パナソニック パンサーズ。 バレーボールチーム「パナソニック パンサーズ」監督、現フランス代表監督のティリ・ロラン氏が就任(BCN)

パナソニック トライアンズ(バスケットボール)&パナソニック パンサーズ(バレーボール)から『第16回アジア競技大会』日本代表チームに6名の選手が代表登録。ファイナル進出を目指す!

パナソニック パンサーズ

パナソニックは5月22日、大阪府枚方市を拠点とするバレーボールチーム「パナソニック パンサーズ」が、2020~2021シーズンから4シーズン、同チームの監督としてフランス代表バレーボールチーム現監督のティリ・ロラン氏と正式に契約を交わしたことを発表した。 パナソニック パンサーズにおける外国人監督の就任は1951年の創部以来初で、フランス代表の現監督が兼任することも、バレーボール界で史上初のケースとなる。 ロラン氏の監督就任は、国内のみならず世界の強豪クラブチームと戦えるチームづくりのために必要な、さらなるレベルアップに向けた海外の先進的な戦術やフィジカルを獲得するとともに、新たな刺激を受けることを目的としたもので、フランスバレーボール協会との協議によって、東京2020大会の開催時まで同氏が「パナソニック パンサーズ」の監督と、フランス代表監督の兼務が決定している。 ロラン氏は、フランス代表選手として88年のソウル五輪、92年のバルセロナ五輪に出場経験がある。 引退後は、フランスのクラブチームでのコーチを経て、05年にチェコ共和国の監督として同国をヨーロッパ選手権9位に押し上げた。 フランス代表監督への就任は12年で、15年にヨーロッパ選手権優勝、15年・17年にワールドリーグ優勝へと導いており、16年のリオデジャネイロ五輪では9位となっている。 また、1月に行われた東京2020大会に向けたヨーロッパ予選を勝ち抜き、2大会連続の五輪出場を決めた。 8月上旬に来日して本格的なチームの指導を開始し、10月17日に開幕するV. LEAGUE Division1において国内での初采配を予定している。 同氏は監督就任にあたって「パナソニック パンサーズの新たな歴史を作り、世界一のクラブチームとなるためにチャレンジを続けるとともに、ファンの皆様と心を一つにしてチームとして戦うスピリットをお見せしたい」としている。

次の

パナソニック・パンサーズの歴代選手・スタッフ一覧

パナソニック パンサーズ

パナソニックパンサーズは、大阪府枚方市を本拠地とするパナソニック男子バレーボールチーム。 旧チーム名は「松下電器・パナソニックパンサーズ」(まつしたでんき・パナソニックパンサーズ)。 2019年10月現在、V. LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。 概要 1951年に松下電器産業(現・パナソニック)社内で発足。 日本リーグに第1回大会から参加。 チーム名は、Panther(豹)にPanasonicの最初の3文字をかけていて、また、獲物を狙う豹のような精悍で敏捷なプレーとボールがコートを駆け抜ける様を表現している。 練習場は大阪府枚方市のパナソニックアリーナ(旧 松下電器体育館)であり、見学が一部可能である。 そこでV. LEAGUEのホームゲームも開催される。 ホームゲームはほかに、サブホームタウンである福井市や沖縄市でも開催される。 歴史 1951年にチーム設立。 松下電器産業(現・パナソニック)社内のバレーボール好きが集まって大阪府の大会に出場するようになったのをきっかけである。 1953年の全日本実業団選手権で全国デビュー。 1956年の全日本総合選手権で初タイトル獲得。 1964年には都市対抗(黒鷲旗)、全日本総合、国体、全日本実業団選手権の4冠独占を達成した。 1967年より日本リーグに第1回大会から参加し、常に優勝争いに参加しながら4大会連続の準優勝。 1971年の第5回大会で念願の初優勝を飾る。 当時は平岡哲男監督の下、木村憲治、野口泰弘、横田忠義らの各選手が活躍。 その後チームは低迷の一途をたどり二部リーグの実業団リーグに3度降格するなど苦しい時期が続いていた。 (1983年の日本リーグ第17回大会では3位に入った) 1992年に日本リーグへ1年で復帰した際にチーム名を「松下電器・パナソニックパンサーズ」と命名した。 2006年、チーム名から「松下電器」を外し、「パナソニック・パンサーズ」とする。 2007年に南部正司が監督に就任。 2020年05月08日 金 11:04UTC 公式サイト• 関連ニュース.

次の

パナソニックパンサーズ

パナソニック パンサーズ

概要 [ ] に松下電器産業(現・)社内で発足。 日本リーグ に第1回大会から参加。 チーム名は、Panther(豹)にPanasonicの最初の3文字をかけていて、また、獲物を狙う豹のような精悍で敏捷なプレーとボールがコートを駆け抜ける様を表現している。 チームロゴも豹であり、社内有志によってデザインが描かれた。 チームマスコットは黒豹の「パナ吉」であり、背番号は88、出身地はチーム本拠地であるに設定されている。 練習場はの(旧 松下電器体育館)であり、見学が一部可能である。 そこでのホームゲームも開催される。 ホームゲームはほかに、サブホームタウンであるやでも開催される。 歴史 [ ] にチーム設立。 松下電器産業(現・)社内のバレーボール好きが集まって大阪府の大会に出場するようになったのをきっかけである。 の全日本実業団選手権で全国デビュー。 の全日本総合選手権で初タイトル獲得。 には、全日本総合、国体、全日本実業団選手権の4冠独占を達成した。 より日本リーグ に第1回大会から参加し、常に優勝争いに参加しながら4大会連続の準優勝。 の第5回大会で念願の初優勝を飾る。 当時は平岡哲男監督の下、、、らの各選手が活躍。 その後チームは低迷の一途をたどり二部リーグの実業団リーグに3度降格するなど苦しい時期が続いていた。 (の日本リーグ第17回大会では3位に入った) に日本リーグへ1年で復帰した際にチーム名を「松下電器・パナソニックパンサーズ」と命名した。 、チーム名から「松下電器」を外し、「パナソニック・パンサーズ」とする。 にが監督に就任。 の黒鷲旗大会でも10年ぶりとなる優勝を果たし、2冠を達成した。 、代表に選出された新人コンビであるとが内定選手として入団。 同時に黒鷲旗3連覇も達成。 黒鷲旗でも優勝して2度目の3冠を達成した。 しかし、天皇杯は制覇したものの、V・プレミアリーグはファイナルでに敗れ準優勝となり、宇佐美と山本の現役最後のV・プレミアリーグを優勝で飾れなかった(宇佐美にとって現役最後の大会でもある)。 黒鷲旗でも決勝でにフルセットの末敗れ準優勝となり、山本の現役最後の大会も優勝で飾れなかった。 11月、ブラジルで開催された2013にワイルドカード(主催者推薦)で出場。 2018-19シーズン、V・プレミアリーグに替わり新生が誕生。 そのシーズンから、以前から交流があるでもホームゲームが開催されることとなった。 また、当シーズンより福井市と沖縄市が正式にサブホームタウンとなった。 そして、1年目となるV. LEAGUE Division1 V1 で優勝を果たし、昨シーズンのV・プレミアリーグに続き連覇となった。 2019-20シーズンは、V・レギュラーラウンドで24勝3敗の好成績で1位となり、ファイナル進出を確定させて3連覇にリーチをかけた。 しかし、感染拡大防止のため、ファイナルを無観客で戦うこととなった。 そのファイナルで、V・レギュラーラウンド終盤まで1位を争っていたにフルセットの末敗れ、3連覇を逃した(準優勝)。 優勝 7回(1971年度、2007年度、2009年度、2011年度、2013年度、2017年度、2018年度)• 優勝 13回(1964年、1966年、1968年-1969年、1973年、1981年、1998年、2008年-2010年、2012年、2014年、2018年)• 優勝 4回(2009年度、2011年度、2012年度、2017年度)• 優勝 1回(1964年)• 優勝 1回(1956年)• 優勝 1回(1957年) 一般男子(6人制)• 優勝 6回(1964年、1966年、1968-1971年) 成年男子(6人制)• 優勝 1回(1985年) 成年男子1部(6人制)• 800 準優勝 6チーム 10 7 3 0. 700 準優勝 6チーム 10 8 2 0. 800 準優勝 6チーム 10 9 1 0. 900 優勝 6チーム 10 9 1 0. 900 準優勝 6チーム 10 8 2 0. 800 4位 6チーム 10 3 7 0. 300 6位 6チーム 10 0 10 0. 000 実業団リーグ 4位 6チーム 10 5 5 0. 500 優勝 6チーム 10 10 0 1. 000 日本リーグ 4位 6チーム 10 3 7 0. 300 5位 6チーム 10 3 7 0. 300 6位 6チーム 10 2 8 0. 200 4位 8チーム 14 7 7 0. 500 6位 8チーム 21 8 13 0. 381 6位 8チーム 21 9 12 0. 429 3位 8チーム 21 13 8 0. 619 5位 8チーム 21 8 13 0. 381 6位 8チーム 21 6 15 0. 281 8位 8チーム 21 4 17 0. 190 実業団リーグ 準優勝 8チーム 14 10 4 0. 714 優勝 8チーム 14 12 2 0. 857 日本リーグ 7位 8チーム 14 3 11 0. 214 8位 8チーム 14 1 13 0. 071 実業団リーグ 準優勝 8チーム 14 12 2 0. 857 日本リーグ 6位 8チーム 14 7 7 0. 500 6位 8チーム 14 6 8 0. LEAGUE [ ] 所属 年度 最終 順位 参加 チーム数 レギュラーラウンド ポストシーズン 順位 試合 勝 敗 試合 勝 敗 Division1 優勝 10チーム 1位 27 23 4 7 5 2 準優勝 10チーム 1位 27 24 3 1 0 1 選手・スタッフ [ ] 選手 [ ] の OH WS• 0U MB 0S 0L 0R• 2019年12月15日版 背番号 名前 シャツネーム 国籍 P 備考 1 SHIMIZU OP 2 FUKATSU S 主将 3 YAMAZOE MB 4 OTAKE OP 5 WATANABE OH 6 SHIRASAWA MB 7 HISAHARA OH 8 NAKAMOTO OH 内定選手(2019年12月15日登録有効)、在学中 9 IMAMURA OH 10 YAMAUCHI MB 11 SUZUKI OH 内定選手(2019年12月15日登録有効)、在学中 12 SENDA OH 13 KUBIAK OH 14 LIU OH 15 FUKUZAWA OH に移籍 16 IGA L 17 NAGANO L 18 MAKIYAMA S 内定選手(2019年12月15日登録有効)、在学中 20 SHIN S 21 KODAMA MB 22 KOMIYA MB スタッフ [ ] 2019年10月版 役職 名前 国籍 顧問 坂本真治 部長 西村章 ゼネラルマネージャー 監督 コーチ コーチ アナリスト 行武広貴 アナリスト兼サポートスタッフ 岩沢恭冴 マネージャー 山本拓矢 パフォーマンスコーチ 和地肇 メディカルトレーナー 近藤孝則 通訳 工藤舞 チームドクター 黒田良祐 チームドクター 高島孝之 チームドクター 荒木大輔 チームドクター 山裏耕平 チームドクター 中西雄太 チームドクター 山本哲也 事務局 西富一門 事務局 上村健 事務局 松岡透 在籍していた主な選手 [ ]• パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。 パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。 パナソニック・パンサーズ. 2013年10月29日閲覧。 Vリーグ機構. 2013年10月29日閲覧。 パナソニック・パンサーズ 2012年10月1日. 2013年10月14日閲覧。 パナソニック・パンサーズ 2013年11月1日. 2013年10月14日閲覧。 パナソニック・パンサーズ 2013年9月30日. 2013年10月14日閲覧。 パナソニック・パンサーズ. 2019年11月4日閲覧。 2019年1月9日. 2019年11月4日閲覧。 LEAGUE. 2019年1月3日時点のよりアーカイブ。 2019年11月4日閲覧。 プレスリリース , Vリーグ機構, 2020年2月16日 , 2020年2月29日閲覧。 プレスリリース , パナソニック・パンサーズ, 2020年2月27日 , 2020年2月29日閲覧。 プレスリリース , Vリーグ機構, 2020年2月28日 , 2020年2月29日閲覧。 プレスリリース , Vリーグ機構, 2020年2月29日 , 2020年2月29日閲覧。 パナソニック・パンサーズ. 2019年11月16日閲覧。 Vリーグ. 2019年11月16日閲覧。 パナソニック・パンサーズ 2019年10月7日. 2019年11月28日閲覧。 Vリーグ機構. 1 2019年12月11日. 2019年12月11日閲覧。 パナソニック・パンサーズ. 2019年11月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - チーム公式サイト• - 公式サイトのチーム紹介.

次の