グランピング 関東 安い。 【温泉付グランピング】妙義グリーンホテル&テラス

グランピングができる関東の施設13選!手ぶらで贅沢キャンプ!

グランピング 関東 安い

手ぶらでも気軽にでき、自然の中で一日を過ごしながら高級感も味わえるため、アウトドアの苦手な人でもとっつきやすいと注目を集めています。 関東近郊には、そんなグランピングやBBQが手ぶらでできるスポットが、最近特に増えつつあります。 カップルでのキャンプや飼い犬を連れてのキャンプなど、様々なニーズにあったプランも用意されているので、一度利用してみてはいかがでしょうか。 しかし手ぶらで良いぶん、お値段は安いのかどうか気になるという方も多いと思われます。 料金:日程により異なる 住所:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408 交通アクセス:JR特急かいじ「大月駅」より富士急行へ乗り換え「河口湖駅」下車タクシーで約18分 車アクセス:新東名自動車道「新富士IC」または東富士五湖道路「河口湖IC」より 駐車場:あり 4. ワイルドマジック 東京 東京都の豊洲にある、大型の複合アウトドア施設。 寝具やエアコンなどの設備が整っており、まるでホテルの一室のような快適なテントで泊まることができます。 本場である欧米のスタイルでぶあついお肉を楽しめるバーベキューが、夕食についているのが魅力です。 それなのに1万円台と比較的リーズナブルなお値段で、大人数で泊まると更に安くなります。 グランピングもバーベキューも一緒に楽しみたい方には、特におすすめ! 宿泊だけでなく、日帰りで楽しめるプランも充実しています。 料金:大人2人小学生2人42,260円、大人2人小学生1人36,410円、大人4人 47,120円 いずれも平日の場合 住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 交通アクセス:JR「宇都宮駅」または真岡鉄道「茂木駅」よりバス 車アクセス:東北自動車道「真岡IC」または常磐自動車道「水戸IC」「水戸北スマートIC」より 駐車場:あり 2. OUTDOOR SPORTS PARK 埼玉 ゴルフ場の敷地が解放され、様々なニーズに合った使い方ができるようになったアウトドア施設。 こちらでは宿泊はできませんが、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。 ソファ席のあるお部屋のようなテントで、優雅な時間を過ごしながらBBQできるプランも。 食材はお肉もお野菜もたっぷりの、3つのコースから選ぶことができます。 北軽井沢スウィートグラス 群馬 浅間高原の自然の中に広がる、約3万坪ものオートキャンプ場。 絵本の世界に迷い込んだような、遊び心がいっぱいのツリーハウスに宿泊することができます。 ファミリーやカップル、グループといった様々なシチュエーションに合った楽しみかたの用意されているのが嬉しいポイント。 飼い犬と泊まることも可能で、ドッグランなどのワンちゃん専用の施設も整っています。 自然の中で格安の宿泊施設を利用したいときにはぴったりの施設です。 料金:2名7,200円~ 住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4448 交通アクセス:長野新幹線「軽井沢駅」より草軽交通バスで「北軽井沢」バス停下車徒歩約30分 車アクセス:上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」より国道18号線、146号線経由 駐車場:なし サイト内へ車を乗り入れ 最後に ホテルとキャンプのいいとこ取りをしたような、キャンプの新しいスタイル「グランピング」。 手ぶらでも自然に囲まれながらアウトドアを楽しめるのは、これからの季節は特にうれしいですね。 今後もグランピングはどんどん注目され、グランピングのできるスポットも増えていくでしょう。

次の

グランピング【関東】安いグランピング施設は?お得にしっかり楽しめる場所をご紹介します!

グランピング 関東 安い

グランピング【関東編】安いグランピング施設が気になる?オススメはココ! オシャレな場所でグランピングしてみたいけど、宿泊もできて食材や調理器具もセットになったものを予約すると、値段が高くなってしまうのが気になる方もいますよね。 学生さんだと、自分のアルバイト代から交通費やグランピング代を考えると、せっかく計画したグランピングを躊躇してしまうことも…。 貸農園を運営していたり、様々なアクティビティを運営していたりと、アウトドアを楽しむのに最適なキャンプ場。 農園で採れた野菜は、グランピング会場で提供してもらえる バーベキューの食材になっているんです! カヌー体験や、アスレチック、ジップスライダーというアクティビティもあるので、 アウトドアなグランピングを安く楽しみたい!という方にもオススメです! 「THE FARM CAMP」のグランピングは、 「リバーサイド」、 「ジュニアスイート」、 「クリフスイート」、 「フォレスト」、 「ヴィラ」の5種類から選ぶことができます。 なかでも1番安く宿泊することができるのは「 リバーサイド」。 もちろん、宿泊代やバーベキューセット一式、夕食の食材、朝食もセットになった価格。 さらに、「THE FARM CAMP」が運営している農園で 野菜収穫体験ができるプランが含まれているので、 旬の野菜を収穫することができます! 収穫した野菜はバーベキューで頂くこともできますし、チェックアウト後に収穫して持ち帰ることも可能。 野菜の収穫をしてもしなくてもどちらでも大丈夫ですが、せっかくなので自分の手で採った新鮮な野菜をその場で味わいたいですね! 具体的な料金はこちらになります。 大概のグランピング施設が、大人2名で10,000円~なのに対して、「USログキャビン」は 10,000円を切るという衝撃の値段なんです。 ただ、注意してほしいのは 細々とした備品がないことです。 夕食でバーベキューをするときなどに必要なグリルは備え付けのものがありますが、 鍋などそのほかに必要な器具が用意さてれていません。 食器類や、まな板、包丁などもないので、持ち込みが必要です。 また、 この値段にはバーベキューの食材は含まれていないので、オプションメニューとして注文する必要があります。 合計すると大人2名で10,000円を越えることは確かですが、それでも他のグランピング施設と比べると安く宿泊することができますよ。 いろいろな器具を持っていくのが面倒!という方は、レンタルすることもできるので、ぜひ利用してみてくださいね。

次の

グランピングの費用は?値段は高い?安い予算で行けるのは?

グランピング 関東 安い

グランピングとは? まず、グランピングについて説明します。 グランピングと言うのは、英単語の「グラマラス」と「キャンピング」を混ぜたものです。 一流ホテル並みの設備や、サービスを利用しながらも、自然の中でキャンプができることです。 普通のキャンプだと、テントを組み立てたり、食事の準備に手間がかかったりしてしまいますよね。 ですが、グランピングは、テントの設備や食事の準備に手間をかけることなくキャンプが楽しめるのです。 キャンプ初心者でも、手軽にできるため最近ではとても人気があります。 基本的には、キャンプ場に最初から設置されているテントや小屋を利用し、冷暖房、お風呂、トイレはもちろん完備、用意された食材を焼くだけで食事が楽しめる、または、食事がテントに運ばれてくるのです。 んなに手軽にキャンプが楽しめるのならば、是非1度は経験してみたいですよね! グランピングに行って見たい!と思った方には、次でグランピングをお得に楽しむ方法を教えます。 グランピングをお得に楽しもう! グランピングをお得に楽しむ方法は3つあります。 せっかくのグランピングなのですから、お得に楽しみたいですよね! このようなことをポイントにすれば、あなたもグランピングをお得に楽しむことができます! キャンプ場主体の施設を選ぶ キャンプ場が主体となっている施設はとてもお得です。 宿泊施設が、テントや小屋になるのでとてもリーズナブルなお値段で泊まることができます。 平日を狙う GWや、お盆などはやはりお値段がお高くなります。 なので、オフシーズンや平日を狙うと、料金が安くなるのです。 冬だとさらに料金がお安くなっている場合もあるかもしれませんね! また、PICAリゾートグループというグループでは、金曜日と土曜日2日連続で泊まると金曜日の分の料金が半額になるなどの「ハッピーフライデー割引」というものがあったりします。 施設によって、様々なクーポンを配信していると思うので、泊まる場所を決めるときには1つ1つどのようなクーポンがあるのかなどもしっかりと調べてみたくださいね! 宿泊施設と料理をしっかりチェック 宿泊施設や料理を選ぶ時に、ワンランク下げたものを選ぶとかなりお得です。 例えば、バス・トイレ無しや、ベットだけのテント泊など。 家族で行くとなると、バス・トイレ無しは少しきついものがあるでしょうし、夏ならいいですが、冬にベットだけのテント泊は寒くて嫌ですよね。 そのような場合は、豪華食材を使ったディナーコースではなく、バイキングにするなど。 食事の部分を変えるだけでも、かなりお得にグランピングが楽しめるのです! とにかく泊まる施設を決めるときには、しっかりと内容を見るようにしましょうね。 続いて、安い家族向けのおススメの施設を5つご紹介します。 twinring. jp ツインリンク もてぎは栃木にあります。 冬の夜の星空観望ができるキャンプ場です。 1月になると、たき火カフェや、森づくりワークショップなど。 山の中でしか楽しめないようなことが楽しめるプログラムもあります。 冬の山ならではの体験ができるのは、子どもがいる親からしてもとても嬉しいですよね。 高級そうなお肉を使っているイメージがあります。 exblog. jp PICA fujiyamaは山梨県にあります。 2018年7月20日にオープンしたキャンプ場です。 富士山の真下にいるような気持ちになれるほど、富士山が大きく見えるキャンプ場です。 センターハウスと言う場所には、レストラン・売店・シャワールーム・コインランドリーが完備されています。 宿泊の際には、ドームテントやコテージを選べるようになっていて、さらにトイレ・シャワー付き・ペットOKなどまで選ぶことができます。 コテージの前には1台までなら車を止める場所があったりなど、車で行く家族連れにはとても優しいキャンプ場です。 星空も堪能できるようですね。 2016年6月にオープンした、東京から約30分で行けるグランピング施設です。 「手ぶら」「スマート」「気軽」をコンセプトにしているので、家族で行くとしたらとても有り難いですよね。 たくさんの人が、楽しめるように30種類以上のプランが用意されているようなので、家でプランを選ぶ時から楽しめます! また、近辺には「木更津アウトレットパーク」や、「木更津かんらんしゃパーク」などレジャースポットがたくさんあります。 グランピングを楽しんだ後は、近くのレジャースポットに遊びに行くのもいいですね。 朝になると、とてもキャンプ日和になるようです。 crly. ステーキやタラのホイル焼きなど。 火おこしはスタッフが用意してくれたり、サービスがとてもいいですよね。 こちらの施設の良い点は、何よりも子供が遊ぶところがたくさんあるということ! 家族で行くのならば、やはり子供が楽しんでくれないと!ですよね。 普通の公園にもあるブランコや滑り台はもちろんのこと、トランポリンやツリーハウスなど、普段は体験の出来ない遊び道具もあります。 幼児から小学生までたっぷりと遊ぶところがあるということは、親からしてもとても嬉しいことですよね。 そして、高級キャンプ場なので、ご飯を作るところ・トイレ・お風呂がとても綺麗です。 全ての蛇口からお湯が出たり、トイレはとても綺麗なので虫は一切出なかったり、女性にとってはとても嬉しいですよね。 さらに、冬にキャンプを楽しんでもらうために、暖房器具がとても整っています。 電気カーペットや石油ストーブ、なんとコタツまでレンタル品の中にはあります。 冬のキャンプをコタツで暖まりながら楽しめるのは、とても素晴らしいですよね! WIFI環境もしっかりとしていて、ケータイは使い放題です。 いざ何かあった時にもケータイが使えるだけでだいぶ違いますよね。 一度は行って見たいとても素晴らしいキャンプ場ですね。 子供じゃなくても遊びたくなる — かゃちゃりん aiaykw 子供じゃなくても遊びたくなるほど、心をくすぐられるようですね。 続いて、グランピングでの防寒対策をご紹介します。 冬のグランピングでの防寒対策! 冬のグランピングはとにかく寒いですよね。 寒いけど楽しみたい!グランピングの後に風邪なんて引きたくない!皆さんそのような気持ちをお持ちでしょう。 冬のグランピングでの防寒対策をご紹介します。 寒さ対策といえばホッカイロではないでしょうか。 ホッカイロと一言言っても、貼るタイプやポケットに入れて置くタイプ、足先に専用などがあります。 冬の夜と言うのは本当に寒いので、いくつか持っていくことをおすすめします。 そして、ブランケットや毛布も必ず2. 3枚は持っていくようにしましょう。 膝などにサッとかけるだけで本当に違うんです! テント内に敷いて、断熱としても利用できるし、たき火で暖かいけど足元だけ寒いと言うときにも使えます。 意外と色々なことに使えるブランケット・毛布は本当におススメです! また、洋服はしっかりと厚着するとして、洋服の一番下には、ヒートテックを着ておくのをお勧めします。 わたしもこの冬はヒートテックにお世話になっていますが、本当に暖かいです。 ユニクロのヒートテックは、お手頃価格でとてもおすすめです! グランピング関東で冬を満喫!安い家族向けおススメ施設TOP5は?まとめ グランピング関東で冬を満喫!安い家族向けお勧めの施設TOP5をご紹介しましたがいかがでしょうか? グランピングが楽しめる所と言うのは、大人から子供まで楽しめるサービスが、たくさんついているということが分かりましたね。 この冬は是非、家族でグランピングを満喫してください。 ステキな冬が過ごせますように!.

次の