オ アンダ ジャパン mt4。 MT4が使える国内口座『OANDA JAPAN(オアンダジャパン)』の詳細

オアンダジャパン(OANDA Japan)〜FXでMT4が使える!!オススメしたい口座開設の評判と口コミ|初心者から始める!MT4を使ったFX自動売買ソフト(EA)で資産運用

オ アンダ ジャパン mt4

OANDA JAPANは言わずと知れた、プロに好まれるFX業者です。 プロ向けの大口取引が可能なコースやNDD(ノーリディングデスク)で信頼の取引が可能なコースも用意されているため、その存在が囁かれている「ストップ狩り」への不安を解消したくてNDDで提供されている口座でMT4が使える業者を探したことがある方なら、行き着く先はまずオアンダジャパンだと思います。 オアンダジャパンでは、トレード時に参考になるマーケット情報が非常に優れていて、参考にしているトレーダーも多いのではないでしょうか。 この辺りも含めて、オアンダジャパンの詳細を見ていきます。 会社情報 会社名 OANDA Japan 株式会社 サービス名 OANDA JAPAN 住所 〒102-0083東京都千代田区麹町3-6住友不動産麹町ビル3号館 4F 資本金 200,000,000円 自己資本規制比率 347. 別途大口の口座も用意されています。 各コースの違いは、スプレッドや最大取引数が基本的に異なり、OANDA Japan FXコースについては、NDD方式で取引が可能です。 ベーシックとプロの間がOANDA Japan FXコースで、ベーシックコース、プロコースの無いとこねだりを叶えたプランと言えます。 ただし、スプレッドは原則固定ではなく、変動制なので、変動範囲をチェックして許容できる範囲か判断したいところです。 OANDA Japan FXコースは取引通貨数が他のコースに比べて少ないですが、NDD方式の口座でMT4が使えて、かつ、スプレッドが低いのは国内で最高ランクです。 ) 注意しなければいけないのは、通常MT4では両建て可能ですが、OANDAジャパンのMT4ではプロコース(またはビックコース)以外は両建てが不可となる点です。 3 オアンダジャパンのここが良い!• MT4が使える• チャートパターンを自動検出!インジケーター「オートチャーティスト」が使える• ベーシックコースならドル円のスプレッド0. 4銭 実質固定• コースの変更はいつでもOK• クイック入金対応• OANDAオープンオーダー・ポジションが公開されている 下記画面を為替ブログやTwitterなんかで見かけたことはありませんか? トレーダーの多くが参考にしている、オアンダのオープンオーダー・ポジションです。 OANDAを利用している顧客の、未執行注文(Open Orders)と未決済ポジション(Open Positions)の概要で、親会社であるOANDA Corporationならびにその他のOANDAグループ会社が保有するデータを収集・利用して作られています。 OANDAを利用している顧客の決済や注文がどのあたりに溜まっているのかがわかり、節目となるレートの考察なんかによく利用されています。 ちなみにこのツールは、OANDAの口座を持っていなくても見ることができます。 見ることはできるのですが、なんと、オアンダでは、このオープンオーダー・ポジションをMT4に表示できるインジケーター、オープンオーダー・ポジションを使った自動売買EAをキャンペーンとして配布していたりします。 これは新規口座開設だけでなく、既存のユーザーでも、入金金額に応じて対象となるので、ぜひ、ゲットしてほしいEAです。 このあたりも踏まえてOANDA JAPANで実施中のキャンペーンをご紹介してみます。 実施中キャンペーン オアンダジャパンでのキャンペーンは、だいたいが、EAやチャートツール(インジ等)のプレゼントキャンペーンになります。 キャッシュバック等のキャンペーンはあまり実施されていません。 口座開設をして本番口座のMT4でのみ使えるツールも豊富に用意されており(MT4への、日本時間表示・ティックチャート表示・ポイント&フィギュアー表示インジなど)、入金金額や取引金額に応じてもらえるインジなんかも豊富に取り揃えています。 たくさんあるのですが、一度は使ってみてほしい、下記「オープンオーダーインジケーター」と「オープンオーダーEA」はぜひ入手してほしいです。

次の

要確認!OANDAジャパンで両建て取引する時の注意点とポイント

オ アンダ ジャパン mt4

「」に書いた通り、で「MT4(MetaTrader4)」を使ってトレードするには、プライマリーアカウント(最初からあるアカウント)とは別に「サブアカウント」を作る必要があります。 「サブアカウント」は「東京サーバー」が1アカウントのみ、「NYサーバー」が14アカウント作ることができます。 私は「東京サーバー」と「NYサーバー」を1つずつ作成しました。 ここでは、すでに存在する「東京サーバー」に加えて、新たに「NYサーバー」を作成する手順を掲載します。 ただ、私がサブアカウントを作ったのは2017年2月のことなので、このページに掲載するキャプチャや手順は古くなっている可能性もあります。 このページを見ても解決しない場合は、オアンダ公式サイトの「」を参考にして下さい。 MT4(MetaTrader4)を使うためのサブアカウント作成手順 まずは、Oanda Japan(オアンダジャパン)の管理画面にログインします。 トップページにはすでに「東京サーバー」が作成済みで、これから「NYサーバー」を作成します。 メニューから「サブアカウントを作成」をクリック。 ちなみに、Oanda Japan(オアンダジャパン)では最初から存在する「プライマリーアカウント」以外のアカウントは「サブアカウント」扱いになります。 「プライマリーアカウント」ではオアンダ独自の取引ツール「fxTrade」しか利用できないので、 世界標準のFX取引ツール「MT4(MetaTrader4)」を使うには必ず「サブアカウント」を作成する必要があります。 「サブアカウント」には「東京サーバー」と「NYサーバー」があります。 ここでは、 最初に「この口座をMetaTrader4で利用可能にする」にチェックを入れます。 すると、上のような画面になりますので、必要箇所を入力します。 ここで注意すべきことは、サブアカウント(サブ口座)は一度作成すると、口座名の変更や削除ができないので、口座名はよく考えて名付けた方がいいということです。 NYサーバーは14アカウントまで作成可能なので、人によっては通貨ペアごとにアカウントを作る人もいます。 私の場合、ドル円しかトレードしないので、「東京サーバー」も「NYサーバー」も1つずつしか口座(アカウント)を作っていません。 あとは、アカウントを複数持つと資金もバラけるので、想定に反して為替レートが動いた時に、強制ロスカットのリスクが高まることも考慮すべきと思います。 私は「強制ロスカットさえ受けなければ、FXで利益を稼ぐことはできる。 」と考えているので、1つの口座に資金を集中しています。 口座に入金する資金が多ければ多いほど、強制ロスカットのリスクは低減するからです。 もちろん、欲張って大きなロットでエントリーせずに、為替が想定外の動きをしても耐えられるほどのロットでエントリーすることも強制ロスカットを避けることにつながります。 先ほどのページで「この口座を両建て可能にする」にチェックを入れた場合、利用規約ページが表示されるので、「同意する」ボタンをクリック。 ちなみに、「両建て」とは「BUY(買い)」と「SELL(売り)」を同時にすることです。 私は両建て可能にしています。 これで新しいサブアカウント(サブ口座)の作成が完了しました。 管理画面のトップページに戻ると、最初はなかった「NYサーバー」が表示されています。 上のページでは残高は0円になっていますが、この後、MT4(MetaTrader4)をサブアカウントにインストールし、入金すればトレードできるようになります。 MT4(MetaTrader4)をダウンロード&インストール サブアカウント(サブ口座)を作る過程で、「MT4(MetaTrader4)」をダウンロードボタンが出てくるので、ダウンロードします。 ダウンロードが完了したら、今度は「MT4(MetaTrader4)」をインストールします。 インストールが完了したら、今度は「MT4(MetaTrader4)」にログインします。 ここまで無事進んだら、今度は先ほど作ったサブアカウント(サブ口座)に入金します。 入金は「ダイレクト入金」すればすぐに反映されるので、「ダイレクト入金」後すぐにトレードできるようになります。

次の

OANDA Japanの評判まとめ!3つのコースの違いを徹底解説

オ アンダ ジャパン mt4

タグ 初心者向きコラム 外為オンライン YJFX! ワイジェイFX! FXプライム byGMO FXブロードネット GMOクリック証券 トレイダーズ証券 DMM. com証券 DMM FX 外為ジャパン LINE FX 外為どっとコム セントラル短資FX マネックス証券 FOREX. com インヴァスト証券 JFX ヒロセ通商 岡三オンライン証券 マネーパートナーズ マネースクエア ひまわり証券 IG証券 その他FX会社 FX くりっく365 くりっく株365 スプレッド スワップポイント 1000通貨・少額 シストレ(自動売買) スマホアプリ アプリ機能比較 iPad テクニカル指標 売買シグナル 未来予想チャート メルマガ セミナー・イベント 制度 リスク管理 オーダー情報 お得な情報 他金融商品との違い トレード手法 価格動向 定番のチャート分析 デモトレード 高金利通貨 比較 取引ツール リピート系注文 口座開設 通貨ペア MT4 チャートツール 初心者 注文方法 取引方法 外国為替市場 ファンダメンタルズ分析 マーケット情報 経済指標 バイナリーオプション ノックアウト・オプション CFD CFD銘柄 目次• OANDA japanの口コミや評判は? 2019年で設立22周年を迎えたOANDA Japan(以下OANDA)は、1995年にアメリカで設立され世界8拠点で展開する信頼のFX会社です。 日本の金融庁をはじめ、イギリス、オーストラリア、シンガポール、カナダと世界8都市と、それぞれの規制に沿ったFXサービスを展開しています。 ネットでOANDAユーザーの声を見ると、極端に悪い口コミはほとんど見受けられませんでした。 そのかわり、使うトレーダーのレベル、手法によって向き・不向きがあるのがOANDAの特徴です。 まず1通貨対応により少額取引できるのは非常に魅力的ですが、初心者向きの業者ではありません。 取引ツールには使いこなしに慣れが必要であり、英語表記も多いので、中級以上の玄人向き業者となります。 デイトレードでもスワップポイントが付くのは魅力的ですが、付与されるスワップポイントは高くないので、中長期売買には向きません。 しかし非常に高機能なツールを揃えており、約定力も高く、なかなかのハイスペックなFX業者です。 FXの仕組みがわかってきた方でしたら、サブ口座として始めてみて、少しづつ扱い方に慣れていくのがおすすめです。 メリット・デメリット まずは、OANDAの口座や取引ツールの長所や短所から見ていきましょう。 OANDAのデメリット• コースによってスプレッド、取引条件が異なる。 スキャルピング禁止していないが、過度な取引の場合は口座凍結の恐れあり。 取引ツールは基本英語表記で、高機能ゆえに使いこなすには慣れが必要。 スワップポイントはあまり高くない。 注文方法が少ない。 派手な現金キャッシュバックは開催されていない。 とにかく練習感覚で実践を積みたい方には、OANDAは最適な業者です。 海外系事業者ながらも手数料体系は無料なので、余計なコストを心配することなく取引できる業者となります。 なお複数の取引コースが用意されており、最小取引単位やスプレッド、通貨ペアはコースによって異なる点には注意が必要です。 約定力が高く、短期売買向きの業者 OANDAが創業以来ずっと注力してきたのが、注文をしっかり通す力「約定力」です。 顧客がストレスフリーに取引できるように、NDD方式といってインターバンク市場とダイレクトに繋がる注文方式を採用しています。 NDD方式は、ディーラーを介さないため約定拒否がなく、スピーディーに約定する特徴があります。 マーケットオーダー(成行注文)は約定率100%、約定スピードは0. 057秒と早いので、OANDAはデイトレなど短期売買との相性も抜群です。 一応スキャルピングも可能となっており、厳密には禁止されていません。 ただし悪質と思われる売買をすると、口座凍結の恐れもありますのでご注意ください。 コース別スプレッド・通貨ペア数・通貨単位 OANDAには3つのコースがありますが、ここでは要点をまとめて解説します。 プライマリー口座• ベーシックコース• プロコース 両コースは取引システム「fxTrade」「MT4」どちらも使うことができ、fxTradeが1通貨対応口座で、MT4は1,000通貨から取引ができます。 この2つのコースは「最大発注数量」と「スプレッド」が違うだけで、それ以外のスペックは共通です。 プロコースは最大発注数量が多いことに比例して、スプレッドも広くなります。 そのため、これからOANDAで取引を始める方は、まずはベーシックコースからスタートするのがおすすめです。 追加口座:東京サーバーコース 東京サーバーコースは追加でお申込みできるオプション口座です。 NDD方式はこちらの東京サーバーコースのみが適用となります。 プライマリー口座に比べて28通貨ペアと少なくなりますし、10,000通貨単位ですので少額取引はできません。 そのかわりOANDAでもっとも狭いスプレッドで、なおかつ約定力があるのが東京サーバーコースの特徴です。 各コースを比較 各コースのスペックを一覧でまとめました。 4銭原則固定 0. 7銭原則固定 1. 4銭原則固定 1. 0銭原則固定 0. 5pips原則固定 プロコース 0. 8銭 原則固定 1. 3銭 原則固定 2. 8銭 原則固定 1. 6銭 原則固定 0. 8pips 原則固定 東京サーバーコース (500K) 0. 3銭 原則固定 0. 4〜0. 7銭 0. 8〜1. 2銭 0. 6〜0. 7銭 0. 4〜0. 5pips ベーシックコース、プロコースは少額取引できるのが魅力です。 低スプレッドだが最小10,000通貨となる東京サーバーコースにはいつでも切り替えができますので、変更するのはOANDAでの取引に慣れてからでもいいと思います。 コースの変更方法 まずは「本番口座ログイン」にログインしましょう。 そうすると画面中央下にある「取引コースの変更」からベーシックコース・プロコースの変更ができます。 東京サーバーへの切り替えは、画面右下にある「MT4アカウントの作成(東京サーバー)」からお申込みをしてください。 スワップポイント OANDA Japanのスワップポイントですが、東京サーバー、NYサーバーでスワップポイントが異なり、他社と比べても高くはありません。 NYサーバーよりも東京サーバーの好条件ですが、それでも他社に比べると劣ります。 NYサーバーに関しては買いスワップポイント、売りスワップポイントともに「マイナススワップ」の通貨ペアが多く、中長期保有には不向きです。 最新のスワップポイントはでご確認ください。 高機能ツールが豊富 それではOANDAが提供する取引ツールをみていきましょう。 取引ツールの豊富なOANDAは、複数端末でのログインに対応しています。 そのため、PC2台や2つのスマホアプリで同時にログインできる仕様となっています。 またサブ口座機能があり、複数アカウントで使い分けることも可能です。 MT4 OANDAでもっとも人気のある取引ツール、MT4。 日足は5本・6本から選択でき、デフォルトで40種類以上のインディケーターが用意されています。 通常のMT4だと30種類程度ですが、OANDAならインディケーターが最初から豊富に備わっているのがポイントです。 MT4取引画面 OANDAのMT4では、1週間分の日足は6本ではなく「5本表示」ですので、6本表示に比べてより高精度の分析が可能です。 さらにOANDA特設サイト「OANDA Lab」からは、50種類以上のオリジナルMT4用インディケーターをダウンロード可能です。 Web版・fxTradeはTradingViewを搭載 こちらは、OANDAのオリジナル取引システム「fxTrade」のWebブラウザ版です。 Web版は人気の「TradingView(トレーディングビュー)」がチャートに組み込まれているのが特徴です。 Web版「fxTrade」の取引画面 上の画像のように、fxTradeではチャート上で直感的に発注することも可能です。 80種類以上のインディケーター、50種類以上の描画ツールを搭載しており、フィボナッチやエリオット波動など、プロ顔負けの高度なチャート分析も自由自在です。 なお国内ではOANDAがTradingView本家のチャートに初対応しています。 TradingView上でOANDA口座を連携させれば、TradingViewから直接トレードができます。 手順は以下のトレーディングビュー公式ブログでご確認ください。 参考リンク(外部サイト) デスクトップ版・fxTrade デスクトップ版「fxTrade」はもともとOANDAで用意されている取引ツールです。 TradingViewやオートチャーティストもツール上から起動できます。 デスクトップ版「fxTrade」の取引画面 MT4を使うほどではなく、Web版に慣れないと感じた方はデスクトップ版から始めてみてもいいかも知れません。 ローソク足のほか足種は平均足など9種類、32種類のテクニカル指標、11種類のライン描画と、国内系業者のアプリとは一線を画す多機能アプリとなっています。 iPhoneアプリ MT4 のチャート スマホアプリでは、fxTradeとMT4で同時ログインができますので、場面に応じて使い分けるのもいいですね。 オートチャーティスト 取引ツールではありませんが、どの通貨ペアに取引機会が発生しているかを知らせてくれるのがこのオートチャーティストです。 オートチャーティストはダブルトップ、三角保ち合いなどのチャートパターン、フィボナッチパターンを自動検出し、シグナルの発生を成功確率とともに知らせてくれる、というもの。 高機能な売買シグナルツールですので、チャートパターンの勉強として活用するのもいいでしょう。 MT4以外のツールであれば、どの端末からでも閲覧できます。 分析・為替情報が充実「OANDA FXラボ」 情報提供に特化した特設サイトが、OANDA FXラボです。 こちらではさまざまな情報を取得できますが、代表的な分析ツールや為替情報をピックアップしてご紹介します。 もう一方のオープンポジションは、未決済ポジションのボリュームを示すものです。 その価格帯にどのくらいの注文・ポジションが溜まっているかをみて、売買戦略に役立てることができます。 例えばこちらは、ヘッドアンドショルダーなどオートチャーティストによるシグナルをMT4上に表示できるインディケーターです。 MT4インディケーター版のオートチャーティスト 上記はチャネルですが、このようにMT4上で素早くチャートパターンを自動検出してくれます。 またOANDA Labでは、海外法人OANDA Corporation(日本語非対応)提供による分析ツールの起動もできます。 他社でも提供されていますが、OANDAのはグラフィカルで見やすいですし、データの更新頻度が早いのでおすすめです。 Top 100 Forex Traders Statistics こちらのトレードデータ統計では、直近24時間で利益を上げている上位100名、負けているワースト100名のデータを閲覧できます。 勝敗の分かれ目となる情報を参照してヒントを得るのもいいですね。 これからOANDAユーザーになる方は、こういったツールを使って分析時間を短縮し、効率的にトレードしていきましょう。 マーケットレポート マーケットレポートでは、トレンドラインやオープンポジションを用いた売買戦略が日々配信されています。 マーケットレポートの例 月2〜4回程度の不定期配信ですが、会員の方は注目すべきマーケットレポートをメール配信で見ることも可能です。 セミナー情報 OANDAではセミナーを開催していますが、開催頻度が少なく、先着10名など限定されたセミナーも多いため、誰でも必ず受講できる訳ではありません。 参加希望の方は、会員になったのち、マイページ内で決まった期限までにお申し込みしてください。 キャンペーン FXのキャンペーンというと現金キャッシュバックが有名ですが、OANDAでは現金キャッシュ、食品プレゼントなどのキャンペーンはあまり行われていません。 その代わり、条件達成に応じてFX参考書やインディケーターなどをキャンペーンで受け取ることができます。 OANDAのキャンペーン例 特にEAとインディケーターのキャンペーンが豊富なので、MT4ユーザーの方は積極的に活用していきましょう。

次の