ほしの カケラ。 ほしのカケラの完全情報

【あつ森】ほしのかけらの入手方法と使い道【あつまれどうぶつの森】|ゲームエイト

ほしの カケラ

ほしのカケラを落とすモンスター レア 通常 レア ほしのカケラの使い道 ほしのカケラを使って作れる装備 作れる装備 素材 個数 ・ 1 ・ ほしのカケラ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 1 ・ 1 ・ 1 ・ 2 ・ ほしのカケラ 2 ・ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 3 ・ 4 ・ 3 ・ 2 ・ ほしのカケラ 2 ・ 3 ・ 1 ・ 1 ・ 2 ・ ほしのカケラ 3 ・ 2 ・ 1 ・ 3 ・ 1 ・ ほしのカケラ 1 ・ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 2 ・ 3 ・ 1 ・ 2 ・ 1 ・ ほしのカケラ 2 ・ 2 ・ 1 ・ 2 ・ 1 ・ ほしのカケラ 3 ・ 3 ・ 1 ・ 1 ・ 1 ・ ほしのカケラ 3 ・ 3 ・ 1 ・ 1 ・ 1 関連リンク アイテム一覧 アイテム一覧トップ 種類別アイテム一覧 五十音順別アイテム一覧 ー• スイッチ版の最新情報• 攻略チャート 本編ストーリー• クリア後• ボスや寄り道の攻略• データベース• 掲示板• キャラクター 仲間のスキルパネル• お役立ち 人気のお役立ち情報• 裏技・小ネタ・その他• ドラクエ11の考察・予想記事•

次の

【ドラクエ9】ほしのカケラの入手方法と効果【DQ9】|ゲームエイト

ほしの カケラ

概要 DQ6、DQ7、リメイク版DQ4、DQ9~11に登場するアイテム。 星の欠片。 DQ7以前の作品では、装飾品の一種として登場。 天から落ちてきたと言われる石の破片を加工して、ペンダントに仕立てたもの。 夜空に瞬き輝く星のような、黄水晶にも似た結晶体で、月にかざすと不思議な光を発する。 可愛らしいアクセサリーになっているため、お守り代わりに身につける人もいるらしい。 DQ6とDQ7では、その波動によって対峙する魔物をに陥れ、リメイク版DQ4では逆に混乱を治癒する効果がある。 この理由として攻略本には 「詳しい材質は不明だが不思議な波動を発しており、戦闘中に使用すると特殊な効果を発揮する。 」 と書かれている。 元ネタは混乱した人間の頭上に星がくるくる回っている、という漫画的表現からきているのだろうか。 DQ9~DQ11では錬金素材の一つとして登場。 天から飛来した隕石の欠片で、錬金に用いると物品に星の力を宿らせることができる。 DQ6 初出。 非売品で、売却も不可。 戦闘中に道具として使用すると、敵1体を混乱させる効果がある。 とが装備できる。 のタンスから手に入れることができる他、が落としていくことがある。 パラメータが上がらず、かっこよさも低いため装飾品として役に立つことはないが、道具使用時の効果が非常に強力。 こちらの戦力の乏しさに対してやといった強敵が多いではこれを使えればかなり楽ができ、ボスのにさえ効いてしまう。 金縛りや自分への体当たりであっさり終わってしまうことも珍しくない。 更にマーズの館の井戸にいるはこの時点のレベルではかなりの強敵だが、混乱耐性に穴があるため同じように戦えてしまえる。 その後も混乱耐性を持つ敵は少なく、メダパニダンスを覚えるまではずっと活用していける。 素早さの高いキャラクターに持たせ、先制して敵の動きを阻害していくと良いだろう。 そういう点からミレーユに持たせることが多くなるだろう。 一時期、装備者に混乱耐性を付ける性能があるとの情報が出回り、一部サイトにも記載されていたが、これは誤り。 鵜呑みにしてボス戦に挑むと痛い目を見るだろう。 これは他に使える装飾品があまりない戦の時期ではミレーユに持たせていることが多く、彼女は素で混乱耐性を備えていることから流れたデマとされる。 価格は500G。 、過去のと、プレミアムバザーで販売されている。 今作でも戦闘中に道具として使用すると敵1体を混乱させる効果がある。 装備可能者はとだが、DQ6同様装備品としての価値はないだろう。 タイミングはDQ6ほど序盤ではないものの、特技・呪文が封印される過去ので登場するので大変ありがたい。 同時期に登場し、同じく敵への足止め手段として重要なは値段が4200Gもするのに対し、こちらは1個500Gと非常に安い。 ダーマ編では有用なのはもちろん、辺りまでの敵になら大体効くため、全員分買っておいても良いくらいである。 難所と名高い現代ダーマ地方のの一人や、海底都市の強敵にも有効。 でのメダパニダンスの習得が遅くなったり、がとなったりと、敵を混乱させる手段が限られるDQ7では貴重な混乱手段。 メダパニダンスやを習得するまでは、これが大いに役立ってくれる。 DQ9 表記が「ほしのカケラ」になった。 非売品で、売却価格は900G。 クエストNo. 061の報酬にもなっており、ここでは何度でも受け取ることができる。 錬金でも作成可能。 夜空の光=星のイメージか。 今回はこれ自体に特殊な効果はなく、別のアイテムの錬金素材として使用する。 このアイテムの材料を集めるのも結構大変だが、これを材料に使う際も複数個要求されることが多いのでさらに大変。 ほしふるうでわを筆頭に「星」に関係するアイテムの材料になる他、の素材の1つであるの素材になるため、非常に重要な素材の1つ。 しかも、しんかのひせき1つにつき天使のソーマが2つ必要なため、ほしのカケラは4つ必要になる。 数が必要となるアイテムだが、これ自体を揃えるのは手間がかかるため、量産するためにはやはり素材から作ることになるだろう。 ひかりの石はスターキメラとが通常枠で、がレア枠で所持し、よるのとばりはとが通常枠で、がレア枠で所持している。 一応グビアナ砂漠にそれぞれ素材があるので定期的に回収してもいいだろう。 或いはを倒しまくるついでに、上のクエストを何回も消化するのも手である。 これらのモンスター達から盗むなりして頑張って素材を集めよう。 DQ11 今作もの素材として登場。 単品での使用や装備はできない。 が通常枠で所持している他、スターキメラ(強Ver含む)がレア枠で所持している。 のキラキラから採取できる他、PS4版ではで1000Gで購入可能。 3DS版では試練の里で売っておらず、キラキラは奥まった場所にある為、PS4版に比べこれを必要とする装備が作りにくい。 コレを使う用事があるならの出番だ。 女神像でセーブしキメラのつばさでのマラソンもあり。 装備できるアイテムも多いことだし。 なら、にいるはめつの使者からで奪い取ればいいので比較的効率良く入手できる。 また、を6層まで進めていれば、にスターキメラが出現するので、を使って乱獲すれば、早い段階から必要数を集められる。 作成できる装備品は以下の通り。

次の

【ドラクエ9】ほしのカケラの入手方法と効果【DQ9】|ゲームエイト

ほしの カケラ

概要 DQ6、DQ7、リメイク版DQ4、DQ9~11に登場するアイテム。 星の欠片。 DQ7以前の作品では、装飾品の一種として登場。 天から落ちてきたと言われる石の破片を加工して、ペンダントに仕立てたもの。 夜空に瞬き輝く星のような、黄水晶にも似た結晶体で、月にかざすと不思議な光を発する。 可愛らしいアクセサリーになっているため、お守り代わりに身につける人もいるらしい。 DQ6とDQ7では、その波動によって対峙する魔物をに陥れ、リメイク版DQ4では逆に混乱を治癒する効果がある。 この理由として攻略本には 「詳しい材質は不明だが不思議な波動を発しており、戦闘中に使用すると特殊な効果を発揮する。 」 と書かれている。 元ネタは混乱した人間の頭上に星がくるくる回っている、という漫画的表現からきているのだろうか。 DQ9~DQ11では錬金素材の一つとして登場。 天から飛来した隕石の欠片で、錬金に用いると物品に星の力を宿らせることができる。 DQ6 初出。 非売品で、売却も不可。 戦闘中に道具として使用すると、敵1体を混乱させる効果がある。 とが装備できる。 のタンスから手に入れることができる他、が落としていくことがある。 パラメータが上がらず、かっこよさも低いため装飾品として役に立つことはないが、道具使用時の効果が非常に強力。 こちらの戦力の乏しさに対してやといった強敵が多いではこれを使えればかなり楽ができ、ボスのにさえ効いてしまう。 金縛りや自分への体当たりであっさり終わってしまうことも珍しくない。 更にマーズの館の井戸にいるはこの時点のレベルではかなりの強敵だが、混乱耐性に穴があるため同じように戦えてしまえる。 その後も混乱耐性を持つ敵は少なく、メダパニダンスを覚えるまではずっと活用していける。 素早さの高いキャラクターに持たせ、先制して敵の動きを阻害していくと良いだろう。 そういう点からミレーユに持たせることが多くなるだろう。 一時期、装備者に混乱耐性を付ける性能があるとの情報が出回り、一部サイトにも記載されていたが、これは誤り。 鵜呑みにしてボス戦に挑むと痛い目を見るだろう。 これは他に使える装飾品があまりない戦の時期ではミレーユに持たせていることが多く、彼女は素で混乱耐性を備えていることから流れたデマとされる。 価格は500G。 、過去のと、プレミアムバザーで販売されている。 今作でも戦闘中に道具として使用すると敵1体を混乱させる効果がある。 装備可能者はとだが、DQ6同様装備品としての価値はないだろう。 タイミングはDQ6ほど序盤ではないものの、特技・呪文が封印される過去ので登場するので大変ありがたい。 同時期に登場し、同じく敵への足止め手段として重要なは値段が4200Gもするのに対し、こちらは1個500Gと非常に安い。 ダーマ編では有用なのはもちろん、辺りまでの敵になら大体効くため、全員分買っておいても良いくらいである。 難所と名高い現代ダーマ地方のの一人や、海底都市の強敵にも有効。 でのメダパニダンスの習得が遅くなったり、がとなったりと、敵を混乱させる手段が限られるDQ7では貴重な混乱手段。 メダパニダンスやを習得するまでは、これが大いに役立ってくれる。 DQ9 表記が「ほしのカケラ」になった。 非売品で、売却価格は900G。 クエストNo. 061の報酬にもなっており、ここでは何度でも受け取ることができる。 錬金でも作成可能。 夜空の光=星のイメージか。 今回はこれ自体に特殊な効果はなく、別のアイテムの錬金素材として使用する。 このアイテムの材料を集めるのも結構大変だが、これを材料に使う際も複数個要求されることが多いのでさらに大変。 ほしふるうでわを筆頭に「星」に関係するアイテムの材料になる他、の素材の1つであるの素材になるため、非常に重要な素材の1つ。 しかも、しんかのひせき1つにつき天使のソーマが2つ必要なため、ほしのカケラは4つ必要になる。 数が必要となるアイテムだが、これ自体を揃えるのは手間がかかるため、量産するためにはやはり素材から作ることになるだろう。 ひかりの石はスターキメラとが通常枠で、がレア枠で所持し、よるのとばりはとが通常枠で、がレア枠で所持している。 一応グビアナ砂漠にそれぞれ素材があるので定期的に回収してもいいだろう。 或いはを倒しまくるついでに、上のクエストを何回も消化するのも手である。 これらのモンスター達から盗むなりして頑張って素材を集めよう。 DQ11 今作もの素材として登場。 単品での使用や装備はできない。 が通常枠で所持している他、スターキメラ(強Ver含む)がレア枠で所持している。 のキラキラから採取できる他、PS4版ではで1000Gで購入可能。 3DS版では試練の里で売っておらず、キラキラは奥まった場所にある為、PS4版に比べこれを必要とする装備が作りにくい。 コレを使う用事があるならの出番だ。 女神像でセーブしキメラのつばさでのマラソンもあり。 装備できるアイテムも多いことだし。 なら、にいるはめつの使者からで奪い取ればいいので比較的効率良く入手できる。 また、を6層まで進めていれば、にスターキメラが出現するので、を使って乱獲すれば、早い段階から必要数を集められる。 作成できる装備品は以下の通り。

次の