千と千尋の神隠し 舞台。 千と千尋の神隠し

「千と千尋の神隠し」モデル旅館の場所はどこ?道後温泉や台湾と群馬や長野と石川も調査!

千と千尋の神隠し 舞台

両親と引っ越し先に向かう途中、異世界に迷い込んでしまう。 初めは仕事の手際も悪かったが、油屋での経験を通じて適応力や忍耐力を発揮し、成長していく。 ハク 入野自由 湯婆婆が経営する油屋で働いている少年で、千尋と会ったときから彼女を助ける。 本名はニギハヤミコハクヌシ。 人間の姿で登場するが、中盤以降は白龍の姿でも登場する。 湯婆婆 夏木マリ 油屋の経営者である老魔女。 強欲で口うるさい老女だが、息子の坊を溺愛している。 銭婆とは双子であり、妹。 リン 玉井夕海 湯婆婆が経営する油屋で働いている娘。 口調は荒っぽいがサッパリとした性格で、千尋に色々と仕事を教えて面倒を見る。 いつか油屋を出て海の向こうの街に行く事を夢見ている。 好物はイモリの黒焼き。 カオナシ 中村彰男 黒い影のような物体にお面をつけたような存在であり、表情も無い。 言葉が話せず「ア」または「エ」というか細い声を出すだけ。 コミュニケーションが取れないため、他人を呑み込んで声を借りる。 物語中、千尋について銭婆のところへ行き、銭婆のもとに留まることになった。 以上、主要登場人物を紹介しました。 他にも『千と千尋の神隠し』 2001 では、 釜爺や坊、頭など多くの個性的なキャラクターが登場します! 『千と千尋の神隠し』 2001 の主題歌は? 『千と千尋の神隠し』 2001 の主題歌は 木村弓による『いつも何度でも』となっています。 しかし、この曲はもともと本作のために書かれたものではなく、木村弓が宮崎駿に書いた手紙がきっかけとのこと。 採用予定になかった『いつも何度でも』を宮崎駿が聞きなおし、歌詞と映画の内容が合致するということで再起用した経緯があります。 確かに『いつも何度でも』の曲調と歌詞は映画の世界観にマッチしている 素敵な楽曲であり、深く心に残る歌詞が魅力的。 木村弓のゆったりとした美しい歌声にはとても癒されます。 これほど魅力的なキャラクターをつくりだせるのは、 さすがスタジオジブリ! 今回は異世界が舞台というだけあって キャラクターのバリエーションが豊富です。 ハク、湯婆婆、カオナシ、釜爺、青蛙、ススワタリ……。 これまでにも魅力的なキャラクターをたくさんつくりあげてきたスタジオジブリ作品ですが、本作ならではなのが 八百万の神々でしょう。 主要人物ではありませんが、個性的でおもしろい姿をしているので必見です。 ジブリの真骨頂!幻想的な世界 『千と千尋の神隠し』 2001 では 幻想的な世界が繰り広げられます。 本作に登場する全ての舞台 シーン が幻想的といっても過言ではありません。 油屋の中や異世界。 物語の冒頭から『千と千尋』の世界に惹きこまれていき、最後まで魅了し続けてくれます。 独特で不思議な世界観はスタジオジブリの真骨頂といえるでしょう。 『千と千尋の神隠し』 2001 がこれほどの大ヒットとなったのは、このようなスタジオジブリらしい魅力が存分に発揮されたからだと思います。 『千と千尋の神隠し』 2001 では スタジオジブリらしい幻想的な世界観に注目してください。 『千と千尋の神隠し』 2001 では何を描いたのか? 『千と千尋の神隠し』 2001 では何を描いたのでしょうか。 一説では『千と千尋の神隠し』 2001 は風俗を描いた作品だと言われています。 かつての日本の湯屋では、湯女による垢すりや性的行為が一般的に行われていました。 また、なぜ千尋は油屋で働くことになったかと言えば、豚になってしまった両親を助けるため。 現代でも風俗で働く女性は家族を支えるためであったり、貧乏な家のため学費を自分で稼ぐといった理由が多いと聞きます。 これも『千と千尋の神隠し』 2001 につながる部分があります。 これはまた別の説になってしまいますが、 宮崎駿監督は働くことの大切さや喜びを暗に伝えたのではないでしょうか。 異世界では働かなければ湯婆婆に動物にされてしまいます。 つまり、 「人間、働かなければ豚のようになってしまうよ」と伝えたかったのだと思います。 働くことは自分を成長させ、生きている実感を与えてくれる。 多くの優れたアニメ作品を作り上げて、世の中に貢献した宮崎駿監督だからこそ、働くことの大切さや喜びを伝えたかったのかもしれません。 ニートや引きこもりで働かないことが問題となっている現代社会に警鐘を鳴らしたのではないでしょうか。 ここではその都市伝説について紹介していきます。 千尋が元の世界に戻ってこれた理由 千尋が湯婆婆の元に行き、契約書にサインするシーンがあります。 契約書に名前を書くと、元の世界に帰れなくなっていたはずでしたが、千尋は元の世界に帰ってくることができました。 その理由は名前を間違えたから。 電車の乗客の正体 千尋がカオナシと坊を連れて銭婆のもとへ向かうシーンがあります。 そこで電車を使うのですが、そこにいる乗客が黒く透けているのです。 自殺を考えているため、未来も希望もないから体が黒く透けているのだそうです。 宮崎監督はカオナシを 「現代の若者をイメージした」とコメントしています。 自分が何者なのか、何がしたいのか、はっきりせず、「ア」とか「エ」しか言えない若者。 無表情で生きる活力がなく半透明のような存在の若者。 そのような不安定な若者を描いたのかもしれません。 千尋が両親はいないと見抜けた謎 湯婆婆は千尋に、「この豚たちの中から両親を探し出すことができたら帰って良い」と言い、千尋は「この中に両親はいない」と正解を言い当てました。 なぜ千尋は両親がいないと見抜けたのでしょうか。 以上、『千と千尋の神隠し』 2001 の都市伝説を紹介しました。 信じるか信じないかはあなた次第です! 『千と千尋の神隠し』 2001 のまとめ.

次の

千と千尋の神隠しの温泉の舞台モデルやロケ地はどこ?アニメ聖地巡礼をしてみよう!

千と千尋の神隠し 舞台

— 2016 11月 7 7:30午後 PST あの「アナと雪の女王」よりも上。 すげえ。 しかし、私(お松)のようにアラフォーを迎えようとしている者からすと、じゃっかんの違和感をおぼえるのではないだろうか。 世代的に、もののけ姫のインパクトが大きかったせいか千と千尋の神隠しは、それほどの印象は残っていない。 ただ、興行収入だけを見ると、もののけ姫が193億円に対し、千と千尋の神隠しが304億円。 おおよそ1. そうなのか、びっくりである。 湯婆婆(ゆばぁばぁ)が取仕切る、油屋のモデルになった道後温泉本館 その、千と千尋の神隠しの中にでてくる、湯婆婆(ゆばぁばぁ)が取仕切る、油屋(ゆや)という名の銭湯。 ここには八百万の神々が疲れを癒しに来るという設定なのだが、実はこの油屋、いくつもの実在する温泉浴場をモデルにしている。 その一つが、愛媛県松山市にある、道後温泉本館だ。 かの夏目漱石も利用したことで有名だ。 なるほど。 ひょっこり神様たちが顔を出してもおかしくない雰囲気。 すてきだ。 道後温泉自体が、日本でもっとも古くからあり、長い歴史を持つ温泉、日本三古湯(にほんさんことう)に数えられている。 道後温泉本館も、一番古い建物「神の湯本館棟」は明治27年(1894年)に建設されたもの。 日清戦争が開戦された年やん。 その後建設された「又神殿・霊の湯棟」「玄関棟」「南棟」を含めた4棟で、1994年に重要文化財に指定されている。 温泉好きなら、一度は行ってみたい温泉である。 そんな道後温泉本館をモデルとした油屋で、千尋は名前を奪われ、千となって一所懸命に働く。 その姿、そしてそれを支えるハク、釜爺やリンたちの優しさに心奪われた人も多いのでは? ただ、千尋が湯婆婆と契約をかわした後、エレベータに乗ってハクと下の階へ降りていく最中のハクの一言、 無駄口をきくな。 私のことは、ハク様と呼べ。 あまりにも唐突で冷たいハクの一言に、私(お松)がハートブレイクしかけたことは、ここだけの話である。 千と千尋の神隠しの舞台となった場所はまだまだある 道後温泉本館以外にも、千と千尋の神隠しのモデルとなったと言われる場所はある。 ただ、宮崎駿監督、又はスタジオジブリがモデルにしたと言っている場所は多くなく、ファンの間で都市伝説的に言われている場所も多い。 たとえば千尋たちが迷い込んだ不思議の町。 この町のモデルになったと言われるのが台湾の九份(きゅうふん)。 写真を見る限り、千尋家族が迷い込んだ不思議の町の雰囲気がある。 ただ、九份に関してはジブリが公式に否定していることもあって、モデルになった可能性は低そうだ。 ただ、逆にモデルにしていないのに、ここまで雰囲気を感じる九份、さらに興味が湧くというものである。 やはり、大人気のジブリ作品だけあって、モデルとなった場所への関心も高い。 ただし聖地巡礼と称し、大挙としてファンが訪れマナーの悪い行為がニュースなどでも取り上げられることも多くなってきた。 興味があるのは仕方がないが、迷惑をかける行為は気をつけて、映画の舞台となった場所を楽しんでほしいものである。 参照元: この記事を友達にシェアしよう!

次の

「千と千尋の神隠し」モデル旅館の場所はどこ?道後温泉や台湾と群馬や長野と石川も調査!

千と千尋の神隠し 舞台

ジブリの映画「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる街が台湾にあります。 まさに映画に出てきそうなレトロな雰囲気が漂う台湾の街、九份をご紹介します! 九份(きゅうふん)とは? 九份は、北部の山あいにある新北市にある街です。 中国の街並みと、日本統治時代の雰囲気をあわせ持つ独特の街並みが魅力となっています。 19世紀末に金の採掘が開始されたことにより発展しましたが、1971年には金鉱が閉山したことをきっかけに急速に衰退したそうです。 その後、1989年に制作された台湾映画「」のロケ地として使用されたことから一躍脚光を浴び、九份ブームが訪れます。 そのブームに乗っかる形で観光産業に力を入れた九份は、今や台湾を代表する観光地として有名になっています。 スタジオジブリ公式ではありませんが、日本でも2001年に公開されたジブリ映画「」のモデルとなった街なのではと話題になり、日本でも一躍知名度が高まりました。 映画ファンのみならず世界中から多くの観光客を集めています。 アジアなんだろうけど、日本でもなく、中国って感じでもないあの映画内の独特な雰囲気がすごい印象的ですよね。 ということで・・・文章だけの分かりにくい前置きは置いておいて、実際に九份の風景をご紹介しますw 九份の風景 どうですか?「千と千尋の神隠し」の雰囲気出ていませんか? 別の角度からもう1枚。 屋根から吊り下げられた赤ちょうちんがいい味出してます。 霧に包まれた建物もまた雰囲気があります。 この建物は、上の2枚の写真の建物の向かい側にあるんですが、階段を上がると九份や遠くに海もよく見えるスポットです。 ちなみに、赤色のちょうちんがある入口は2階で、レストランが入っています。 こちらは九份の通り。 世界中から観光客が訪れる九份、露店も多くならんでますね。 賑わう九份の小道。 ・・・というか賑わい過ぎて周りがあまり見えませんw 左上の看板に珈琲(コーヒー)の文字が見えますね。 「COFFEE」だと雰囲気も景観も台無しですねw もう少し階段に近づいてみます。 その先に何があるのか気になる階段です。 お土産屋や、飲食店も多く並んでいます。 旅行中はついつい良い匂いに誘われてつまみ食いしてしまいますよね。 夜になるとライトアップされ、また昼間とはちょっと違ったレトロな美しさが増します。 「千と千尋の神隠し」でもライトが順々に点灯していくシーンがありましたよね。 店も閉まり、人が少なくなった九份。 同じアジアでも、日本とは違った独特の雰囲気がありますね。 当たり前ですがw 最後にちょっと高いところからHDRで撮影された1枚。 これはキレイですね!レトロ感満載ですw。 「千と千尋の神隠し」のモデルとなった街と言われる理由がよく分かります。 いかがでしたか?映画でも神隠しと言うだけあって、ちょっとした異世界のように描かれていますが、九份にも独特な雰囲気がありますね。 いや是非行ってみたいです! 九份へのアクセス方法 九份へ行くには、鉄道とバスを利用する方法か、または直通バスを利用して行く方法が便利です。 鉄道とバスの場合 : 台北駅から台湾鉄道を利用し、瑞芳(ルイファン)駅で下車。 所要時間は特急を利用の場合30分~40分、急行の場合は40分~50分程度です。 瑞芳駅の駅前広場の向かいの九份行きのバスに乗車。 所要時間約10~20分。 直通バスの場合 : MTR(都市鉄道)の忠孝復興駅2番出口を出たところにあるバス停から、基隆客運というバス会社が運営している高速バスに乗車。 バスの路線番号は「 1062」です。 所要時間約1時間半程度。 台湾の都市、台北からも比較的近いですし、台北観光のついでにちょっと寄ってみたいですね。 私は台湾旅行から帰ってきた次の日に九份の存在を知り、行かなかった自分と、無知だった自分に物凄く後悔した覚えがありますw ということで、台湾リベンジは確実に決まりましたwww。 もちろん九份だけでなく、台湾には他にも様々な観光スポットがありますが、一度は九份へ行ってみたいですね! 追記 2013年5月に九份リベンジしてきました!多少坂や階段が多いですが、行ってよかったと思えるすばらしい観光スポットでした! ちなみに九份のとある店の壁には、こんなものまで書かれていましたよ。 ちょっと本当に神隠しに遭いそうな、ホラーっぽい雰囲気が出ちゃってますが・・・w 2、3時間程あれば余裕を持って観光できる広さだったので、ゆっくり周ることができました。 また、九份を上まで登りきったところにある、小学校の門の前でボーっと眺めた景色がすごく印象に残っています。 台北までは東京から約4時間、大阪や名古屋だと約3時間で行けます。

次の