに加え、代理人の本人確認書類及び申請・受給権者との代理関係を明示するものが必要となります。 「特別定額給付金申請書送付依頼届」をダウンロードしていただくか、足立区10万円給付金ダイヤル(03-3880-6155)にご連絡いただければ、依頼届を郵送します。 ご記入の上、ご返送ください。 依頼届を受理後、申請書を送付いたします。 依頼届には申請者本人確認書類の写しの添付が必要です。 住所地以外に申請書の送付を希望する場合は、現在の居所がわかる書類の添付も必要になります。 なお、申請書が区に返送されており、4月27日現在の住民票記載の住所地に郵送する場合は、依頼届の提出は不要です。 世帯主の方より、足立区10万円給付金ダイヤルにご連絡ください。 【提出先】 〒120-8706 足立区中央本町一丁目17番1号 足立区福祉部特別定額給付金担当課 申請書の訂正について 申請書の記入を間違えてしまった場合は、二重線で訂正してください。 欄外のスペースでも分かるように記入していただければ問題ありません。 申請書の郵送後、記載内容に間違いがあったことが分かった場合、「特別定額給付金申請内容訂正請求書」を記入してご提出ください。 ただし、提出時期・支払処理状況により、申請内容の訂正ができないこともありますので、ご留意ください。 【提出先】 〒120-8706 足立区中央本町一丁目17番1号 足立区福祉部特別定額給付金担当課.

次の

特別定額給付金/東松山市ホームページ

特別 定額 給付 金 申請 書類

特別定額給付金申請書の記入方法・記入例(わかっていれば5分もかからず書けます) 定額給付金申請書(現時点での様式案)に、必要だと思われる情報を記入しました。 その記入例が下記のとおりです。 どこに何を書くかがわかっていれば、5分もかからずに書ける内容でしょう。 まずは定額給付金申請書(現時点での様式案)の記入例をご覧ください。 赤字の部分が、僕が記入した例です。 申請日は、申請書を記入しているその日の日付でよいと思われますが、 郵送申請方式の受付開始日から【 3ヶ月 以内】に申請をする必要があるので注意が必要です。 自分の住民票が今どこにあるのかわからない場合、どうしたら確認できるでしょうか? 方法の一つとして、本籍地のある市区町村役場で、戸籍の附票(ふひょう)の写しを取得することです。 戸籍の附票とは、住民登録の履歴が記載されている帳票です。 戸籍の附票上の最新の履歴が、現在の住民票の所在地になります。 戸籍は郵送でも取得可能です。 誰が世帯主なのかは、次の記載事項(給付対象者の欄)を見ればわかります。 ここの記入については、いくつかの注意事項があります。 記名押印に代えて署名することができます• 受給資格の確認に当たり、公簿等で確認を行うことがあります。 公簿等で確認できない場合は、関係書類の提出をお願いします。 現住所市区町村が、下記に記載された受取口座に振込手続後、記載間違い等の事由により振り込みが完了せず、かつ、申請受付開始日から3ヶ月後の申請期限までに、市区町村が、申請・受給者(代理人も含みます。 )に連絡・確認できない場合には、市区町村は当該申請が取り下げられたものと見なします。 ここは、によると、あらかじめ記入をされた状態で、各世帯に配布される予定だそうです。 まずは「A 指定の金融機関口座への振り込みを希望」か「B 申請書を窓口で提出し、後日、給付」のどちらかにチェックを入れます。 原則はAの振込ですが、金融機関の口座がない方や金融機関から著しく離れた場所に住んでいる方は、Bにチェックが可能のようです) 「A 指定の金融機関口座への振り込みを希望」にチェックをした場合、次に確認するのは「この口座が当市区町村の水道料、地方税等の引落し又は払込みに現に使用している口座であって、申請・受給者の名義で ある場合」かどうかです。 この場合、申請書の裏面に、通帳やキャッシュカードのコピーを添付する必要はありません。 当市区町村の水道料、地方税等の引落し又は払込みに現に使用している口座かどうかは、通帳記入した履歴やネットバンキングの取引履歴などから確認できます。 そして最後に、受取口座情報を記入します。 受取方法です。 コンビニ等でコピーをして、切り取って、貼り付ける必要があります。 なお、によると、この本人確認の書類の例として「マイナンバーカード、運転免許証写し等」が挙げられています。 これ以外のもので、どういうものが本人確認書類になるかは、総務省のホットラインか市区町村に確認が必要でしょう。 表面の「この口座が当市区町村の水道料、地方税等の引落し又は払込みに現に使用している口座であって、申請・受給者の名義である場合」にチェックを入れた人は、貼付けは不要のようです。 コンビニ等でコピーをして、切り取って、貼り付ける必要があります。 なお、によると、振込先口座の金融機関名、口座番号、口座名義人がわかるものの具体例として「通帳やキャッシュカードの写し」が挙げられています。 水道料引落等に使用している受給権者名義の口座である場合には、貼り付けは不要です。 DV加害者である世帯主とは別居しているDV被害者はどうなる? 申請・支給が原則として世帯主であることを気にしておられる方も多いでしょう。 例えば、DV加害者である世帯主とは別居しているDV被害者の方などですが、によると次のような記述があります。 また、申請をすると、DV加害者である世帯主に現住所がバレてしまうのではないかという懸念もあると思います。 では、大臣が次のように述べています。 必ず受け取っていただきたいという強い思いがある。 具体な実施方法は検討するが、給付金の支給は可能になるようにしたい。 DV被害者の住まいの場所が、加害者にばれないような配慮もするつもり。 一定の条件を満たす必要はありますが、 世帯主でなくとも同伴者の分も含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。 ホームレス、ネットカフェ難民など、住所のない人はどうなる? 定まった住所がない人(ホームレス、ネットカフェ難民など)は、上記の申請書を受け取ることができません。 そういう人はどうなるでしょうか。 では、大臣が次のように述べています。 令和2年4月27日に市区町村の住民基本台帳に登録されている方が対象。 基準日において日本国内で生活をしていたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記載されていたなかった方については、市区町村の窓口で住民票を復活させる手続きをしていただくことによって、住民登録の復活が基準日よりもあとであっても、給付対象者とする予定。 より) このような方も、希望を捨てずに続報を待っていただきたいと思います。 生活保護世帯はどうなる? 生活保護世帯に給付をされるのか、収入認定されるのかも、該当する人には気になる点でしょう。 (党議員団の補正予算についての政府レクチャーでの説明だそうです) まだ方向性であり、最終的にはどうなるかはわかりませんが、希望を捨てずに続報を待っていただきたいと思います。

次の

特別定額給付金

特別 定額 給付 金 申請 書類

感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の(1)郵送申請方式と(2)オンライン申請方式を基本としますが、銀行口座をお持ちでない方などのために窓口申請を実施する予定です。 (1)郵送申請方式 市から世帯主あてに申請書を令和2年5月15日(金曜日)に発送しました。 申請方法は次のとおりです。 市から郵送された申請書に、振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに 市に郵送していただく方法です。 提出書類• 申請書(必要事項を記入したもの)• 振込先口座の確認書類の写し• 本人確認書類の写し 2 オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者) マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請していただく方法です。 (注意)オンライン申請をした方にも、郵送申請用の申請書を発送していますが、すでにオンライン申請をした方は返送不要です。 申請書発送・給付時期(5月1日更新).

次の