楽天 unlimited エリア。 【楽天モバイル】UN

【楽天料金・速報分析】使い放題は楽天エリアのみ。au接続だとたったの2GBまで(三上洋)

楽天 unlimited エリア

申し訳ありません) 楽天モバイルが3月3日に料金プラン「UN-LIMIT(アンリミット)」を発表しました。 名前は「使い放題」ですが、楽天基地局のサービスエリアのみが使い放題。 エリア外のKDDI接続では2GBに限られるのが悩ましいところです。 プランはたった1つ「UN-LIMIT」だが「限定された使い放題」 楽天モバイルの料金プランは「UN-LIMIT(アンリミット)」という名前で、プランはこの1つのみ。 価格は2980円(税別、以下同じ)です。 料金プランがたった1つでわかりやすいこと、そして使い放題であることは大きなメリット。 他社にはない魅力で、思い切った料金プランを出してきました。 ただし大きな問題点が1つあります。 「エリア」によって料金が異なるのです。 2980円なのでは楽天のサービスエリアのみ。 楽天の基地局によるカバーは、現時点では東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都といった一部の都市部のみ。 ここだけなら使い放題です。 しかしサービスエリア外は1ヶ月で2GBと限定されてしまうのです。 au接続では2GBまで。 超えたら低速128kbps・追加は1GB500円 サービスエリア外ではパートナーであるKDDI(au)の回線を使います。 こちらは使い放題ではなく、2GB/1ヶ月まで。 2GBではサイトを見るだけでもすぐに使い切ってしまいそうです。 2GBを超えた場合、低速の128kbpsに落ちます。 データ容量を追加することは可能ですが、1GBあたり500円かかってしまいます。 他社プランと比較:確かに安いが2GB限定がつらい 他社プランと比較してみます。 まずは7GBまでの小・中容量プランが下のグラフです。 赤が楽天で、1GBまではドコモ・auと同等、2GBまでなら最安値です。 2GBを超えた場合は点線です。 楽天エリア内であれば使い放題で安くなるのですが、エリア外では2GBオーバーは低速になるので比較にならないからです。 では2GBを超えて、KDDI接続で追加料金を払うとどうなるでしょうか。 追加500円を払っていった場合でも他社よりは安くなります。 しかし現実問題としてその度に追加料金を払うのは面倒です。 ここがネックとなります。 結論としては確かに楽天「UN-LIMIT」は安いのです。 しかし2GBの壁があるのが難点です。 大容量プランも念のために比較 大容量プランも比較図を作ってみました。 楽天は当然ながら安いのですが、これは事実上の東京・大阪・京都エリア限定。 楽天基地局のエリアしか有効ではありません。 自分の生活範囲が楽天エリアであるとハッキリわかっている人はいいでしょうが、それ以外の地域では「現時点」では使う意味がありません。 結論としては「都市部限定使い放題」で、それ以外のエリアは待つしかないということです。 問題は「どちらに繋がるか常時表示されない」「楽天のみにすることもNG」 楽天の記者向けオンラインレクチャーでは、以下のように社長が答えています。 「現時点ではどこに接続しているか表示はない。 これはとても不便。 いちいちアプリで確認するの面倒です。 また「楽天だけに接続することはできないのか?」という質問に対しても、ハッキリとないと断言していました。 使い放題の楽天だけに接続できるオプションがあればいいと思うのですが、それはできないとのことです。 300万人は1年間無料。 ただしKDDI接続の追加料金は必要に 300万人限定で1年間無料で使えるキャンペーンが行われますから、興味のある人はぜひ申し込んでテストしてみましょう。 ただし楽天基地局のない地域では2GBのみ。 それを超えた場合は超低速の128kbpsか、追加料金500円/1GBがかかります。 正直に言って今回の楽天料金は「期待ハズレ」というのが正直なところです。 接続エリアによって料金が変わる上に、それがわかりにくいからです。 楽天のサービスエリアが全国カバーするのは2021年3月とのことですから、それを待ってから考えた方がいいのかもしれません。

次の

【楽天モバイル】使用中のスマホが楽天自社回線に接続しているのか調べる方法はこれ!

楽天 unlimited エリア

楽天モバイルがついに第4のキャリア回線「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」のサービスを開始しました!(楽天アンリミテッドではなく楽天アンリミットです。 ) 楽天モバイルの料金プランはシンプルで月額2,980円の一つのみ。 楽天モバイル回線網ならデータ使い放題、au回線網は月5GB(超過後は最大1Mbps)まで使えるプランとなっています。 で、スゴイのが 300万人限定で1年間無料で「Rakuten UN-LIMIT」を使うことができるところ。 さらに、6月17日まで「Rakuten mini」が1年で買うことができるという。 もうね、これだけで契約しない理由はないのでは?と思ってしまいますよね。 ということで、実際に楽天モバイルの「」を契約してみたので使用感、良かったところ、イマイチなところなどお伝えできればと思います。 Rakuten UN-LIMITの特徴• 月額料金:2,980円• 契約者300万人まで2,980円が無料に• 楽天回線網:データ使い放題• au回線網:5GBのデータ通信ができる• 超過後は1Mbpsの通信速度に• Rakuten Linkアプリで国内通話無料(Androidのみ)• 海外66の地域は2GBまでデータ通信ができる 現時点で楽天回線網に対応しているエリアは一部の都市のみなので、ほとんどのユーザーがauのエリアで使うことになりますが 月に5GBのデータ通信ができて2,980円なら悪くない感じですよね。 もし、データ通信量が超過したとしても128kbpsではなく1Mbpsの制限なので、そこそこ快適に使うことができますよね。 なによりも300万人限定で2,980円の料金が無料になるので契約しない理由はないのではないでしょうか。 最低利用期間、解除料金はなし 楽天モバイルの「」は最低利用期間・解除料金はありません。 なので、使う側の理由で解約したくなってもお金がかからないので安心して使うことができます。 楽天回線網とau回線網 楽天モバイルは楽天の回線で使うことができますが、楽天回線網はまだ一部の都市でしか使えません。 楽天回線のエリア外ではau回線網が使えるので全国どこでも使うことができます。 楽天モバイルのエリア(関東エリア) 楽天モバイルのエリアは公式サイトで確認することができます。 Rakuten Link 「Rakuten Link」はGoogle Playストアからインストールできます。 アプリを起動して楽天モバイルのID、パスワードを入力して認証登録で使うことができます。 登録にSMS受信が必要となる このアプリから電話をかけることで、通話料無料で電話をすることができます。 今のところAndroidしか対応してないアプリですが、いずれiOS版の「Rakuten Link」がリリースされれば、iPhoneでも通話かけ放題が実現します。 Rakuten mini Rakuten miniは3. 6インチのディスプレイにSnapdragon 439プロセッサ、3GBのメインメモリを搭載した超小型スマホです。 6,300ptの楽天ポイント還元で実質プラス 楽天モバイルの「」を契約すると条件が揃えば最大20,800ptの楽天ポイントの還元を受けることができます。 契約時の事務手数料は3,300円ですが、3,300ポイントの還元を受けることができます。 さらにオンライン契約するだけで3,000ポイント貰えるのでトータルで6,300ポイントの還元を受けることができます。 つまり、SIMのみ手配しただけで3,000ポイントもらうことができます。 SIMカードを買ってるのに3,000円相当のポイントをもらえるという…大判振る舞いですね。 端末購入で最大14,500ptの楽天ポイント還元 SIMカードにのみの契約だと最大6,300ポイントの還元で終わりですが、端末を同時購入すると最大14,500ポイントをもらうことができます。 Rakuten UN-LIMIT au 通信速度 下り 上り レイテンシ 7:00 15. 1Mbps 24. 4Mbps 46ms 11:00 16. 3Mbps 14. 0Mbps 44ms 12:10 14. 9Mbps 19. 9Mbps 44ms 12:40 9. 14Mbps 16. 8Mbps 42ms 16:00 10. 6Mbps 8. 9Mbps 40ms 21:00 15. 4Mbps 11. 5Mbps 37ms 楽天回線のエリアできちんと電波を掴んでいればかなりの速度が出るみたいです。 参考までに速度制限される直前までの通信速度を載せておきます。 一番上の結果は速度制限された瞬間です — 関口 亞聖 asei1997 60Mbpsの速度が出るって強いですよね。 ただ、1日で10GBの通信をすると制限を受けてしまうようです。 通信制限受けても1Mbpsとそこそこ速い au回線網だと5GBのデータ量と制限がありますが超過後は1Mbpsで通信できるので意外と使えるレベルです。 ちなみに、制限モードにすることで1Mbpsの通信速度に強制的に切り替えすることができます。 スポンサーリンク 楽天モバイルのイマイチなところ 6,300ptのポイント還元はAndroidのみ対応 オンライン契約の3,000ptと事務手数料還元の3,300ptの合計6,300ptの楽天ポイント還元は開通日の翌月末までに、Rakuten Linkアプリの利用登録とSMS認証の完了が条件となります。 Rakuten Linkの認証 つまり、Rakuten LinkのアプリはiPhoneにインストールすることができないので、ポイント還元を受けることができないのです。 楽天が販売してないスマホは動作しない場合がある まあ、これは当たり前ですね。 楽天モバイルはAndroidスマホを販売していますが、それ以外の端末に楽天モバイルのSIMを入れて動作するかどうかはわかりません。 iPhoneは以下のモデルで動作確認ができていて、もRakuten UN-LIMITのSIMカードを認識しました。 使うことができます。 楽天モバイルでAndroid対応状況(非公式)• au回線網だからなのかな? 環境によっても動作するしないあるのでこの結果が全てではありませんが、最近発売されたモデルでもXperia 5などはデータ通信ができても通話ができない症状が出ていたりします。 楽天エリア内でも楽天回線に繋がらないことがある 楽天回線の電波はまだまだ弱いようです。 実際に楽天エリアに行って試してみたのですが、エリア内なのに楽天回線の電波を掴むことができず、パートナー回線のauの電波をキャッチしていました。 受信している電波の確認 Band 3が楽天モバイル、Band 18がauの電波となっていて楽天エリア内であってもauの電波を掴んでいるのが分かります。 サービスがスタートして間もないので、仕方ないですがエリア内でも楽天回線を使えない可能性多そうです。 この辺りは時間が解決してくれると思いますし、少なくとも1年間は無料で使うことができるので文句はないですよね。 スポンサーリンク Rakuten UN-LIMIT レビュー・評価:まとめ 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT 楽天モバイルの「」はサービス開始したばかりなので、楽天回線の電波を使って通信ができるのは都会に住んでいる方だけなので地方に住んでいる僕たちはデータ使い放題の恩恵を受けることはできません。 しかし、パートナーエリアのau回線を5GBまで300万人限定で1年間無料です。 通常価格の2,980円だとしたらを選んだ方がいいですが、無料なので楽天モバイルを選ばない理由はないのかなぁと感じます。 もし、不安ならメインじゃなくてサブで「」を契約してみるのもいいと思いますし、楽天モバイルでは数多くのスマホを安く買うことができるので試してみる価値はあるのかなぁと感じます。

次の

【楽天モバイル】使用中のスマホが楽天自社回線に接続しているのか調べる方法はこれ!

楽天 unlimited エリア

楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリア(auネットワーク)なのかを判定する方法です。 [2020年6月21日 更新] 楽天市場にてポイント最大41倍となる「超ポイントバック祭」が開催されています。 これに楽天スーパーDEALを組み合わせると楽天モバイル正式対応端末がかなり安く購入できます。 セール期間は、2020年6月25日9:59までとなっています。 1へのアップデートでAndroid 10でも利用できるようになっていることを確認しました。 まだまだ楽天エリアは狭い。。 無制限ではないパートナーエリアだと要注意 今後、楽天回線エリアが拡大されてくると思いますが、現在だと都市部以外はauのパートナーエリアが多いです。 通信規制となった場合は1Mbpsとなります。 この記事では、 楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリアを判定する方法を紹介します。 Android、iPhoneどちらもいちおう判定できます。 他にも確認できる手段が分かり次第、追記していきます。 my楽天モバイルアプリを起動します。 ホーム画面の消費データ通信量の上に現在通信しているエリアが表示されます。 月間データ通信量が消費される無制限ではないエリアとなります。 このmy楽天モバイルアプリのホーム画面を下に引っ張ると最新情報に更新されます。 ちょっと再表示(リロード)に時間がかかりますが、Androidスマホを使っているのであれば、一番間違いない確認方法だと思います。 一目でバンドが確認できて便利です。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 1からAndroid 10でもクラッシュせずに利用できるようになっていました。 この場合はパートナーエリアで通信中ということになります。 先に紹介したLTE Discoveryのようにステータスバーに常駐するような機能はありませんが、シンプル&サクサクで使えるアプリです。 iPhoneで接続中の楽天モバイルのネットワークを判定する方法 次にiPhoneで楽天モバイル(UN-LIMIT)を利用している場合に接続中のエリアを調べる方法を紹介します。 ただ、楽天モバイルは現在のところiPhoneを正式サポートしていません。 関連記事: 【面倒】iPhoneのフィールドテストモードでバンドを確認 iPhoneでネットワークのバンドを調べるには「フィールドテストモード」を利用します。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 関連記事: こんな感じで面倒ですがiPhoneでもフィールドテストモードからバンドを確認して楽天エリアなのかパートナーエリアなのかを判定することができます。 楽天エリアでは無制限の楽天モバイル(UN-LIMIT) パートナーエリアでデータ通信量が気になる人は「データ制限モード」を活用してみて 楽天エリアでは、高速データ通信が月間データ容量無制限と大盤振る舞いな楽天モバイル(UN-LIMIT) ただパートナーエリアでは、月間5GB(4月22日までは2GB)というデータ量の制限があります。 そして楽天エリアは、正直そこまで広くありません。 楽天モバイル(UN-LIMIT)ユーザーで利用する場所がパートナーエリアがメインという人でデータ通信量が気になるという人は、環境によって「データ制限モード」を使い分けてみてください。 関連記事: UN-LIMITが提供中の通信エリアの確認はウェブからでOK。 また通信エリアについて質問や要望の問い合わせは専用フォームから行うこともできます。 関連記事: 楽天モバイル(UN-LIMIT)は先着300万人は1年間無料!さらに楽天ポイントがガッツリもらえるキャンペーン継続中 また、楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは先着300万人は「1年間無料」で利用できます。 記事作成時の現在も1年間無料キャンペーンは継続されています。 最低利用期間や契約解除料もなく、楽天ポイントもガッツリ還元されるのでお試し程度で契約するのもアリなくらいおトクです。

次の