昆虫はどこで息をしている。 昆虫

君は見やぶることができるかな?だます虫のナゾ

昆虫はどこで息をしている

ねらい 昆虫の体のつくりを比較し、昆虫の体のつくりにはきまりがあることをとらえる。 内容 バッタと、チョウ。 同じところはどこでしょうか?体のつくりをみてみましょう。 バッタのからだは、目や口がある「頭」、足が出ている「むね」、たくさんのふしがある「はら」の、3つに分かれています。 むねを見てみると、右に3本、左に3本。 6本の足があるね。 羽を広げてみます。 4枚あるのがわかりますね。 チョウはどうでしょうか。 こちらも、頭、6本の足があるむね、はらに分かれています。 羽も見てみましょう。 チョウの羽も、4枚。 バッタと同じです。 頭、むね、はら、と3つに分かれた体。 むねから生えている、左右3本ずつ、6本の足。 4枚の羽。 こうしたからだのつくりを持つ虫を、「こん虫」といいます。 ほかの虫を見てみると、コガネムシは、こん虫です。 アリは?これもこん虫。 ハチも、大きな目をしたトンボも、こん虫。 カマキリだって。 かたちはそれぞれちがっても、こん虫かどうかは、体のつくりを見れば、わかるんだよ。

次の

[B!] 昆虫はどこで息をしているのか?という話:トリニクって何の肉!?【2020/03/03】

昆虫はどこで息をしている

残念ながら日本の大学には「 昆虫学部」「 昆虫学科」は存在しません。 ちなみに、ひと昔前は北海道大学や九州大学にあったそうです。 では学びたい方はどこに行くかというと、 昆虫学が学べる大学に行くということになります。 農学系の学部学科であれば、領域・研究室単位で昆虫学を専門にできる大学は多いので、その学部に進学することになります。 詳しくは後ほど説明します。 また、 海外の大学には昆虫学科は存在します。 日本になくとも、海外にはあるのでそこを目指すのもアリです。 これも後ほど詳しくお伝えしますが、実際に台湾の大学院に通う僕はこの方法もオススメします。 【日本】昆虫学が学べる大学 まず、「 昆虫学」といっても結構細かく分かれています。 大学入学の方は、特にこだわらず農学部に進学して、大学院に進む際に学校を選び直す 院受験 のもひとつの手です。 ちなみにカブトムシなどの甲虫が好きな方は多いと思いますが、それを単体で研究するところは少ないということは頭に入れておきましょう。 昆虫学が学べる研究室のある大学一覧 それでは昆虫学研究室が設置されている日本の大学を紹介します。 ご了承ください。 堅実な方は、無難にこの道を目指すと良いと思います。 【海外】昆虫学が学べる大学 アメリカの「カンザス大学」「ミシガン州立大学」「コーネル大学」 中国の「中国農業大学」 台湾の「台湾大学」「中興大学」 など、調べれば意外とあるんです。 もし本気で昆虫学部に進学したいと考えているなら、大学4年間どっぷり昆虫の世界に浸れる、 台湾の大学:昆虫学科への進学をオススメします。 修士から学ぶ方も必見です。 興味がある方はという話をぜひご覧ください。

次の

昆虫を水没させて何分で息絶えますか?

昆虫はどこで息をしている

ねらい 昆虫の体のつくりを比較し、昆虫の体のつくりにはきまりがあることをとらえる。 内容 バッタと、チョウ。 同じところはどこでしょうか?体のつくりをみてみましょう。 バッタのからだは、目や口がある「頭」、足が出ている「むね」、たくさんのふしがある「はら」の、3つに分かれています。 むねを見てみると、右に3本、左に3本。 6本の足があるね。 羽を広げてみます。 4枚あるのがわかりますね。 チョウはどうでしょうか。 こちらも、頭、6本の足があるむね、はらに分かれています。 羽も見てみましょう。 チョウの羽も、4枚。 バッタと同じです。 頭、むね、はら、と3つに分かれた体。 むねから生えている、左右3本ずつ、6本の足。 4枚の羽。 こうしたからだのつくりを持つ虫を、「こん虫」といいます。 ほかの虫を見てみると、コガネムシは、こん虫です。 アリは?これもこん虫。 ハチも、大きな目をしたトンボも、こん虫。 カマキリだって。 かたちはそれぞれちがっても、こん虫かどうかは、体のつくりを見れば、わかるんだよ。

次の